FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ちぅ漫画終わりました
ちぅ漫画終わったよ(投げやり)別にやさぐれてなんかねぇよバ~ロ~!メシぃ?いらねぇよそんなもん!嘘ですミーティングが長引いたんで腹ペコです。今弁当ガツガツ食べてます。いつものことだしすぐ立ち直れると思ったのですがどうにもこうにも鬱から抜けられないのはそれだけテラにハマってしまってる証拠なのでしょうねぇ~。去年はオンラインのカードを作るサイトでGWのポストカードを作ったですよ。ヤオイコンでお友達に配り、帰省時にオンリーで配り。でも今年はヤオイコンも行かないし(二度と行かねぇ)帰省の予定もないし、配るアテもなし遊ぶアテもなし…。自分用にコピー本でも作って気分だけ味わおうかなとも思いましたが一瞬でもそんな寂しすぎることを考えた自分に目からヘンな汁が出そう。カレンダー良く見たら夏コミまであと二週間もあるんじゃん!今からこんなじゃあ先が思いやられる…。いいな~いいな~どんなステキな本やグッズが並ぶんだろう…。考えただけでヨダレが出そう。

今回はちぅのレッスンだったけど、一通りちぅを学び終わったら次のこととか教えてもらえばいいじゃない。少しずつ少しずつのほうがオイシイと思います。

この漫画描き始める前は、最後にブルーが下克じょみぃに翻弄されたのが悔しくて「反則だ~」って一人で半泣きになる…みたいなの考えてたんですが、描き始めてみるとそういうブルーの反応は自分のイメージとは違うなって思って変えました。なんたって300歳だもの、ブルーはまだまだ(以下略)余裕があると思います。経験値からいっても、これくらいでジタバタするような人ならソルジャーとは呼べないでしょう。でもやっぱりソルジャーという役割柄負けず嫌いではあると思う。なので今回ジョミーに驚かされたことがちょっぴり悔しくて次回からは更に高度なテクをぶつけてくると思います。でもインド人もビックリ、ジョミ~は次々に投げつけられたテクをマスターしてしまうのだ!別にそれはジョミ~が生まれつきえち上手とかそういうんじゃなくて、いつか自分がブルーを満足させられるに見合う男になりたい!という情熱ゆえなのです。ブルーはそこらへんに全く気づいてないといい感じ。あ~ジョミ~はえち関係のことが得意なんだな、将来ジョミ~の恋人になる女性が羨ましいな、とかうんと的外れなことを考えてたらステキ。自分の認識のズレに初めて気がついたときは目の前にウッカリ自分が全力を挙げて仕込んでしまったテクニシャン☆のジョミ~がライオンみたいな目をして迫ってきてるわけですよ。アレレ?とか思いながら下克じょみぃに美味しく頂かれてしまえばいいじゃない。ブルーが教えたことって結局「自分がされて気持ち良かったこと」ばかりなので自分のイイとこのツボばかりをガンガン責められて下克じょみぃに身も心もとろけさせられてしまうと思いますよ。

今回リベンジしたジョミ~さんは随分余裕があるように見えましたが、アレは実は一週間ほどの間に数え切れないほとひとりえっちしてたわけですよ。次回ブル~の前で失態晒さないように、下克じょみぃも結構必死なんです。だから今回のリベンジの後も自分の部屋に戻ったら稲妻のようなスピードでシャワーに飛び込んでひとりえっちしてたと思います。やっぱりお互い相手の前では男らしいところ見せたいじゃない。若ければ若いほど好きな人の前では背伸びしたくなるような気がします。

次はちょろちょろとパイロット版のイラストが登場すると思います。次の漫画…どうしようかな何も考えてませんやさぐれるので精一杯。
Designed by aykm.