fc2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ツイッターにどっぷり
以前からツイッター始めました、という方が次々にブログを更新しなくなっていくのを見て寂しく思っていたものですが、いざ自分がツイッターどっぷりになったら自分もブログ(というかサイト)がかなりおろそかになってきました(笑)

ツイッターのアカウント自体は前から持っていて、いちみかなんかも細々とアップしたりはしていたんですがね…。

ただ今回明石にハマってから、ウェブサイトという媒体自体が既に絵を発表する場として全く機能していないことだけは痛感しておりましてね。明石がっていう話じゃなくて、既に時代的に作品発表のプラットフォームとしてウェブサイトが存在しているということすら今の人は意識すらしない、そういう時代になってまいりまして。サイトにいくらアップしても誰も見てくれないというやつです。

で、いちみかの時は細々ツイッターにあげてましたけど、そんなに頻繁にあげてたわけでもないし交流もごくわずかという感じでした。いちみかで仲の良い人もほとんど出来なかったし。

でも明石にハマったら自分がアホみたいに絵を描くようになって、ツイッターにも毎日のように絵をあげるようになって、ツイッターでの交流がすごく増えてきました。サイトに絵をアップしても2週間くらい経過して拍手1つか2つもらえれば御の字ですが、ツイッターだとすぐさま反応が来る…。普段はいいね20とかで、勿論ツイッターには拍手を千とか万単位で貰える神絵師さんがゴロゴロしているわけなので私なんぞミミズレベルの弱小絵描きですが、それでもリアルタイムでの反応があるのとないのとでは天地の差ですよ。何しろ少数派であっても好みの似ている人に出会えるのは嬉しいですね。いろんなタイプの絵描きさんがいると思いますが、私はとにかく反応を糧にするタイプで、ご飯がなかったら続けられないんですよね…去年なんか一年間かけて四枚描くのがやっとでしたから(ーー;)もうこのまま絵描けなくなっちゃうんじゃないかと危機感抱いてました。それがなんか今では嘘みたいです。

昔のチャットがツイッターに取って代わられた的な感もありますね。ほぼリアルタイムで普通に会話が成立するので。昔はチャットでいろんな刺激をもらってそれをそのままお絵描きにぶつけていたものですが、それをまさに今ツイッターでやっています。

そんで前回アップした時は明石40数枚目だったんですが、ついに先日Akashi100.pngに到達いたしまして(笑)htmlは基本手打ちなので、サイトにアップするのも面倒に…(ーー;)ツイッターのプロフィール欄にサイトのアドレスも置いてあるんですが、多分サイトをわざわざ見にくる人はいないような気がします。一方ピクシブにはじわじわとフォロワーさんが現れました。

そういった成果(?)が全て数字で見えてしまうのは良いこともあり悪いこともあり、ですが、今の自分にはそういう勢いが必要だったんだなとしみじみ思います…。

一番ありがたいのは、デジタル始めたことでかなり量産できるようになったこと。アナログだとどうしても時間かかっちゃうのでね。で、どうせ時間かけるのならきっちりした良いものを描きたい、みたいな気持ちになって、それ自体は勿論良いことなんですけど、結局「どうせ描くなら良いものでないといけない」みたいなプレッシャーというか気負いにやられちゃって全然描けなくなっちゃう、そういうサイクルに前は結構ハマってしまっていて。デジタルなら気楽に描けるから、とにかく勢いのある間は量産していこうと思っています。いくらなんでも100枚描けば上達してるだろう、って本当にこんなに短期間に100枚描けるようになってしまうとは思ってもおりませんでしたが…。そんで100枚描いたら確かに上達しましたよ、明石(笑)

それとね、以前はツイッターは本当に短文しか書けないし、長文書きたいと思ったらやっぱりブログに書くしかないし、って思っていたのですが。

最近もうあんまり自分の考えを他人様に長々語って聞かせなくても良いんじゃない、という気持ちに少しずつなってきたことは確かですね(ーー;)どうだろう、そこらへんはまだあんまり気持ちの固まっていないところなんですが…。そんでまたここで長々語ったところで読んでくれる方はほんのわずか、壁打ちとあまり変わらないですからね…。文章を書く練習になるという意味では勿論良いことではあるのですが、それ以上のものではない、というか。

まだまだよくわかりません。ツイッター自体がもう既に年寄り用の化石物になりつつある、という人もいますしね。時代はインスタなのかしら。いくらなんでも私はインスタは嫌だな…(ーー;;)

勿論ツイッターの嫌な面はありますけどね。ツイッターって、サイトの作品とブログとリンクページを一緒くたにしたようなものだから、色々とややこしい問題は出てきます。既に知ってるだけで一人ブロックされちゃったし、もう一人相互さんになったばかりの方にブロ解されました。「同担拒否」という単語の意味を今更に噛み締めていおります(笑)色々と思うところはありますが、去る者追わず。…でもまあ、そういったマイナス面を差し引いても「交流がある」というメリットには勝てませんね。世の中のあらゆることと同じように、ポジティブなものだけをなるべく選り分けて取捨選択していくより他にないわけで…。


そんなこんなで時代の荒波をなんとか乗りこなしております。



拍手パチパチ有難うございます♪以下はレスです(^。^)
[ツイッターにどっぷり]の続きを読む
蜂に刺されたの
蜂に刺されちゃってさ。
えらい目にあいましたよ。

蜂に刺された!っていうと、なんだかこう、蜂がブーンと襲いかかってくるのを想像する方が多いらしいのですが、私これで通算3〜4回目になりますが、そうやって襲われたことはただの一度もありません。

どのケースも私が悪いというか、自業自得というか、むしろ被害者は蜂さんというケース…。

そもそもミツバチは一度針を刺したら死んでしまいますからね(ーー;)手足が腫れました、っていうのと、外敵と戦って命を落としました、というのではどちらが讃えられるべき誉れある生き様かといったら、ほら、ね…(ーー;)前回二回は蜂を踏んづけそうになって刺されたんですが、今回は木の葉っぱを引きちぎったら木が無駄に揺れて、おそらく昼寝でもしてた蜂がびっくりしたのか、気づいたら腕に乗ってて刺されたという(ーー;)ただ今回の蜂は払い落としたら普通に歩いて行ったし、腕に針も残らなかったのでミツバチじゃなかったのかな??見た目ミツバチぽかったんですが、どうなんだろ。なんか「あっ、ごめんね…」みたいな気持ちで歩み去る(こんな日本語あったっけ)蜂を見送った私。

というか蜂の種類なんかどうでもいいんですよこの際(ーー)


fc2blog_202009012336158ab.jpg刺された瞬間はこりゃもういて〜のなんの、飛び上がったくらいですが、まあそれ以外は大したことなかったんです。あ、赤くなってるのは、無駄に毒を絞り出そうとして痣になっちゃったんですよね(笑)気づかなかったけどこの写真だいぶピンボケだな(ーー;)


fc2blog_202009012336343f1.jpgそして、これが三日後の写真!あれよあれよと日に日に腫れてきて、なんと水ぶくれで覆われてしまいました。しかも腕全体が重くて痛くて、肩の方まで痛みが広がってくる始末。日中はまだいいんですが、辛いのは夜!(ーー;;)


そんなわけで慌てて近所のウォークインクリニックに走りました。アメリカは日本と医療制度が全く違うので、普通の病院行こうと思ったら完全予約制、予約が取れたのが2ヶ月後でしたなんてのも珍しくないんです。ERはバカ高い請求もくるし、待たされることも多々。簡易診療所的な扱いであるウォークインクリニックは予約なしにすぐ行けます。ただ専門的な治療はできないので結局ERとか他のクリニックに回されることも。まあ虫刺されくらいだったらウォークインクリニックでも対処できる筈なので、行ってきました。


そしたらアレルギー反応だと言われましてね。うーん、アナフィラキシーショックとかはないんでアレルギーとかあまり考えたことなかったんですが、ぐぐってみると蜂刺されには遅延性アレルギーというものがあるらしいです

結局飲み薬3種と塗り薬一種を処方されましてね。でも処方箋が必要なのは一種類だけで残りはスーパーとか薬局で普通に買えるやつ。なんだ最初からアレルギーの薬を飲んどけばこんな大惨事にはならなかったんだな…(ーー;;;)次回刺されたらすぐにアレルギーの薬を飲みますよ。

アレルギーの話をすると、エピペン持ってたほうがいいんじゃない?って言われるから、エピペン処方してもらおうかと思ったのですが。結論から言うと、これだけではできないと言われました。エピペンというのは基本的に救急車でも間に合わない人のためにあるものだそうです。市販の薬でどうにかなる程度のアレルギーなら必要ないということで。実際エピペンも結構な副作用があるらしいので、簡単には出せないらしいですね。

フーン。お勉強になりました。


まあとにかく、それでアレルギーのお薬飲んだらだいぶ良くなりましたよ。腕の痛みもなくなってきたし、腫れもだいぶおさまりました。ただ水膨れが治るのにはもう少しかかりそうなので、今日はかぶせる方式のカバーみたいなやつ、梨が入ってるようなあれ、あれってなんか名前あるんですかね?まああの包帯もどきをかぶせてお仕事しています。そうでないとデスクに擦れて水膨れが潰れたりするしさ(ーー;;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
今週は
一週間おやすみをとったので毎日毎日絵を描いてます。

パソの前にあまり座らないようにしているの(どうしても仕事関係の情報が入ってきてしまうので)で日記も書いてない…。今週は仕事はしない、仕事はしないぞ〜〜〜〜〜〜〜〜(ーー)

今もこれから色塗りを始めま〜〜〜〜〜す。
ファンシ〜なメシ
先週一週間有給取ってたって話は書きましたが、そもそもは目標がありまして。

(1)普段作らないようなちょっと手の込んだものを作る
(2)お絵描きをする

だったのですが、まあ(2)の方は置いておくとして、(1)の方も最初はちょっとやってました。

作ったものはこんな感じ。
fc2blog_20200704114912b25.jpgfc2blog_20200704114940763.jpgfc2blog_20200705105100bfa.jpgfc2blog_20200705105112b8f.jpgfc2blog_202007051051309fc.jpgfc2blog_20200705105141d23.jpgfc2blog_20200705105152f47.jpgfc2blog_20200705105203f5c.jpgfc2blog_20200705105213ea0.jpgfc2blog_202007071042037fe.jpgfc2blog_2020070710422192c.jpgfc2blog_20200707104238235.jpgfc2blog_2020070710424966a.jpgfc2blog_20200712093250bc2.jpgfc2blog_202007120933019a2.jpg
















ミートローフ、手作りパンのたまごサンド、ローストチキン、プリン、手作り餃子、シュークリームなど。他にも色々作ろうと思ってたのですが、明石にハマってから全てを投げ打って小説読んでたのでそれっきり(笑)おかげで(2)を達成できたので、それはそれでかなり有意義な休暇の使い方だったとは思います。というか(2)がもう切実でしたからね。冷めきったエンジンが再起動できたのは非常にありがたかったです。ハァ料理?メシなんざもうピザとかでいいよ別に(投げすぎ)

拍手パチパチありがとうございます♪
おしごとがいそがしい(〜_〜)
夏なのに!

夏だってのに!!!

やたらと仕事が忙しい〜〜〜〜〜〜〜〜ヒイ!(><)


考えてみると、夏は結構みんな長期休暇を取るんですよね。なので例年の夏は仕事のペースがゆっくりになるんですが。

ですが。

今年はみんな自粛してるから誰も休暇を取らない!

休暇を取らない同僚達は四六時中止まることなく働いて働いて働いて働いて働いて…。という毎日を過ごしているらしい…。

おかげでこちらも仕事が増える一方…(涙)私ただでさえトロくてミスってばかりだというのに…。自粛生活で更に仕事の質が落ちているというのに…。


月曜日に届いた自転車について、それこそ月曜日に日記を書き始めてたんですが。

エッもう金曜日なの本当なの信じられないんですけど(ーー;;;)このカレンダー、おかしいよ?(涙目)

今やらなきゃいけないことリストをチェックしてたんですが、目が回りそうです。

みんなフルスピードで働いてるから文句言えないけど…。

みんながお休みを取る時って「旅行に出かける時」なんだなあとしみじみ実感しております。別にさ、どこにも行かなくたって、家にいたって、お休みとってもいいのよ?家にいるからってお仕事しなくてもいいんざんすよ??(血涙)


あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

みんなおねがい〜〜〜〜〜〜。

お休みしてえええええぇぇぇぇぇぇぇ(絶叫)

来週の金曜日は土曜日の独立記念日の振替休日のはずなのですが、なぜか電話会議が入ってるし。

「その日はお休みだけど、どうせ家にいるから私は大丈夫」

とワーカホリックの皆様が次々に…。


ちっとも大丈夫じゃねえ!その日は祝日だ!!


この馬車馬どもめ、休め!!!!!



…なんてさ…言えるわけがないのさ…(小心者)


わかってますよぉぉぉぉ

仕事があるだけありがたいってんでしょぉぉぉ

確かにその通りですけどさ!!

一日の終わりに飯を作る気力もなく、週末も「ただひたすら何もしない」以上のことが何もできない私(ーー;;;)ひたすらテイクアウトとその残り物ばかり消費しているような気がしますよ。幸い宿六も赤(仮名)さんも体動かさないからあんまり食べないんだけどさ。


みんな…お願いだ…もうちょっとサボっておくれ…(涙)


拍手パチパチありがとうございます…。
ゲームナイト主催
いまだに全員リモート勤務の職場ですが、たまにリモート飲み会的な企画をやるんですよ。

で、前回はボスがYoutubeのトリビアゲーム動画を使って職場のゲームナイトを主催したんですよが、どうもトリビアのクイズ自体がどれも古いものでして。ハリウッドセレブの高校時代のイヤーブック写真を見て誰か当てようみたいなゲームでは、白黒写真もあってさ(ーー)ハリソンフォード以外のセレブは名前すら聞いたことのない人達ばかり…。

自粛が始まってからボードゲーム好きの友達が教えてくれたゲームアプリがありましてね。パーティーゲームなんだけど、ボードゲームのボード(概念)をパソコンのモニタに映し出して、それぞれ手持ちのスマホもしくはIpadを手札(概念)として使うタイプのゲームなんですが、なかなか面白くてね。

なかなか画期的なシステムなので、早速これを職場でもやろうじゃないかと(勿論家でもやる用)そのゲームのパーティーパックをいくつか購入しまして、ゲームナイトを主催いたしました。

最初の計画としては、普段使ってるZoomミーティングのスクリーンシェア機能を使って皆のパソコンに映し出す…はずだったのですが、どうやらZoomのスクリーンシェアでパソコンのサウンドをシェアするには、有料アカウントを持っていないとダメらしいのですね。それで慌てて大学がアカウントを持っているBlueJeansというオンラインミーティングに切り替えまして。

そしたら私のMac Miniちゃんがフリーズした上リブートしちゃって、しかもゲーム中に二回も(ーー)私のマシンでアプリ立ち上げてるからせっかく進行中のゲームも全部おじゃんになってしまうわけで、最悪のシナリオですよこりゃ。私のMac Miniは職場で買ってもらって一年半?くらいしか経ってないのに、そもそも最近まで新型が出なかったおかげでかなり旧型。新しいOSとかと相性が悪いんだと思うのですが、まさかだからといってまた買い換えてもらうわけにも参りませんしね…。幸いこんなこともあろうかとノートパソを隣にスタンバイさせておいたのでそのあとはノートパソから立ち上げて事なきを得たのですが。

次回(があれば)最初からノートパソにしよう…(ーー;;)えらい目にあった。


私はパーティーパックの1、5、6、を購入しており、パックにつきゲームが5つ入っているのですが、今回は1からお絵かきゲーム、6からトリビアゲームと人狼ゲームをやってみました。

いつもだと家で宿六・赤(仮名)・宿六の親友・私の四人でしかプレイした事がなかったので、人数が多いとこんなことが大変だとか、プレイする人によって楽しいゲームとそうでないゲームがあることをしみじみ理解いたしました(ーー;)

一番の誤算は人狼ゲーム。人狼ゲームといっても、人間の中にエイリアンが混じっているという設定なのですが、家で四人でプレイしたときは人間三人にエイリアン一人だったのでやりやすかったのですが、ゲームナイトの時は八人プレイでエイリアンが三人という設定に自動的になっていたのですんごいややこしかった(ーー;;)しかも本来はディスカッションタイムというか、ズバズバ質問で切り込んで当てるみたいなゲームなんだけど、みんな優しすぎてうまくいかなかったという(ーー)

お絵かきゲームもそうなんだけど、みんなで酒でも飲みながら「なにそれ〜!ハハハ!」「お前もな〜ハハハ!」みたいな感じの応酬で楽しむもんなんだけど、みんな優しいからどんなに無茶苦茶な絵にも誰も何も言わない…いまひとつ盛り上がりが足りなかったです(ーー;)

まあそもそもアプリが結構ペースの速いゲームな上に一時停止とかできないので、初回は慣れるだけで終わっちゃう感じですけどね。

せっかく買ったしまだやってないゲームあるからまたゲームナイトやりたいんですけど、自分からは言い出さないことにします(ーー;)自宅でコツコツ家族で遊ぶよ。


ところで今日はJuneteenthということで職場が正式にお休みになったわけですが、同僚が月曜日にプレゼンやらないといけなくて、そのデータが終わってなくてね。もうBLM関係で頭の中もごちゃごちゃになってしまったのでスローなペースでやってたのですが、プレゼンが月曜?!しかし木曜はゲームナイト主催だし金曜は休み…あわあわしてたら同僚が無理なら自分で週末頑張る、みたいな事言い出してさ、さすがにそれはさせられない、どうすりゃいいの〜〜〜!!!

ってパニクってゲームナイトが終わったあとに院生のスクリプトを借りて突貫工事でなんとか出せるデータを提出しました。なんだやればできるじゃん(早くやっとけ)

だけどもう、このBLMほんとに集中力削がれるから勘弁してほしいですもうやめてほしい(ーー;)ただでさえ進まない仕事がますます進まなくなる〜〜〜〜〜〜。それに休めとか人権問題を考えて時間を過ごせ、っていうのはいいけどさ、仕事依頼してくる側にもそれを徹底してほしいですよ。プレゼンするなとか締め切り延ばせとか(ーー)仕事するな、でも出すものは出せ、そんな無茶な話があるか。なんとなく大学の上層部全体的に感情的になりすぎなんじゃないの???というモヤモヤした気持ちがぬぐえません。振り回される下っ端がいい迷惑ですよ!いつもサボってる私が悪いんだけどさ!そうだけどさ!


とにかく出すものは出した(言い方)ので今日は言われた通りにサボります。





拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
ついていけない
今アメリカではコロナがすっかり忘れ去られる勢いでBLM(Black Lives Matter)運動が活発になっています。デモやらなんやら…。

それでさ、うちの大学でも、いや大学だからというべきか、BLMムーブメントどっぷりなんです。

二週間前くらいなんですが、BLMをサポートするSTEM(Science, Technology, Engineering and Math)のストライキってのが職場で実施されましてね。つまりその日1日は理系の仕事はしないっていうストライキ。別に強制ではないんだけど、私のような下っ端にとっては単純にお休みになった〜ってことで文句なく休ませていただきました。

そんで今週の金曜日はJuneteenthという祝日(?)にしようというムーブメントがありまして、仕事を休んで人種について考える日にしましょう(乱暴な意訳)という…。これは大学が主催しているので今回も堂々と有給取らずにお休みできるわけです。

私のような意識の低い者にとっては、主旨がどうあれ堂々と休めるってんなら何の文句もございませんが、ぶっちゃけ仕事が色々積み重なってる今、やれストライキだやれ人種問題に思いを馳せろだ、うるせえもんで全く仕事に身が入らない(ーー)身が入らないのはいつものことなんだけど、ただでさえ気が散りやすい私のことですから更に悪化(ーー)アレもコレも進まないけども〜どうしようもない(ーー)

そんでこれらのオフィシャルなお休みの他にもあれやこれや職場で「これ推奨」みたいなお知らせが回ってくるわけでして。

その中でも特にびっくりしたのが、来週実施されるという「Academics for Black Survival and Wellness」。何度読んでも意識の低い私の頭の中には「は?え?何??」という疑問符しか浮かんでこないのですが、要は意訳すると「システムぐるみで差別されている黒人研究者の研究に下駄を履かせるため、一週間黒人以外の研究者は研究をストップしましょう」というイベント?なんですね。勿論一週間なんかで差は埋められないけれど、声を上げ行動に移すことが大事なんだとかなんとか。

ごめん何度読んでも本当に意味がわからんちん(ーー)衝撃的すぎて私の脳みそが追いつかない…。そこまでやる必要ある??どこに???(ーー;)

幸い(?)これは大学が主催しているわけではないのでみんな参加してください!というやつではないのですが(そもそも私は研究者じゃないし)職場的には参加したい人は是非どうぞ!という姿勢です。


nomaskday.pngそれに加えて世の中にはこんな阿呆がいるらしいです。No Mask Dayですって!!!馬鹿じゃね???なぜかアメリカ人は自分にはマスクをしない権利がある!とかコロナウイルスなんて政府が国民をコントロールしようという陰謀だ!みたいな寝言を言ってる人が結構いるんですよ。その上、マスクをするのは周囲の人を守るため、自分自身が守られるわけではない、だったら無駄だから自分はマスクしない、という考えの人が多いらしくて、マスク姿の人が減りました(ーー)まさかアメリカ人ここまで民度が低いとは思ってもみませんでしたよ。みんながマスクすればみんな守られるじゃん?という子供でもわかる理屈がなぜかアメリカ人には通じない。なぜなのか…。変化に順応できないってことなのかな??

まあマスクにこだわる人達は買い出しにも行かず食品も完全ネットオーダーしてるケースが多いだろうから見かけないだけかもしれませんが。

ただでさえ色々とアレだったりコレだったりしてるのに、その上世の中がこんなじゃあ(ーー)ジワリジワリと精神削り取られていく思いです(ーー)


あっそうそう、痛む足ですが、コラーゲンのサプリを飲み始めたら3日くらいしたらかなり痛みが引きました。もちろん竹も踏んでますよ!骨を痛めたとかではないのでどうにか乗り切れそうです。というかコラーゲンすごいですね〜まさかこんなに効果あるとは思わなかったので本当にありがたい(ー人ー)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
竹が届いた
fc2blog_20200616012611372.jpg歩きすぎで足を痛めたので歩行距離を以前の距離に戻したのですが、トシもトシだしこれからは足をもっと労わろうと思いましてね。竹踏みがいいかなと思ったんですけど、踏む用の竹なんてアメリカにどこにも売ってない(ーー)ので仕方なく日本のアマゾンから購入しました。

アマゾンジャパンからオーダーすると郵便局でなくてDHLという国際宅急便(?)の会社で送られてくるのですが、送れるものが限られるんですよね。食べ物や液体などはダメなのですが、書籍は勿論OKだし、竹も三種類くらいは海外発送してくれるところがございまして、まあ海外発送してくれるお店自体が少なかったので選択肢は殆どなかったのですが、とりあえずレビューの良いこの二つを買ってみました。右側のは竹じゃなくて木。竹踏みなのになんで木?と思うのですが、体重の重い男性なんかだと竹が割れることもあるんでしょうね。湿度の高い日本だとカビやすいということもあるかもしれません。レビューに手入れがどうたら書いてあったけど、手入れって必要なの??届いたブツはラベルもなにもなく、ただプチプチラップに包まれてゴロンと入っていただけで、取り扱い説明書とか手入れの手引書とか何も入っていませんでしたが…。祖父母の家にあも竹踏み用の竹がありましたが、ごろんとそこらに転がってるだけで別に誰が手入れしてたという記憶は全くございません。まあこれから竹とおつきあいしていく上で色々垣間見ることになるのやもしれませんが。

左側の竹は結構細身でカーブがきついので「竹踏み上級者用です」と書いてあったんですけど(ーー;)細身ってことは割れやすい?とちょっと心配でしたが、こうやって実物を見るとそこそこしっかりしてるので、長持ちしてくれるといいなあ。何故かわからないけど、中の節をわざわざ取り除いてあるので耐久力はその分削られていそうです。どちらも足踏みグッズにありがちの凸凹とかがないので長時間踏んでいられてありがたいことでございます(ー人ー)


fc2blog_20200616012631008.jpgそもそも今回アマゾンジャパンからオーダーしたメインはこれ。鬼滅の20巻!発売日の翌日にさ〜アマゾンでさ〜オーダーしよう、と思ったら既に売り切れ御免になっており、しかも入荷は6月の●日(忘れた)ですとか書いてあってショック…。まあ鬼滅を買ってるのはひとえに赤(仮名)さんのためなのですが、まあ赤(仮名)さんは日本で鬼滅の新刊が発売されたとか連載終了したとかの情報は知り得ないわけですから、多少延びても困るわけではないんですけど(^^;)まあとりあえず届いただけでも感謝ですよ!なにしろまだ日本の郵便局はアメリカ宛の郵便物を受け付けていない状態なので(ーー;)

fc2blog_202006160503156fa.jpgそれでね結局ポストカード付いて来ました。前回アマゾン覗いてみたときは「この商品は海外からは注文できません」みたいな注意書きがついてて、おまけつきだから発送できないのかなって思っていたんですよね。でも今回オーダーしたときはその但し書きがついてなくて、ああカードのない通常版だから買えるのかなって勝手に思っていたんですけど結局カードついてきたこの不思議。まあないよりはあったほうが記念(?)にもなるし嬉しいですけど。21巻とか22巻についてくるらしい缶バッジとかミニフィギュアとかはぶっちゃけいらんのですけどね…。それにしてもポストカード、思ったよりデザインも凝ってて紙の質も良いです。でも累がいないから赤(仮名)さんはあんまり嬉しそうじゃなかった残念(ーー;)累の後はしのぶも結構好きだったみたいなんですが、しのぶが退場後明らかに興味が失せたような気がする(ーー;;)お好みがうるさいお子さんだな〜〜〜(ーー)




最近お絵描きどころか漫画も全然読んでいなかったので、週末はとにかく漫画読もうと思ってガンガン買ってガンガン読みました。以前「蜜の島」を読んで気になっていた小池ノクトの他のホラー漫画をいくつかまとめ買い。連載物でもだいたい4巻くらいでまとまっているので買いやすいのも良いですね。ただ「ロクセン」は出だしがすごく面白かったのに、ちょっと説明が足りなすぎて「エ?これでおしまい?バケモノにバケモノをぶつけるって、どういう意味??そんなこといつどこで起きてたっけ?なんでそれがわかったの??」ってなってしまいました。すんごい頑張って四巻でまとめるために状況説明はしょりすぎたのかしら。「黒街」は諸星大二郎の紙魚子のシリーズぽくてなかなかよかったです。

あとAREA Dっていう漫画もX-menぽくて(というかストーリー的に普通にX-menですよね)かなりツボにハマったんですが、第二部に入ったら打ち切りにあったのか、無理矢理すごいスピードで畳みにかかったのが残念です(ーー;)やっぱり第二部で主人公(?)が変わったのがいけなかったのかな?まあ二部の主人公も悪くはなかったけど、私的には時計屋さんが良かったので第二部でも彼をメインにもっと活躍して欲しかったですね。私みたいに思った人がもっといたに違いない(決めつけ)

しかし無理矢理全てに説明をつけようとするところが文化の違いなんでしょうかね…。どんな不思議現象も不可解なまま放り投げる流れの漫画が多い中、凄まじいスピードで畳みながら音速の速さで説明をつけちゃうところが、あの緻密な絵柄と相俟ってすんごいくどくて(ーー;)別にアルタードが生まれた理由なんて知らなくても読者的には何も困りませんでしてよ(ーー)むしろ無粋…。まあ綺麗に終わったってところは評価すべきなんでしょうが。

あと悪者が全然いないのも驚いた!最近の漫画って主役側にしろ敵側にしろ、どろどろ暗い闇を抱えてたりするもんだけど、この漫画は敵でもなんだかんだ全員結局善人でどんどん主役側の味方についちゃうところが…最終的に世界中の登場人物対たった一人の悪人??みたいな力関係に収束してしまったところがなんというか…読んでて昔懐かしのゲーム「塊魂」を思い出してしまいました(笑)しかも仲良しさんになるスピードもまたものすごいし…新鮮ではあるんだけど…。ウォーキング・デッドなんか、殺した分だけ新たに憎しみが生まれて卓球のピンポン球のように殺し合いの連鎖がいつまでも続くって感じなんだけど、この漫画ではそういう部分が欠けてるんですよね。どんだけ部下が死んでもみんなあっさり忘れたかのように「じゃこれからは仲間だな!」みたいに仲良くお手手つないで前進しちゃう。死んじゃった人達って実はみんな怪我して倒れちゃっただけで本当は誰一人死人は出なかったとかそういう??そこが今ひとつ爆売れしない原因なのかなって思っちゃいました。絵柄も綺麗だし画力もすごいのにね。それとも私が知らないだけで人気大爆発なのかな???全然ジャンルが違うけど、たとえば鬼滅に比べても、こういまひとつ絵柄に匹敵した闇がないっていうのがものすごく食い足りなく感じました。最終的に世界中の人は善人で、悪人は世界でたった一人アガタ博士だけでしたって感じなんだけど、その肝心の黒幕の筈のアガタ博士がそもそもあんまり登場&活躍しないんですよ一体なぜなのどうしてなの。せっかくだからその性格の悪さを大全開にして暴れまくってもいいようなもんですが。この作者さんはとことん悪人を描くのが苦手もしくは嫌なのかなって勘ぐってしまいますね。しかし私は少年サンデーの客層を全く知らないので、サンデーではこういう漫画が受けるんですよって言われたら、ああそうなのかなと納得するしかないわけですが(^^;)せっかくこんだけの画力があるのに勿体無い…。悪人を出すのがいやなら人外エイリアンとか出しても怒らないですよ別に(エラそう)

頑張ってもっと漫画読むぞ。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
細々と
なんだかんだとこまごました買い物が増えました。

fc2blog_20200608223508ae4.jpgまずは布マスク。日本でもマスクは復活したようですが、こちらのマスクは本当にペラッペラの紙でできたようなマスクなので全く買う気がしません。それと、ワクチンにしろ治療法にしろどうやら長期戦の構えになってきたようなので、やはり布マスクはあったほうが良いだろうと、Etsyという手作りものを売り買いするサイトで色々布マスクを購入しました。特に必要なのは子供用!今の所赤(仮名)さんは外歩きと自転車乗り以外殆ど外に出ていないのですが、もし秋から学校がハイブリッドであっても復活するのであれば子供用マスクは必要…。なので本人がしたがるような可愛い柄のものを買ってみました。

fc2blog_20200611032354f90.jpgマスクといえば!宿六が超怪しげなマスクを買いましてね。フィルター入りでN95だっていう触れ込みだけど、なにせ中国製だから信憑性はゼロ。だけど本人はこれさえつけていれば大丈夫と信じているので、週一の買い出しは宿六に任せられるようになりました。言いたいことは多々あれど、これで一つ自分の仕事が減ると思えば口をつぐむくらいなんでもないです(笑)ちなみにこのマスクを見たら「Mad Max」をとても観たくなった(観たことなかった)のでレンタルして観ました。「君の分もあるからつけなよ!」とか言われたけど、こんなマスクして平気で外を歩けるあなたとは違うんざんすNo Thank You!


fc2blog_20200521042919416.jpgfc2blog_20200608223440550.jpg庭にあるこのテーブルセットを活用しようと思ったところ、外は結構蚊がすごい!ので蚊除けのキャンドルを購入。日本の蚊取り線香のようなものですが、煙も出ないので使いやすいです。半信半疑でしたが効き目は抜群でした。なにしろもうかなり暑いので外であれこれする機会はあんまりないかと思いますが…。


なにしろみんな一日中家にいるもんだから辛くて辛くて、ヘッドフォンでも買おうかなと思い立ちました。
fc2blog_202006090153475b3.jpgfc2blog_202006082234513be.jpg最初に緑色のヘッドフォンを買ったのですが$25程度だったんだけどこれがあまり良くなくて。でも考えてみたら私がヘッドフォンをつけるより、赤(仮名)さんがつけるほうがよっぽど理にかなっているではありませんか!そういうわけで$25のヘッドフォンはそのまま赤(仮名)さんのテレビ用に払い下げ。そして自分用には$50程度のヘッドフォンを購入。こちらはなかなか良かったです。飛行機の座席とかはともかく、自宅にいるという状況で聴覚を塞がれるのが気になるタイプなのでどれだけ活用するかはわかりませんが、マイク付きなので電話の会話もテストしてみたらなかなか良好。Zoomミーティングで時々ヘッドフォンを使ってる同僚を見かけるのですが、これなら大丈夫そう。一応ノイズキャンセル機能もついてます。ヘッドフォンってものすごい進化してたのですね…。

とにかくこれのおかげで赤(仮名)さんがテレビを観ている間は静かになりました。なんでもっと早く買わなかったんだ私のバカバカバカ!

しかしまあ、この例からもわかるように、子供の躾?なんですかそれは?というレベルにまで落ちましたね。もともと文化のレベルは低い我が家ですが、さらに文字通りアホの子製造機と化しました(ーー;)ゲームのやりすぎで目が悪くなろうが、ヘッドフォンの使いすぎで耳が悪くなろうが、もうしょうがないよっていう諦めの境地です。

fc2blog_20200608223427eaa.jpgfc2blog_20200608223546a04.jpgついでにいつも日曜日の夜に遊びに来る宿六の親友の訪問が4ヶ月ぶりくらいにやっと復活。といってもやはり家の中には入れる気にならないので、スクリーンポーチであれやこれやすることにいたしましてね。で、購入したのがHDMIケーブルワイヤレススピーカー。これで何をどうするかっていうと、ノートパソをポーチに持ち出して、捨てようと思っていた(笑)PCモニタに接続。それとスピーカー。小さいスピーカーなのに思ったより音声もボリュームもすごくて、家電の進化に驚きましたね。パソコンのスピーカーなんて使ったの15年ぶりくらいかな…。昔のパソコンスピーカーって音がチャチでしたよね…。ネットフリックスに入っているので、これでスクリーンポーチでも映画やらドラマやら見放題になりました。この間買ったWifi Extenderの効き目もあり電波の入りも無問題。いちいち重たいモニタをポーチに持ち出したり接続したりがちょっと面倒ですが…。それにしてもまさに断捨離寸前だったモニタがこんなところで役に立つとは!

今ふと思ったんだけど、我が家にはこの家に引っ越してきてから使ってないテレビがございまして(重すぎて壁に設置できなかった)考えてみたらHDMIケーブルがあるんだからパソコンをテレビに繋げることも十分可能なんですよね。ただそのテレビはやたらと重いから、これをポーチまで出し入れするのは一苦労。モニタなら一人で運べますが、テレビは絶対一人では運べないので…。

いろんなものを利用して少しでも自粛生活を快適にできないかこまごまと考えながら暮らすようになりました。今までだって在宅で仕事してて、なにがどう変わったというわけではないんですけどね。積極的に日々を楽しもうという気持ちは生まれたように思います。ベッドのシーツと枕も新しいものを注文しました。よく一日の三分の一はベッドの上で過ごすんだから寝具は良いものを、みたいなことを言いますよね。でも私横になったら5分もせずに意識失っちゃうタイプなので、どんなに寝具が良くても実感できる時間はあまり無い(^^;)でもまあそれでベッドの見た目も良くなるなら大歓迎。この間ふと気づいたんですが、私が今使ってる枕、もう二十五年くらい前に買ったんですよ…。普段「これがもう古いから買い換えよう」みたいな意識あんまりないからついいつまでも使い続けちゃうんですよね。そんな暮らしはもう嫌ですぜ。ここはひとつオサレな枕にするんですぜ。

…全くできてないのはお絵描きくらいかな…(ーー)もう半年以上なんにも描いてない…。もう私はこのまま朽ち果ててゆくのか…(涙)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
平和が戻りました(^^)
サビ猫さんがご機嫌直すまで実にまる一週間かかりました…もう二度と戻らないかと(ノ_;)

そんなお二方の超久々の仲良し風景。
fc2blog_20200602022658d97.jpgfc2blog_202006020227145dd.jpgfc2blog_2020060202272902a.jpgfc2blog_2020060202274476d.jpg

ご覧の通りいつも黒猫さんがサビ猫さんに構ってもらいたそうな感じです。この後黒猫さんがサビ猫さんにいつも通り舐め舐めしてあげたあとガブー!って噛み付いたけど、サビ猫さんはシャー!っと怒ってそれだけでおしまい。それ以上の暴力沙汰に発展しなくてなによりでした(^_^;)

やっとNOを言えるようになったサビ猫さんという感じ。
このまま平和なままでいてくれれば良いのですが…。



ところで白人警官の黒人被疑者殺害事件。日本でもニュースで取り上げられていると思うのですが、も〜全米に飛び火して大変な騒ぎです。うちのような田舎ですら、隣町でデモがあり、裁判所に放火されただのなんだの物騒な話で夜間外出禁止令が出たり。

Demo.pngそんでこれが同僚が送って来た職場周辺のデモの様子でござんす。

コロナいるよね絶対!(><)

そんで今日職場のミーティングがあったのですが、まるまる一時間半仕事の話は一切なしでずっと人種問題についてみなさん熱く語り合ってました。黒人の大学院生をリクルートするにはどうしたら良いか、だとか、人種に配慮したコミュニケーションを図るに当たって改善策はあるか、とか。うちの職場は黒人は一人だけいて、秘書の女性なんですが、研究者とかではないんですよね。彼女は職種の上でもなんというか、一人だけカテゴリが違う感じなのです。私だったらこんな会話の中で自分一人が黒人なんて耐えられないと思うのだけど、彼女は年齢も皆より少し上なので(孫がいる)ミーティングの間も割と言葉少なでした。

アメリカの人種問題って、本当にどこまでも根深いもんで、私は一切手出ししたくないのですよね…。だもんでぽけら〜と皆さんの語りを聞いてました。こういう時に私の意識は都合良く「外国人」に切り替わってしまうんですよね。私の問題じゃないし、みたいな。そりゃ〜アメリカには確かに差別はありますよ。だけど例えばこれが中国とか日本に行ったらもっと差別はあからさまですよね。同じ種類の差別ではないかもしれないけど。だからなんというか、アメリカでこういう問題が表面化して、いろんな人がぶつかり合ったりするのを見ているとなんかすごいな〜と傍観者になってしまうんですよね。

だけどみんなハンコで押したように「I am not racist, but....」みたいな文章で語り始めるのがまた…。私だったらはっきりと「I am a racist, and...」てなっちゃうね(だから沈黙を守っている)なぜなら私は自分をとっても良く知っている…。友人とかなら別にいいけど、例えば赤(仮名)さんが彼と結婚したいっつって黒人連れて来たらはっきり言って喜んであげられる自信がないからです。よほど人格が良い人なら別だけど。これが黒人女性ならまだいいんだけど、黒人男性ってすぐ家庭を捨ててどっか行っちゃったり、仕事が長続きしなかったり、差別問題に過敏反応しがちというイメージがあるからです。要するに周囲にそういう人が多いというか、シングルマザーはどこにでもいるけど、子持ちの黒人女性ってほぼシングルなんですよね。その事実はかなり大きいかな。お隣さんはちゃんと(?)夫婦だけど、奥さんはそもそもシングルで子供産んだし、ご主人は再婚だし、しかもご主人今回が結婚三度めなんだって。夫婦共良い仕事についてておそらく二人とも私の倍くらいは稼いでそうなんだけどさ。親戚づきあいみたいな立ち入った関係にはあんまりなりたくないみたいなさ。

まあそれはいいんだけど、職場の意識高い人達的にはデモへの参加は奨励、的な空気でした。そんで同僚が「デモの心得」みたいな意見をシェアしてくれたんだけども。

★コンタクトレンズは避ける
★予備のマスク、着替えとゴーグル持参
★飲み水の他に目や口に入った催涙ガスを濯ぐための水持参
★催涙ガスを中和するには、水1カップにつき重曹小さじ3を入れると良い

…いらん豆知識を仕入れてしまった…。

そもそも催涙弾を食らうようなところに誰が好き好んで行くものか(ーー)


なんかまだまだこの先悪いことがどしどし起きそうで嫌な年ですよねえモウ…。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.