FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
昨日は誕生日でした(^。^)
皆さんこんにちは楽しく現実から逃避なさってますか?ぷぅ~(-。-)ぢつは昨日はワタクシの誕生日でした♪年齢考えたら浮かれるような年じゃないんですが、こんな日々ですからとりあえず気分を盛り上げるよ(-、-)ひゃっほ~~(力無い雄叫び)

宿六が今週末またもやずっといない予定なので(げっそり)週日にお祝いすることにしました。というのは、赤(仮名)さんの18ヶ月検診が丁度水曜日の午後にあるもので、ついでにその日お休みを取ることにしたんですよ。赤さんは通常通りデイケアにポイしてそのまま職場近くのショッピングモ~ルに直行、ランチ、そして赤さんを拾って病院にGO!というプランでございました。アメリカの夫婦ってのは夜や週末にベビーシッタ~頼んで出かけたりする人が多いですが、ウチば別にわざわざそこまでしなくても…というタイプなので、事実上これが子供生まれてから夫婦はぢめてのでぇと☆ってやつですよ。赤さんはデイケアで通常通りの一日を過ごすわけなので全く心配なし!なんて素晴らしいプラン(^。^)

そんでショッピングモ~ルに行ったらワタクシはまずヘアサロンへ直行です。この間地元のしょ~もない美容院でザンバラにされた頭をなんとかしたくて(==)今回はすっきりショートにしてもらいました!つか夏場にこの頭にしておきたかった…ショートにした途端に涼しくなって風邪引きそうです(-、-)まあ手入れが楽だから良いとする。今回はちょっと高級モールの中のヘアサロンだったのでちゃんとした感じに切ってもらえました(^。^)っていうか今回の美容師さん、ごま塩頭のオサレな感じの男性でさ。ぱっと見どこから見てもゲイに見えたんですよ。美容師さんには多いですからね。そんで「今日は一歳児を置いて初めてのでぇとなんですよ~」なんて適当に世間話をしてたら、なんとその美容師さん子供が四人いて(!)四人目の孫(!)が年末に生まれるんですとさ!!!なんとグランパですよ!どっから見てもゲイだと確信していたのに、ワタクシのゲイダ~(ゲイ感知レ~ダ~)壊れちゃったのかしら(@。@)でも切り終わって迎えに来た宿六もその美容師さんゲイだと思い込んでいたので別にワタクシのゲイダ~だけが壊れていたわけなかった模様。ホント人は見かけによりませんね。結構丁寧な美容師さんで、ちゃんと鋏も斜めに入れてくれてました!今度も是非この人に切ってもらいたいと思って名刺貰ってきたんですが、美容師さんって結構あちこち転々とするから次に電話かけると大抵「もうこの店にはいません」ってことが多いんですよね…。次回ここに来るまでにまだいてくれるかしらゲイぽいグランパ。

そんですっきり髪を切ってもらった後は赤さんの靴とか靴下を買い、まな板を買い、自分用の靴を買いました。アメリカはなかなか手ごろなまな板がないんですよね~。以前まで使ってたやつは板を何枚か張り合わせたやつで、結構もろくてすぐ割れちゃったんですよ。なのでちゃんとした一枚板のまな板が欲しくてモール内のキッチングッズ専門店に行ったんですけど、いわゆるチーズを乗せるチーズボードみたいなのは結構あるんだけど、これも大体板を張り合わせてあるタイプなのでそれ買ったら二の舞ですからね。で、一枚板のまな板もあることはあるんだけどどれも凄く大きくて重いんですよ(==)ささっと片手で出して使って洗って、って感じじゃないんです。ホントにアメリカの人は料理しないんだな~………。しょうがないので、細長くて木をそのまま切り出しましたよって感じのまな板にしました。片面に木の皮がそのままくっついてるんですよ(--)こんなオサレちっくなのでなくて良かったんだけど、他のまな板はとにかく大きすぎて手に負えそうになく…。それとこちらってまな板って専用のオイルで手入れするらしいんだけど、日本の実家でそんなことしてた覚えないんですが…。まあ少々黒くなってもかまやしないよ(--)靴は今いつも外に出るときは赤さんと一緒だもんで、とにかく履き易さと歩き易さを最優先。履き心地の良さがウリのMerrellっていうブランドの靴とClarksっていうブランドの靴のドカっとした感じの靴を買いました。ちょっとお高かったけど凄く履き易い!目から鱗!(@△@)まあお高いといっても70ドル前後だったので、今までの靴の履きにくさを考えたら随分お買い得。今までの靴は長距離歩いてると足が痛くなるようなものが多かったので思い切ってバンバン処分しようと思います。

それで、以前はあった筈のモール内のレストランがなくなっちゃってたので、周辺のレストランを物色して、モ~ルのすぐ隣にやたらとこじゃれた感じのレストランがあったので行ってみました。おフランスな感じで、昼間からワインなど嗜む金持ち住民がまったりくつろいでいる感じな…。一時過ぎくらいだったのでお客もまばら。スープとリゾットなど頼んでみたんですが、これがビックリの美味しさ!子供連れてこられるような雰囲気のお店じゃないし(お高いし)しょっちゅう来るようなタイプのところではないけれど、記念日とかにまた是非来たいお店でした。そしてお会計を見たら、20ドルくらい間違って安くなってた!(-。-;)どう考えても多分部屋の反対側にいた女二人連れのお会計。正直に白状しようではないか諸君…10秒、いや20秒、いやたっぷり30秒は悩んだと!(爆)正直「こりはお前の誕生日だからちょっと安くしてやろうではないかというカミサマの思し召しじゃね?どうせヤツラ(←正しいお会計の客)は金持ちだ、そのまま払って逃げろ!」と頭の中でアタシのゴ~ストが囁いたんですが、悩みつつも、いやこれはきちんとお店に伝えるべきだろう…と伝票直してもらいました。まあなんだ、今回のは小手調べってやつですよ。きっとまたドカンと何かいいことあるさHAHAHA!(^△^)ノ

そんでもって赤(仮名)さんを拾い18ヶ月検診へ。前回の検診のときは待たされに待たされて結局診てもらえたのは予約から二時間後(-、-)だったもんで、今回はちゃんとしっかり赤さんのおやつを持って行きましたよ。クラッカーの他に茹でた鞘インゲンとブル~ベリ~。赤さんは腹減ると野菜でもなんでも差し出せば食うので野菜食わせようと思ったらおやつに与えるのが一番簡単なのです。まあ普段のご飯のときも野菜食べますけどね。そんで診察室に通されて病院用のガウン着せて、さあおやつ(前回はこの時点で延々待たされた)とモリモリ鞘インゲン食べさせてたところに医者が入ってきてビックリされました(^。^;)今回はちゃんと歩けるし、言葉も少し出てくるようになったから引っかかったものはなにもありませんでしたバンザイ(^。^)だけど今回も赤さん一日にウンチ何回しますかって言われて3回くらいですって言ったら「え!」みたいな反応だったんですぜ何故なんですぜ…ワタクシも一日3回くらい普通にウンチするんですがって申告するべきなのかどうか悩みました(…)快便家族でめでたいではないですか。

そして夜はEさんと合流して日本レストランへ。最近この街で一番日本を味わえた(日本人経営)ジャパレスがなくなってしまったので日本人の皆さんは皆ジャパレスジプシ~と化していると思われます…。今回はEさんが「以前まあまあだった」と言うジャパレスに行ったのですが、これがもう散々でした(--;)一歩入った時点で客が一人もいなかったってあたりで「…」となったんですが、まあとりあえずまず久々にワインでも飲むかとRieslingを頼んだんですけど、なんと出てきたのが赤ワイン。えっ…Rieslingって確か白ワインだった筈だったんだけど一体いつから赤ワインになったんですかね(--;)それでウェイトレスの人にこれじゃなくてRieslingお願いしますって言ったら、どうもウェイトレスの人ワインのこと全然分からないみたいでサッパリ?って顔してこちらを見るんですのよ。とにかく替えてきてくださいとお願いしたら、ワインのボトル持ってきて「コレ?」みたいな…ウェイトレスなのに…。それで我が家の赤さんは大人くらいモリモリ食べるんで、ジャパレス行くと小鉢系を結構頼むことになるんですよね。で忘れないようにスシ注文用の伝票の裏に餃子とか揚げ出し豆腐とかメモっておいて、ウェイトレスさんが注文取りにきたときにそのメモを読み上げようと思ったら、その人「ああ、はいはい」みたいな顔してにこにこして取り上げるんですよ。だからさ、あ、この人は日本人なのかなって思って安心して伝票渡したら、その分の注文がいつまでたっても出てこない…それでウェイトレスの人を呼んで「あの注文は?」って聞いてみたら、どうやらこの人日本人でもなんでもなくて、多分あのメモは単なる落書きだと思ってたみたい(>。<)日本語わかんねぇならわかるような顔してんじゃね~!!!と爆発しかけましたが、気を取り直してその分を注文しなおしです。宿六とEさんはもうメシ食い終わっちゃったよ(赤さんは宿六のディナ~のご飯やら付け合せの野菜やらもくもく食ってました}それでやっと来たと思ったらまた足りない小鉢があってねもう。ここはサービスが悪いね~もう二度と来ないよ~なんて宿六とEさんと喋ってたら、宿六の後ろの壁にミニミニサイズのゴキブリがトコトコ歩いてた!ヒィ!(@。@)そんでレストランを出たら、赤さんレストランにいる間に大量にウンチしたらしくて服にまで染みてた(><)なんかそのジャパレスの入ってる一角ってかなり寂れてて、駐車場もほぼがらんどうだったもんで、地面にタオル敷いて店の前のアスファルトの上でオムツ替えましたよ。ワタシワインで酔っ払ってるからシラフの宿六が替えればいいのにって思うんですけど、宿六は「僕ちゃんここで見てるから」だと(--)これはワタクシのお誕生日ディナ~だったんじゃないのか(怒)それにしてもあのサービスの酷さっぷりとこの人のいなさっぷりを考えてもこのジャパレスが潰れる日もそう遠くないですのぅ…。食事自体が物凄く不味かったわけではないんですけど、アメリカのジャパレスってサービスがホント悪いところが多くて、でも今回はダントツですた。最近やはり不況のせいで外食産業がダメージ受けてるらしく、でも一番煽りを食らってるのはやっぱりジャパレスとかエスニック系のようです。どのレストランに行ってもどんどんオーナーが変わって、変わって美味しくなるならいいんですけど大体不味くなってお店自体が消えちゃうことに(--;)Eさんしきりに謝ってましたけど、ある意味このディナ~のことは一生忘れそうにないので思い出になってよかったかも(--;)ポジティブ・シンキン☆

家に着いたら家の前になんか包みがあって、なんと隣の隣の隣に住んでるカタログ花嫁(ウクライナから国際お見合いサービスで嫁いできた人)さんから誕生日プレゼントが入ってました!(@。@)えぇ~ウチらそんなに親しい仲だったっけ(驚愕)そういえば数日前外で赤(仮名)さんとカタログ花嫁さんとこの息子さんと立ち話のときにそんな話をしたような覚えがあるんですが…。ちなみにプレゼントはなんかオサレなブランドのネイルキット。…気持ちは凄く嬉しいけどアテクシはそんなネイルに気を配るようなステキな奥様と違うんだ…でもどうしよう使わないと失礼かな(-。-;)カタログ花嫁さん、一児の母なんだけどホントにモデルみたいにスラリとしてて手足も長くて美人なんざんすよ。対するワタクシはいつも家や近所ではスウェットとか寝巻きに毛が生えたようなへんなもっさりした格好でウロウロしております隣に立つのが嫌ざんす。あと包みの中に赤さんのハロウィーン用のコスチュームが入ってたんですよ。花嫁さんとこには三歳の男の子がいるんだけど、その子が一歳のときに使ったカボチャのコスチュームを貸してくれるって話だったんですよね。だけど入ってたのはカボチャじゃなくてその子が二歳のときに着たペンギンのコスチュームでした(-、-;)足の部分がオレンジなので、袋の上から見間違えたかと思われます。ペンギンも可愛いけど大きすぎてとても無理(>。<)だけどさ、「プレゼントありがとう!ところでこのコスチューム間違ってたよ取り替えてNE☆」なんてドアを叩くのはちょっと気が引けるよねぇ…(-。-;)まあどっちみちお礼には行かないといけないけど。

そんな感じで少しは気分転換になりました。今日はおニュ~のお靴履いてるよ(^。^)でも今週末も宿六いないんで赤さんと二人きりですヒィィおそろしやおそろしや(>。<)


拍手ぱちぱちありがとうございます♪♪♪感謝感謝です(^。^)
Designed by aykm.