FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
「Sherlock: The Abominable Bride」に騙された(ーー)
いや〜〜〜〜〜〜〜。

騙されましたよ…。

BBCのテレビドラマ「シャーロック」にね…。

正確に言うと、シャーロックに騙された、わけではなくてシャーロックの特別編に騙されました(ーー)

シャーロック、珍しく夜コツコツと一話ずつ観てるわけですよ。赤(仮名)さんが最近なんだかんだと遅くまで起きてるし、その後もなんだかんだと片付けがあるので全てが片付いてやっと何か観るか〜ってなるのが早くても9時。そこから1時間半のシャーロックを観て、犬のトイレやらなんやらして、やっと次の日に差し支えないかもしれないレベルの時間に滑り込みセーフで就寝するわけです。とはいえ冬休みからこっち、6時以前に起きられない…。それはどう考えても(私の基準で)夜更かししてるから…(ーー)すっきりと朝の5時台に起きるにはやっぱり10時前後には就寝しないといかんですね。まだまだ早朝は暗いし…。

まあそれはいいんだけど、シャーロックはまだ観終わってなくてシーズン3の1話まで観たところで、「そういえばシャーロックの19世紀スペシャルがあったな」と思い出したんですよね。シャーロック自体は現代の話だけど、原作みたいに19世紀を舞台にした、あれはクリスマススペシャルだったのかな??とにかく昔ながらのホームズをやってるエピソード?映画?があったはず、と思い出したんですよ。それでなんとな〜くそちらを観たい気分だったので、Netflixで探したんですけど、ないんですよ。ちなみにタイトルは「The Abominable Bride」というやつです。仕方なくアマゾンで探したらプライムに入ってました。ただ、プライム会員でも有料のやつ。どうしても観たい気分だったので12ドル払って観たんです。

そしたらさ。

ネタバレだから一応畳んでおくとします↓
[「Sherlock: The Abominable Bride」に騙された(ーー)]の続きを読む
レンガみたいなチーズケーキ
ネット広告でふと何気無くクリックしてみたクラフト公式サイトのチーズケーキレシピなんですが、なんとチーズケーキ一個につき、クリームチーズを4パックも使用!!!思わずヒェッ…って抑えきれない驚愕の声が出ちゃいました。確かにクラフトとしては商品が大量に売れた方がありがたいわけだから、こうして一気に消費出来るレシピを推すのもわからなくはないけれども…。想像してみたけど、レンガみたいにどっしりしたチーズケーキしか想像できません。すっごい胸焼けしそう(ーー)

しかもこれ、やたらとレビューがいい!アメリカのチーズケーキって、どっしり重いタイプしかないんだけど、4パックチーズケーキがこんなに人気があるのなら、お店で重いチーズケーキしか売ってないのも頷けますね…。ちなみに日本でよくあるスフレタイプのチーズケーキは本当に日本独自のものみたいです。スフレチーズケーキのレシピを検索すると必ず「Japanese」という枕詞がついてくるので。というかこういう内容だったらもうわざわざケーキ仕立てにしなくても、クリームチーズにそのまま蜂蜜でもかけて食べても一緒じゃね??って思ってしまいますね。Cheesecake Factoryもチーズケーキで売ってるレストランだけど、あそこのチーズケーキも重過ぎてとても食べられない(ーー)あれこそまさにクリームチーズを甘くしただけっていうしつこさですよ。でもみんな大好きなんですよね…。

それでね、この4パックチーズケーキ、16人分とか書いてあるわけ。アメリカで標準サイズのケーキをそんなちまちまと16切れに分けて食べるってことはまずないよね。だけどなんでこんな大人数になってるかっていうと、要は一切れ分のカロリー表示を低く見せたいってことなんだと思います。で、このホールケーキを16切れにスライスしたうちのたったの一切れで340キロカロリーですってよ奥様。つまりホールだと…キャー!それでなくてもこのサイズだったら12切れか8切れくらいで食べると思うので、500〜600キロカロリーはあると思います。一切れで普通に一食分のカロリーですよ!くわばらくわばら。カロリーに見合うくらい美味しいならいいんだけどさあ…喉にいつまでもつっかえるようなあのくどさ…。甘さとしつこさで喉の奥に鈍痛を感じるレベルですよ。

そういえば最近チーズケーキ作ってないので今度作ろうかな。最近はなんとなくアップルパイばかり作ってます。アップルパイだって日本に行けばもっと美味しいの売ってるけどね…。ああいうのがここでも買えれば苦労しないんだけどね…。



最近は以前シーズン2の途中まで観てずっと放置していたシャーロックを観ています。明らかにドラキュラよりも人物の精神描写が細かくて、感情移入しやすくてびっくりしました。俳優の力も大きいと思うんですけどね。シャーロックの中の人のカリスマ的魅力は勿論のこと、ワトソンやマイクロフトもなかなか…。ドラキュラは一話と二話のアガサは良かったけど、そもそもドラキュラの中の人が全く好みじゃなかったのが致命的。そんで三話のゾーイもがっかりだったのでそこは大きいかも。やっぱりどんなお話も誰かしらに何かしらの感情を(超ふんわりした描写)抱けるくらい惹きつけられるもののほうがありがたいですね。現実逃避的な意味で。最近アニメも漫画も疑似恋愛的に入れ込めるものがなくって…。まあ無くても人生困らないんですけど、何かあったほうが創作意欲、ひいては生きる気も湧いてくるってもんですよ(明らかに言い過ぎ)そんなわけでマメなインプットを心がけたいものです。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Netflixドラマ「Dracula」全三話観ました
Netflixのドラマ「Dracula」がやたらと評判が良いって話を聞きつけて、早速視聴してみました。どうやらBBC&「シャーロック」の製作陣が関わっているドラマということで、期待大!全三話で一話1時間半というフォーマットもシャーロックを彷彿とさせますね。

というわけでネタバレ感想↓
[Netflixドラマ「Dracula」全三話観ました]の続きを読む
断れず肥満悪化
冬の間ぶくぶく太ったのでダイエット、と思っていたのに昨日は結局近所のお宅に上がりこむことになり(子供同士の仲がいい)奥さんの作ったカクテルを断れず、さらに奥さんがとったピザも断れず(ーー;)最終的に大変な量のカロリーを摂る羽目になり申した。

もうご近所付き合いやめたい(カロリー的な意味で)ノーといえない自分も悪いけど…。

fc2blog_20200111112141592.jpgだもんで弁当も結局時間なくて超手抜き。

あ〜ご近所さんてのは例のご主人が浮気してて云々の人なんですが、なにしろ子供が三人もいるとそれぞれの友達が遊びに来たりしててなんだかんだと子供達の溜まり場になりがちなんですよね。だけど奥さん働いてるから、スクールバスが帰って来た後に帰宅することが多いんです。となるとなんだかんだ近所の子は遊びに来るけど家に誰も大人がいないという状態になってることが多いわけ。大人がいない家に行かせるわけにはいかないので、結局私も赤(仮名)さんについて行かざるをえないのですが…。習い事をしていないお宅だとこういうのが面倒なんですよね(ーー)こちらの習い事がある日は勿論そういう心配をしなくていいのですが、向こうが学校終わって何も予定がないとなるとなんだかんだ遊びに行っちゃうし(ーー)

そういうのマジめんどくさ〜〜だる〜〜〜〜。

宿六がいるときは迎えに行かせるんですが…。

しかも今週末は向こうのお父さんがいないらしくて、土曜の夜お泊まりしたい〜と子供達に詰め寄られて…。

だる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(〜_〜)

まあここのお宅、どうせ夏には引っ越すと思うので、今だけ思えば我慢できないこともないけど…。奥さんは同じサブの中でもっと安い賃貸の家を探しているみたいだけど、そもそも賃貸の家自体絶対数が少ないんですよね。今の家賃は3000ドルで、2000ドルの賃貸を探してるみたいだけど、ここらの一軒家ではその値段で探すのはさすがに厳しいと思います。車の距離でおつきあいが続くとはとても思えないし(そもそも私がそこまでしたくない)




fc2blog_202001111122408e5.jpgfc2blog_20200111112252680.jpg夕べ犬をトイレに出していると、お月さまにカサがかかっていてなんとも幻想的な眺めだったので、前庭の芝に寝転がって写真を撮りました。月にかさがかぶるっていうの、傘じゃなくて暈っていうらしいですね。で、月がかさをかぶると雨ということわざがあるらしいですが、本日は朝から雨で、しかも午後には大嵐の予報です。風も強くて竜巻の心配もあるらしい…。しかしそれでも土曜日学校(仮名)に来ております…。本当に暴風で、朝来るときに結構車が揺れました(ーー;)帰りは裏道通っていこうかとも思っているのですが、裏道の方が逆に折れた木が道路に落ちていたりするので、高速をノロノロ行く方が安全なのか…。暴風雨なら車の数も少ないだろうし…とりあえず天気の様子を見てから決めたいと思います。

低気圧のせいか眠くて眠くてもう(〜_〜)お布団入って寝たい…(〜_〜)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
「Knives Out」観てきました
fc2blog_202001080315309df.jpg結構前(多分去年)に予告を見てすご〜〜〜〜く気になっていた映画「Knives Out」を観に行きました!

宿六が赤(仮名)さんを映画に連れてくるのに便乗したんだけど、上映時間が結構ズレていたので結局自分の映画が始まるまで1時間くらい待つ羽目に。でもここの映画館はディナーシアターに改装されてお酒も出すようになったので、真昼間からサングリアなど嗜みながらスマホいじりつつのんびり待ちました。自分で運転してないと出先でも気にせずのびのびお酒飲めるからよいですね!ちなみに赤(仮名)さんの映画は私の映画より1時間半くらい早く終わったんだけど、すぐ近くにプレイエリアつきのマックがあったのでそこで遊ばせて時間を潰していた模様です。


ネタバレバリバリバリ〜の感想です↓
[「Knives Out」観てきました]の続きを読む
超久々のイチニイラストアップ
無事にこちらも年が明けまして、もうとっくに先週からお仕事です(ーー)とはいってもぶっちゃけ誰もエンジンかかってないのでペースは超ゆるゆる〜〜〜。

そして年が明けましたので無事にクリスマスに完成したイチニ絵をアップしました。つかほんとギリギリだったよね〜〜〜Sunhawkさんごめんごめん(酷)というかそもそもなんで放置してたかっていうと、背景どうしようか悩んでたのもあるんだけど、訃報を知らせてくれたお嬢さんにメールしたら返事がこなかったのが大きいです。ただお嬢さんは母親名義のメールに返信をするのが気が引けたらしく、訃報の後に届いた数多くのお悔やみメールのどれにも返事をしなかったらしいのですが。

Sunhawkさんとの交流のきっかけになった「Head Games」という小説のイメージイラスト&漫画と一応同じシャツを二人に着せてみました。そんで背景にガンダム描こうと思ったのはいいけど結局めんどくさくなってテケト〜に描いたせいで本当にちょっとありえない感じのガンダムになってしまいました…(ーー;)あ〜ごめんごめん(誰に謝っているのやら)

Sunhawkさんは毎年クリスマスに「12 days to Christmas」という伝統に乗っ取って12日間毎日イチニ小説をアップしてたんですよね。亡くなる前に去年の分を書き溜めておいて、娘さんがアップするという話だったのでLive Journalを見に行ったら本当に毎日アップされてまして。本人の前書き+お嬢さんの前書きと共にね、12日間毎日。中身は短編だったり、ポエムだったり、中にはフィギュアをカスタムオーダーできるサイトでGWパイロットの3、4、5の三人をオーダーしてみました!というフィギュアの写真だったり。最期が近くなると自分でタイピングもできなくなってお嬢さんにタイプしてもらったり、校正を頼んだり、ということをしていたらしいのですが、なんだかこう、胸にぐっとくるものがありましたね。

一番びっくりしたのは、一番最後、25日にアップされた小説なんですが、Sunhawkさんの代表作、「Ion」シリーズっていうのがあって、その最終話(?)的なお話なんですが、本人にそれを書き上げる力がもう残っていなかったので、大まかなプロットだけ残して、なんと小説自体はお嬢さんが書き上げたという…。ただお嬢さんは実はIonシリーズを読んだことがないんだそうです。Ionってちょっとだけどえろも入ってたし、確かに親が書いた小説を読むって恥ずかしいという気持ちもわかる。なので本当に手探りで書いてみましたという前書きが入ってました。そのシリーズはデュオの一人称で書かれてるのですが、お嬢さんはそういう文体で文章を書いたことがないらしく、三人称の文体で書かれていました。

ふわあ…という感じでなんとも言葉が出ません。Sunhawk母娘さんはとても仲良しさんだったことがよくわかるエピソードでございます。ちなみにSunhawkさんにはもちろんご主人もいるんだけど、生前のメールの文面から察するに夫婦としての強い絆はあんまり無かったぽいです。Sunhawkさんの最期の方はお嬢さんが住み込みで母親の介護をしていたぽいので、ますます夫何してたのかなって思っちゃう(^^:)お嬢さん本人も数年前に結婚したのでご主人がいるのですが。

私が死んだら描きまくったしょ〜もないえろ絵とか大量に残ってしまうので今のうちに終活をするべきなのか、ちょっと身につまされますね(ーー;)Sunhawkさんの場合は前々から分かってたけど、事故にでも逢ったらもうおしまいでございますよ。




あ〜そういえば、生前のSunhawkさんとのメールのやりとりで、結構頻繁に話題に上がっていた、イチニファンダムの字書き&絵描きさんのKさんって方がいるんですよ。私も割と親しく(?)してた方、といえるのかな。

海外ファンダムは絵を描く人はとにかくそれで生計を立てようとする傾向にあるわけですが、Kさんはそれに加えて生活苦をことさら強調するタイプでしてね。毎年誰も頼んでないのに自作イラストでクリスマスカードをこさえて希望者に郵送するということをやっていたのですが、そのクリスマスカード印刷のためのお金がない!って毎年毎年自分のジャーナルで大騒ぎする人でした。

海外ファンダムって日本に比べるとみんな本当にお金がなくて、例えば日本の同人誌一冊10〜20ドルくらいでやりとりされてたんですけど、同人誌一冊売り買いするにも「今月末に給料が入るからそれまで支払いを待って」的な会話が日常茶飯事。やれ生活費だやれ手術費用だやれ子供の大学費用だとなんだかんだの理由で寄付を募る人も多く、お金に余裕のある人は割と太っ腹に寄付をしたりしてました。日本だったらオタ活動の場で生活費やらなんやらに寄付を募るなんて問答無用で炎上物件ですが、アメリカはもう小学校から寄付文化を植え付けられていますから、寄付はする方も貰う方も全く抵抗がないわけです。ただ海外ファンダムでお金に余裕のある人って本当に一握りの少数派で、他人に寄付するような人は非常に限られていました。IT関係のお仕事をしていたSunhawkさんもその一人。

その押し売りクリスマスカード、そのKさんは海外絵描きの例に漏れず、絵柄がちょっと(以下略)なので私はやんわりお断りしてたのですが、「いつもお世話になってるから!」と押し切られそうになった(ーー;)結局じゃあ画像だけリンクで頂戴ってことになったのですが、そういうの貰うと生活費関係で寄付しなきゃいけないような無言のプレッシャーがあって(ーー;)「皆さんにクリスマスカードを出す為に数日ご飯食べられなくても我慢します!なぜなら皆さんにお礼の気持ちを表したいから!」みたいなこと言われてもさあ…。そんならカードなんか作るのやめて飯食いなさいよみたいな…。大体クリスマスカードを作る程度でなんでそんなにお金がかかるわけ…。

そもそもKさんは結構言ってることが怪しくて、小説を書くためのノートパソコンが壊れたから寄付をお願いしますだとか、捨てられてた子猫を9匹も拾って来て、避妊手術をするお金がないから900ドルの寄付をお願いしますとか、しょっちゅうそんなことを書いてたんですよね。ちなみに子猫避妊寄付はさすがに誰からもお金が来なかったらしく、結局スーパーの駐車場みたいなところで貰い手を探したら「全員引き取り手が見つかりました!」らしいんだけど、普通子猫9匹も1日で貰い手が見つかるか??っていう。最初から猫はいなかったか、いたとしても誰からも金を搾り取れなかったから全員どっかに捨ててきたか…。

とにかく一事が万事そういう感じだもんで、Sunhawkさんがいつも疑っていたんですよね(^^;)そもそも子供の服すら買えませんみたいなレベルで生活が苦しいような人がノートパソコンなんか買ってる場合じゃないだろうと思うし、猫を拾ってくるとか明らかに優先順位がおかしくね?というやつです。子供の一人が自閉症か何かがあって、障害者年金をもらっているらしく、私とSunhawkさんはKさん家はおそらくそれで生計を立てているんじゃないかという結論に達していまして。ご主人もどこかお店で働いてた筈なのですが、夫婦揃って小説家としてKさんのオリジナル小説&アーティストとして絵を売り出すことにかなり情熱をかけていた模様。言っちゃなんだがそれで生活していけるほどの才能があるようには見えませんで、ぶっちゃけそんな水物に頼るよりも地道にコツコツ働いた方が良いだろうと思ったものですが…。

私は海外イチニファンダムから足を洗った折に、Kさんとも縁が切れたのですが、Sunhawkさんは結構いつまでもジャーナル上でのお付き合い(?)があったようで、、メールが来るたびにKさんの愚痴を聞かされてました(^^;)まあ要約すると、Kさんが寄付金欲しさに嘘ばっかりついてるんじゃないかという話。Sunhawkさんも学習してKさんに寄付は辞めたらしいのですが、なにしろKさんのジャーナルって半分くらい生活苦に関する愚痴だから、繋がっている限りイヤでも目に入るわけですね。



前置きが無駄に長くなったんですけど、Sunhawkさんのお嬢さんのクリスマス一連のアップのコメントに、久々にKさんのコメントを見つけたんですよ。Sunhawkさんの親友だった!とか書いてたけど、散々Sunhawkさん側の愚痴を聞いていた身としては、「…」となってしまった。

それで超久々にKさんのジャーナルを覗いてみたのですが、Sunhawkさんの訃報を知った直後にKさんも肝臓の病気が見つかったらしく、「治療出来なかったらあと数ヶ月の命です!」とか書いていて…。それでクリスマス後にもちゃんと日記がアップされてて、「まだどうにかこうにか生きています(チラッ)」的な報告だったのですが…。病気のせいでもう執筆に集中出来ないから小説は書けなくなっちゃって、代わりに絵を描いたら複数のコンテストで一等を取っていくつかの画廊に絵が飾られることになって…ってほんとかいな(ーー;)そんなめでたい出来事があったのなら絶対に写真をアップしそうな人なのですが。本当に昔と全然パターンが変わってなくて…。またそれに引っかかったぽい優しい方のコメントなどがついていたりして…。

病気自体は真実なのかもしれないけど、Kさん完全に狼少年なので全く同情する気になれません。つか義兄も60で亡くなったし、SunhawkさんもKさんも多分同年代くらいだと思うから、まあちょっと短いけどそう短命というほどでもないし、とかドライに思えちゃって。そもそもその病気報告も、虫の知らせというやつで胸騒ぎがして久々にLive Jounal覗いてみたらSunhawkさんの訃報を知りました、私も彼女が最期に残した言葉の通りに残された人生を生きていきたい、的な。

なんかもう、天国でまたSunhawkさんが眉を顰めているんじゃないかと思うと、不謹慎ながら失笑してしまいました(ーー;)明らかにこれはSunhawkさんの死に便乗した便乗商法ってやつですよ(ーー;)天国に向けてメールしたい!「Kさん相変わらずだね〜」って語らいたい(笑)



世の中年と共に変わるものもあれば変わらないものもある…色々考えさせられたクリスマスでした。

拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
明けてました
そういえば年が明けてました。おめでとうございます。
fc2blog_20200104062438e1e.jpgfc2blog_2020010406245459c.jpg朝にパンが焼けるようにパン焼き器をセットしといたくらいで、元旦についてはな〜んにも考えていなかった私。一番の理由は、あれこれ作ったところで我が家の二人が食べるとも思えなかったというのがあります。そもそも宿六は胃腸が弱くて朝からガッツリ食べられない男。赤(仮名)さんのお腹がすくタイミングと全く合わないし、うまくいく気がしませんで。その上二人ともお雑煮が好きじゃないんですよ。お雑煮の中のお餅が嫌だっていうんです。お餅が入ってなかったらお雑煮にならないし、もうお手上げ。と思っていたのですが、元旦の朝になってみればやはり何かしたほうがいいんじゃないかというDNAに刷り込まれたお正月魂が疼き始めまして、冷蔵庫のありものを入れた超適当なお雑煮を作りました。お雑煮に枝豆とか豆腐とか入ってるし!お餅は結局、焼いてから一口サイズに切って入れてみたら好評!食べにくさだけが問題だったみたいです。クリスマスにローストチキンを焼いた後に鶏ガラを取っておいたので、お澄ましも簡単にできました。

その場で慌ててやったにしてはどうにか格好はついたけど、来年はせめて人参の飾り切りくらいはしよう…。あとお屠蘇セットも欲しいなあ。一年に一度しか使わないのに揃えるのはどうかと思うけど、やっぱりあるのとないのとではだいぶ気分が違うような気がします。中身も当然お屠蘇の準備なんぞできないので、ちょっといい梅酒。

赤(仮名)さんに文化を一人で教えねばならない(ーー)というこのプレッシャー。今年はすみっこぐらしのカルタを買ったので、カルタの遊び方を教えました。あと書き初めも一応やりましたよ。教科書に羽子板が載っていたので羽根つきやりた〜い、と言われましたが、羽子板セットは流石に持っていないので…。

fc2blog_20200104062516681.jpgfc2blog_20200104062535909.jpgfc2blog_202001040625453e6.jpgあとはなんとなくケーキを焼きました。相変わらずあまり美味しくないケーキ。でも今回はいつもの二段じゃなくて三段にスライスして間にクリームとジャムを挟んだので、いつもに比べるとしっとり感はアップしたはず。どうせすぐ切って食べるんだし…と思ったのですが、さすがにお皿が小さすぎました(ーー;)

まあとにかくお正月のおの字も知らない家族を相手にやれることはやった(ばったり)

赤(仮名)さんに一度くらいは日本の年末年始を経験させてあげたいけど、日本の冬ってインフルが心配だしホテル住まいでどこまでお正月を味わえるか…。除夜の鐘とか初詣とか、自分もほとんど経験した記憶がないし(ーー;)



fc2blog_20200104074940994.jpg一応お正月なので土曜日学校(仮名)第一弾のお弁当もねずみ弁当。干支の概念も当然理解してないので、「今年はネズミ年なのよ〜」ととりあえず刷り込み。ねずみ色って難しいですね(ーー)


拍手パチパチありがとうございます♪以下はレスです(^。^)
[明けてました]の続きを読む
まだ明けてません
まだ全く年は明けておりませんが、日本時間で明けましておめでとうございます〜。

大晦日らしいことは全くしてません…。普通に掃除はしてるんですが、なにしろ家中クリスマスの飾りで浸食されているのでなかなか大掃除というわけにもいかず(ーー;)ちなみにクリスマスの飾りは全て宿六が趣味で買い集めたものでございます。台所はやめろっていってるのにキッチンカウンターの上まで所狭しとクリスマスのフィギュアが並べてあったりするので邪魔くさいことこの上なし(ーー;)今日はとりあえずキッチンからクリスマスを追い出しました(!)あとはまあできる範囲で埃の拭き掃除をして床はルンバちゃん。アメリカの大掃除って「Spring Cleaning」といって春にやるんですよね。考えてみれば、寒い冬の真っ最中に大掃除をするよりは、暖かくなってから一気にやるほうが理にかなってはいるのですが。アメリカは仕事「納め」的な感覚はゼロですしね…。

とりあえず日常レベルの掃除は済ませたのでよしとする(ーー)

明日もねえ…。

宿六も赤(仮名)さんも当然おせちなんぞ食べるようなガラではなく、せめてお雑煮でもと作ってた時期もあったんですが、そもそも二人とも煮たお餅が好きじゃないんです。お餅がダメっていうアメリカ人は多いと思いますね。勿論理由は「食感がダメ」というやつです。慣れ親しんで育った食べ物の食感以外は全く受け付けない、アメリカ人に多いあるある…。甘いのなら?と思って作ったおしるこも全くウケなかったのでやる気がしません。唯一ご近所の駐在さんは冬休み中日本に帰省中だし、今年も普通の典型的なアメリカンの元旦になりそうです。赤(仮名)さんは焼いた餅は好きだから、朝ごはんに焼いた餅…うーん(ーー;)刺身もあるけど宿六は食べられないし、もうお手上げですよ(ーー)せっかくだから書き初めくらいはしようかな。

赤(仮名)さんが家を出る前に一度くらいは日本の年末年始を経験させてあげた方が良いのかと思いつつ、実家がないので意味があるかどうかすらわからないところです。老人ホームではお正月のご馳走みたいなのが出るらしいけど、まさかそこに飛び入りするわけにも行きませんしね。ホテルでそういう特別メニューとかあるならまた別だけど。今の所は夏に行くことにしてるから、夏も年末年始も両方というわけにもなかなかいかないし、そもそもクリスマスをスキップするというアイデアを宿六が受け入れるかどうか考えたら、まあまず無理かもなという感じ(ーー;)もっと大きくなって本人が行きたいといえばありかもしれませんが。


拍手パチパチありがとうございます(^^)以下はレスです♪
[まだ明けてません]の続きを読む
「Nutcracker and the Four Realms」を観ました
ディズニーの「Nutcracker and the Four Realms」、邦題「くるみ割り人形と秘密の王国」を観ました。

この映画、予告がすごく素敵なんですよね〜〜だからちょっと気になってたんだけど、わざわざ劇場に足を運ぶほどでもなし。そんですっかり忘れ果ててたんですけど、クリスマスシーズンはやはりクリスマス映画を!みたいな家族の熱気に押されて観ることになりました。というか毎年同じようなクリスマス映画ばっかり赤(仮名)さんが観るもんだからこちらも飽きてくるってもんですよ。で、これならまだ未見だしいいかなって選んだんんですけど。

まあね〜〜〜〜ディズニーだしね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ディズニーに期待した私がおばかちゃんでしたよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という感想だったので、お好きな方は読まないほうがいいです。いつも通りネタバレバリバリなので畳んでおきます↓

あっ畳むのは一度しかできないので、いただいたコメントのお返事は次回にさせていただきますね(^^)
[「Nutcracker and the Four Realms」を観ました]の続きを読む
クリスマス終わりました
我が家の赤(仮名)さんは普段あまり「○○が欲しい」って言わないタイプなんですよね。うちはネットテレビしかついてないので、コマーシャルがなく、玩具のCMとかを目にすることがあまりない。それに玩具とか買ってもなにしろ一人っ子だから家で一緒に遊ぶ相手もいない。よその家に遊びに行くと勿論バービーだの色々目にしますけど、家に帰ってきて同じものが欲しいと言い出すことがあまりないんですよね。物欲がないわけではないのですが、まあなんだかんだと宿六が色々買ってあげてるせいもあってか(そして買ったものは大体忘れられている)他所の典型的なアメリカ人の子供たちに比べるとあれこれ言わないタイプです。

それで前々から今年はサンタさんに何を頼むの?と聞いてもあまりまともな答えが返ってこなかったのですが、急にセーラームーンの本が欲しいとか言い出して。それがクリスマスの4日前…。セーラームーンの漫画だのムックだのって、日本語のを買おうと思ったら日本しか買えないわけだし、こんなギリギリになってから言われても困る!!!しかし本人はまだサンタ殿を心から信じきっているせいで、どんな無茶なリクエストでもサンタさんなら叶えてくれると思っているのがまた困りもの(ーー;;;)

ついでにすみっこぐらしが欲しいとかこれまたギリギリに言い出したのですが、一応すみっこぐらしのグッズを置いてあるお店が一軒だけあるので走ったところ、ちょっとだけどあったので買ってきました。なのでそちらは無事解決。図書館とかレストランが欲しいとか言ってたんだけど(学校とリビングはある)そんなもの当然置いてないのでそれは日本に行った時にでも探します。レストランとかは手のりぬいぐるみシリーズにはないと思うけど…。

というわけでセーラームーンの漫画セットとムックをオーダーしたのですが、到着予定日を見るとムックは明らかに間に合わない(ーー;)漫画セットも届くかどうかギリギリ…というところで、クリスマスイブに漫画セットが届いたのです!さすが日本の郵便局さん!優秀!世界一!

そして喜び勇んで開封してみると、伝票が。

fc2blog_2019122521202713a.jpg「ひぐらしのなく頃に絆 第二巻・想 エンジェルモートお持ち帰りBOX」

頼んでねえええええええええ(絶叫)

もう絶対間に合わない、今から再度注文しても絶対クリスマスに間に合わない、と腰から崩れ落ちましたが、中のBOXを開封してみたらちゃんとセーラームーンだったのでほっと胸を撫でおろしました。こんな驚き誰も求めていませんから!!セーラームーンを注文してひぐらしが届くとかもう泣いちゃう(;0;)とにかく今年もサンタさんの面目がたちました…。

ということはこの世のどこかにひぐらしのなく頃にBOXを注文してセーラームーンの伝票で届いた人がいるってことかしらん。その人も私と同じように腰を抜かしたのかと思うとちょっと世界に親近感(そうか)

fc2blog_20191225212118bd1.jpgfc2blog_201912252121594e1.jpgfc2blog_2019122521221139e.jpgサンタさんに食べてもらうクッキーを焼き、メッセージを書き、あれやこれやと準備。クッキーは日本のレシピで、小麦粉と砂糖とバターをビニール袋の中でコネコネコネコネと捏ねた上に丸めて焼くだけの簡単なやつ。これなら面倒なステップを赤(仮名)に任せられるので。

頑張って夜更かししてサンタさんとお話しするんだ!と頑張る赤(仮名)さんをベッドに追いやって待つこと30分。どうやら寝入ったところを確認し、サンタさんからのプレゼントをあれこれ並べました。親からのプレゼントはたんまりツリーの下に置いてあるのに、その上にサンタさんからのプレゼントを別個で並べないといけないこの文化…。毎年毎年夫婦喧嘩の元になるこの悪習ですが、来年くらいはそろそろ現実を知る年齢だと思うので、まあ今年が最後かもしれませんね。自宅の写真にサンタの画像を合成できるヤラセ写真合成アプリを使用し5枚ほど「サンタさんがちゃんときましたよ証拠写真」を宿六が制作。毎年思うことだけどよくやるね…。昔はアプリなんてなかったから、義父は暖炉の前に灰を撒いて足跡をつけたりと色々工夫してたようです。オートミールにカラーシュガーを混ぜた「トナカイの餌」を子供に作らせて庭に撒いたりするご家庭もあるらしい。うちは犬がいるのでやりませんが。

そんであんだけハラハラドキドキさせられたセーラームーンの漫画セットですが、見向きもされなかった事をここにご報告いたします(ーー)おそらくぱっと手にとってパラパラ中身を見て、アメリカのコミックみたいに全ページカラーじゃないとか、日本語がいっぱいで読むのがめんどくさそうだとか、そういうのでなんかがっかりされたのかも…。そのうちムックも届くはずなので、そうなったらもう少し興味出るかな(ーー)というか、出せ(ーー)

ついでにこぐまのケーキ屋さんとかねこようかいとかすみっこぐらしの映画本などを買ったのですが、どれも別に赤(仮名)さんが興味なくても私が読むからよしとします。まあそのうちに読むかも。

fc2blog_201912260945408e7.jpgfc2blog_201912260945568b7.jpgそしてささやかなクリスマスディナー。今回のケーキはもはや「食えりゃいい」の最終形態へと進化いたしました。どうせ誰も客こないし、食べるの家族だけですからね…。今回はピーチジャムが余っていたので、中に果物と一緒に挟みました。焼いたばっかりのスポンジってやっぱりどうしてもパサつきがちですが、今日のはまあまあいい感じでした。

クリスマスって疲れ果てるよねってお話でした(ーー;)


拍手パチパチありがとうございます♪
Designed by aykm.