ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
下の話の補足
おばあさんが警官とゴンゾと帰って行った後、ハーネスを返しに今度はおじいさんがやってきました。あのばあさんご主人がいたんですね…(いやいたっておかしくないんだけど)おじいさんはおばあさんよりはもう少し話せる人だったらしく、色々と状況を説明してくれたらまあそれなりに分かってくれましてね。いつでも犬に会いに来ていいよ、ってことだったそうですが、これ以上情が移っても辛いだけですしねえ。犬をつないでいたのは、発情期だったから、だそうなんですが「でも首輪抜けていなくなっちゃうんだよね」あのねぇ…(--;)あの犬は完全に外飼いの犬だよっていうので、とんでもない、室内飼いの訓練を受けてる犬ですよと説明したら驚いてたようです。でもおばあさんは家の中に犬は絶対入れない主義だそうなのでどちらにしてもね。

まあ犬を勝手に去勢したと訴えられたりとかはなさそうです。


で、ゴンゾはもうウチの犬じゃないわけですから、宿六が獣医さんに電話してその旨を説明したところ、電話を受けたアシスタントの人が大変ご立腹。どうやらおばあさん、以前の二匹の犬もその同じクリニックに連れてきたらしいのですが、最後の犬を連れてきたのが2004年でそれっきり音沙汰が無かったため、どうしたのかと思っていたのだそうです。どうしたのかって、その二匹とも車に轢かれて死んじゃったわけですよ。だから宿六がそう説明したらアシスタントの人が大爆発しちゃって(^^;)その夫婦に犬を返しちゃダメだ!っていうわけです。そんなこといったってどうしようもないじゃないですか…。警察まで連れてこられてさ…。

そしたらそのアシスタントの人がアニマルコントロールに通報するって言い出したんですよ。一ヶ月くらいその犬がどんな生活環境にあるかを調査し、飼われてる環境が非人道的だと判断されたら犬をつれてっちゃうんだそうです。そんなこといっても、通報したのがウチだと思われたら更にトラブルに巻き込まれちゃうじゃないですか(@@;;)しかしアシスタントの人はもうアニマルコントロールにチクる気満々でしてね。ウチは別にゴンゾの生活環境が改善されるのであれば、我が家で引き取るのでなくても別にいいわけですから…。アシスタントの人がそうしたいならすればいいと思うけどウチは関係ないってスタンスを通すことにします。ある日いきなりショットガンを持っておばあさんが玄関に現れて夫婦で撃ち殺されるなんてゴメンですからね(@@;)

ゴンゾがおじいさんおばあさんの家で幸せならもうなんでもいいですよ…。
Designed by aykm.