ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ならブル~様に似合う設定は
日本はGWだそうですね~。一昔前まではワタクシのおつむの中ではGWというとがんだむういんぐと訳する(?)のが当たり前でございました。

この日記はこの間の続きなんですが一体全体何の続きかっていうと、シン様にはわるいひとが良いのであります!などと鼻息荒く主張してたこの日記の続きでございます。もう一ヶ月以上経って続きも何もないだろうよって話ですがまあ仕方ないやね(-。-)うふふあははとほのぼの話系統の語りなら別に気にならないと思うんだけど、さすがにいたぶっちゃれグヘヘみたいな内容だと時期的にどうだろうかとかやっぱりどっかで無意識に考えてたみたいですだってチキンだもん(-。-)よそさまサイトだったらどんどんやれ~!って普通に思うんですけど、自分のサイトだと思うとちょっと気にしちゃうってのはありがちです。つかねほったらかしにしてた下書きメモを見たら本当にまさにこういうのを「たわごと」と言うんだろうなァ…という感じでございました。さわりだけ下書きに書いてあって、頭の中ではきっともっとガンガン続きの妄想が繰り広げられていたんだろうと思うのですが今となってはどんな妄想だったやら…てな感じです。しかし一ヶ月ちょっと前と今とそう嗜好が変わっているとも思えないので(笑)そのまんまいってみよ~。それにしてもワタクシいつ見ても似たようなアホ妄想をぐるぐるし続けていますねえ。

シン様は分かりやすいわるいひと相手でたっぷりいたぶられるのがお似合い!という内容を切々と(?)無駄に暑苦しく語ったわけでございますが、ブル~様がわるいひとからイヤンなことをされるという構図に関してはえち的にあまりそそらないんですね。なんでかっていうと、多分ブル~様には「悲惨な過去」的な設定がワタクシの脳内に刷り込まれているので、ナニされたところでどうせ慣れっこでしょみたいな気がするんですよ。特殊環境に長いこといたわけだから普通の倫理観ってあまり持ち合わせてなさそうな気がするし、今更わるいひとにからだをモテアソバレタところで痛くも痒くもないだろよ、というとてつもない偏見が邪魔をするわけですね(笑)シン様だったらカッコイくてブル~様相手にはス~パ~攻め!みたいな感じなので、そんなカレがわるいひと達から色々といぢられちゃったりするのは意外性というスパイスも含めとってもオイシイのでございますが、同じような仕打ちをブル~様がされるとなると「今更」感がそこはかとなく漂う…というわけです。もっとこう、原作のソルジャー・ブルーみたいにキリっとカッコイイブル~様ならばそういう妄想も似合うと思うのですが、ジャンルの中での王道的ムードにどうしても影響されがちです。一度総受けみたいなイメ~ジが染み付いてしまうと、それを払拭するのはなかなか難しく。清楚な人を屈服させてもね、あんまり個人的にえちくない…。

じゃあそんな総受けちっくなブル~様にはワタクシの脳内妄想ネタの中で何がお似合いかっていったらそれはチ力ンネタでございます。チカンネタにも色々パタ~ンがございますけれども(!!)、ブル~様にお似合いなのは「誰かも分からない行きずりの相手に無言でいぢられる」パタ~んでございます。お似合いっつうよりも単純にワタクシのお気に入りの設定っていうだけの話ですが(!!!)

混雑した電車の中相手が誰か分からないっていう状況で、はぢめてのこ~んな感覚とかあ~んな快楽とか教え込まれちゃうタイプの羞恥心がブル~様にはとっても似合うような気がします。綺麗な子が汚されるっていう状況にあまり萌えないワタクシですが、このシチュエーションならね、多少(!)清楚なブル~様でも許せるよ。自分ですらしたこともないことを見知らぬ他人にされちゃう!しかしいかにもわるいひと相手な感じでないところがよろしいのです。声なんか出さなくたって、体の反応はチカンの手の感触で一目瞭然ならぬ一手瞭然てやつです。チカンの中の人(!!)は別にブル~様にいやらしいこと言ったりする必要は全然なくて、いやむしろ無言がよろしいです。無言なんだけど、はあはあしてるのがよろしいです。それを感じてブル~様更なる屈辱てやつです。他の乗客の手前、気丈にも最後まで何も起きてない風を装うわけですが、唇は噛み締められて紅潮した頬に涙目、下着の中はもう大変なことになってますよみたいなね。見知らぬ手によって絶頂を極めさせられた後は、いかにもこう越えてはいけない禁断の一線を越えてしまったみたいな感じがよろしいですわね。素性も分からないどっかの相手にされちゃうっていうのが更によろしいです。ちかんの中の人がブル~様に喋りかけたりし始めたらこの設定の良さは死んでしまうのですよ!(力説せんでもよろしい)そんでもって電車の中でされたことが忘れられなくて何度も思い出しては一人でしちゃうがよろしい。もうホントにねそんな腐ったシチュエーションが大好物でございましてねぇ…(^3^)

というかどんなえち設定でも必ずその後のひとりえちに繋がるあたりにとっても分かりやすい傾向が見えてくるような気がいたしますね。しかしシン様がわるいひとにされたあとになさるひとりえちはこんな体にされてしまった~くやちぃ!みたいに必ず屈辱感を伴うのですが(しかしそこがよい)、ブル~様がちかんされた後になさるひとりえちは単純に禁断の快楽の味を覚えてしまいました、目覚めちゃったよどうしましょてな感じでございますね。ここまで書いて今気がついたけど、ブル~様がちかんされるシチュは完全にパラレル設定でございますね。原作設定で電車の中でちかんされるってありえないし(爆)いやまあ原作設定でわるものに云々てのもそういう意味ではありえないわけですがそこは割愛。

それじゃあシン様がちかんされるっていう話はどうかって考えてみたら、あまりそそらないんですよね。シン様はちかんなんぞには負けないでしょう…っていうイメージがあるからかもしれません。それにちかんxシン様じゃあ全然屈辱感が足りない!なんでしょうね、シン様とブル~様を並べたら、断然シン様の方をガツガツいぢめたくなるのです。ほらワタクシ心根が優しいから(どの口がそれを)弱者は労わりたいんざますの。雑草みたいに逞しそうなシン様はとことんイビリ倒したくなります…。ふんとにね~ハマるカプハマるカプ、始めは良くてもジャンルの色に染まってくると必ず受けをほったらかして攻めをガツガツえち的にいぢめたくなるこの性。すんごいカッコよいソルジャー・ブルーならやっぱりガツガツいぢめ甲斐があると思うのですが、一旦「受けです」というイメージが定着しちゃうと食指が動かなくなります。そんなブル~様に自分の中の固定観念をリセットできないものでしょうかね。自分でも思うんですよね、タマには受けをいぢめて楽しんでみたいなってね。でもシン様の方がいぢめ甲斐たっぷりなのが全て悪いのです(^3^)ちなみに可愛い子をいぢめるのはそそらないのでじょみさんは対象外。可愛い彼は逆にスーパー攻めですよ(笑)

ここまで読み返してみて思った通りに低俗だったのでがっくりです(ある意味全て予想範疇内)たとえばこんな日記が自分の死ぬ前の最期の記録だったりしたら死んでも死に切れないので頑張って長生きしようと思います☆(-。-)ノ☆

拍手ぱちぱちありがとうございます♪
Designed by aykm.