FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
「今日の宿題」
昨日は書いた通りの顛末で超クサクサしていたのですがね。アッそういえば今日(も)現地校でSちゃんと赤(仮名)は顔を合わせるんだった、まさか赤(仮名)さんのことだから「嘘つきだからもう遊ばない!」なんてことは言わないと思うけどどうなったんだろ、って聞いてみたら、Sちゃん結局宿題終わらなかったんですって…。特に算数は全然意味がわからなかったみたいです。どうもそのやりとりで何やら赤(仮名)さんが発奮したらしく、帰宅したら「宿題の残り、一緒にしましょ(・。・)」と赤(仮名)自ら言い出しまして。普段だったら「宿題やんなさーい!!!」てな感じに雷を落としても渋々って感じのあの子が自ら宿題を進んでやりたがるとは!

毎週こんなんなら私も楽なんだけどさ…多分そうはならないよね…。そもそもこの「一緒にお勉強」って私の体力が残ってないと無理…。でも一緒にやってあげないと授業についていけないとなればやらざるを得ない…(ーー;;;;)実はこの間土曜日学校(仮名)で面談があって、赤(仮名)さんが全然授業についていけてないと苦言をいただいたので頑張らざるを得ません。つか家で宿題やってるときはすんなりできてるから授業が分かってないなんて全然気づかなかったのですが、要は授業という形態だと先生の日本語がわかりにくいってことかもしれません。だからこれからは予習も少し増やしていかないといけなくて、嗚呼(ーー;)国語がわからないってのならまだ分かるんだけど、先生に指摘されたのは算数…盲点でした(ーー;;)でも考えてみたら私も子供の頃は算数がすごく苦手だったので似てしまったのかも。でも家でやるとそこそこできるんですよ本当ですよ、と先生に言う暇も与えられなかったというね(ーー)すんごいズバズバ物を言う先生なのですが、もうコテンパンに言われました。ズバズバと。あう(ーー)私はこの予習・復習という観念が子供の頃からよくわからなくて、特に予習。家であらかじめ予習してきたらもう授業受ける必要ないじゃん…っていつも思ってまして…。しかし赤(仮名)さんが授業で恥かかないため(理由そんだけ)にも予習しとかないと。

fc2blog_2019101605085108d.jpgfc2blog_20191016050906e42.jpgそんで残ってた算数ドリル6ページをコツコツと終わらせ、ついでに来週の分の予習も一緒にやり、その上絵日記も終わらせた!しかも絵日記の内容が「今日の宿題」(笑)自分がいかに宿題を頑張ったかということを先生に知らせたかったみたいですわよ奥様。ちなみにこの絵日記やら作文やらは赤(仮名)自身に文章を考えさせると既に日本語の域にすら達していない凄まじい文章になるため、大抵は赤(仮名)からアイデアを絞り出し、私が文章を考えて、読み上げたものを書きとらせるみたいな形になっております。つまりは私の作品といってもいい(ーー)しかしもう仕方ないよね。漢字も覚えてるものと覚えてないものがあるから「今日の宿題、アッ宿題って漢字書ける?ほらこう書くからね」とお手本を書いたものを見ながら書くという感じです。他の子供達と違って日本語は完全に第二言語だからね…(ーー)「お母さんがよく教えてくださったので」と自画自賛も忘れない、もう完全に自棄です(ーー)おかあさんはとてもつかれているんだ!

そんでもって今空港です。今日からヒューストンに出張。いつもより早めに切り上げて金曜日の午前中には帰宅予定なので、午後は弁当作ったり色々…。な〜んか気候が急に変わって風邪引きそうは気配も感じ、油断なりません。でも一人のホテルの夜を満喫しますよグヘヘへへ〜〜〜〜。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
(わりと)最悪の誕生日
ちょっと散々な日曜日でしたよここで愚痴ってやる〜〜〜(ーー)

土曜日は土曜日学校(仮名)の授業参観&懇談会でしてね。普段は土曜日の朝8時半から午後3時までなんですけど、施設を借りてる大学側の都合により午後授業で終わるのがいつもより1時間遅くって。帰宅したら5時くらいになっちゃうから、ちょっと早い夕ご飯食べて帰ろうかって話をしてたんですよ。それで他の駐在さん(クラフトフェアに行ったご家族とは別)とご一緒することになって、ついでにご飯食べた後もそのまま我が家に2時間くらい夕方遊びにいらして。

その駐在さん、赤(仮名)さんの通う小学校に初めて来たハーフでない日本人のお子さんなんですよね。で家が近いのかな〜って思ってたらなんと徒歩で行ける距離のご近所さんであることが判明して。下に一年生の妹さんもいて。

で日曜日の午後も我が家で一緒に遊びましょうって流れになって、赤(仮名)さんとても楽しみにしてたわけ。

土曜日も結局夜の8時くらいまでお客さんがいたし、日曜日の朝はいつも土曜日学校(仮名)の宿題をやると決めているので、結構バタバタしたんですよ。普段は日曜日に1日かけて洗濯するしさ。

そんなこんなで日曜日。朝起きて来た赤(仮名)さんが「パンケーキ食べたい」のリクエスト(ーー)なんで自分の誕生日に子供のリクエストを聞かねばならんのか…。しかも宿六も「君が作った方が美味しくできるだろ」の一言。すでに朝からキリキリしながら家族のためにパンケーキを焼くというしょーもない出だし。去年は赤(仮名)さんが可愛い手書きのカードを作ってくれたので今年も、と思ってお願いしたら「今日はプレイデートがあるし忙しいからダメ」と断られ(ーー)普段平日はテレビ禁止にしているので、プレイデートがあるとなるとテレビを見られる時間も限られますから、その前に頑張って見貯めしておかないと!ってことらしいです。

お昼ご飯を食べた後の1時に我が家にいらっさる予定になっていて。

こっちはケーキも美味しいのがないから、ケーキ食べたいと思ったら自分で作るしかない。実をいうとアップルパイの気分だったのですが、向こうはお子さん二人+お母さんだから人数も多いし、チーズケーキにしようと思って仕込みもはじめましてね。蒸し焼きにするから焼くのに1時間半かかるし、早めに仕込んでおかないと1時に間に合わないので、宿題に付いててやりながバタバタと準備。その合間に洗濯も。家の掃除や片付けも。勿論一番手間なのは赤(仮名)さんの宿題なんですけどね(ーー)

それで1時になり、そろそろいらっしゃる頃合いかな〜という頃合いに相手のお母さんから携帯テキストが届きましてね。

「宿題がはかどらないので遅れます、3時頃になるかもしれません」

3時…(ーー)

我が家は日曜日は大抵宿六の親友が大抵5時くらいにご飯食べに来るので(昨日は外食の予定にしたけれども)ものすごく時間が無駄になった気分だし、1時に遊ぶ気満々だった赤(仮名)さんをどうにかなだめながら、焼けたケーキを冷ましたり、洗濯を続行したり。

そして3時になろうかという頃。ピロリン♪とテキスト受信。

「ごめんなさい。今日はダメそうです。またの機会に遊んでください。」



…………。

2時間も待たせておいてまさかのドタキャン。



万死に値する(ー△ー)



日曜日ってさあ!!!毎日働いてる私にとっては超貴重な日なわけ!!!最初っから遊べないってわかってたら、宿六に赤(仮名)さんを外に連れ出してもらっておうちで一人タイムを満喫できたわけ!!!お絵描きだって出来たかもしれんのに!!!!すっごい貴重な日を丸々無駄にいたしました!!!!!!


しかも私の誕生日!!(絶叫)


確かに我が家もいつも宿題で大騒ぎですけどさ、午前中の1、2時間くらいで大部分は結構どうにかなるわけ。大体赤(仮名)さん本人の抵抗により全部は終わらないけど、三分の二くらいは終わるわけ。

ちなみに今週の宿題は

☆絵日記一日分
☆国語ドリル2ページ
☆漢字ドリル2ページ
☆算数ドリル6ページ
☆計算ドリル6ページ
☆計算おまけドリル3ページ

…プラス漢字の練習と音読は毎日(なのでこれは宿題のうちに入らない)

で、このうち赤(仮名)さんが終わらせたのは国語ドリル、漢字ドリル、計算ドリル。計算おまけドリルはやる時とやらない時があるけれどもこれはまあ私の中では許容範囲。なので赤(仮名)さんがやり残したのは基本的には絵日記と算数ドリル6ページ。この程度なら現地校の宿題があっても平日にどうにかなる量。

土曜日学校(仮名)というのは基本的に土曜日の1日で普通の学校なら1週間かけてカバーする内容をやろうというのだから当然無理があり、このように宿題が沢山出るわけです。3年生は国語と算数のみですが、それだけでもかなりあっぷあっぷ。ただ、大抵の駐在のお子さんは土曜日学校(仮名)に加えてチャレンジだのなんだのやっており(最近はタブレットでやるのが主流らしい)、習い事をしている子もほとんどいないからこれくらいの宿題は結構軽いらしいです。私としても、宿題の量がどうこういうよりは、自宅でこれくらいはやっておかないとペースの速い土曜日学校(仮)についていけないのも理解出来るので宿題が特に多いとは感じたことはないんですよね。

そしてここが肝心なんですが、土曜日学校の宿題って別に先生にチェックされないんですよ。宿題は勿論やった方が良いけれども、まあ親の裁量でどうぞって感じなんです。それよりなにより、宿題って別に日曜日にやらないと決まってる訳では勿論ありません。土曜日の夜に全部済ませるっていうエライお子さんもいるらしいし、平日にやる子もいるし、金曜日の夜になって泣きながら(^^;)やる子もいるらしい。

宿題が多くてびっくりした、みたいに言い訳書いてあったけど、そういう感じの宿題なんだから、日曜日で終わらないなら残った分を平日やったっていいじゃん?そういうペース配分も大事だよね?ウチだってギャーギャー大騒ぎしながら結局半分くらいしか日曜日の午前中終えられない時もあるし。そういう時は仕方ないので平日に回すんですが。とにかく一体どれだけの量をさせようとしたのかはわかりませんが、日曜日の午後3時までかけて全然宿題できないとかアリ???アメリカで生まれ育って日本語おぼつかないうちの子ですら午前中だけでもそれなりに終わる量なのに?!?!全部終わらなくても、キリがいいところでもいいんじゃない?それともそういうレベルじゃなくはかどらなかった??日本から来たばかりの日本人の子なのに??多分子供がやりたがらなくて時間だけ過ぎていっちゃったんだと思うけど、どんだけ子供の躾ができてないんですかって思っちゃう(ーー)

それ以前にさ…よその家族を2時間も待たせといた挙句にドタキャンとか…(ーー)子供の躾の一貫で、親として折れる訳にはいかない場面があるのはわかりますよ。わかるけどさ、何家族かで集まる日とかパーティーとかならいいんだけど、一対一で会う日にさ…ちょっとひどくない…ひどいよね…(断言)本当なら家族の出かけた一人の家で好き勝手してくつろげる予定だったのにさ…それでも子供同士楽しく遊べるなら、それも良い誕生日の過ごし方かなと思って貴重な日を犠牲にしたのにさ…。お客が来る日って、カジュアルな客でもちょっと気が張るじゃないですか?知り合ったばかりのご家族だし、やっぱりおもてなしは気を使うわけで、そんな緊張感でほぼ1日を過ごさせておいてさ…ぐったり疲れましたよ!つか夜もそれなら外食でなくても自分の好きなもん作って食べてもよかったんだけどなんかもう何もしてないのに疲れ切っちゃって、遠出をする気にもならなかったから超近場のメキシカンレストランで食べましたけどね。


以前も別の国際結婚ママ友で、やっぱりしょ〜もない理由で一時間半遅れとか二時間遅れとかいらっしゃいましたけどね…。その時はお昼ご飯をうちで食べましょうってことで、お昼ご飯用意した上で、お腹減ったとダダこねる赤(仮名)さんをなだめながら二時間待たされたっけね…(トオイメ)しかも遊びに来た子供たち、明らかにご飯食べて来てたしね…。一家族だけをお相手にするときに食事を振る舞うのはそれきりやめたんですけどね。数家族呼んでる時はいいけど一家族で相手が遅れて来たらリスク高すぎるので(ーー)しかもその時の遅れた理由も結構しょ〜もない内容でさ…「娘が映画のDVD見始めちゃったんで終わったら行きます」とか「ショッピングモールで買い物してるので遅れます」とか(ーー)そのご家庭を家にお誘いするのは早々にやめたんですけど(苦笑)土曜日学校(仮名)でばったり会って世間話する程度なら楽しくて良いお母さんなんですけどね。

赤(仮名)さんもドタキャンにあまりにがっかりして「Sちゃんは嘘つきだから嫌い!」とか言い出したんですけど、のちのちの付き合いを考えたら親としては「そんなこと言っちゃいけません」と嗜めるべき場面なのですが私のほうがすっかり意気消沈してしまったので嗜めるの忘れた(爆)まあSちゃん結構ワガママぽかったし、遅かれ早かれ子供同士が喧嘩別れしてたかもしれないし付き合いが深くなる前に相手家族のこともわかって、これでよかったのかも(ーー)

せっかくのご近所さんですが、適度な距離を心がけることにします…。歩いて行けるとはいっても子供だけではちょっとまだ行かせられない程度の距離なのは不幸中の幸いだったかもしれません。もう貴重な日曜日には絶対誘わね〜よ(断言)私はとっても性格が悪くていつまでもいつまでも根に持つタイプ(−3ー)来週の日曜日は赤(仮名)さんと宿六には映画でも観に行ってもらいます。絶対。

明日からヒューストンに出張です。荷造りそろそろ始めるか…。


拍手パチパチありがとうございます♪以下はレスです(^。^)
[(わりと)最悪の誕生日]の続きを読む
多 忙 (ーー;)
秋は学会シーズンなんですが、来月半ばに一年を通して最大規模の学会があるんですよね。なのでそれに合わせてみんな大わらわ。先週はいきなりプロジェクトが4つも飛び込んできて勘弁して!しかもみんなリクエスト出してるのは自分だけだと思ってるから、他の人の分の仕事してるのにあれチェックしてこれはどうとせっついてくる人もいるしタスケテ(ーー)その人はポスドクなんだけど〜〜〜いつ出てくの〜〜〜〜アナタそろそろ出てっても良い時期ですわよ〜〜〜〜〜(ーー)


ブログなど書く暇もなく当然お絵描きなんぞできるわけもなく、運動会に突入!仕事が忙しい最中、金曜日は半休を取り、運動会の現場へ。普段土曜日学校(仮名)は地元の大学の施設を土曜日だけ借りて行われているのですが、運動会はその大学ではできないので、別の小学校のグラウンドを年に一回、土曜日だけお借りしているのであります。だから大道具やらなんやら、事務所や倉庫から棚卸しし車に詰め込み運び出し荷下ろし…。ロープに万国旗つけたり入退場門を設置したり選手のリストを張り出したり、山のようにやる事が(ーー;;;;)

金曜日の夜は赤(仮名)さんのテコンドーの帯進級テストがあったのですが、とても行けず(ーー)今回はせっかくいつもより頑張ったのにその雄姿を見ることが叶いませんでした…とほほ(ーー)

そして当日!私は音響係でございましたので、マイクや音楽の音量をミキサーの前に陣取って一日中調節。
fc2blog_20190922063545e7a.jpgfc2blog_201909220636262ff.jpgfc2blog_2019092206390105c.jpgfc2blog_20190922063928b85.jpg当日はあいにく(!)雲ひとつない晴天!ひたすら暑い(ーー;;;;;)それにしても毎回しみじみと感心するんですが、ラジオ体操から行進から、さらにそれぞれの競技に至るまで、子供達が練習する機会って一度しかないんですよ。リハーサルが二時間ほどあって、競技のやり方を説明してちょっとやってみるだけ。玉入れみたいなシンプルなものは全く問題ないんだけど、リレーですらバトンの受け渡し方なんか知らない子の方が多くて(ーー;;)しかしまあ本番は結構なんとか形になるものです。

ちょこまかとハプニングはありましたが、まあなんとか無事に終わりまして、片付けもありもうへとへと(ーー;;;)


運動会の時は今年新しく知り合ったご家族とお弁当をご一緒させていただいたんですが、その方は領事館の駐在さんで、日曜日に領事館主催(?)の日本関係ミニイベントがあるとのこと。そのご家族はお手伝いに駆り出されるというので、そんなイベントがあるならきっと駐在さんの家族も沢山くるのかなと思いましてね。疲れ切った体に鞭打って、わざわざ浴衣を着て繰り出しましたよ。
fc2blog_20190924004527860.jpgそしたら日本人ほとんど来てなかったというね(ーー;)考えてみたら土曜日学校関係者は運動会翌日なんて何もする気にならないに違いなかった(ーー;)しかもこのイベント、入場料が大人22ドル子供15ドルと結構値が張る(ーー;)その上内容も正直しょb…(ーー;;;)メインは茶道のデモンストレーションで、外では琴と小型の和太鼓(叩き手は女性)の演奏、あとは紙芝居とかあったらしいですが。そして地元の和食レストランが来てるっていうんでお弁当でも売ってるのかと思って期待していったらスナック菓子を販売してるだけだった!!!(死)食べるものは外にフードトラックが一台。しかも和食じゃなくてタイ料理(ーー)折り紙だの習字コーナーだのが外にあったので行ってみたら実演してるのは全部アメリカ人。宿六と友人(日本語わからない)が自分の名前を書いてもらったっていうので見てみたら字間違ってるし(ーー)日本人不在の日本アクティビティ…なんという侘しさ…。前々から薄々思ってたけど、この街日本人少なすぎじゃない??珍獣レベルに日本人がいませんよ…。領事館もあって、日系大手車会社と関連会社の本社もあるってのに。しかしまあ赤(仮名)さんは仲良しのお友達と会えて楽しかったみたいなのでよしとします。


fc2blog_2019092400465239f.jpgfc2blog_20190924004545a21.jpg日本の文化の紹介コーナーみたいなのがいくつかあって、七夕の笹飾りを書くテーブルがあったのですが、この日本語よ(ーー:;;;;)「友」くらい漢字で書け!!!(ーー;;;)それ以前にこの文章、幼稚園児より酷い(ーー;)言わんとしている内容は「もっとお友達が出来ますように」だと思うのですが(ーー;;)自分の頭で文章を考えさせるとこのレベルですよチキショウめ(ーー)


というわけで今日も仕事が山積みなんですけど、頭が全く働かないこの体たらく。色々影のお仕事をしていたことにしようそうしよう(えー)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
あやとり話
昨日のブログで赤(仮名)さんが鬼滅の刃のおかげでただ今あやとりがマイブームになっていると書いたのですが。

学校にはスクールバスで通っているんですけど、ポケットにあやとりの紐を忍ばせてバスの待ち時間などにもあやとりを一人でやっているらしいのです。そうすると他の子供達が物珍しさに寄って来るのでドヤ顔で見せてあげているらしいのですが。

らしいのですが、というのは朝のバスのお見送りには私じゃなくて宿六が行っているからです。アメリカの子供達の生態を目の当たりにするのが心底嫌になって「アンタこの国で生まれ育ったんだから慣れてるでしょ」と押し付けたという(笑)具体的に言うと、子供達におはようと挨拶しても誰も返事しないとか、お母さん達の中にもあからさまに無視する人達がいるというかそういうのです。その点男はそういうの全く気にしないからさ(笑)お見送りの半数近くはお父さんなのですが、お父さん達という生き物は別につるんでもつるまなくても気にしない生き物でございますからして。

まあとにかく、他の子供達にドヤ顔してあやとりを実演して見せていたところ、超珍しくAちゃんが寄って来まして。このAちゃんというのはこのブログでも書いた通り、揃って絵に描いたような意地悪母娘の娘の方。そもそもこのAちゃんというのが根性悪で、Aちゃん一家が初めて引っ越して来た時に大喜びで一緒に遊ぶ赤(仮名)さんを色々とバカにして鼻でせせら笑ったり、自分の母親が小学校の先生という事をやたらとハナにかけて自慢したり、別に自慢する事自体は全然構わないんんだけどこちらを無駄にバカにしてくるのがまた…(ーー;;)私や赤(仮名)さんがバス停で挨拶しても一度も返事をしたためしがないし、赤(仮名)さんが一生懸命話しかけても完全無視。一度Aちゃんがお兄ちゃんのポケモンカードをバス停に持って来て見せびらかしており、でも赤(仮名)さんには「アンタには見せない」とピシャリ。幸い赤(仮名)さんの日本語作戦の一環で我が家にも日本のポケモンカードが結構あったので、これを見せれば一緒にお話しできるかも!と喜び勇んだ赤(仮名)さんが、今まで目もくれなかった我が家のポケモンカードをバス停に意気揚々と持っていたら「そんなもん見たくないからあっち行って」とシッシッと追い払われ…。そして他の同学年の女の子達と派閥を作り、あからさまに赤(仮名)をハブ。

そういうのを隣で見てなきゃいけない親の気持ちにもなっていただきたい(ーー)子供同士の事に親が介入しちゃいかんと、いつも傷ついた赤(仮名)さんを慰めるのがこっちも辛くなって宿六に代わってもらったという一面も。Aちゃんの母親は当然付き添いに来ていたことは一度もないし、もしあの女がAちゃんの所業を見ていたとしても嗜めるようなタマじゃないですしね(ーー)


まあとにかく、そういう経緯でAちゃんのことも毛虫のように嫌っている私(笑)それなのでこれは宿六からの又聞きになるのですが。


あやとりが珍しかったのか、超珍しく赤(仮名)さんに「アタシにもそれ見せて〜」と自らすり寄って来たAちゃん。しかしそこで赤(仮名)さんがAちゃんに

「ダメ。だって貴女は何か欲しいものがある時しか私と口きいてくれないじゃない」

ときっぱり断ったんだってさ!!!

すごくね?!?!(@@)

私なら無理…。「これをあげたら一緒に遊んでもらえるなら」とへこへこと渡しちゃうタイプですよ私は。そこをはっきりとNOと言えた赤(仮名)さんはすごい、すごいよ!!

しかし複雑な気分になったのも確か。

これが道徳の時間であったなら「たとえ過去に意地悪された子であっても仲良くしてあげましょう」的な結論になって、みんなで仲良くあやとりしてめでたしめでたし…。と教科書ではそうなる筈だし、実際子供にはそう教える「べき」場面ですからね。だけどさ、実際現実ってもっと厳しいじゃん(ーー;)宿六は勿論赤(仮名)さんの言動に「でかした!さすが僕チャンの娘!」的に大絶賛してたけど、ほんとに子育てって難しい(ーー;;;;)

私の中で葛藤が少し残るのは、やっぱり余計なこと言ってやり返されたら、みたいな懸念があるんですよね。例えばAちゃんが学校の先生とかあのクソババSさんとかに「赤(仮名)にいじめられた〜〜〜」とかいってあることないこと吹き込んで、またもや学校から呼び出されたり、なんてことがないとも限らないし。でもまあ別にそれがなくてもAちゃんは元々赤(仮名)さんに最初っから意地悪だったから、何らかの仕返しがあったとしても今とあまり変わらないかなという気はしますが。運動不足とジャンクフードでブヨブヨ(言いたい放題)になってきたAちゃんが体力有り余る赤(仮名)さんを物理的にどうこうしようってのは不可能だし(笑)

まあとにかく、私みたいなチキンと違って赤(仮名)さんは非常に強い心を持っている、それは素晴らしいことだし、はっきりとダメな理由を告げたことも良かったし。

…などと色々考えながら迎えた午後のお迎えの時間。

バスを降りた赤(仮名)さんが息急き切ってAちゃんと走って来たかと思うと。


「Aちゃんとお友達になったからあやとり一本あげるの!(^▽^)」

ですと!!!!

赤ェ…(ーー)

どうもAちゃん1日大人しくて、その日は休み時間とかなんだかんだと話しかけて来てくれた、らしいんだけどさ。

Aの性格考えてみろよ!!!そんなもんあげたって、またあっさり裏切られるに決まってんだろ!!!!

…と思いつつ、まあこの方が赤(仮名)さんらしいといえばらしいし、そもそも赤(仮名)さんの優しい性格を考えたらこうなるのは必然だったのかもしれぬと思って見守ることに。まあね、あとでAちゃんが手のひら返して来たところで失ったもんは紐一本ですから別に痛くもかゆくもないですしおすし。

宿六はびっくり仰天して、「Aのいうことなんて信用できるわけがないだろう!赤、お前騙されてるんだよ!!」的な反応(まあ妥当)だったのですが赤(仮名)は「それでもお友達になれるチャンスがあるなら賭けてみたいからいいの」とか言うんですよ…。

お前…いいやつだなほんと…(ノ_;)

そう私はよその子供達もみんな赤(仮名)さんみたいな子供なんだろうと思っていたので、それで現実と折り合えずよその子供とあまり接触したくないんですよね。元々子供好きじゃないんだけど、世の中の子供達って全然赤(仮名)さんみたいじゃないからさ。まあ自分だって子供の頃は赤(仮名)さんみたいないい子じゃあ全然なかったですしね。

だけど赤(仮名)も一応そこまでお花畑じゃないというか、あとでよくよく話を聞いてみると

「Aちゃんはきっと私からあやとりのやり方を全部聞き出したら私をポイ捨てすると思うの。そんで自分で他の子供達にあやとりを広めてあげるつもりなのよ。そしたら私はもう用無しだから」
「だからAちゃんには箒だけ教えてあげたの。他のあやとりはやり方教えてあげないの」

だそうです。
そうかちゃんとわかってるのか…。
Aちゃんの今までのパターンを踏まえた上で、でも万が一ひょっとしてこれでお友達になれるなら、っていうことか…。


おまえって、ほんとえらいやつだなあ!!(ノ_;)



Aちゃんが手のひらクルーしたら(私の中では既に決定事項)もっといい紐買ってあげますよ…。というわけで本を全然読まなくても(ーー;)いいところは一杯あるんだし、と再認識した出来事でござりました。若いのに一生懸命生きてるね凄いね!

まあそんなわけで子育てってほんとキッツイ。ほんと辛い(結論がそれか)



拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)以下はレスです
[あやとり話]の続きを読む
チアリーダー弁当
fc2blog_201908310615372f2.jpg土曜日学校(仮)の運動会で今年はチアリーダーに参加。なのでチアリーダー弁当です。ポンポンを作るのに、わざわざ卵を白身と黄身に分けて薄焼き卵を作ったのですが、白身はともかく黄身はあまりふわふわした感じにできなかったし、その上破れやすくて(ーー;)わざわざこんな苦労する必要は全くなかったです…。普通にチーズでよかったやんけ(ーー)出来心のばかちん(ーー)


fc2blog_20190903020938a4f.jpg赤(仮名)さんが鬼滅の刃のアニメを観ているのですが、これなら漫画を買っても食いつくかも!と思いとりあえず最初の数巻を日本から注文。全く同じ経緯で日本から「うしおととら」を注文したときは、なにしろ長編漫画だもんで文庫版でオーダーしたのがまずかったのか、殆ど読んでくれなくて。結局私が一人で文庫版全18巻を寂しく読んだんですが。今回は完結してないし文庫版じゃない普通サイズのを買ったのもあって、結構喜んで漫画を音読していました…。思ったよりもコマ割りが大きくてセリフの字も大きかったために読みやすかったのもあると思います。この調子で少しずつ単行本を揃えていって読んで欲しいところ。

もうなにしろ日本語を好きになってもらうためになりふり構わず試行錯誤しているわけですが、つまりは赤(仮名)さん本人が大して日本語に興味ないし、テレビも放っておくと英語のテレビばっかり見ているので、なんとかして日本語への興味を繋ぎ止めたいところです。本人的には「日本に住んでないのにどうして日本語やらなきゃいけないの」という感じ。つまり本人は日本に住みたい、と言うわけなのですが…。日本に過去二回行きましたけど完全にバケーションで住まいはホテル、食事は三食外食、買い物し放題、そりゃあそんな暮らしができるなら私だって日本で暮らしたいよ(笑)しかし現実はそうではないわけで。

低学年の間は他の子供達もわりと色々と覚束ないものでしたが、もう三年生ともなってくると、喋り言葉や読んでる本に明らかな差が出てきて、しかもその差は広がる一方。しかも最近になって一気に日本から引っ越してきたばかりの駐在さんが6人くらい増えまして。おそらく同じ日本語を話しているようでも言葉遣いやらなんやら不自然なのか、クラスメイトの子供達が遊びにも誘ってくれなくて休み時間も一人で過ごすことが多くなってきたようで…(ーー;)やっぱり土曜日学校もそろそろ限界なのかなあ…。授業には今の所ついていけてはいるんですが、お友達と遊べない、遊んでもらえないというのは社交性の塊のような赤(仮名)さんにとって辛いだろうことは想像に難くなく、親としても葛藤の日々です。できれば小学校終了までは行かせたいんだけど、その前に本人がギブアップしちゃいそうで(ーー;;)

土曜日学校を辞めてしまうと何か困ることがあるのか…というと、まあ当然日本語能力ががくりと落ちるということですよね。今は宿題があるからしぶしぶ文章書いたり教科書読んだりするけど、これがなくなったら絶対自分ではやらないし、私も毎回毎回大ゲンカしてまで「理由もないのに」日本語の読み書きを強制できないし。今でさえ家の中でも日本語でずっと話しかけていても返事は9割以上英語だというのに…。まあ日本に旅行に行っても困らない程度のカタコト会話程度はキープ出来るかもしれませんが。これが本好きな子だったらな〜〜〜一人で本読んでるだけでも語彙も増えるし言語力も発達するからこんなに苦労しないのに…。逆に赤(仮名)さんの強みは会話だから、他の子供達と会話する機会がなくなったらもうだめだ…(ーー;;)やっぱり子供同士で会話してるほうが吸収度が全然違うんですよね。大人と会話してても大して上達しない…。

今年はなんと現地校で、同じハーフで土曜日学校(仮)に通っている(誕生日のカットオフが現地校と違うので土曜日学校では学年が違う)女の子と同じクラスになったんですよ!向こうは専業主婦で奥さんは土曜日学校の先生をしていて、上に年子のお姉さんがいて、ご主人はアメリカ人だけど日本語ペラペラという、まあうちとは全く毛色の違うご家庭なんだけどさ(ーー;)現地校でも日本語で話せるお友達が出来た!と私は内心大喜びしてたんだけど、なんかどうもその子は赤(仮名)さんに大して冷たいらしい…。赤(仮名)さんが鬼滅の刃の塁推しのせいで最近あやとりにハマってて、その子はホウキとエッフェル塔をあやとりで作れるらしいんだけど、赤(仮名)さんがワクワクして作り方を教えてもらおうとしたら「ダメ」ってけんもほろろに断られたんだとか…(ーー;;)一緒に遊ぼって遊んでも断られるらしいし。あ〜あと思って先週の学校便りを読んだら(一斉メールで送られてくる)その子が姉妹揃って全国テストみたいなやつの算数で満点を取ったと姉妹揃って表彰されていました( ;´Д`)ハアなるほど我が家のおバカなサルがご迷惑おかけいたしましてって感じです。そんで帰宅した赤(仮名)さんがエッフェル塔と箒の作り方を教えてくれって言うんですよ。私はどちらも覚えてないからネットの動画を見ながら二人で練習したらあっという間に習得、どうもその子を見返してやりたかったらしいけど(ーー;)まあ新しいあやとりを覚えたという、得たものはあったからいいか…。

そんなわけで全く順調とはいえない今年の滑り出し〜〜〜〜〜。


fc2blog_2019090302091063c.jpgfc2blog_20190903020927baa.jpgfc2blog_2019090302100930c.jpgまあそんなわけで自分の好きなキャラを描いたぽいのがこちら。蜘蛛の鬼一家(特に塁)としのぶが好きらしいです、今のところ。そんで塁を描け描けせっつくから漫画を参考にぱぱっと描いてあげたら喜ぶどころか、やれ頭が小さいのやれ足まで入ってないのとディスられまくり!!!せっかく描いてあげたのになんじゃ貴様(ーー)じゃあ自分で描いてみろ、と描き始めたところをすかさず「顔が歪んでて変ですぅ〜〜〜耳もないですぅぅぅ〜〜〜〜ヘンテコですぅぅ〜〜〜〜〜」と思う存分ディスってやった超大人気無い親(笑)出かける直前だったんで途中でリタイアしちゃったけど、人に描かせておいて文句つけるやつにはたとえ我が子であろうと一切容赦はせぬ(ーー)


拍手パチパチありがとうございます(^。^)
やっと学校始まった
fc2blog_20190811012546be7.jpg三カ月の長きに渡った夏休みがやっと終わり、赤(仮名)さんの学校が始まりました!というわけで母親の隠しきれない喜びをここにご報告申し上げたく(ー人ー)先週はもうサマーキャンプも終わっちゃってて赤(仮名)さん毎日毎日ずっと家におりましたのでね。も〜このイライラとストレスよ…。仕事もろくに進みませんでした。しかも今週出張でさ!なぜ先週じゃなかったの先週こそ大手を振ってマイホームを脱出したかったのに(笑)

fc2blog_20190803104304496.jpg先週近所の映画館のリバイバル上映で魔女の宅急便をやっていましてね。ジブリ映画は大体二日とか三日くらいしか上映しないんですが、日本語音声・英語字幕は1日しか上映しないんですよ。それで大体夜の7時上映なんですけど、夏休み中だったしまあいいかと思って今回は宿六に連れて行ってもらいました。帰ってきたらモップにまたがって家中を走り回り面倒なことに(ーー)家にDVDもあるんですけど…何十回と観たと思うんですけど…やっぱり大きな映画館で見ると違うのかもしれませんね。ついでに竹箒も買ってくれって懇願されたんだけどそこまでやるもんか(ーー)


毎朝毎朝どこに送り迎えしなくとも赤(仮名)さんが出かけてくれるんですぜ…弁当も作らなくていいんですぜ…なんというパラダイス!!!と言いつつ去年度の最後の方は学校にも弁当持っていきたいというので浮かない程度にアメリカンな弁当(サンドイッチかおにぎりに果物・ミニトマトとか)を持って行かせたんですけど、とりあえず今の所はカフェテリアのランチを食べるみたいです。そのうちまた自分でランチ持っていきたいって言い出すかもしれないけど、日本の弁当に比べたら楽なもんでございますよ。

今週の出張はは明日から金曜まで。なんか色々バタバタしてて色々それどころじゃなかった(ーー;)ので、ちょうどいい気分転換になるかも。犬の足腰は悪くなる一方で、宿六の元に置いていくのは非常に不安なのですが(ーー)連れてくわけにもいかないし…。まあ今回は水曜日に出て金曜の夜には戻るスケジュールなので、犬には頑張って生き延びてもらうしかない(ーー;)

とりあえずここで日記アップします。出張中なら逆に時間取れるかな(笑)


拍手パチパチありがとうございます(^。^)
春休みでした(〜_〜)
赤(仮名)さんの学校が一週間の春休みで、ほぼ毎日家にべったり…。金曜日は車で30分くらいのセンターで仕事のミーティングがあったのですが、宿六が外出で、赤(仮名)さんを連れて行くしかなく(ーー;)

まあアメリカでは珍しくないことなんですけど…。

事前にミーティングの相手にその旨連絡を入れたら「それはいい!是非連れて来たまえ(^^)」ってことだったのでお言葉に甘えました。私だったら内心はすごく嫌だと思うけど、子供大好きな方なんですよね(ーー;)その子供好き要素ちょっと分けていただきたい…。

6人も入ったらギュウギュウの個人オフィスに大人三人&赤仮名(ーー)ちなみに大人三人目は海外から修行に来ている相手の弟子なので彼女の意見はどーでもいい(笑)

退屈しないようにとDSも持参させたんですが、最初の一時間はミーティングで、その次の一時間は勤務先のラボに繋げてビデオ会議だったのですが、画面に映っているのが顔見知りのボス&同僚だったもんで赤(仮名)さん食い入るように画面に見入ってました(ーー;)

しかも仕事も今やたらと忙しくって(ーー)春休みなのを良いことに毎朝朝っぱらから味噌汁とおむすびなどと高度な要求を突きつけてくる赤(仮名)(ーー)春休みなのを良いことに毎晩添い寝を要求してくる赤(仮名)(ーー)お空気読めやゴラァ(ーー)

というわけで春休みの一週間で随分とまた精気を吸い取られました…。

絶対こいつ親のエネルギーを吸い取ってる。何らかの形で吸い取ってる(ーー)このまま一つ屋根の下で一緒に暮らしていたら吸い尽くされてそのうちに衰弱死してしまうのではないか、と密かに思ってます(ーー;)

今日もやっと学校始まったと思ったら学校帰りに近所の子を遊びに誘いおって、我が家で遊んでます(ーー)向こうは三姉妹で、一番下はまだ6ヶ月だからまあうちで遊ぶのは妥当なんだけど…。


今週も頑張るぞ(=_=)えいえいお〜(ヨロヨロ)
知らせろ(〜_〜)
土曜日は土曜日学校(仮名)の終業式があり、午後はトランポリンハウスで数時間プレイデート。結局普段よりも遅い時間に帰宅となり、結構へとへとな感じでした。

そんで翌日の日曜日は久々に宿六が赤(仮名)さんをどっか外に連れ出してくれる予定になっていたので、日曜日は1日がかりで洗濯する日なんですが、その合間に超久々にお絵描きくらいできるかも、と思いながら昼食の味噌汁を啜っていたところ電話がありましてね。

普段私に電話なんかかけてくる人はいないので一体誰じゃと思いながら発信者の名前を見ると、ついこの間義兄を亡くした上に一酸化炭素漏れと散々な目にあった義姉の名前が。

不審に思いながら電話に出ると、義姉とその娘がただいまフロリダに南下中だがちょうど近くを通るので、立ち寄っても良いかという打診。

せめて前日に知らせてくれよ!!(絶叫)

普段義兄姉たちが南下する時はもっと離れた高速を使うのだけれども、義姉達は今回イリノイ州に立ち寄る予定があったので普段とは違うルートで下っていたらしく。その南下ルートから我が家が近いということすら全く失念していて、「アレ??ASIA家って確かこの高速から近いんじゃなかった??」と運転中慌てて確認してみたとのこと。

まあどうせ夕方には宿六も赤(仮名)さんも帰宅する予定だから家にはいるんだけど、なにしろ洗濯中だからシーツやらタオルやら剥がしてあるし来客の予定もないから家の中も散らかりっぱなし。ご飯は食べていかないってことだけど、デザートくらい…と思って慌ててティラミスなんぞ作って、結局午後中お絵描きどころか家の片付けで全て終わってしまい申した(〜_〜)まあ家の中が散らかってたって気にするような人達ではないんですが、自分のほうがやっぱりそうはいかないじゃないですか(ーー)今の家は初めてだから家の間取りはこんなだよ〜って普通に案内するわけですし。

嗚呼…貴重なお絵描きタイムが…(血涙)

まあ向こうから来ることって普段全く無いわけだから、来ていただけるのは大歓迎には違いないんですけど(ーー)これも私がコツコツと頑張って赤(仮名)さんを連れて行っていたおかげですよ!フンス!(鼻息)

ダメ弟が葬式をブッチしたことなど何もなかったかのような和やかなひとときを過ごせました(笑)というのも、なんと義姉娘(つまり赤(仮名)さんの従姉妹)の妊娠が発覚したのだそうです。なのでお通夜ムードが一気にお祝いムードに。義姉も姪っ子も表情が明るく、こちらも助かりました(^^;)

だけれども、本音を言うとがっかりした(爆)のも事実。今までは亡くなった義兄側の両親の方に義理で顔を出したりしてたけどこれからはそれがなくなるから、義姉もこれからはたまにはウチの方に遊びに来たいわ、なんてこの間は言ってたんですが、これから孫が生まれるとなればそちらにかかりきりになるに違いなく、我が家の赤(仮名)さんは更に忘れられた存在になるであろう…。これは予言というより事実なので現実を受け入れないといけないですね(ーー;)義理家族んとこはどこも母娘の間の絆が凄いんで。私には全く想像のつかない世界ですが。姪より孫のほうがそりゃ可愛いに決まってるし。

でもまあ、好きなだけ赤(仮名)さんを独り占め出来ると思えばいいし、私もいつか赤(仮名)さんとそういう仲良い親子になるかもしれないしと思えば…。ならないかもしれんけど…(^^;)母娘断絶とか十分ありえる(^^;)大人になった赤(仮名)さんとキャッキャウフフしてる自分が想像つきません。オタクにでもなってれば話は別かもしれんけど(ーー;;)



赤(仮名)さんといえば!

今週赤(仮名)さん現地校では一週間の春休みなんですよね。で先週の土曜日は土曜日学校(仮名)の終業式だったわけだけど、現地校が春休みに突入したのに土曜日学校に半日とはいえいかなきゃ行けないというのがものすごく嫌だった模様で「土曜日学校(仮名)大嫌い!!」とまで行きの車の中で御機嫌斜めで吠えていた赤(仮名)さんなのですが。

学校が終わってトランポリンハウスでのプレイデート、結局1日楽しく過ごしたらしく。

帰宅して夕ご飯を食べて、さあお風呂に入りましょうってやってたとき、なんだかえらく仰々しいというかかしこまった風態でトコトコやってきて、「ママ」と素ッ裸のまま深々と頭を下げてくるんですよ。

「<(_ _)>二年生の一年間、どうもありがとうございました。
 <(_ _)>宿題のお手伝いをして下さってどうもありがとうございました。
 <(_ _)>三年生になっても頑張ります。<(_ _)>」



ヒッ ∑(゜д゜;))))))

何事?!


赤(仮名)さんのいきなりの奇行に内心かなり狼狽えてしまって、気を取り直して「そ、それはどうも…これからも頑張りましょう…」としか言えなかったチキンな母(ーー;;)

うちの赤(仮名)さんて結構こういう事があるんですけど、これって…これって普通なのかな(ーー;;;)なんか無駄に人徳が高すぎて親の筈の私が全くついていけないんですけどどうしたらいいんですか先生(ーー;;)私が子供の頃は全くこんなじゃなかったYO!



そんでもって赤(仮名)さんといえば。

昨夜そろそろ寝る時間だねってことで犬を外にトイレに出してたら、家の中の方でギャー!!!ってものすごい音量の絶叫が。慌てて玄関から入ってみたら、赤(仮名)さんがなぜか口の周りを血だらけにして泣き叫んでいて。一体過去の10秒間に何があった(ーー;;)

そしたら赤(仮名)さんたら、ママが、ママが、みたいな事を言うもんで。へっ私が何??(@@;)そしたらなにしろ血に弱くてパニクりやすい宿六が
「ママがどうしたんだ!まさかママに殴られたのか?!(`ロ´;)
などと正に血迷って喚き出すんで参りました。ちょっとアンタ、いくらなんでもこの私が
「ちょっと赤(仮名)!アンタ邪魔よ!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パァ〜ン!!」
とかやるわけないんですけど!熱い風評被害もいい加減にしろや!(爆)濡れ衣イクナイ!(|||゜Д゜)

とにかくカ〜っと頭に血が登って全く使い物にならない宿六を押しのけ、泣き叫ぶ赤(仮名)さんをなだめながらとりあえずお口ブクブクさせて血を洗い流したら、ア〜ラ不思議、唇に3ミリ程度の切り傷が出来てるだけでした。大量出血の割には超大したことのないお怪我…(ーー;)そんで落ち着いた赤(仮名)さんによくよく話を聞いてみたところ、宿六と買い物に行って買ってきた、猫の形をしたマッサージ器具(四つ足が丸くなってて背中をゴリゴリする形)を持って私に近づいたところ、犬をトイレに出そうとしてた私が全く気付かず、その背中に器具がぶつかって跳ね返り、尖った猫の耳のところが赤(仮名)さんの口に当たって出血大惨事って流れだった模様です。ぶつかったのは猫耳と唇だけだったらしく歯が折れたりとかはなかったのでなにより。全く世の中どこに大量出血のタネが転がってるかわかりませんね(ーー;;)

そしてやっと正気に戻った宿六が「ごめん…」って謝ってきましたがホントだよ!心の底から全く信用されてないことだけは分かりましたよ(ーー)

そんで宿六の使えなさっぷりもかなり浮き彫りになったので、赤(仮名)さんにはこれからこういうことがあったら宿六ではなく私のところに真っ先に来るように懇々と説きました。宿六がパニクると無駄に恐怖心を煽ってきて余計に赤(仮名)さんもパニクって大惨事が地獄に早変わりですからね(ーー;)

色々あってぐったり疲れた週末ですが、今も赤(仮名)さんは懐かしアンジェリーナ・ジョリー主演のTomb Raiderを観ながらオモチャの銃と共に飛んだり跳ねたり、お元気でらっしゃいます(ーー)嗚呼。今日は宿六が外に連れ出してくれる予定だったのに「おうちでテレビ観たい」の一言で台無しですよ。どうやって今週一週間乗り切りゃいいのか。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
とかげとスミッシー
すみっこぐらしのとかげ弁当です。とかげは青いから弁当で表現しにくい(?)んだけど、私もとかげが一番好きになったので作ってみました。一応キャラにはみんな設定があるわけだけど、なんだかとかげだけ一人センチメンタルな設定なんですよね(ーー;;)

本当はきょうりゅうなんだけど捕まっちゃうからとかげとしてひっそり暮らしてる。で、生き別れたお母さんってのがいて、そのお母さんはどうやら普段は海に隠れ住んでいるらしいのだけど、とかげに会うためにわざわざ危険を犯してすみっ湖までやってくる。スミッシーが出た!ってんで新聞に出て、その記事を見つけたとかげはお母さんかも!と思って必死になって会いにやって来るんですよね。そんで残りのすみっこキャラもみんな何故かついてくるんだけど(笑)とかげは無事にお母さんにあえて、すみっこのみんなもスミッシーに遊んでもらえて満喫して帰るんだけど、すみっこの皆さん鈍いというかなんというか、とかげとスミッシーが親子だってことに全く誰も気づかない(^^;)優しい世界ですねえ…(ーー;)

fc2blog_20190213053001685.jpgまあそれでアメリカでも本屋さんに最近すみっこぐらしのグッズが出るようになったんだけど、この間超久々に本屋さんに寄ってみたらスミッシーととかげのぬいぐるみがあったのでつい出来心で買ってしまいました。自分用にね。宿六が「えっ!君このぬいぐるみ自分で買ったの?!赤用にじゃなくて自分用?!大人なのに!」とかビックリしてたんだけどそれの何がいけないんだべ(ーー)大体赤(仮名)さんにはちゃんと赤(仮名)さん用のとかげを買ったからいいじゃん!お母さんのぬいぐるみは私用だ!

こんなもんわざわざ買ったのには、やっぱりこのふんわり親子に憧れもあるわけですよ。自分はこんな優しい母親じゃないし…。だけどもよくよく考えてみたらですよ、普段ほとんど顔会わせることがないんだから、たま〜〜〜にしか会わないなら完璧なお母さんにもなれるってもんですよね。この優しいスミッシーだって、とかげと一緒に暮らし始めたら「脱いだ靴下は洗濯カゴに入れなさい!」だとか「食べたものは片付ける!」だの叱らざるを得ない時が必ずあるはず!離れ離れで暮らしているなどというファンシ〜な設定だから優しい親子になれるんです!きっとそうに違いない(ーー)私だってさ赤(仮名)さんが家にいない時は優しい気持ちなんです(笑)だけど最近週末はずっと赤(仮名)さんとべったり一緒だから疲弊しまくり…。明日いちみかの日だけど何それ?ってくらい最近家で何も出来ていません。来週の月曜日は学校がおやすみですってよ!!!そろそろ窒息しそう(ーー)

とまあそんなことを思いながらも、なんとなく優しい気持ちになれるこのぬいぐるみは結構気に入っています。


拍手パチパチありがとうございます♪
戦略的撤退
そういえば書くの忘れてたんですが、40度の熱を出して寝込んでいた(はず)の赤(仮名)さんなのですが、翌日の朝には37度5分に下がり同じ日の夕方には既に平熱、そのまた翌日は超ピンピンして学校に行きました。その健康優良ボディわけてください…(ーー;;)血か?血ぃ分けてもらえばいいのか?ああだけど赤(仮名)さんの血液は私に輸血出来ないんざます〜〜〜なんてこと!

fc2blog_20190128050656702.jpgそういえば今年はすみっこぐらしの弁当ばっかり作ってて、肝心の干支の弁当を作ってなかったなと慌ててイノシシ弁当を作りました。で、今これ打っててそういえば去年の干支はなんだっけ、と考えてて。アレ?去年の干支ってひょっとして犬?でも犬弁当を作った記憶がない…??と弁当写真フォルダを探してみたら去年の一月は干支をすっかり忘れてて干支弁当を作ってなかったという衝撃の事実(^^;)一昨年ニワトリ弁当を作った記憶はあるんですけどね(^^;;)




一昨日は久々に「新鮮な憤怒」というなかなかに珍しいものに囚われておりまして。

つまりトライアル授業をやったんですけど。

授業自体は自分的にはなかなかうまくいったと思ったんですよね。

fc2blog_20190128044425b37.jpg正多角形と円のところをやったんですけど、なにしろどう授業していいかもらった資料じゃわからない。←教師用教本の白黒コピーのスキャン画像が送られてきたんですが、ご覧の通りサイズが小さくてそのままプリントアウトしたら全然読めなくて。その上、おそらく原本の教本では児童の教科書と教師用メモを色分けして記述してあるんだと思うけど、ご覧の通り白黒だから実際子供達が見ている教科書がどんなものかさっぱりわからないわけです。なので正多角形と円の授業の動画をいくつか見つけてそれを30回くらい観直しました。同じ内容でも不思議にわかりにくい授業もあって、それはもう2分で視聴中止(ーー)で、なぜ動画をそこまで見返したかというと、わかりやすい!と思った授業にはやっぱり特徴があるんですよね。先生の話し方、声のメリハリ、あとは使ってる言葉のチョイス。「この概念を一緒に学びましょう・勉強していきましょう」のような硬い言葉ではなく、「一緒にやってみよう」「覚えておこう」「見てみよう」のような言葉が多用されていたので参考にしました。あとは板書の量が少ないことも特徴。覚えるべきポイントだけ書いてあって、ダラダラした説明は板書としては最小限。残りは丁寧に口で説明しているんですよね。

それで(わけのわからん)指導案を見てみると、「交流」とやらが必要で、つまり子供同士がペアで作業したり発表したり、ってことなんですけど、45分の時間内で教科書5ページ相当をカバーするわけですから、時間が足りるかわからない。なにしろ初めて会う子供達ですからね。その上土曜日学校(仮)って子供のレベルにかなりばらつきがあるんですよ。優秀な子もいれば、日本語がおぼつかないという子もいて、そのばらつきが該当クラスでどれくらい大きいかも見当がつかない。これが数時間あれば多少調整できますけど45分なので、とにかく時間内に与えられたページ数の内容を終わらせることを最優先にしました。つまり子供達に考えさせたり発表させたり、はできるだけ最小限に。

しかしながらただ喋ってるだけではこれもまたつまらないと思い、家中の傘を確認した上で骨が五本の傘、六本の傘、八本の傘を持っていって開いて比較して見せてみたり、傘をくるくる回して「こうして高速回転〜!!ってやると円の形になりますね〜」なんて実践してみせたり。コンパスで円を描いて正八角形を描く実践のために中心に鉛筆で印をつけた折り紙とハサミを人数分(ハサミはさすがに全員分はなかったですが)用意したりしました。図形の概念を理解するには、やはり身の回りの身近なものを見て実感したり、実際に自分の手で触ってみるのが大事かなと思いまして。

勿論自分的にはもっとああすればよかったこうすればよかったと思ったところはあちこちありました。なにしろホワイトボードが思ったより大きい&背が高くて描きづらかったし、白板用コンパスが使いづらくて汚くなったり、板書が綺麗なバランスで書けなかったり。もともと字は超絶汚いのでそれはもう最初から諦めてたんですけど(ーー;;)子供達が意外に(!)優秀で、作業時間も思ったよりかからなかったし、これならもう少し丁寧に時間かけてもよかったなと思った箇所もありました。

だけど授業が終わってから私が片付けてる時に女の子が一人わざわざやってきて「ありがとうございました」ってお礼を言いに来てくれたり、もう一人女の子が「この折り紙、また半分に折ったらどうなるんですか」っていうので実際に折ってみて「ほら、8かける2で正十六角形になるんですよ〜〜」って見せてあげたり。一人でもそうやって授業後に話しかけてきてくれる子がいたら大成功じゃないですか?なにしろ初めての授業だしさ。



それで自分的にはやりきった感で満ち溢れながら片付けを済ませてさて警備のお当番に戻ろうとしたら、校長先生がさささ〜っとどこからともなくやってきて、「ちょっとお話がございますので会議室の方へおいでください」ときた。私のトライアル授業、本来の担任の先生+校長先生+教頭先生+運営委員の父兄の計4名さまが見にいらしてたんですよね。しかも校長先生も教頭先生も授業風景とか白板の写真を何枚も撮っておられて(ーー;)

それで会議室に通されて校長先生と教頭先生がおられ、一体何の話かと思いきや。

30分近くのダメ出しセッションですよ(ーー)

校長先生はともかく、教頭先生とこんなサシで座るのは初めてです。というのはこの教頭先生、うちが入学してすぐにご主人が病気になられてしばらく土曜日学校(仮名)を離れてらっしゃったんですよね。女性なんですが、還暦を過ぎているにも関わらず全身お直しをしているぽくて遠くから見ると30代くらいなんです。ひと昔前のボディコン、ロングヘア、ミニスカートにピンヒール。バッグはヴィトン。大変申し訳ないけど、元レースクイーンとかコンパニオンが年取っても頑張ってるのかなと思っちゃう感じ。でも教頭先生はご主人が日系の派遣会社を経営なさっているので地元の企業とも太いパイプでつながっているし、なんといっても土曜日学校のドン。だという噂なのですが、今まであまりそのお姿をお見かけしたことがなかったんです。でこの教頭先生、間近で見ると本当のお年が見え隠れするというか、目はグレーのカラコン入れてるし髪はなんつーか色々やり過ぎて痛んでるし、顔に至ってはなんだろう、角度を変えると美女が骸骨に見えるようなカードみたいなのあるじゃないですか。あれみたいで正直お直ししすぎて気味悪いんですよね(ーー;;)

話が逸れたんですが、その初めて今回お会いする教頭先生がいきなりダメ出しオンパレード。色々言われたんだけど一番ショックだったのが「スタイルが完全に受験塾のようでしたね」というものです。それは当然、だってそれを狙ってやったわけだから。なにしろ土曜日だけという限られた時間内に一週間分のカリキュラムを詰め込もうというのだから、学校形式でちんたらやってたら絶対間に合わない。となると間に合わない分はどうなるかというと全部そのまま宿題になるんです。子供達は平日は当然現地校に通っているわけで、現地校の宿題だって毎日出る上に土曜日学校の宿題も抱えてみんなヒーヒーいってるわけですよ。できれば土曜日の限られた時間に全部理解しておいて、平日やることは最小限に留めておいた方が良いじゃないですか?だから塾っぽいやり方で行く、というのは私が決めていた基本方針でした。

これは自分の体験からでもあるんですよね。私昔から小学校の授業がよくわからなくて。というか勿論やってる個々の内容はわかるんですが、その意義とか目的意識が見えなくてつまらなかった。私は完全に理論より実践タイプなので、教科書をそのまま丁寧にやられても「何のためにそれを学ぶのか」が現実として見えてこないと興味が湧かないんですよね。その点塾は「とにかく点を取る」という目的がはっきりしていて、そのために何を覚えるべきか、どこがポイントか、というのを徹底的にわかりやすく教えるわけじゃないですか。それで塾では学校でのんびり数日かけてやることを一時間で終わらせたり、なんなら先取りまでできるわけですよね。「限られた時間内子供達にわかりやすく」を目指そうとしたら塾スタイルが一番だと思ったわけです。幸い中学受験は経験しているから、ちょうどこの年頃に塾に通っていましたし。教師用教科書、ぶっちゃけ書かれていた内容をどのように子供達に語りかけるべきかが全く見えてこなかったし、自分で理解できないもんは子供達にも理解させられないでしょ。

しかしそれがいかんと教頭先生はおっしゃられる。
教頭先生「『ここがポイントです、覚えておきましょう、テストに(多分)出ますよ』的なことを授業内で9回繰り返されましたよね」


数まで数えてやがった!!!なんなのこの婆!!
それらは覚えるべき大事なポイントなんだから繰り返したに決まってるだろ!!それの一体何がいかんの??

それでは塾スタイルがいかんという教頭先生はどうしろっていうかっていうと、「先生がどんどん説明していくのではなく、もっと子供達の頭で自発的に考えさせ、発言させるべき」とのありがたいご高説でございますよ。

そんな時間どこにあるんだよ!!!現実見ろよ!!!

土曜日学校に不満を持つ親御さんはどこでもいらっしゃるし、学校へのクレームも結構あるみたいなのですが、大抵その内容っていうのが「うちの子、できないんでどうにかしてください」的なものなんですよね。で、親が「できない」と称するものは一体何かというと決して「うちの子、発想が貧困なのでもっと発想が豊かになるようにしてください」や「色々な角度から思考ができるようにしてください」ではないわけです。決して。

では親御さんが究極何を求めているかというと「成績を上げてください、良い点を取れるようにしてください」ってことじゃないですか?だったら「ここがテストに出ますよ、ここが大事だからきちんと覚えておきましょう」というのはとてもとても大事なことだと思うわけです。だってどんだけ時間かけたって時間内に考えられない子はどうしたっているんですよ。これは子供達個人の資質も大きいし。

それに!!!!

子供が頭で考えるだのいろんな角度から思考を掘り下げるだの視野を広くするだのなんてのは、既に現地校でやってる事でしょう??

だってこの子らみんな平日は現地校に行ってるんだからさ!!!!!!この子ら一体平日に何してると思ってんの?毎日毎日学校に行ってアメリカの教育受けてるんだよ??遊んでるわけじゃないんだよ??

日本に帰って「テストで点が取れなくて」「成績が悪くて」「編入試験に受からなくて」困るのは子供達だよ??親がまさに求めているのは塾の教育でないの?


子供達のことを考えてないのはお前らの

方だろうが!!!




…と心の中でそっとささやかに囁いたわけでございます(^^)ちょっと反論はしたけれどもその時点で既にやる気を失っていたのであまりグダグダ言い合う気も起きませんで。最後まで引き受ける気があったなら喧々囂々どこまでもやり合いますけどね。はっきり言って私の時間の無駄。


他にも私は絶対文章書きながら授業ってできないと思ったので(白板全体ののバランスもわからんし)先に書くべきことは書いてしまってからそれを指差したり補足したり空欄に書き足したり、というスタイルでやったんですが、それもいかんとか。おかげで子供達が白板の内容をノートに書いていいのかどうか迷ってただとか。だけど小五ですよ、ノートに何を書くべきかなんて自分で判断できる年なのでは???そもそも白板に沢山ズラズラ文章書きすぎて子供が混乱しないよう、ポイントだけと決めて最小限のものを書いておいたのに。あの量でダメならどうしろっていうんでしょ。そもそも私は子供の教科書の実物すら見る機会がなかったわけで!!もっとそもそも、私はプロの教師じゃないんです!!!!

なんていうかね。大袈裟かもしれないけど、ぶっちゃけ私はかなり「侮辱された」と感じました。言い方が明らかにアドバイスではないんですよ。ここを直せあそこがダメだった、という調子。このように直せという具体例も無し。教頭先生のありがたいご高説を賜りながら全身の体温がどんどんどんどん下がっていくのを感じましたよね。しゅ〜〜〜〜〜って感じで指先が冷たくなっていくあの感じ。今私は完全に怒っている。憤怒している!!

「私はですね、ASIAさんは大変よく頑張られたと思います。ウンタラカンタラ」


こうちょう せんせい が くうきを よんだ!!


ですが全くくうきをよまないきょうとうせんせいのお説教は続き…。まあね確かにこちらとしても改善点はあったと思いますよ。だけどさ、3日前にちっちゃな白黒教本コピーを渡され、担任の先生と全く打ち合わせする時間もなく、手探りでやった初めての授業にしては頑張ったと思うんですよ。それなのになんなのこの言われよう。結局提出しろと言われたあの指導案って、教師本人のためのメモではなく、授業を見学に来る人がいるという大前提でその人達が指導案を見ながら授業が案に沿って行われているかどうかを評価するためのものだったらしいのです。んであそこに書いてあっためあてだのまとめだのは要するに必ず板書すべき必須項目だったらしく。だからそれをほぼ丸無視して行われた授業に対しても苦言を賜ったのだけど、そんな事前説明全く無かったじゃん!!わかるわけねーだろ!!それにまとめの一つは私的には子供達にとってとても分かりづらいものだったからあえて外したのに。そもそもこのお試し授業にこぎつけるまでにやれ日本語の履歴書提出しろだの面接に来いだの、面接に行ってみりゃ妙に上から目線で圧迫面接、ギリギリの時間に説明ゼロで最小限の資料だけ渡されて頑張って授業してみりゃこの言われよう。アレっ私頭を下げてお願いされてる立場の筈では??


やってられるか!


噂によると教頭先生は日系企業に沢山コネ持ってて幅を利かせているから逆らえない日本人は多いって話なんですが、私は日系企業とは関わっていないので全く関係ありゃしない。地元日本人ネットワークにも全く無関係なので教頭先生のご機嫌損ねても痛くもかゆくもない。しかしこの婆、明らかに人を顎で使うのに慣れきってらっさる。こんな人と一緒に仕事(?)、絶対無理。傲慢もいいとこです。お前ら一体何様なんだと。

校長先生は校長先生で、さすがに不穏な空気を読み取ったのかおだててくるんだけど、こっちもこっちで古狸よろしく「子供達を教えてみてどうですか。教える喜びといったようなものは…(^^)」など「やりたいです」という言葉をこちらから自発的に引き出そうとあれやこれや誘導尋問しようとしてくる。いくらなんでも私そこまでバカじゃございませんことよ。第一校長先生は政府から送られてくる派遣なんですが、大抵任期が3年くらいなので、今年の3月で帰国されるんですよ。なのでいくらこの人の覚えがめでたくたって、あと二ヶ月でいなくなっちゃう人なんだから超どうでもいいですし。

もう一つ非常に不愉快だったポイントが、例の指導案、結局担任の先生が作ってくださったらしいんだけど、前日に差し替え案ですって新しい指導案が届いたんですよ。どうやらそれ、校長先生のダメ出しによって担任の先生がわざわざ書き直したものらしいのですが、その説明が

「担任に指導案を直させました」

っていう言い方だったんです。「直してもらいました」じゃなくて「直させました」ですよ。小さな言い回しの差なんですが、エッて思ってものすごく引っかかって。だって担任の先生のお子さんもこの土曜日学校通ってらっしゃるんですよ。いわば先生でありながら父兄であり、いわば客の立場でもあるわけです。それなのにこの言葉のチョイスに学校側から見た先生の立場の認識が見え隠れ。こういう小さな言葉遣いに本音って出るものです。あ〜〜〜〜こんなところで代行なんぞ引き受けたらこの日本風上下関係・雇用関係という力関係ができてしまう。日本の社畜よろしく奴隷のようにこき使われるに違いありません。ぶっちゃけ堪え難い屈辱です。この程度の人達に下働きとして扱われるとかありえん。実際私みたいな逸材どこ探してもいやしないよ?!大学こそ三流だけど一応理数系の修士号二つも持ってて、アイビーリーグ大の医学部の専門職ですよ?!それをあんな見るからに品の無い整形婆に散々にこき下ろされて、あほくさ!あれって結局単なるマウンティングだったのかな??

そして一番不可解だったのが、教頭先生のありがたいお言葉の中で「担任としては」みたいな単語が飛び出したこと。私はその場で訂正したんだけど、授業の方針についてはゆくゆくは研修など受けていけば学校のカラーに沿えていけるだろう云々。

考えれば考えるほど、私きっと担任候補として審査されてるよね???代行候補だっつってんのにおそらく相手の資料には「担任候補」って書かれてるよね???そう考えれば全ての辻褄が合うんですよ。おかしいおかしいと思ってた!

その手に乗るか!!!!(ーー)


その場はアラアラオホホと和やかに退出してきましたが、その晩のうちに代行教師の件を辞任する旨メールを出しときました。言いたいことは多々あれど、こういうたぐいの相手って下手に反論すると「素晴らしい!ついてはそのお考えを生かすためにぜひうちのチームに」的な流れに持っていかれがちなんですよね。そうしないためにも無言を貫いて辞退、が正しい戦略的撤退です。

そもそも人手が足りないっていうから、自分では先生できないからと思って大してありゃしないコネを総動員して代行候補と担任候補を苦労して見つけて来たんですよ。特に担任候補の方は若くて独身、子供達を教えたいという希望に満ち溢れてました。そんな人を頑張って見つけて来て面接にまでこぎつけたんですよ。そんで面接直後は「やる気がアップしました(^^)」なんておっしゃってたのに、探りを入れてみたら学校から渡された資料を見てとても自分の手には負えない(仕事と両立出来ない)と思ったそうであっさり辞退。


_| ̄|○


実際このお試し授業を行うにあたって、45分の授業なのに準備に5〜6時間はかかりました。時間配分を確認したくて予行練習も二回やりましたしね。赤(仮名)さんは生徒役(笑)慣れればそこまでしなくてもいいだろうけど、まあぶっちゃけ無理。ここ数日間イライラが募って、ベッドで目をつぶれば一分も経たずに意識を失う私が珍しく夜も眠れなかったし、健康に差し支えるよ(ーー)いのちだいじに!こんな状況なんだから本来ならもっとおだてあげるべきものを、逆に批判のオンパレード、やりたがる人がいるわけがありません。明らかに人手が足りてないのにハードル上げすぎなんですよ!

でもさ私頑張ったよね??代行候補も担任候補も見つけて来たし、結局逃げられたのは明らかに学校側の問題であって私のせいじゃない。子供達のボールが足りないと聞けば1ダース寄付し、室内用遊具が古びてると聞けばウノにトランプに将棋にオセロにと山盛り寄付し、倉庫がぐっちゃぐちゃで整理しづらい状態を見れば「これでスチール棚を買う足しにしてください」とDYIショップのギフトカードを200ドル分(これはクレジットカードのポイントが貯まった景品)もそっと差し出し、今年は行事委員で文字通り汗水垂らして走り回り、ここまでやってる父兄、他にいないと思うの!!教師断ったってバチなんか当たらねえべ!!!どれもこれも、子供達のことを考えてやった事だから全く後悔はないけれど、肝心の大人がこんなじゃ手を引く以外ないです。他所の子供達より自分の生活が大事!


だけど笑っちゃうのが我が家の赤(仮名)さんのサポート力。予行練習の時に生徒役をやってもらったのですが、「ママ、すごい授業お上手ね!とってもよくわかる!!(^^)」とかきっとよくわからないのに目をキラキラさせて励ましてくれる(ーー;;;;)五年生の教室はたまたま赤(仮名)さんの教室の隣だったので、授業中先生がプリントか何か取りに行った間にこっそり五年生のドアに張り付いて授業聞いてたみたいです(笑)ダメ出し受けて疲れ切った私を「よその人の言う事なんか気にしちゃダメ!ママはすごく頑張ったし世界一良い先生よ!(^^)」とか励ましてくださる…なんなのこのお子さん全く私と似てないんだけどどっかの励ましの天使か何かかな(笑)ママストレス溜まってるんでしょ、肩揉みしてあげまーす!とか言って肩揉みしてくれたし…まあ30秒で終わったけど(ーー;;;)異常に健気の一言ですわよ。ポジティブなところはさすがアメリカンと言っても良いのかもしれないけど、よそのアメリカ人の子供達見てもこんなじゃないんだよね(ーー;;;)


アッだけど今回の経験が全く無駄だったってわけじゃなくてですね、良い事もあったんですよ(よかったさがし)

我が子の勉強をもっと丁寧に見てやろうという気になれました(笑)今までは土曜日学校(仮)で教えてもらってるんだし…とか思ってたんですが、自分で教えた方がマシなのかもしれないという気が(爆)まあ学校の良いところは同じ年代の子供たちに囲まれるっていう点なのですけどね。でも警備の当番で赤(仮名)さんの教室のすぐ外が持ち場だったのですが、赤(仮名)さんのクラス、担任が新任のせいもあってかすごく荒れてて一日中なんだか休み時間みたいにギャーギャーうるさかった上に休み時間には喧嘩が起きて騒ぎになってました。なので本当に赤(仮名)さんのためになっているかどうかは疑問…。いずれ辞めなきゃいけなくなった時(ーー;)のことも色々想定して考えておかないと…。土曜日学校、駐在さんには死活問題でも、うちのような永住家庭にはぶっちゃけ親の心一つの問題なんですよね。だからこその葛藤でもあるわけですが、今回五年生の授業であれだけ出来たってことでかなり自分に自信がつきました。これからはちょっと先生になったつもりで家でしっかり日本語の宿題みてあげようと思います。

どうやら来年度から復活するらしいラスボスを右に左にかわし続けながら頑張るぞ!




拍手パチパチありがとうございます♪(^^)以下はレスです〜♪
[戦略的撤退]の続きを読む
Designed by aykm.