FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
映画「Glass」と「The Upside」観てきました(ネタバレあり)
以前は何かあったらすぐ駆けつけられるよう、お手伝いできるよう、土曜日学校(仮名)のある日は一日中べったりと控え室で控えていたのですが、そういう姿勢が付け込まれる元凶(ーー)なのだと思い、これからは映画を観に行くことにしました。もっと早くそうすればよかった(ーー)赤(仮名)さんがいるから普段映画ってほとんど観に行けないし、行く時は平日にわざわざ有給とって行くんですよ。だけど土曜日に映画を観に行くようにすればしこたま観られるじゃん!私は今まで一体なにをやっていたんだ(ーー)

まあもともとそこまで映画が趣味ってわけではないのですけど…この際なんでもいい(ーー)

ただ問題は時間帯。

6時間授業の時は3時、たまにある5時間授業の日は2時過ぎにはお迎えに行かないといけないので、早めの上映じゃないと間に合わないんですよね。映画館はいくつかあるんだけど、一番都合の良い場所(土曜日学校から車で15分くらい)は9本上映サイズ。封切直後の映画だと10時上映とかがあるんだけど、そうでない映画はあまり早い上映時間じゃないので間に合わないんですよね。だから時間さえあえばあまり文句言わずに適当な映画を観ることにしました(ーー)すごい!映画が趣味の人みたい(笑)

とりあえず先週と先々週観たのは「Glass」と「The Upside」

ナチュラルにネタバレもしてるかもですので要注意。一応畳んでおきます↓
[映画「Glass」と「The Upside」観てきました(ネタバレあり)]の続きを読む
とかげとスミッシー
すみっこぐらしのとかげ弁当です。とかげは青いから弁当で表現しにくい(?)んだけど、私もとかげが一番好きになったので作ってみました。一応キャラにはみんな設定があるわけだけど、なんだかとかげだけ一人センチメンタルな設定なんですよね(ーー;;)

本当はきょうりゅうなんだけど捕まっちゃうからとかげとしてひっそり暮らしてる。で、生き別れたお母さんってのがいて、そのお母さんはどうやら普段は海に隠れ住んでいるらしいのだけど、とかげに会うためにわざわざ危険を犯してすみっ湖までやってくる。スミッシーが出た!ってんで新聞に出て、その記事を見つけたとかげはお母さんかも!と思って必死になって会いにやって来るんですよね。そんで残りのすみっこキャラもみんな何故かついてくるんだけど(笑)とかげは無事にお母さんにあえて、すみっこのみんなもスミッシーに遊んでもらえて満喫して帰るんだけど、すみっこの皆さん鈍いというかなんというか、とかげとスミッシーが親子だってことに全く誰も気づかない(^^;)優しい世界ですねえ…(ーー;)

fc2blog_20190213053001685.jpgまあそれでアメリカでも本屋さんに最近すみっこぐらしのグッズが出るようになったんだけど、この間超久々に本屋さんに寄ってみたらスミッシーととかげのぬいぐるみがあったのでつい出来心で買ってしまいました。自分用にね。宿六が「えっ!君このぬいぐるみ自分で買ったの?!赤用にじゃなくて自分用?!大人なのに!」とかビックリしてたんだけどそれの何がいけないんだべ(ーー)大体赤(仮名)さんにはちゃんと赤(仮名)さん用のとかげを買ったからいいじゃん!お母さんのぬいぐるみは私用だ!

こんなもんわざわざ買ったのには、やっぱりこのふんわり親子に憧れもあるわけですよ。自分はこんな優しい母親じゃないし…。だけどもよくよく考えてみたらですよ、普段ほとんど顔会わせることがないんだから、たま〜〜〜にしか会わないなら完璧なお母さんにもなれるってもんですよね。この優しいスミッシーだって、とかげと一緒に暮らし始めたら「脱いだ靴下は洗濯カゴに入れなさい!」だとか「食べたものは片付ける!」だの叱らざるを得ない時が必ずあるはず!離れ離れで暮らしているなどというファンシ〜な設定だから優しい親子になれるんです!きっとそうに違いない(ーー)私だってさ赤(仮名)さんが家にいない時は優しい気持ちなんです(笑)だけど最近週末はずっと赤(仮名)さんとべったり一緒だから疲弊しまくり…。明日いちみかの日だけど何それ?ってくらい最近家で何も出来ていません。来週の月曜日は学校がおやすみですってよ!!!そろそろ窒息しそう(ーー)

とまあそんなことを思いながらも、なんとなく優しい気持ちになれるこのぬいぐるみは結構気に入っています。


拍手パチパチありがとうございます♪
切ないものをみた
fc2blog_20190202095952466.jpg炒った大豆なんて当然ここらじゃ売っていませんので節分に関しても赤(仮名)さんによく教えられない(ーー;)のですが、一応お弁当だけでも鬼弁当。去年はおにぎり一個だけ鬼にしてもう一個のおにぎりは豆を投げる子供にしたんですけど今年はめんどくさくて鬼が二人です。



今日は雨が降るらしく、全体的に湿った空気。そのせいかウチの年寄り犬も超短距離で散歩を済ませてしまいまして、当然運動が足りないのでいつもの二度目散歩に行ってきたのですが、その途中で切ないものを目撃してしまい申した。


我が家からそう離れてないお宅に車がやってきてドライブウエィに停まったんですよね。まだ朝の六時半にもなってないから、大抵の皆さんは出勤するために車は自宅から出発していくばかりで、車が家にやってくるのはちょっと珍しい感じです。だからお互いの家の子をたとえばバスの出ない私立学校とか、クラブの朝練(?)とかに送り合う約束をしてる人なのかな、つまり誰かを迎えにきたのかなと思って近くを通り過ぎました。そしたら車の中から男性と子供が二人降りてきましてね。子供はどちらも小学生でお姉ちゃんと弟。学校に行く準備がもう出来ててリュックサックも背負ってる。なんでわざわざ車を降りるんだろ??とぼんやり考えてたら男性が子供達に声をかけました。

「じゃあまた再来週にな。(弟に向かって)今週の木曜日はボーイスカウトがあるからまた迎えに来るから」

(u_u;)


答えが分かった人は手ぇ挙げて〜〜〜。

つまりこれが離婚家庭の現実でござるよ。男性は要するに二人の父親で、しかしながらその家には住んでおらず、つまりは両親は離婚してて、週ごとにお父さんとお母さんの家を行ったり来たり、習い事の時の送り迎えも離婚した両親で分担したり、そういう場面でございました。

日本と違ってアメリカは共同親権が当たり前だから実際よくあることなんだけど、その場面をこうして目の当たりにしてしまうとなんか切ないものがございますね。何が切ないって、子供達の立場がね。そもそも寝起きする家が交代でくるくる変わるなんてのも面倒だしさ…今日みたいな場合はその分無駄に早起きして準備しないといけないし(そういう問題か)離婚した親に彼氏彼女、ましてや再婚などされたら一つ屋根の下で赤の他人と寝起きしなきゃいけないわけでもっと面倒だしさ…(だからそういう問題じゃない)まあそれでもなんとかやっていける再婚家庭が多いのは、ひとえにアメリカの住宅が広いからっていうのも要因の一つではあるかもしれません。子供と親のバスルームって必ず別々だから風呂場や洗面所をシェアってことはまずないし。アメリカの家って大人と子供のスペースがきっぱり分けられているんですよね。

そういえばお隣も再婚(?)家庭ではあるんだけど、奥さんは精子バンクを使って二人の子供を産んだので元夫は存在せず、そういう意味ではシンプルといえるのかも。でもご主人はとても出張が多く、その上奥さんも時々出張があるので、ベビーシッターが何日か泊まり込みできてることなんかもあります。それはそれで自分が子供だったらすごく嫌かも(ーー)まあベビーシッターの家に泊まりに行かされるよりはマシですけどね。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
久々に珍奇メ〜ル
最近は日本・海外の双方で本当にごくたま〜にしかサイトにお便りをいただくことって無いんですが、海外からメールを頂く時は相変わらずヘンテコなメールしかこないので閉口しちゃいます。言いたがないが大抵松本零士サイト側軍勢(ーー)

↓これ、昨日海外のイボンヌさんとやらいう方から頂いた着きたてホヤホヤ新着メ〜ル(原文は英語)でございます。

夢の中で私の
 『日本のドクター・バンに連絡を取ってくれ。
  連絡してくれるまで家に入らない』
 と必死に訴えかけてきました。
 とても真剣そうなのでこれは何かあるに違いない、と思い、色々調べています。
 この夢、どういう意味だと思いますか?
 銀河鉄道999は子供の時に映画の半分しか観ていませんのでどういうキャラかもよくわかりません。
 ドクター・バンというキャラには何か深い意味があるのでしょうか?
 私はどうしたら良いのでしょうか?
 原作者に連絡を取るべきですか?」



(ー_ー)




おま…。

私夢占い師になった記憶は無いのですが。

どうしたら良いのでしょうかって、こっちが聞きたいよ!!
「海外向けのサイト持ちですが、海外の方から珍奇なメールばかりが届きます。どうしたら良いでしょう」

ってな!(ーー)

ツッコミどころは多々あれど、私は明らかに精神鑑定のプロではございませんので下記のようなメールを出しました。

「私もドクター・バンについてそれほど詳しく知っているわけではありませんが、999のテレビシリーズならクランチーロールという会員制サイトで全話視聴できますし、映画のDVDもアマゾンで購入できます。世界観など調べていくうちに何か得るものもあるかもしれませんね。幸運をお祈りいたします」

ポチ(送信音)

あ〜〜〜(やり尽くした感)


まだ春にもなってないのに異常気象のせいですかね(ーー)


明日は土曜日学校なんですけど、そうだ映画を観に行こう!と思い立ってもうチケットもポチりました。ちょうど11時上映のがあってお迎えにも十分間に合うし。本当は頭空っぽにして観られそうなAquaman観に行きたかったのですがお迎えの時間に合わなかったのでGlassを観に行くことにしました。シャマラン監督色々評判悪いけど私は結構好きなんですよね。内容も結構気になるのでちょうどよかった。これからは気になる映画は全部土曜日学校の間に観に行くことにします。今までわざわざ平日に有給取って行ってたんですよね…。

拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
献上記念日なんですって
ここしばらくあらゆる○○の日、とやらに全く間に合わせられなかったのですが、2月のいちみかの日にでも間に合えばいいや、とちんたら描いてた絵、どうやら29日が一期一振献上記念日とやらで、ちょうどいいからそれに合わせてアップするかと慌てて仕上げたブツ。皆さんもご承知の通り、ここんとこのんびり絵を描いてられるような心理状態ではございませんでしたゆえ(ーー)

ちなみになぜ記念日にこだわるかっつと、タグをつけるのとつけないのとでは見てもらえる度がかなり違うから、というだけの理由です。大してフォロワーいないしさ。というかいるにはいるんだけど、時差のせいか私の呟きって誰も見てないみたいだし。見ることもできない相手をフォローするってなんか意味あるのかな??私は沢山フォローすると絶対追い切れないからしないんだけど、みんな普通に100人単位でフォローしてるよね?絶対全部見切れないよね?(ーー;)謎です…。
fc2blog_201901230420182f4.jpgfc2blog_20190123042036839.jpgfc2blog_2019013104313134d.jpg





「各個撃破と洒落込みますか」な一期さんです。物腰の割に好戦的で知略的な一期さんが憧れなんですが、非常に遺憾ながらどこ向いてもそういう一期さんはいらっしゃらない…残念…でもアレだよ、私の脳内本丸ではそういうことになってますんで!この際もういっそ同田貫さんより実は好戦的とかでも一向に構いません。物腰の割に!あの物腰の割にね!そういうギャップがいいんじゃないかなだって見てくれだっていかにも軍人ですからねそうだそうだそうしとこう。

相変わらず三日月さまが福神漬け程度の添え物仕様となっております…。どうも私三日月さんのことそんなに愛してないみたいなんですよね大問題だ(ーー;)別に嫌いじゃないんだけど。自分の本丸があればねえ…実際にゲームをプレイ出来たら想像もしてなかったようなキャラにハマったりするかもしれないですね。亀甲貞宗とか(笑)

でね今回はちょっと構図の角度をひねってみました。ツイッターのどこぞで黄金律を利用して構図を決めるコツ、みたいなのが出てて、ほおおと思って試してみたくなったんですよね。紙の角から角にまっすぐ線を引いて、その線とまた角が直角になるような線を引いて、その角度に人物を合わせるとか、そうやってあっちゃこっちゃ引いた線の交わったところを絵の焦点にしたり、明暗の色を合わせて塗っていったり。というやつ。きっと誰でもそういうの無意識にやってるもんだと思うけど、ああやって例を見ると自分でもやってみたくなるものです。特に横長の絵だと、たとえばゲーム画面なんかは普通にまっすぐだとスペースが足りないからこうやって横にしてやることも多いとか。へえ〜へえ〜へえ〜〜〜。確かに言われてみれば結構いいバランスの角度のような気がする!!(影響されやすい)

でもさこれって描いてから「アレっそういえば太刀って夜目が効かないんだっけ(ーー;;;)」と今更はたっと気づいたのですが。毎回絶対忘れるんだよねこれが(ーー)でもなんか色合いみたら月夜どころか真昼間にすら見える(ーー;)のでまあこれでいっかって感じです。

今日はちょっと雪が降ってあっちゅ〜間に休校になりました(ーー)学校の根性無しめ。でも今は道路の雪がすっかり溶けたみたいなので明日は無事に学校があることでございましょう。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
戦略的撤退
そういえば書くの忘れてたんですが、40度の熱を出して寝込んでいた(はず)の赤(仮名)さんなのですが、翌日の朝には37度5分に下がり同じ日の夕方には既に平熱、そのまた翌日は超ピンピンして学校に行きました。その健康優良ボディわけてください…(ーー;;)血か?血ぃ分けてもらえばいいのか?ああだけど赤(仮名)さんの血液は私に輸血出来ないんざます〜〜〜なんてこと!

fc2blog_20190128050656702.jpgそういえば今年はすみっこぐらしの弁当ばっかり作ってて、肝心の干支の弁当を作ってなかったなと慌ててイノシシ弁当を作りました。で、今これ打っててそういえば去年の干支はなんだっけ、と考えてて。アレ?去年の干支ってひょっとして犬?でも犬弁当を作った記憶がない…??と弁当写真フォルダを探してみたら去年の一月は干支をすっかり忘れてて干支弁当を作ってなかったという衝撃の事実(^^;)一昨年ニワトリ弁当を作った記憶はあるんですけどね(^^;;)




一昨日は久々に「新鮮な憤怒」というなかなかに珍しいものに囚われておりまして。

つまりトライアル授業をやったんですけど。

授業自体は自分的にはなかなかうまくいったと思ったんですよね。

fc2blog_20190128044425b37.jpg正多角形と円のところをやったんですけど、なにしろどう授業していいかもらった資料じゃわからない。←教師用教本の白黒コピーのスキャン画像が送られてきたんですが、ご覧の通りサイズが小さくてそのままプリントアウトしたら全然読めなくて。その上、おそらく原本の教本では児童の教科書と教師用メモを色分けして記述してあるんだと思うけど、ご覧の通り白黒だから実際子供達が見ている教科書がどんなものかさっぱりわからないわけです。なので正多角形と円の授業の動画をいくつか見つけてそれを30回くらい観直しました。同じ内容でも不思議にわかりにくい授業もあって、それはもう2分で視聴中止(ーー)で、なぜ動画をそこまで見返したかというと、わかりやすい!と思った授業にはやっぱり特徴があるんですよね。先生の話し方、声のメリハリ、あとは使ってる言葉のチョイス。「この概念を一緒に学びましょう・勉強していきましょう」のような硬い言葉ではなく、「一緒にやってみよう」「覚えておこう」「見てみよう」のような言葉が多用されていたので参考にしました。あとは板書の量が少ないことも特徴。覚えるべきポイントだけ書いてあって、ダラダラした説明は板書としては最小限。残りは丁寧に口で説明しているんですよね。

それで(わけのわからん)指導案を見てみると、「交流」とやらが必要で、つまり子供同士がペアで作業したり発表したり、ってことなんですけど、45分の時間内で教科書5ページ相当をカバーするわけですから、時間が足りるかわからない。なにしろ初めて会う子供達ですからね。その上土曜日学校(仮)って子供のレベルにかなりばらつきがあるんですよ。優秀な子もいれば、日本語がおぼつかないという子もいて、そのばらつきが該当クラスでどれくらい大きいかも見当がつかない。これが数時間あれば多少調整できますけど45分なので、とにかく時間内に与えられたページ数の内容を終わらせることを最優先にしました。つまり子供達に考えさせたり発表させたり、はできるだけ最小限に。

しかしながらただ喋ってるだけではこれもまたつまらないと思い、家中の傘を確認した上で骨が五本の傘、六本の傘、八本の傘を持っていって開いて比較して見せてみたり、傘をくるくる回して「こうして高速回転〜!!ってやると円の形になりますね〜」なんて実践してみせたり。コンパスで円を描いて正八角形を描く実践のために中心に鉛筆で印をつけた折り紙とハサミを人数分(ハサミはさすがに全員分はなかったですが)用意したりしました。図形の概念を理解するには、やはり身の回りの身近なものを見て実感したり、実際に自分の手で触ってみるのが大事かなと思いまして。

勿論自分的にはもっとああすればよかったこうすればよかったと思ったところはあちこちありました。なにしろホワイトボードが思ったより大きい&背が高くて描きづらかったし、白板用コンパスが使いづらくて汚くなったり、板書が綺麗なバランスで書けなかったり。もともと字は超絶汚いのでそれはもう最初から諦めてたんですけど(ーー;;)子供達が意外に(!)優秀で、作業時間も思ったよりかからなかったし、これならもう少し丁寧に時間かけてもよかったなと思った箇所もありました。

だけど授業が終わってから私が片付けてる時に女の子が一人わざわざやってきて「ありがとうございました」ってお礼を言いに来てくれたり、もう一人女の子が「この折り紙、また半分に折ったらどうなるんですか」っていうので実際に折ってみて「ほら、8かける2で正十六角形になるんですよ〜〜」って見せてあげたり。一人でもそうやって授業後に話しかけてきてくれる子がいたら大成功じゃないですか?なにしろ初めての授業だしさ。



それで自分的にはやりきった感で満ち溢れながら片付けを済ませてさて警備のお当番に戻ろうとしたら、校長先生がさささ〜っとどこからともなくやってきて、「ちょっとお話がございますので会議室の方へおいでください」ときた。私のトライアル授業、本来の担任の先生+校長先生+教頭先生+運営委員の父兄の計4名さまが見にいらしてたんですよね。しかも校長先生も教頭先生も授業風景とか白板の写真を何枚も撮っておられて(ーー;)

それで会議室に通されて校長先生と教頭先生がおられ、一体何の話かと思いきや。

30分近くのダメ出しセッションですよ(ーー)

校長先生はともかく、教頭先生とこんなサシで座るのは初めてです。というのはこの教頭先生、うちが入学してすぐにご主人が病気になられてしばらく土曜日学校(仮名)を離れてらっしゃったんですよね。女性なんですが、還暦を過ぎているにも関わらず全身お直しをしているぽくて遠くから見ると30代くらいなんです。ひと昔前のボディコン、ロングヘア、ミニスカートにピンヒール。バッグはヴィトン。大変申し訳ないけど、元レースクイーンとかコンパニオンが年取っても頑張ってるのかなと思っちゃう感じ。でも教頭先生はご主人が日系の派遣会社を経営なさっているので地元の企業とも太いパイプでつながっているし、なんといっても土曜日学校のドン。だという噂なのですが、今まであまりそのお姿をお見かけしたことがなかったんです。でこの教頭先生、間近で見ると本当のお年が見え隠れするというか、目はグレーのカラコン入れてるし髪はなんつーか色々やり過ぎて痛んでるし、顔に至ってはなんだろう、角度を変えると美女が骸骨に見えるようなカードみたいなのあるじゃないですか。あれみたいで正直お直ししすぎて気味悪いんですよね(ーー;;)

話が逸れたんですが、その初めて今回お会いする教頭先生がいきなりダメ出しオンパレード。色々言われたんだけど一番ショックだったのが「スタイルが完全に受験塾のようでしたね」というものです。それは当然、だってそれを狙ってやったわけだから。なにしろ土曜日だけという限られた時間内に一週間分のカリキュラムを詰め込もうというのだから、学校形式でちんたらやってたら絶対間に合わない。となると間に合わない分はどうなるかというと全部そのまま宿題になるんです。子供達は平日は当然現地校に通っているわけで、現地校の宿題だって毎日出る上に土曜日学校の宿題も抱えてみんなヒーヒーいってるわけですよ。できれば土曜日の限られた時間に全部理解しておいて、平日やることは最小限に留めておいた方が良いじゃないですか?だから塾っぽいやり方で行く、というのは私が決めていた基本方針でした。

これは自分の体験からでもあるんですよね。私昔から小学校の授業がよくわからなくて。というか勿論やってる個々の内容はわかるんですが、その意義とか目的意識が見えなくてつまらなかった。私は完全に理論より実践タイプなので、教科書をそのまま丁寧にやられても「何のためにそれを学ぶのか」が現実として見えてこないと興味が湧かないんですよね。その点塾は「とにかく点を取る」という目的がはっきりしていて、そのために何を覚えるべきか、どこがポイントか、というのを徹底的にわかりやすく教えるわけじゃないですか。それで塾では学校でのんびり数日かけてやることを一時間で終わらせたり、なんなら先取りまでできるわけですよね。「限られた時間内子供達にわかりやすく」を目指そうとしたら塾スタイルが一番だと思ったわけです。幸い中学受験は経験しているから、ちょうどこの年頃に塾に通っていましたし。教師用教科書、ぶっちゃけ書かれていた内容をどのように子供達に語りかけるべきかが全く見えてこなかったし、自分で理解できないもんは子供達にも理解させられないでしょ。

しかしそれがいかんと教頭先生はおっしゃられる。
教頭先生「『ここがポイントです、覚えておきましょう、テストに(多分)出ますよ』的なことを授業内で9回繰り返されましたよね」


数まで数えてやがった!!!なんなのこの婆!!
それらは覚えるべき大事なポイントなんだから繰り返したに決まってるだろ!!それの一体何がいかんの??

それでは塾スタイルがいかんという教頭先生はどうしろっていうかっていうと、「先生がどんどん説明していくのではなく、もっと子供達の頭で自発的に考えさせ、発言させるべき」とのありがたいご高説でございますよ。

そんな時間どこにあるんだよ!!!現実見ろよ!!!

土曜日学校に不満を持つ親御さんはどこでもいらっしゃるし、学校へのクレームも結構あるみたいなのですが、大抵その内容っていうのが「うちの子、できないんでどうにかしてください」的なものなんですよね。で、親が「できない」と称するものは一体何かというと決して「うちの子、発想が貧困なのでもっと発想が豊かになるようにしてください」や「色々な角度から思考ができるようにしてください」ではないわけです。決して。

では親御さんが究極何を求めているかというと「成績を上げてください、良い点を取れるようにしてください」ってことじゃないですか?だったら「ここがテストに出ますよ、ここが大事だからきちんと覚えておきましょう」というのはとてもとても大事なことだと思うわけです。だってどんだけ時間かけたって時間内に考えられない子はどうしたっているんですよ。これは子供達個人の資質も大きいし。

それに!!!!

子供が頭で考えるだのいろんな角度から思考を掘り下げるだの視野を広くするだのなんてのは、既に現地校でやってる事でしょう??

だってこの子らみんな平日は現地校に行ってるんだからさ!!!!!!この子ら一体平日に何してると思ってんの?毎日毎日学校に行ってアメリカの教育受けてるんだよ??遊んでるわけじゃないんだよ??

日本に帰って「テストで点が取れなくて」「成績が悪くて」「編入試験に受からなくて」困るのは子供達だよ??親がまさに求めているのは塾の教育でないの?


子供達のことを考えてないのはお前らの

方だろうが!!!




…と心の中でそっとささやかに囁いたわけでございます(^^)ちょっと反論はしたけれどもその時点で既にやる気を失っていたのであまりグダグダ言い合う気も起きませんで。最後まで引き受ける気があったなら喧々囂々どこまでもやり合いますけどね。はっきり言って私の時間の無駄。


他にも私は絶対文章書きながら授業ってできないと思ったので(白板全体ののバランスもわからんし)先に書くべきことは書いてしまってからそれを指差したり補足したり空欄に書き足したり、というスタイルでやったんですが、それもいかんとか。おかげで子供達が白板の内容をノートに書いていいのかどうか迷ってただとか。だけど小五ですよ、ノートに何を書くべきかなんて自分で判断できる年なのでは???そもそも白板に沢山ズラズラ文章書きすぎて子供が混乱しないよう、ポイントだけと決めて最小限のものを書いておいたのに。あの量でダメならどうしろっていうんでしょ。そもそも私は子供の教科書の実物すら見る機会がなかったわけで!!もっとそもそも、私はプロの教師じゃないんです!!!!

なんていうかね。大袈裟かもしれないけど、ぶっちゃけ私はかなり「侮辱された」と感じました。言い方が明らかにアドバイスではないんですよ。ここを直せあそこがダメだった、という調子。このように直せという具体例も無し。教頭先生のありがたいご高説を賜りながら全身の体温がどんどんどんどん下がっていくのを感じましたよね。しゅ〜〜〜〜〜って感じで指先が冷たくなっていくあの感じ。今私は完全に怒っている。憤怒している!!

「私はですね、ASIAさんは大変よく頑張られたと思います。ウンタラカンタラ」


こうちょう せんせい が くうきを よんだ!!


ですが全くくうきをよまないきょうとうせんせいのお説教は続き…。まあね確かにこちらとしても改善点はあったと思いますよ。だけどさ、3日前にちっちゃな白黒教本コピーを渡され、担任の先生と全く打ち合わせする時間もなく、手探りでやった初めての授業にしては頑張ったと思うんですよ。それなのになんなのこの言われよう。結局提出しろと言われたあの指導案って、教師本人のためのメモではなく、授業を見学に来る人がいるという大前提でその人達が指導案を見ながら授業が案に沿って行われているかどうかを評価するためのものだったらしいのです。んであそこに書いてあっためあてだのまとめだのは要するに必ず板書すべき必須項目だったらしく。だからそれをほぼ丸無視して行われた授業に対しても苦言を賜ったのだけど、そんな事前説明全く無かったじゃん!!わかるわけねーだろ!!それにまとめの一つは私的には子供達にとってとても分かりづらいものだったからあえて外したのに。そもそもこのお試し授業にこぎつけるまでにやれ日本語の履歴書提出しろだの面接に来いだの、面接に行ってみりゃ妙に上から目線で圧迫面接、ギリギリの時間に説明ゼロで最小限の資料だけ渡されて頑張って授業してみりゃこの言われよう。アレっ私頭を下げてお願いされてる立場の筈では??


やってられるか!


噂によると教頭先生は日系企業に沢山コネ持ってて幅を利かせているから逆らえない日本人は多いって話なんですが、私は日系企業とは関わっていないので全く関係ありゃしない。地元日本人ネットワークにも全く無関係なので教頭先生のご機嫌損ねても痛くもかゆくもない。しかしこの婆、明らかに人を顎で使うのに慣れきってらっさる。こんな人と一緒に仕事(?)、絶対無理。傲慢もいいとこです。お前ら一体何様なんだと。

校長先生は校長先生で、さすがに不穏な空気を読み取ったのかおだててくるんだけど、こっちもこっちで古狸よろしく「子供達を教えてみてどうですか。教える喜びといったようなものは…(^^)」など「やりたいです」という言葉をこちらから自発的に引き出そうとあれやこれや誘導尋問しようとしてくる。いくらなんでも私そこまでバカじゃございませんことよ。第一校長先生は政府から送られてくる派遣なんですが、大抵任期が3年くらいなので、今年の3月で帰国されるんですよ。なのでいくらこの人の覚えがめでたくたって、あと二ヶ月でいなくなっちゃう人なんだから超どうでもいいですし。

もう一つ非常に不愉快だったポイントが、例の指導案、結局担任の先生が作ってくださったらしいんだけど、前日に差し替え案ですって新しい指導案が届いたんですよ。どうやらそれ、校長先生のダメ出しによって担任の先生がわざわざ書き直したものらしいのですが、その説明が

「担任に指導案を直させました」

っていう言い方だったんです。「直してもらいました」じゃなくて「直させました」ですよ。小さな言い回しの差なんですが、エッて思ってものすごく引っかかって。だって担任の先生のお子さんもこの土曜日学校通ってらっしゃるんですよ。いわば先生でありながら父兄であり、いわば客の立場でもあるわけです。それなのにこの言葉のチョイスに学校側から見た先生の立場の認識が見え隠れ。こういう小さな言葉遣いに本音って出るものです。あ〜〜〜〜こんなところで代行なんぞ引き受けたらこの日本風上下関係・雇用関係という力関係ができてしまう。日本の社畜よろしく奴隷のようにこき使われるに違いありません。ぶっちゃけ堪え難い屈辱です。この程度の人達に下働きとして扱われるとかありえん。実際私みたいな逸材どこ探してもいやしないよ?!大学こそ三流だけど一応理数系の修士号二つも持ってて、アイビーリーグ大の医学部の専門職ですよ?!それをあんな見るからに品の無い整形婆に散々にこき下ろされて、あほくさ!あれって結局単なるマウンティングだったのかな??

そして一番不可解だったのが、教頭先生のありがたいお言葉の中で「担任としては」みたいな単語が飛び出したこと。私はその場で訂正したんだけど、授業の方針についてはゆくゆくは研修など受けていけば学校のカラーに沿えていけるだろう云々。

考えれば考えるほど、私きっと担任候補として審査されてるよね???代行候補だっつってんのにおそらく相手の資料には「担任候補」って書かれてるよね???そう考えれば全ての辻褄が合うんですよ。おかしいおかしいと思ってた!

その手に乗るか!!!!(ーー)


その場はアラアラオホホと和やかに退出してきましたが、その晩のうちに代行教師の件を辞任する旨メールを出しときました。言いたいことは多々あれど、こういうたぐいの相手って下手に反論すると「素晴らしい!ついてはそのお考えを生かすためにぜひうちのチームに」的な流れに持っていかれがちなんですよね。そうしないためにも無言を貫いて辞退、が正しい戦略的撤退です。

そもそも人手が足りないっていうから、自分では先生できないからと思って大してありゃしないコネを総動員して代行候補と担任候補を苦労して見つけて来たんですよ。特に担任候補の方は若くて独身、子供達を教えたいという希望に満ち溢れてました。そんな人を頑張って見つけて来て面接にまでこぎつけたんですよ。そんで面接直後は「やる気がアップしました(^^)」なんておっしゃってたのに、探りを入れてみたら学校から渡された資料を見てとても自分の手には負えない(仕事と両立出来ない)と思ったそうであっさり辞退。


_| ̄|○


実際このお試し授業を行うにあたって、45分の授業なのに準備に5〜6時間はかかりました。時間配分を確認したくて予行練習も二回やりましたしね。赤(仮名)さんは生徒役(笑)慣れればそこまでしなくてもいいだろうけど、まあぶっちゃけ無理。ここ数日間イライラが募って、ベッドで目をつぶれば一分も経たずに意識を失う私が珍しく夜も眠れなかったし、健康に差し支えるよ(ーー)いのちだいじに!こんな状況なんだから本来ならもっとおだてあげるべきものを、逆に批判のオンパレード、やりたがる人がいるわけがありません。明らかに人手が足りてないのにハードル上げすぎなんですよ!

でもさ私頑張ったよね??代行候補も担任候補も見つけて来たし、結局逃げられたのは明らかに学校側の問題であって私のせいじゃない。子供達のボールが足りないと聞けば1ダース寄付し、室内用遊具が古びてると聞けばウノにトランプに将棋にオセロにと山盛り寄付し、倉庫がぐっちゃぐちゃで整理しづらい状態を見れば「これでスチール棚を買う足しにしてください」とDYIショップのギフトカードを200ドル分(これはクレジットカードのポイントが貯まった景品)もそっと差し出し、今年は行事委員で文字通り汗水垂らして走り回り、ここまでやってる父兄、他にいないと思うの!!教師断ったってバチなんか当たらねえべ!!!どれもこれも、子供達のことを考えてやった事だから全く後悔はないけれど、肝心の大人がこんなじゃ手を引く以外ないです。他所の子供達より自分の生活が大事!


だけど笑っちゃうのが我が家の赤(仮名)さんのサポート力。予行練習の時に生徒役をやってもらったのですが、「ママ、すごい授業お上手ね!とってもよくわかる!!(^^)」とかきっとよくわからないのに目をキラキラさせて励ましてくれる(ーー;;;;)五年生の教室はたまたま赤(仮名)さんの教室の隣だったので、授業中先生がプリントか何か取りに行った間にこっそり五年生のドアに張り付いて授業聞いてたみたいです(笑)ダメ出し受けて疲れ切った私を「よその人の言う事なんか気にしちゃダメ!ママはすごく頑張ったし世界一良い先生よ!(^^)」とか励ましてくださる…なんなのこのお子さん全く私と似てないんだけどどっかの励ましの天使か何かかな(笑)ママストレス溜まってるんでしょ、肩揉みしてあげまーす!とか言って肩揉みしてくれたし…まあ30秒で終わったけど(ーー;;;)異常に健気の一言ですわよ。ポジティブなところはさすがアメリカンと言っても良いのかもしれないけど、よそのアメリカ人の子供達見てもこんなじゃないんだよね(ーー;;;)


アッだけど今回の経験が全く無駄だったってわけじゃなくてですね、良い事もあったんですよ(よかったさがし)

我が子の勉強をもっと丁寧に見てやろうという気になれました(笑)今までは土曜日学校(仮)で教えてもらってるんだし…とか思ってたんですが、自分で教えた方がマシなのかもしれないという気が(爆)まあ学校の良いところは同じ年代の子供たちに囲まれるっていう点なのですけどね。でも警備の当番で赤(仮名)さんの教室のすぐ外が持ち場だったのですが、赤(仮名)さんのクラス、担任が新任のせいもあってかすごく荒れてて一日中なんだか休み時間みたいにギャーギャーうるさかった上に休み時間には喧嘩が起きて騒ぎになってました。なので本当に赤(仮名)さんのためになっているかどうかは疑問…。いずれ辞めなきゃいけなくなった時(ーー;)のことも色々想定して考えておかないと…。土曜日学校、駐在さんには死活問題でも、うちのような永住家庭にはぶっちゃけ親の心一つの問題なんですよね。だからこその葛藤でもあるわけですが、今回五年生の授業であれだけ出来たってことでかなり自分に自信がつきました。これからはちょっと先生になったつもりで家でしっかり日本語の宿題みてあげようと思います。

どうやら来年度から復活するらしいラスボスを右に左にかわし続けながら頑張るぞ!




拍手パチパチありがとうございます♪(^^)以下はレスです〜♪
[戦略的撤退]の続きを読む
やりたくない(ーー)
今週土曜日の土曜日学校(仮名)代行トライアル授業なんですが、もうやりたくなくてやりたくなくて倒れてしまいたいくらいです。少しはこのやりたくない情熱がわかっていただけたでありましょうか…。

昨日さ!赤(仮名)さんが久々に熱を出したんですよ。朝起きたら一気に40度!普段あまり病気しないし、高熱だから頭も痛いらしくて機嫌悪いわグズグズ泣くわで看病も大変(ーー;)

そんなところに土曜日学校(仮名)からメールが届いてさ。土曜日のトライアル授業の範囲の先生用教科書コピーがスキャンして送られて来たんですけど、プリントアウトしてみたら小さすぎて読めない!(ーー)仕方ないので1ページずつワードにコピペして作り直してプリンアウトしてみました。本来は赤字やらなんやらでわかりやすい筈の先生用教科書、全部黒だから何が何だか。

しかも「指導案の作成を明日までに提出願います」


ハ?!指導案て何?!?!そもそも代行なんだから、担任の作った指導案に沿って授業を行うのが筋では???指導案の作成なんて明らかに代行の仕事じゃないよね??なし崩しに担任を押し付けられそうな空気をビンビンに感じ取りましたので、これはさすがに押し返す以外になかろうと(1)担任教師の製作した指導案を送って欲しい旨、(2)一からの指導案の製作は時間的に無理、とお返事しました。こちとら平日働いてるのに、しかも作ったことすらない指導案を1日で作ってこいとかありえん。無理難題すぎ。

fc2blog_2019012503055576c.jpgまたグチグチダメ出しされるかなと思いきや、すんなりと指導案が届きました。んが、これを見て、こんなん作らせようとしてたって事実にまたお口あんぐりですよ。こちとらそんなに暇じゃねえ!!それにさ、先生用指導教科書があればこの指導案ぶっちゃけ全く必要ないんですけど…だけど担任の先生は毎週こんな無駄なもん作らされて提出させられているのか…教師が居付かない理由がまざまざとわかるというものですよ。これがさ、一度作ったら毎年使えるってならともかく、噂によると毎年担任の先生が担当する学年をくるくる変える予定なんだとか。経験を積ませようっていう意図があるのでしょうが、きがくるっとる!先生の負担が増えるだけ!フルタイムでもなんでもない、単なる時給のバイトなのに!指導案とか作ってる分の給料は出ないわけでしょ?

それでこの指導案とやらを見ても送られて来た先生用教科書を見てもどう授業をしたらいいのかさっぱりわからないわけです。しかし今は素晴らしいいんたーねっつの時代ですよ。でぐぐってみたらありましたありました、該当の項目の授業の動画。やっぱりプロの授業は違いますね。見ててとってもわかりやすい。これを参考にしてそのままやろうと思います。指導案なんぞ知るか。

だってさ!今週の土曜日はお当番の日なんですよ。警備係で、一日中廊下やらなんやら見回るの。代行のトライアルなんだから事務所側が配慮して代わりでも探してくれるのかと思いきや、「ではトライアルの時間だけ当番を抜けてお願いします」ですと!!つまりその担任の先生がどんな授業してるのかとか全然見学にすらいけないわけ全く血も涙も無い奴らだぜ!!まあ時間割を見るからに、直前の授業はテストをやるみたいなので何の参考にもならないわけですけど…。せめて先週に言ってくれたら見学に行けたのに(ーー)

噂では学校側が結構先生方に無理難題押し付けてくるので嫌になって辞めちゃう先生が結構いらっしゃると聞いたのですが、推して知るべし、ですね。理想を高く持つのは結構なことですが、実際教えるのって大部分が永住、大抵国際結婚、平日仕事している人もいるし、正直時給も大して高くないしその割に時間外労働が多すぎてやってられないってなるのも当たり前…。この学校で見る限り、日本人って全体的にお金を出したくなくてその分働く人の犠牲で成り立ってる部分が多いのですが、ごめんそこまで滅私奉公せにゃならんほどの価値を見出せません(ーー;)それが自分の子のためになるならともかく、今でさえ気力体力ともに十分な日本語教育を施してあげられていないのに罪悪感を感じているほどなのに、この上更によその子のために時間取られるとかアリエンティ。子供達に教える喜びを〜とかなんとか、それがご褒美みたいな話の持っていきかたをしようとする校長先生の髪の毛をむしってやりたくなる衝動に駆られます。言ってることは大変に高尚なんですが、貴様その上仕事して家事して子育てして、ってやってるお母さんの気持ちがわかるのかよって地団駄踏みたくなります(ーー)公務員でもなんでもない、時給いくらのバイトにどこまで求めるんだって話ですよ。

取られる時間だけでなく、更に精神的な弊害が…授業のことばかり考えててものすごいストレスで、描いてる途中の絵すら仕上げる気にならないということです(ーー)これ以上お絵描きの時間取られるとか、もうかなり真面目に死活問題なんですが…向こうも必死かもしれないがこちらもかなり必死!(ーー)

嗚呼子育てなんて(溜息)


拍手パチパチありがとうございます♪以下はレスです(^。^)
[やりたくない(ーー)]の続きを読む
たぴおか弁当
すみっこぐらしのたぴおか弁当でございます。今回混ぜたのはケチャップ、抹茶、ターメリック。これなら自分でも作れる色!でも考えてみたら新年になったのに今年の干支の弁当をまだ作っていなかったので今週はイノシシ弁当にしようかと思います。茶色なら十分できる!(笑)

fc2blog_201901230420182f4.jpgfc2blog_20190123042036839.jpgどこぞで黄金律をうまく使って構図を決める、とかいうのを見かけましたので自分でも試してみました。紙の対角線上に線を引き、そこからまた角に直角になる線を引いたりあれやこれやして出来た空間バランスや角度などをうまく利用して色の明暗や強調したいポイントなどを置いていくっていう感じのやり方です。今まであまり角度とか真面目に考えたことがなかったので試してみました。なかなかいいんだけど、色塗りがさっぱり進まなくてですね…。先週末三連休だったんですが、土曜日は勿論土曜日学校(仮名)、日曜日は新年会、月曜日も赤(仮名)さんず〜〜〜〜〜っと家にいて何にもできませんでした(ーー)

それに加えて、土曜日学校関連のあれやこれや。どうも理想の高すぎる校長先生があれやこれや改革したおかげで先生の負担が更に増え、結構辞めてしまう予定の先生が出たのだそうです。それを補充するためになりふり構わず手当たり次第に先生をできそうな人に声をかけているらしく、私にも声がかかってしまいました。そもそも駐在さんの奥様は就労ビザを持たない人がほとんどなので働くことはできず、自然と永住組に声がかかるのですが…。渋々フルタイムの先生がおやすみした時の代講なら、ということで面接を受けることに相成ったのですが、その面接でなんと校長先生が「ゆくゆくは担任に」みたいな寝言をほざきおったので明らかに嵌められた空気満々です(ーー)なんと言われようが担任を持つなんてそんなめんどくせえことする気はございませんのでそちらは勿論断るつもりなのですが、そもそも面接自体が「担任」を念頭に置いたものだったらしく、運営委員長さんには「日本語の方は大丈夫なんスか」とか聞かれてこちらとしてはかなり内心ご立腹ですよ(ーー)なんだよ委員長、私今年行事委員でイベント一緒に頑張った仲だと思ってたのに、今更そういう質問はないんじゃね〜の??(ーー)文句あるなら最初っから頼んでくるな!!!(><)

私は結構根に持つタイプです、ハイ。一生忘れんぞ(ーー)

そんで今週の土曜日に早速一時間のお試し授業お願いします〜〜なんて連絡が来たんですが、教科書も勿論ないしどこの範囲をやるんじゃい??今のとこ小五の算数ってことしかわからん…。思い返せば私は算数が一番苦手教科でのう…。でも昔全然解けなかった問題が今は解けるってことは、単に精神年齢とかキャパ的な何かが低すぎたんじゃないかと思います。子供の頃解けなかった問題も大人になったら解けるようになるから大丈夫だよ!ってな感じでいいんですかね?(ーー;;;)(全然ダメ)


やりたくない…( ;´Д`)


まあ赤(仮名)さんがどこまでついていけるかにもよるんですけどね。ハーフの永住の子はどんどん脱落していくので。すでにクラスメートの一人のハーフの子は来年は辞めるって言ってるし、もう一人の子も「来年も行く?」って迷っている状態らしく。うちももってあと一、二年ってところじゃないかな〜〜〜と思うんですよね…。永住の子はまず漢字でつまづくんですが、まあうちの赤(仮名)さんは漢字大好き!って豪語してて結構漢字はついていけてるんだけれども肝心の文章力は幼稚園レベル(ーー)なにしろ本が好きじゃないので読み聞かせも嫌がるし当然自分でも読まないし、本読まないから語彙力が全く身につかないし、テレビだって見たいものは全部アメリカの番組ですよ。これで日本語続けられるって思うほうがどうかしてるよね(ーー)ここまでやれたのが奇跡!


あ〜〜〜〜〜〜(溜息)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
冷蔵庫が壊れまして
すみっこぐらしのぺんぎん?とほこりの弁当です。ほこりは白いと思い込んでいたのですがどうやらグレーが正解だった模様で「グレーじゃない〜」と赤(仮名)さんにダメ出しくらいました。文句あるなら自分で作れや(ーー)ちなみに赤(仮名)さんの一番好きなキャラはとかげなのですが、さすがに青い色は無理…。日本みたいな安全(?)な食用色素はなさそうだし、あったとしても自分が作るのなんとなく拒否してしまいそうです。

先週は冷蔵庫・冷凍庫が壊れましてね散々でした。一番散々だったのは、買い込んでおいてその存在をすっかり忘れ去っていたアイスモナカ10個ほどが全滅になってしまったこと(ーー;)ま〜お店で買い直せるものなら別にいいか、と思えなくもないですが、作り置きしておいたお出汁とか生姜湯キューブとかが全滅になってしまったのが痛い(ーー)
しかし壊れてしまったもんはしょうがないので、せっかくだから冷凍庫の大掃除をいたしました。色々溶けたら何かあやしい色の液体とかでベタベタしてきたので(ーー;)どっかから肉汁でも漏れたらしいです。なんだかんだで「そのうち食べよう」と年単位で時間が経ってしまっているものもあったので良い機会だから色々処分して結構すっきりしました。冷凍庫ってブラックホールみたいですよね、恐ろしい(^^;)入れておくとつい安心しちゃいます。冷凍庫に保存してある食材は8割がインターナショナルマーケットでしか購入できない日本食材です。真空パックのお魚とか、地元のスーパーではお目にかかれない薄切りお肉とか、あとは冷凍うどん・蕎麦などですね。普通のスーパーのお肉やお魚も入ってますけど基本いつでも行けるのであまり買い置きはしていません。インターナショナルマーケットはうちから30分くらいですが、そんなに暇もないので年に数回行く程度。なのでかなり大量に買い込むんですよね。

fc2blog_2019011501234475e.jpgそんな食材を思い切って大盤振る舞いした昨夜の食卓。山菜炊き込みご飯、はんぺんとサヤエンドウのバター炒め、きんぴらごぼう、マグロのマリネ、味噌汁(&赤さんにはお吸い物)です。こういうの作るのはいいんだけど肝心の宿六と赤(仮名)さんの箸の進みが遅いので客が来ている時にしか作り甲斐がないのもちょっと寂しいところ。宿六は基本生モノには一切手をつけないので…。


無事に冷蔵庫も直ったことだし、また新たに一週間気持ちを切り替えます(ーー)ノ☆



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
焼け落ちる一期さん
最初は顕現時のファンシーないち兄を目指していたような気がするんですが、一期さんといえばやっぱり炎かなって、焼け落ちていくような新年早々幸先悪い絵柄になり申した。
最近は主線をペンで入れずに鉛筆の上から色を塗るという、まあ用はめんどくさいんでいらん手間を省きましょうってことなんですが(笑)でもこれが思ったより悪くないんですよね。強調したいとこだけ色塗ってからまた更に鉛筆もしくは黒インクなどで補強(?)したりできるし、主線がしっかり引いていないと色で表現するしかないので陰影もくっきりはっきりつける良い練習になりそうです。

相変わらず色塗りには全くセンスを感じられませんが、最終的にホワイト多用することで結構あちこちに修正入れられることも実感できて、一体今までホワイト無しであれやこれややっていた自分はなんだったのか(ーー;;;)単純におばかさんだったんですけど…。

すこ〜しずつ、本当に亀の歩みですがカラーインクのコツを掴めて来たかもしれません。なんというか、「線の内側を満遍なく塗る」みたいな固定観念から抜け出したい(ーー;)もっと自由に塗ってもいいんですよねきっと…。

ジョミブル妄想は大体二人がセットでアイデアが浮かぶんですが、いちみかはもともとセットでもなんでもないから二人別々のイメージしか湧きません(ーー;)くっつけようと思ったら漫画にしたほうがいいと思うんだけど、私が見てみたいのは戦場で戦う一期さんであって、しかもそこにいちみかをねじ込むのも合わないという、お前ほんとにどこがいちみかなんだよっていうね。私の理想とする二人の関係がさりげなさすぎてなかなか妄想につながらない(ーー;)いくら肉体を得たとはいえ、刀の付喪神ときてはえろな妄想も全く浮かんで来ませんで…元ネタがゲームだからかな?ジョミブルは原作がなんつーか作者様の情欲(笑)に溢れかえっていてえろ妄想に全く苦労しないんですよね。

ちなみに私の想像するところの一期さんの戦いぶりはやはりそのロイヤルぶりに恥じないようなロイヤルなお戦いぶり(変な言葉)だと思うのですが、なんだろうフェンシングぽいのかしら自分でもよくわからない(笑)まあ同田貫さんみたいな刀とは正反対の境地にあるものとは想像されますが、なにしろ自分の乏しい想像力でなかなか…。


まあ気の向くままにジョミブルだったりいちみかだったり、ぼちぼちやっていこうかなと思います。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.