FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
地味な独白漫画
全部で4Pになる予定です…多分。

じょみさんの前からとりあえず逃げてみたのはいいものの、気持ちが揺れたまま青の間に戻る気にもなれず久々に植物でも見て気を休めるか、みたいな。昔は庭園に良く顔を出していたんじゃないかなと思います。園芸部(?)の人達も慣れたもんでほっといてくれるのです。

独白漫画って難しいですね!背景とかきっちり描くタイプの人なら自由自在になんとやらって感じなんでしょうがミ~はヘタレなので超ショボショボです。というかどんな漫画でもヘタレなミ~には難関ですが。それはいいんだけど初えち漫画…始めの方しか考えてなくてどうしようかねって感じです。初えちの前に逃避でなんか違うもの描いたりしそうな予感。



今日は病院に行ってきましたよ!先週はパンパンに腫れ上がっていた状態から順調に回復を見せていた足なんですが、ここ2、3日また急に痛くなってきましてね。夕べも夜中に痛みと腫れで目が覚めまして、アイシングして事なきを得たもののさすがにこれはちゃんと診てもらったほうが良かろうという気になりましてね。ウチは職場がメディカルセンターなので、良く考えたらスタッフが緊急で診療を受けられるための予約用電話番号というものがあったのですよ!緊急といっても大体翌日とかですけどね。その番号使わないで普通に医者に予約を入れようとしたら一ヶ月後とかザラですからね…まあ普段は年に一度の健康診断以外滅多に医者にかかることはないのですが。かといってERはバカ高いし。

しかしここだけの話(みんなにはナイショだぞぅ☆)病院ギライのワタクシが病院に行って骨が折れてないかちゃんと確認しようと思ったのは単純にテレビドラマの影響です(爆)「House」っていう性格の超捻じ曲がった天才医のドラマを今レンタルで見てるんですが、丁度数日前に見たエピソードで、南極の調査員が原因不明の疾患にかかったが、その原因というのが実は足の指を折っており(極寒なので気づかなかった)折れた骨から流れ出た骨髄液やら血液細胞やらがその疾患を引き起こす原因であった、という内容のがあったんですよ。それ見て「もしどっかで骨が折れてるかヒビが入ってるかして、病気になったらどうしよう!」とブルったってのが正直なところです(動機がアホすぎる)

というわけで、そのスペシャル☆な電話番号にかけて、「夕べはもう痛くて痛くて大変だったんです!助けてください!」と多少オーバーに演技を挟みながらごり押ししてなんとか今日の予約をもぎ取りました。アメリカではゴリ押しスキルが生存の秘訣です。「SportsMedicine」という普段全く縁の無い部門に回されることになりましたよ。まあ要するに内科の疾患とかじゃないってことなんですが、スポーツ………ちょっとオシャレじゃない奥様?(#・_・#)ヒッキ~でスポーツとは無縁なワタクシには非常に斬新な響きざます、どんなクリニックなのかちょっとワクワクしますよねぇ(ポジティブ・シンキン!)まあそのスポーツな医学のクリニックに行って来たんですけどね。同じ職場だから近くてラクってもんです。しかし一時間も待たされて診療時間10分ってのはちょっと寂しいですぞ。いや、診療時間が短いのは構わないけれども、そんなに待たされるなら予約時間10時じゃなくて11時って最初から言ってくれれば…。帰国してから全く触ってないプレステを持ってくればよかったとつくづく思いました(←発想がオトナとして大失格)

レントゲン撮って貰ったところ、骨には全く異常無しと言われました。素人目にもしっかりした足の骨で、ワタクシは顔はマズくとも骨美人である!と一つ良かった探しが増えたです。骨が美しいのは良いことです。やっぱりウォーキングは体にいいんだな、一生続けようと感じた瞬間ですね。筋を痛めただけだから、時々腫れたりもするだろうけれどもギプスをつければ普通に歩くのも全く問題無し、だそうです。骨が折れてないと判明したその時点でワタクシとしてはスポーツなクリニックにもうこれ以上用は無いヨって感じだったんですが、とりあえずソフトギプスを貰ってきましたよ。ギプスといってもコンクリとかのじゃなくて、柔らかいヤツです。編み上げブーツみたいに紐で結んで、その上からマジックテープで留めるタイプです。素人のテーピングよりよっぽどしっかり固定できてしかも軽い!これつけてれば普通に歩けるしなかなかいいですぞ。ちなみにアイシングしすぎて皮膚が軽い凍傷を起こしていたらしく、これからアイシングするときは程々にしようとオモイマシタ…。ちなみに看護婦さん・看護士さんがいかにも「スポーツやってます☆リハビリはご安心しておまかせください☆」みたいに若くて生き生きしていてスラリとした爽やか系ばかりだったのがいかにもスポーツ医学ぽかったです。こちらで見かける看護婦さんはフテブテしい肝っ玉カアチャンみたいなタイプが多いので。

さ~これからはビクビクせずにギプスをつけて犬と歩けるゾ(^^)



拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^^)
[地味な独白漫画]の続きを読む
Designed by aykm.