FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
萌えの別腹
人形師シン様、引っ張った割には大した終わり方じゃないな~と思っていたのですが、それなりに楽しんでいただけたようでなによりです(^。^)一応逆バージョンのネタもあるのでそのうちにそっちも書きたいなと。逆といってもどっちかというとノリがギャグで、人形というよりドール、てな感じです雰囲気的に。つまりドール作りが生業のブル~様と、ブル~様が作ったドールのじょみというパターン。ブル~様もしくくは子ブルが人形とかドールというパターンの方が割とポピュラ~な発想のような気もしなくもないですが、ワタクシ的には萌えスイッチとちょっとツボがずれてる感じ。

そんなわけで(何が)年下攻めが好きで好きでしょうがないワタクシ。最近は成長途中の攻めが受けよりも背が低いという設定に結構萌えております。そんなわけで155センチじょみと175センチブル~様も問題なく許容範囲(^。^)背が低いとうっかり油断してるうちに掬い上げられるようにちぅされちゃったりとか、色々可愛くてよろしいじゃございませんこと奥様?勿論ちっちゃな攻めに押し倒されてどうこうっていうのも大好物。

しかし萌えっていうのは別腹が沢山あるもので、原作チックな二人だと、むしろブル~の良さは少年ぽさにあるような気がします。永遠の少年、なのに長い年月を生き抜き、様々な経験を経、老成しちゃってる、そんな少年ブル~。アニメ版よりも原作版の方がむしろ孤高さを味わえる素材となっているような気がします。アニメ版のブル~様は、初めてじょみがサイオンに目覚めたときもなんかやたらと余裕ぶっこいてたんで逆に押し倒しちまえよ!みたいな気持ちになるんですけど(お前だけだ)原作版はもっと必死な感じというか悲壮感に満ち溢れているので、あぁ!じょみが守ってあげないと!みたいな気になるんでございます(^3^)年恰好的にはじょみと大して外見が変わらないのに、中身のギャップが物凄く大きい、原作版の二人はそんなところが美味しいんじゃないかな~と…。そんな同じくらいの年恰好の少年二人がイチャコラしてるのも素敵だと思うですよ。それでもって良識とか常識とかでいうと、当然じょみのほうが普通に刷り込まれてるけど、ブル~の方はそんな記憶が一切合財ないものだから色々とよくわからなくて…。たとえばじょみは初ちぅとか凄くドキドキしちゃうけど、ブル~はそもそもちぅってものがどういう意味合いを持つべき行為なのか、まあ知識としては知ってるだろうけど意識的にあまり理解していないので、じょみの葛藤がよく分からなくて。でもじょみにちぅされてみると、なんだか胸の中がざわざわし始めたりして、なにがなんだか良く分からないけどじょみが色々と教えてくれるままに人間的な心というものを体感していく…みたいなさ。原作な二人はそんな調理の仕方も美味しいんじゃないかな~と思います。お話として作るには扱いづらそうなんだけれども、そんな百合ちっくな二人を妄想してニヤニヤするのもいとよろし。なんたって原作じょみは瑞々しいですからね~え(*^。^*)あまりパラレル設定を使いづらい二人だけれども、原点に戻ろうと思ったときに原作チックな二人を見直してみるのも悪くないですね。つか原点に戻ろうって原作を考えるのは良く考えてみたら当たり前のことのような気もしますが、日頃そういうフレッシュな気持ちって忘れがちじゃない?(--;)

確かに同じ二人のはずなのに、色んなバ~ジョンがグルグルと楽しめるのもジョミブルの良さですね。噛めば噛むほど、いや噛み直せば噛み直すほどに味が出る…(^。^)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.