FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
献上記念日なんですって
ここしばらくあらゆる○○の日、とやらに全く間に合わせられなかったのですが、2月のいちみかの日にでも間に合えばいいや、とちんたら描いてた絵、どうやら29日が一期一振献上記念日とやらで、ちょうどいいからそれに合わせてアップするかと慌てて仕上げたブツ。皆さんもご承知の通り、ここんとこのんびり絵を描いてられるような心理状態ではございませんでしたゆえ(ーー)

ちなみになぜ記念日にこだわるかっつと、タグをつけるのとつけないのとでは見てもらえる度がかなり違うから、というだけの理由です。大してフォロワーいないしさ。というかいるにはいるんだけど、時差のせいか私の呟きって誰も見てないみたいだし。見ることもできない相手をフォローするってなんか意味あるのかな??私は沢山フォローすると絶対追い切れないからしないんだけど、みんな普通に100人単位でフォローしてるよね?絶対全部見切れないよね?(ーー;)謎です…。
fc2blog_201901230420182f4.jpgfc2blog_20190123042036839.jpgfc2blog_2019013104313134d.jpg





「各個撃破と洒落込みますか」な一期さんです。物腰の割に好戦的で知略的な一期さんが憧れなんですが、非常に遺憾ながらどこ向いてもそういう一期さんはいらっしゃらない…残念…でもアレだよ、私の脳内本丸ではそういうことになってますんで!この際もういっそ同田貫さんより実は好戦的とかでも一向に構いません。物腰の割に!あの物腰の割にね!そういうギャップがいいんじゃないかなだって見てくれだっていかにも軍人ですからねそうだそうだそうしとこう。

相変わらず三日月さまが福神漬け程度の添え物仕様となっております…。どうも私三日月さんのことそんなに愛してないみたいなんですよね大問題だ(ーー;)別に嫌いじゃないんだけど。自分の本丸があればねえ…実際にゲームをプレイ出来たら想像もしてなかったようなキャラにハマったりするかもしれないですね。亀甲貞宗とか(笑)

でね今回はちょっと構図の角度をひねってみました。ツイッターのどこぞで黄金律を利用して構図を決めるコツ、みたいなのが出てて、ほおおと思って試してみたくなったんですよね。紙の角から角にまっすぐ線を引いて、その線とまた角が直角になるような線を引いて、その角度に人物を合わせるとか、そうやってあっちゃこっちゃ引いた線の交わったところを絵の焦点にしたり、明暗の色を合わせて塗っていったり。というやつ。きっと誰でもそういうの無意識にやってるもんだと思うけど、ああやって例を見ると自分でもやってみたくなるものです。特に横長の絵だと、たとえばゲーム画面なんかは普通にまっすぐだとスペースが足りないからこうやって横にしてやることも多いとか。へえ〜へえ〜へえ〜〜〜。確かに言われてみれば結構いいバランスの角度のような気がする!!(影響されやすい)

でもさこれって描いてから「アレっそういえば太刀って夜目が効かないんだっけ(ーー;;;)」と今更はたっと気づいたのですが。毎回絶対忘れるんだよねこれが(ーー)でもなんか色合いみたら月夜どころか真昼間にすら見える(ーー;)のでまあこれでいっかって感じです。

今日はちょっと雪が降ってあっちゅ〜間に休校になりました(ーー)学校の根性無しめ。でも今は道路の雪がすっかり溶けたみたいなので明日は無事に学校があることでございましょう。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
焼け落ちる一期さん
最初は顕現時のファンシーないち兄を目指していたような気がするんですが、一期さんといえばやっぱり炎かなって、焼け落ちていくような新年早々幸先悪い絵柄になり申した。
最近は主線をペンで入れずに鉛筆の上から色を塗るという、まあ用はめんどくさいんでいらん手間を省きましょうってことなんですが(笑)でもこれが思ったより悪くないんですよね。強調したいとこだけ色塗ってからまた更に鉛筆もしくは黒インクなどで補強(?)したりできるし、主線がしっかり引いていないと色で表現するしかないので陰影もくっきりはっきりつける良い練習になりそうです。

相変わらず色塗りには全くセンスを感じられませんが、最終的にホワイト多用することで結構あちこちに修正入れられることも実感できて、一体今までホワイト無しであれやこれややっていた自分はなんだったのか(ーー;;;)単純におばかさんだったんですけど…。

すこ〜しずつ、本当に亀の歩みですがカラーインクのコツを掴めて来たかもしれません。なんというか、「線の内側を満遍なく塗る」みたいな固定観念から抜け出したい(ーー;)もっと自由に塗ってもいいんですよねきっと…。

ジョミブル妄想は大体二人がセットでアイデアが浮かぶんですが、いちみかはもともとセットでもなんでもないから二人別々のイメージしか湧きません(ーー;)くっつけようと思ったら漫画にしたほうがいいと思うんだけど、私が見てみたいのは戦場で戦う一期さんであって、しかもそこにいちみかをねじ込むのも合わないという、お前ほんとにどこがいちみかなんだよっていうね。私の理想とする二人の関係がさりげなさすぎてなかなか妄想につながらない(ーー;)いくら肉体を得たとはいえ、刀の付喪神ときてはえろな妄想も全く浮かんで来ませんで…元ネタがゲームだからかな?ジョミブルは原作がなんつーか作者様の情欲(笑)に溢れかえっていてえろ妄想に全く苦労しないんですよね。

ちなみに私の想像するところの一期さんの戦いぶりはやはりそのロイヤルぶりに恥じないようなロイヤルなお戦いぶり(変な言葉)だと思うのですが、なんだろうフェンシングぽいのかしら自分でもよくわからない(笑)まあ同田貫さんみたいな刀とは正反対の境地にあるものとは想像されますが、なにしろ自分の乏しい想像力でなかなか…。


まあ気の向くままにジョミブルだったりいちみかだったり、ぼちぼちやっていこうかなと思います。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
新入り漫画
自分の中のイメージのいちみかはお互いについて色々悩んだり全くしないのです。なんつ〜か、付喪神という立場(?)上そういうのは超越しちゃってんでね?っていう気がするんですよね。焼けて記憶自体はなくとも、刀は刀だから自分の存在意義とか課せられた役目みたいなものは漠然とその身に宿っていそうな気がするわけです。だからそれがもとでああだこうだなりそうな二人が想像つかない。要するに全くネタが出ないわけで(^^;)他のキャラがメインでのお話でなぜかナチュラルにくっついている脇役、という流れが一番腑に落ちるというか。だから二人だけだと全くネタが浮かばないのでこれからは積極的に別のキャラを絡ませて行く方法にするしかないなと。

これがジョミブルだったらね〜二人で置いとくだけでドラマができちゃうんですけどね…。原作がものすごく情緒と感情に溢れているからキャラも勝手に動くんですよね…。ミュウとか年寄りっていう設定の割にはどいつもこいつも若々しいというか無駄に感情的ですよね(笑)ぶっちゃけ寒い季節はジョミブルがむやみやたらと恋しくなります(ーー)しかもベッドでくんずほぐれつしてる二人が恋しくなるあたりかなり重症です(笑)


というわけで話というほどの中身はないけれども描いたという事実が大事なのである(えっへん)御手杵が好きだから御手杵出したかったんだけど、更にハードルが高い(笑)ので出しやすそうな鶴丸さんにおいでいただきました。ついでにちょっぴりだけど長谷部さんにも長谷部と一期さんの組み合わせって結構好きなんですよね。長谷部さんの留守の間はなんでもそつなくこなしちゃう一期さんが代打で近侍のお仕事して、みたいな流れも結構好きなので。

これからもせっせと脇役を出してどうにかする方向に切り替えることにします。うまくいくのかな〜〜〜。でも脇役といっても短刀のみなさまはあんまり出す気がしない。多分ワタクシはお兄ちゃんしている一期さんをあんまり見たくないんですよね。一気に生活臭が強くなるっていうのもあるし、自分の中では兄=受けのイメージが大きいので(笑)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
むりやりかいた
いちみかの日が終わっちまう!!!って泣きべそ描きながら無理やり描きました。我ながらひどいクオリティだ(ーー;;)アナログの良さを生かして気楽〜な流行りのオサレ塗りに…とか思っていても絶対!そんな風に!オサレにはならないんですよねえ…(ーー;)ひと昔のアニメみたいにべったり塗ってしまう。今回は時間がなくて急いでいたせいもあるんだけど…。

それにこの二人、せっかく肩の力を抜いて描こうと思ってもなにより装備がめんどくさいからそれだけで嫌になってしまうんですよねえ…。この装備があるだけでいちみかを描く気自体失せてしまう、ってことはワタクシの愛が足りないからなんでしょうけど(ーー)かといってこの服装でないと二人じゃないし…。内番服もあることにはありますけど、なんだろう内番服を着た二人は自分がなんとなく「コレジャナイ」と思ってしまうんですよね…。伊達組なんかむしろ内番服が本番ですって感じがするのに、なんだろう特にいち兄が内番服を着ていると自分的にものすごく偽物感がするんですよね。刀剣してないいち兄さんの過ごし方が全く想像つかないし。

あ〜〜(溜息)

もう明日は土曜日学校(仮名)です…今日の弁当は何にしよう。全く思いつかない(ーー;;;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
今日は御手杵
これ下書きは運動会前に出来てたのを昨夜色塗ったやつです。ワタクシ結構御手杵が好きなのですが、彼の存在をすっかり忘れてました(笑)御手杵ってなんとなくヒノミヤにも似てるしいいですよね〜〜〜彼が画面にいると安心します(^3^)いちみかの次くらいには好き。これからもっと積極的に描いていきたいキャラの一人です。服装が簡素なのも魅力的(笑)

御手杵の髪型を描いていて、GWイチニをやっていた頃を思い出しました。三つ編みこそないけれどデュオの髪の毛に似てる!(笑)
今日はみっちゃん
大倶利伽羅を描いたならやはりここは燭台切さんでございましょう。つかみっちゃんてつむじが二つあるんですね!!!始めて気がつきました。キャラの造形ってだいたい何かしらの由来が元になっているわけだけど、この二つあるつむじは何か逸話というか意味があるのでしょうか(^^;)あとみっちゃんて思ったよりつり目だった…。なんかタレ目のイメージでした。なんとなく。

それにしてもここらへんのキャラはTシャツ一枚着せときゃそれっぽくなるので非常にありがたいですね!いちみかはどちらも超めんどくさい(ーー;;)内番服もあることにはあるけれど〜特に一期は内番服着てるとなんか嘘っぽいというか(笑)彼らしさがなくなってしまうというか、ぶっちゃけあの内番服はかっこわr(略)それにしても設定がしっかりしていると良いですねえ…描きやすくて助かります。みっちゃんの方が表情がコロコロ変わりそうなタイプだからやっぱり描いてて楽しいですね。行動パターンを想像しやすいというのはありがたいもんです。何が言いたいかってといちみかの二人はさっぱりその行動原理が想像つかないので難しい(笑)二人とも育ちが良さそうな雰囲気だし。くりみつも割と好きなんですが、距離が近すぎて自分の中で全くドラマにならないのでなんか二人揃ってるだけでいいやって感じです。

次は誰描く?長谷部か鶴丸か、ちょっと大包平なんかも気になるかな〜気楽〜に描いていきたいです。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
ブラック本丸漫画








いちみか漫画って甘かったり切なかったりするものが多いのですが、ワタクシは彼らがバリバリに刀剣しているネタが大好物。それなら自分で描くしかない!…のですが技術的な問題がですねごにょごにょ(ーー;)室内の漫画とかさ…そんなもん全然描けないですしおすし(ーー)でもごまかしごまかしなんとか描けましたよ。流血している二人が好きなので今回は少しですが返り血も描けてそれなりに満足(^3^)

普段穏やかな一期さんがいざという時は顔色も変えずに血まみれになりながら審神者に引導を渡すそのギャップが個人的な萌えでございます(^3^)さしもの三日月さまもビックリさ。この二人は実際にはデキてないんですけどね。つかこのブラック本丸では生き延びるのが精一杯でそれどころじゃないし。

ワタクシは刀さに小説も結構好きなのですが、刀さに小説の良さは本丸の外にまで妄想の世界を広げることができるところにあると思いますです。刀x刀小説だと所以や以前の縁などを題材にできるという良さもあるのですが、結局のところ本丸が複数あって審神者も沢山いて、みたいな感じの内容はやはりネタの選択肢が増えるし本丸襲撃やら引き継ぎ本丸やらドラマチックな展開も増えて美味しいネタ盛りだくさん(^3^)だから審神者小説でいちみかが(別にカプではないけれど)脇役として一緒に登場するとものすごく萌えますね!まあなかなかないんだけどねそういう展開は…。この二人の設定的にいちみかが出会ってドラマが生まれるというよりは、なんか良く知らんけどナチュラルに一緒にいる脇役、という役所のほうが美味しいように思います。特に一期さんが穏やかであんまり感情の上下がなさそうなのでね。感情的な一期さんも悪くないけど彼の良さがなくなってしまうというか。三日月様も別に感情的なタイプではないし、二人だけ置いておくと全く話が展開しない(ーー;)なのでブラック本丸くらいに二人の置かれた状況が極端なほうが二人の絡みを考えやすいです。地獄のような本丸で、しかし二人の間は何事もないかのように穏やかな空気が、的なのが逆説的に絆を感じる的な何かですよ。

ブラック本丸のテンプレ虐待といえば「よとぎ」ですが当然ワタクシ的には二人ともお当番経験済みのほうが美味しく妄想をいただけます(^3^)翌朝かなり酷い状態でほっぽり出されるのですが、お互い何も言わずに後始末のお世話をしてくれたりとかさ。三日月様なんか本来他人のお世話は下手そうだけど自分も経験あることだから割にツボを押さえたお世話をしてくれたりするんですよ。で二人とも審神者からされるそれがかなりプライドズタズタに傷つけられる行為だと知っているので相手の矜持をそれ以上傷つけないよう、黙って静かにお世話するんですよフフフ。どうせまた自分にも順番が回ってくるわけだしさ…。だけどこの漫画で三日月様がいうところの一期さんに「大層辛い思いをさせた」というのは夜伽よりも刀剣破壊のほうですね。弟たちの短刀を次から次へと破壊された一期さんの辛さ。二人とも自分の身に受ける責め苦よりも大事に思う相手が受ける痛みのほうが辛くのしかかるので。

これからも刀剣で返り血ないちみかを描きたいなあ…。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
イマイチ
やっと週末が終わって今日からサマーキャンプが始まりましたなんという爽快感!(>▽<)土曜日学校(仮名)はまだ普通に行ってるんですが、既に先週末から皆さんどんどん日本に一時帰国する肩がいて夏の間はポツネンと取り残された感ありありです。去年はそれほどでもなかったんだけど、単純にあんまり知り合いがいなかったからって事はあるかも。ま〜ワタクシも平日は毎日仕事があるわけでヒマじゃないんだけどね(ーー)専業の人はいいですね〜〜すんごい自由に行き来できる…。

でも現地校が夏休みに入ったせいか赤(仮名)さんがだいぶ精神的に落ち着いて来て、宿題も結構自ら自主的にやるようになったので大助かりです。まあ自分で宿題やるったって勿論ワタクシがつきっきりなわけですけどね(ーー;)漢字の練習なんかも一緒にやると喜ぶので一緒になってコピーしたプリント使ってやってあげたり、正直赤(仮名)さんよりワタクシのほうが漢字書かされてる(ーー)おかしいこんな筈じゃなかった…。でも意外なことに漢字は好きみたいで(お絵描き感覚なのかな?)土曜日学校で開催される漢字検定もチャレンジしてみたいと言うから一応漢字検定にも申し込んでみました。でも漢字検定って読み書きだけじゃなくて書き順の問題もあって、書き順はなにしろすんごいむちゃくちゃなので受けたところで受かることはないように思いますが(ーー;;)あと字自体はかなり下手なのでもっと丁寧に書かないと汚すぎてバツになったりして(ーー;)まあでもやる気があるのが大事ですよね。同じクラスにもう一人やっぱりハーフの子がいるんだけど、その子は明らかに授業の内容も理解できてなくてついていけず、漢字なんぞ当然論外という感じになってきているので、それに比べたら赤(仮名)さんはものすごく頑張ってます応援してあげたい。赤(仮名)さん結構物覚え良いんですよねワタクシよりよっぽど頭が良いような気がします。土曜日学校の図書室から沢山本を借りて来たので(といっても大体絵本だけど)せっかくだから夏は読み聞かせも頑張りたいです。


やっと塗り終わったお花いちみか。反応は薄かったけど自分的にはかなりの快挙だったのでよしとする。先週末はいちみかプチが開催された模様なんですが、なにしろ物理的にも精神的にも距離が遠すぎてフーン…という感じ…。アンソロがすごい分厚かった模様なので、明輝堂さんにでも出たら買うかも。とらの○とか○ブックスとかいまや転送サービスの住所も不可というポリシーなのであらゆるものが遠すぎて日本で行われるあらゆるイベントに「フーン」以上の感慨を持てない(ーー;)

fc2blog_2018053000173135c.jpgfc2blog_20180530001745ac2.jpgこれも自分的には結構新たな試みだったんですけどやはり反応薄かったです。やっぱ下手だから反応ないのかな〜(ーー;)まあぶっちゃけポーズもヘンテコなんだけど(笑)でも前向きに描き続けるしかないですね。

さすが来世に期待するだけあってろくなもんが描けていません(ーー)

なんだかんだ言ってせっかく「刀剣」男士なのだから、もっとこう戦闘とか流血とか大好きなもんを取り入れるべきなのではないかと思いますよ(笑)上記のプチもどうやらテーマは「祝言」だったようで皆さん甘いものが多いような気がするのですが、せっかくなのだからこう、うんと不穏で殺伐とした状況にいるハードボイルドな二人も見てみたい(どんなんだ)というわけでブラック本丸の顛末、みたいな二人を今思い浮かべているのだけどはっきりいって画力が追いつくかどうか謎中の謎でござる。本丸話なら当然日本家屋とか障子とか襖とか、パースが小難しいもんを描かないと表現できないわけでさ(ーー;)あ〜頑張ってみたいけどどうなることやら…。あ!でもブラック本丸なら障子や襖も立て付けが悪くなってたりして、きっちりしてなくても大丈夫かも!(…)

…頑張るか…(〜_〜;;)



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)

たまごっち弁当
なんと我が家にたまごっちがやってきました。今一体何時代??(ーー;)といっても20周年記念版だそうで、初代たまごっちとは違うらしいです。ゲームプレイ(?)も断然シンプルになっていて、ご飯とおやつをあげてウンチを掃除するだけでよく、寿命は2週間(!)という、なにもかもが今風な…(ーー;)当然赤(仮名)さんが学校に行っている間はお世話ができないのでほぼワタクシがお世話係。だってこいつ朝は9時に起きて夜は10時に寝るんですよ!!!なんちゅう怠け者。でもこれは時計の設定でどうにかなるみたいなので、もし二周目があるとしたら時計を2時間ずらして始めようかと思います。つまり朝は7時に起きて夜は8時に寝る設定。そうすれば赤(仮名)さんと似たようなスケジュールになりますからね(ーー;)今の状態だとお世話はほぼワタクシがしているので。つ〜かこういうのは得意(笑)なのでマメにお世話をしている結果まめっちになっています。これから死ぬ前に進化するのかなあ???2日目にまめっちになってからずっとこのまんまなんですけど。ママ友はやはり子供が3回やったけれどもやはり本人がなかなかお世話できないので全部ハゲおやじみたいなのになってしまったと言っていました(ーー;)



先週はずっと忙しくて、昨日はいちみかの日だったというのに何もできませんでした。完成したのはこの一期さんのみ。いちみかの日にあんまり関係ない!!(ないことはないけど)あと今回は主線を鉛筆のままで描いてみたのでやっぱりちょっとぼやけた感じです。う〜む。



唐突だけれどもなぜか学校からのフォルダーにこれが入っていたので、現地の公立学校のランチと朝食メニューです。ランチはともかくなんで朝食メニューがあるかというと、共稼ぎの多いアメリカでは放課後だけでなく始業前にも有料の学童があるのでそこで出される朝食。朝食はそうでもないけど、ランチはこれでもかなり良心的な内容です。一応サラダと果物は提供されてるらしいし…。ただ日本の給食と違って子供が好きなものを取って行く方式なので恐らく野菜や果物は食べない子の方が多いに違いない(ーー;)赤(仮名)さんはそれなりに食べてると言ってるけどどうでしょうね。まあ外の食事には全く期待してないのであまり気にしてませんが。



fc2blog_20180515005504f9f.jpgfc2blog_20180515005519049.jpgさて我が家のポーチなのですが、今年はひどくクマバチの被害にやられましてね。クマバチって英語ではCarpenter Bee、つまり大工バチと呼ばれているのですが、オスは針を持たずメスは毒針を持っているけれども一度刺したら死んでしまうのでもともと大人しくほとんど人間に被害は加えないハチ、なのです。ところがところが彼らは大工バチという名前のごとく、木に穴を開けて巣を作るのですが、今年は気がついたら我が家のポーチにいくつも穴を開けられてて、どうも巣まで完成してしまった模様で穴から花粉は溢れてそれにアリがたかるは、巣を守るオスのハチの喧嘩がいつも起きているはで大騒ぎ(ーー;;)ポーチの周りを常に3、4、匹のハチがブンブン飛び回り、隙さえあらばさらに穴があいていくという大惨事に(ーー:)一応害虫駆除の人にも来てもらって出来た巣には殺虫剤撒いてもらったのですが、最終的にはポーチを塗り直さないとまたやられるっていうんですよね。ハチはニスの匂いを嫌うらしいので、きちんと手入れしてあれば来なくなるらしいです。。この家はそろそろ築8年くらいになるんですけど、ポーチのニスがさすがに効果が薄れてきたので塗り直すことにしました。以前の家は屋根なんかついてないから宿六が自分でやったんですけど、今回の家は屋根付きで上の部分はさすがに自分では届かないし危ないのでプロにやってもらうことに。

で我が家のポーチは屋根つきで網戸が貼ってあるのですが、とりあえず網戸を全部外してガーっと洗浄してもらいました。なんと6時間もかけてやってくれたよ(ーー;;)この後更にこの上からニスを塗る作業があるのですが、今週は明日からずっと雨の予報なんですよいつ終わるのかしらん(ーー;;;)さっさと終わってくれないと裏庭に出られなくて非常に不便です。主に犬が(ーー;)



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
色実験
GWイチニやってたときは結構頻繁にやってた色の実験、行き詰まったいちみかでもやってみました。


うーん…。

正直なところ詰んだ感アリ(ーー;)色塗りを重視するあまり顔も変(ーー;;;)あとやっぱり水彩色鉛筆で水彩絵の具やカラーインクと同じように描こうと思うのは無理があるんだなということは実感できました。

水彩色鉛筆の弱点って大きく三つあると思うんだけど(多すぎる)

(1)発色が悪い
(2)滲み、ぼかしがうまくできない
(3)色を綺麗に混ぜられない

こんだけ弱点だらけだったら使ってる意味あるのかって(ーー;)水彩色鉛筆の取り柄っていったら安価で長持ち(減りにくいから)するのと持ち運びに楽ってことくらいですかね。今回の絵は割と普通の水彩に近づけられた方だと思うのですが、なにしろ発色の悪さはどうにもならないです。結局画像を取り入れてコントラストを強調するなど何かしらの効果は必須。まあなんだかんだ言って絵自体はアナログでも発表媒体はデジタルなんだし、色調調節したり結局デジタル作業は必要なんですけどね。こだわりすぎかなあ(ーー;)

でもなんか…見捨てられないんですぜ!水彩色鉛筆をさあ!!!(絶叫)
今更めんどくさいってのもあるし色々買って使いこなせなかったら無駄になるってのもあるし。お店で普通に売ってりゃハードル低いかつ実物見ればワクワクすると思うんですけど、買うとしたらアマゾンさんからだから今ひとつ心に準備をさせられない。今まで買った水彩色鉛筆のセットも勿体無い…まあ別に両方使ったっていいんですけども…。

あ〜だけどホワイト入れるのと入れないのとでは月とスッポンくらいの差が出るのは身に沁みて理解いたしました!ワタクシは一体今まで何十年もナニやってきたんだか(ーー)あのイラストもこのイラストも、ホワイト入れたらもっと素敵になったかもしれんのに…。ほんとなんつうか隔離された世界で一人で描いてるからよその人が一体何やってるのか全然わかんない(ーー;)最近はみんなデジタルだから更にわからない…。ごくたま〜に見かけるアナログ絵を見てアッ!!これって良い考えでは?!と気づくことが多いです。GW時代にでももっとよその絵描きさんの絵に注意を払ってればよかったのですが、当時は何しろ海外ファンダムが全てでしたので…。いろんな海外の小説に触れることが出来てやたらと想像力は広がりましたが、絵のテク的には全く伸びずじまいでございました。


たった今義姉からテキストが来て、義姉夫に癌の診断が下りたのこと。しかもステージ4で既にあちこちに転移している模様…。手術もできないからそのまま抗癌剤一択なんだろうけど、かなりまずい状態らしいです。夏あたり赤(仮名)さん連れて一度遊びに行こうかと思っていたのですが、明らかにそれどころじゃない状況…。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.