FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
例のフィギュア
あっちゃこっちゃのサイトさんで例のフィギュアの話題が出てますね~ワタクシも早速サイトを見てみましたが、ジョミさんがまるでリカちゃん人形のように可愛らしいのに驚愕いたしました(@@)可愛すぎて…躊躇せずにショタ攻め転換決定。ブル~様は凛々しくて素敵♪こんなにキリっとしたブル~様、思い切りコマしたい♪(オイ)いや~リカちゃんみたいに可愛い攻めだからこそ油断しちゃうのですねそうに違いないね。三次元にはあまり興味ないのでフィギュアにも手は出さないと思いますが、一度くらいは実物見てみたいですね~え。


最近更に本腰入れてオリジナルBLサイトを回ってます。オリジナル小説サイトって、既成のジャンルと違って流行り廃りがないところ、シリーズ小説が終わっても取り残された感がしないところがいいですね。オリジナル小説にハマっても、他人様のオリジナル設定で二次創作をしたいとかは考える必要がないので(小説内で既にBLカプになっているので)自分のジャンル活動の邪魔をしないところもよろしいです。なので気分転換にとてももってこい♪(^^)コツコツ年下攻め小説を探しては読み込んでマス。

ジョミブルの影響で年下攻めを検索キーワードにしてガンガン探すわけですが、最近ツボにハマったサイトさんをまた幾つか見つけてホクホクです♪以前むりやり・りょうじょく・ちかん・などをキーワードとして探していた頃は正直ストーリーなどどうでもよく、えちさええろけりゃなんでも良かったわけですが、年下攻め小説を探すようになってからかなりストーリー重視になりました。

でも年下攻めといってもピンからキリまであって好みに合う小説を見つけるのはなかなか難しいんですよね。例えば兄弟なら弟x兄、先生と生徒がいれば勿論生徒x先生まっしぐらなわけですが、年上受けキャラが「単に年上なだけ」では食指が動かないんですよね。例えば生徒x先生ならば、学生みたいに若く見えて可愛らしい先生とかだと、年下攻めの醍醐味が全く味わえないわけでね…。年上受けキャラがあんまりナヨナヨしてて気弱とかだとやっぱり志向的に圏外ですし。自分の好みとしては、ツンデレ、もしくはトラウマ的な過去があったりして色んなものを抱えている年上受けが、凄く一途で純情な年下攻めに惚れられて、みたいなのがツボですね~。年下攻めの醍醐味は、年上受けがプライドとか自分の引きずってるものにがんじがらめにとらわれちゃって、でもそういうものに全く囚われずひたむきに愛情表現してくれる年下攻めにほだされちゃって、みたいなところが凄く美味しいと思うのです♪♪♪だから年上受けが地位的に高ければ高いほどツボ。勿論頭の中では時々ニヤニヤしながらジョミブル変換してるわけですがねイヒヒヒ。

最近見つけたお気に入りサイトさん幾つかは、大きな一つのメインの設定というか舞台があって、その中で幾つものカップリングがあってそれぞれが主役だったり脇役だったりして幾つものシリーズが展開している、という感じでしてね。それがなかなかいいのよ奥様。一つの世界の中で年上攻めとか年下攻めとか平行して複数のシリーズがあって、それぞれのシリーズで他のカプのキャラが脇役として登場しているような、そんな感じ。勿論ワタクシは真っ先に「年下攻め」シリーズに直行するわけですけれどもね。そのシリーズを読み終わっても、他のシリーズでまた脇役としてちらっと出てきたりするとまた嬉しいものです。幾つもの違った傾向のカプをえがける人は凄いなあとつくづく思います…。

設定に関してはがちがちのリーマン小説とかよりはもう少し柔軟性のある設定のほうがいいかなあ。ファンタジーなんかもそれなりに好きですけどね。リーマン小説って凄く多いし、スーツ萌えはまあ分かるんだけれども、設定的に規制が多いのと、自分が日本の社会で働いた経験がないのでいまいち感情移入がしづらいんですよね。仕事の飲み会の雰囲気とかサッパリ分からん…。設定がビジネスマンでもどうせならドラマチックな設定が好みです。あ、リーマン小説でも学生xリーマンならあっという間に好み設定に早代わりです(笑)どうせリアリティの無い設定なら、攻めは大学生より高校生のが好みです。真っ直ぐで一途で爽やかな攻めに大人受けもタジタジみたいなのがよろしいね。今気づいたけど、高校生x社会人みたいな組み合わせ、結構好きみたい…。あと社会人同士なら同じ会社とかいうよりも全然違う分野同士の人達のほうがお話に広がりがあるから好きですねぇ。オリジナルBLって小説の隣にそういう設定の但し書きがしてあることが多いので、そういうキーワードで探すと自分の好みに関して当たりの小説が多いというだけの話で、実際には年上攻めとか違う設定の小説でも読み込めば好みに合うのも沢山あるのかもしれません。しかし片っ端から探す分には目的がはっきりしていたほうが探しやすいですよね。

あとねどうせならドラマチックな展開のほうが思い切り現実逃避できてありがたい(笑)最近見つけた年下攻め小説は好みのトラウマ(オイ)やドラマ展開がしこたま詰め込んであって、思わず涙拭きながら読んでました。勿論そうやって読んだ設定をそのまま使ったりはしませんが、そういう設定によって得たトキメキを是非ジョミブルにも肥やしとして生かしていきたいと思いますねぇ。えすえむ漫画もね、最初に思ってたよりも最後少し甘くしたいなあって気が変わって、残りの部分の台詞を手直ししてるところです。。シン様なんだけどやっぱりジョミーなんだよみたいな。最初はひたすらえすえむだけやってちょっぴり辛口気分だったんですが、やっぱりメインは二人の愛を強調したいところですからねえウフフ(^3^)シン様は確かにカッコイイけど、完成した男よりは可能性を感じさせる未完成な攻めが好みなので、そういう好みのバランスを常に意識してお話考えたいなと思います。だって未完成で荒削りな攻めのほうが大人な受けにいろいろと不意打ちできるもん(^3^)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^^)
[例のフィギュア]の続きを読む
Designed by aykm.