ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
テラフォーマーを読みました
とあるまとめサイトみたいなところで「進撃の巨人が好きなのですが他にお勧め漫画はありませんか?」という質問があって、そこで「テラフォーマーズ」が勧められていたので、迷ってたのですが結局電子書籍で購入しました。紙のコミックスは6巻まで出ているらしいのですが、電子書籍だと5巻まで。でもそのあとネタバレサイトみたいなところを漁って、連載中の分のあらすじなども一通り把握しました。ちなみにウィキペディアの項目はこちら

結構人気漫画らしいので内容をご存知の方も多いと思いますが、近未来、地球の人口が増えすぎて火星への移住案が出され、環境を整えるためにコケとゴキブリを火星に送り込んだ人類。しかしゴキブリはなんと進化して見かけは肌の黒い原始人(テラフォーマーズ)という感じになり、火星に着いた調査隊を虐殺。人間はそれに対抗するため、昆虫や生き物の特性を人間に組み込んだ手術を施した新たな調査隊を火星に送り込んだ…というお話。ワタクシ的にはワクワクドキドキするような設定でございますよ。

しかし、う~ん…期待したほどではなかったというか…。その理由は↓以下だと思うのですね。「進撃の巨人」とは漫画としてのジャンル自体が違うので別に類似点があるわけでもないのですが、巨人と似たような~という流れでお勧めされていたので、それこそ進撃の巨人との比較で書いてみました。

(1)読みづらい
進撃の巨人と比べると、絵は上手い!グロイシーンなどもきちんと描き込んである…のですが、全体的にひたすら読みにくいの一言です。進撃の巨人は10巻一気に読み終えて、翌日はもう一度読みたい!という熱い勢いで読み返したのですが、テラフォーマーズの場合は読み終えた翌日は「良く分からなかったところが一杯あるから読み返してみないと」という理由で読み返しました…。その理由の一つには、とにかく解説が多いというのがあると思います。なんでもかんでも回りくどいんですよね。今まで知らなかった昆虫の豆知識など沢山載っていて、そういった面では面白いのですが、とにかく台詞やト書きが多く、そういった解説をいちいち読み込むことで勢いがかなり削がれる感じです。あと時間軸が行ったり来たりする部分が多くて把握しづらい感じ。過去のシーンが沢山入るのですが、これが別にいらないんでね?って思えるものばかり、自分的には特に本筋に関係ないんじゃないかなと感じるシーンが多くて。絵は迫力を出すためか、ページ一杯見開きの大ゴマが多いのですが、いちいち絵が大きいのでかなり画面から目を離して見ないと全体の情報を把握できない感じがします。でもあんまり距離をとると今度は台詞が書き込まれすぎてて字が小さいので読めないんですよね。IPADミニで読んでいるのですが、見開きにして部分部分だけ拡大してまた縮小して全画面を見て、みたいな作業を何度も繰り返しました(--;)紙媒体だともっと見やすいのかもしれないですけどね…。進撃の巨人は絵は下手でも時代設定が単純なせいもあってか画面そのものがぱっと見て分かりやすいんですよね。

あとこれはこの漫画に限ったことじゃないですけど、電子書籍で長いこと本やら漫画やら読んでると頭が痛くなります(--;)やっぱり目にもよくないんだろうなぁ…本当は紙媒体で読みたいですけど、紙媒体だと送料と手数料でコストが三倍くらいになったりしますからね。手元に置いて保存しておきたい漫画なら紙でも買いますけど。巨人はそのうち完結して文庫版でも出たら紙媒体で揃えたいところですね。何年先の話だ。

(2)キャラが無個性
これが特に大問題で、キャラに全く感情移入が出来ません…。イケメン揃いだけど、こいつらで薄い本(笑)出せったって無理な話。(別に誰も頼んでナイ)登場人物はそれぞれ違う昆虫やら生き物をモチーフにした能力を持っているという設定なので、髪型やらなにやら色々工夫して変えてはあるのですが、根本的にハンコを押したように皆さんヒーロー的な性格をなさっています。基本的に前向きで明るく、軽口を良く叩くお調子者で、ピンチになると熱血坊やに大変身、仲間を守って自分の身を犠牲にしても一生懸命戦う。そういう意味ではみんな言動がおんなじ。なので、外見だけいくら描き分けしてあってもキャラの見分けがよくつかないことが多くてさ(--;)ていうかね、キャラの一人一人の過去のシーンがやたら出てくるわけですよ。地球の人口が増えすぎて火星に移住を…という世界設定なので、貧困層で辛い子供時代を送ってきました~というキャラが殆どなのですが、その過去シーンがしつこいほど出てくる割には、そのキャラの現在の性格に殆ど影響を及ぼしていないというか、生い立ちと性格が全く繋がってないんですよね。だからこの漫画にわんさか出てくるそれぞれのキャラの過去シーンって全く必要が無い、それを出す必然性を全く感じないのであります。つかさ、売春させられたり虐待されたりしてたら、もっと皆さん重苦しくて暗い性格になっててもおかしくないんでない?だけど皆さんちょっと学校で虐められたけど今は立ち直ったよキャハ☆的に底抜けに明るくて素直だよおかしいよね不自然すぎる(--;)特に女性キャラの性格が皆一緒で更に個性ゼロ。顔は可愛くて真面目でけなげでイケメンにドキドキしちゃって。みたいな。たとえば進撃だと同じ同期の女性でもミカサとアニとクリスタとユミルだったら言う台詞も行動もお互い似ても似つかないし、何か起きたときにそれぞれが取りそうな行動も大体予測がつきますよね。それだけキャラが立っているから面白いわけで。だけど、テラフォーマーの女性キャラだったら誰を入れ替えても皆一緒な感じがします。テラフォーマーズで唯一キャラが立っているのはアドルフさんとミッシェルさんくらいじゃないかな~あとはみんな一緒だよ。でもそのミッシェルさんも、結局中身は男性キャラとあんまり変わらないんですよね。単にいじらしい女性達の中で一人だけ男っぽいから一際目立つっていうだけでさ。あ、蛭田さんて人もいるけどこの人もただ無口なだけで中身は一緒なんだよね。

(3)これはバトル漫画ですか…?
キャラが無個性な分(?)それぞれの能力には個性を持たせているようなのですが、結局テラフォーマーズのお話のメインってそこなんですよね。手術で得た生き物パワ~を使ってどう敵と闘うか。なんだけれども、大筋のストーリーがあるようでないようで、どこに重きを置いて読んだらいいのか分からないんですよ。巨人の場合は明らかに世界に謎があって、その謎に迫るドキドキ感がたまらないわけですよ。でもテラフォーマーズはゴキブリが進化して原始人みたいになりました~、って絶対自然の進化だけでそうなるわけがないから背後に誰かの陰謀があるのには違いないんだけど、その根本的なプロットが殆ど明かされないので、ひたすら目の前で展開されるバトルを追うしかないんですよね…。出来ればもう少し秘密の開示を小出しにしてはくれまいか。これが10巻くらいまで進んだところで一気読みだったらここまで消化不良を起こさずに済んだのかもしれませんが、背景のストーリーが進むのが遅すぎてバトルバトルひたすらバトル、それだけの漫画って感じに見えてしまうんですよね。せっかく正体不明の敵の存在があるのに、それに立ち向かうためにこれからどうなっちゃうの?っていうワクワク感があんまり感じられないのが惜しいです。ネタバレサイトを見る限り、あと少なくとも2巻くらいはバトルに次ぐバトルで終わるみたいですしね…しかもゴキ相手じゃなくて同士討ちときたよ。このままジャンプみたいな展開が続くのかしらそうなのかしら。それはつまらんね~。うんゴメン、バトルだけでお腹一杯になった年代はとうの昔に過ぎましたからして~(-。-)もう若くないしさ…(←投げたブーメランが突き刺さった模様)

でもこの漫画にあまり勢いみたいなものが感じられないのは、やっぱり原作つき漫画だからっていう部分が大きいのかも。と今ちょっと思いました。原作の人はいろいろ案を暖めているんだけれども、まだそれが形になってなくて絵描きさんに伝わってなくて、だからあまり伏線を貼れない。とかさ。そういうオトナの事情なのかもしれません。

…というわけで~。以上がテラフォーマーズの感想でした。あとエピソード0っていうか、単行本になっている話の前日譚みたいなのがネットで無料で読めるのでそちらも併せて読んでみました。ん~やっぱりキャラがみんな同じですよ(笑)あとね思うんだけど、この前日譚漫画の最後でジョージ君が死んだっていう描写ははっきりないんですよね。ってことは普通に考えてこのジョージ君はまだ火星で生きてるんでないの?だってゴキの皆さん人語を解さない割にはいつもジョージジョージ言ってるしさ。関連あるような気がしますけどね。あとジョージ君が送ったサンプルから作ったクローンで訓練用(?)のゴキを地球で作ったぽいようなことが本編に書いてありましたけど、ウイルスの培養ってわざわざ火星からゴキを生け捕りにしなくたって、普通にそのクローンを使えば出来るのでは…。そういうのもこの先説明されるのかもしれませんが。

テラフォーマーズってアニメ化されるんでしょうかね。でも海外輸出にはちょっとヤバイ物件ですよね。人種差別団体から訴訟起こされそうですよ。だってゴキがどう見てもさ…黒人蔑視みたいだもんね。活躍するヒーロー側に有色人種が殆どいないしさ。東洋人はいるけど見た目が白人と一緒だし。もしアニメ化されるとしたら、海外からのバッシングを鑑みて、ゴキさん達の外見をもっと変えたほうがいいかもしれませんね。ってワタクシなんでそんなところまで心配してるんざましょ。あと、ゴキ人間を「テラフォーマーズ」って呼ぶのはかなり無理しましたね~って感じですよ(笑)だって普通「このゴキ野郎どもがぁ!」ってなりますよね。だけど登場人物は毎回毎回ご丁寧に「テラフォーマー」って呼んでるのがね。おかしいですよね(笑)でもゴキの名前を出すとそれだけで読みたくない!って人がきっと沢山いるんでしょうね。まあね…「怪奇!ゴキブリ人間」だとかすんごい読む人を選びそうだもんね…。

でもそこそこ面白かったのでこれからも読み続けるつもりではありますけどね。次回は更に2~3巻くらい出てからまとめて買おうかな。

拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.