FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ちょっとほっとした話
X-MENの最新作の予告編を3回も観ましたよ、ハイ(笑)ブル〜様(仮)がシン様(仮)をやっぱり殴ってた!(^。^)なんと素晴らしい!(笑)シン様(仮)はブル〜様(仮)の顔を見てちょっと驚いた顔をして「ブルー(仮)?」と言ったかと思うと、ブル〜様(仮)が思い切りパンチ!吹っ飛ばされたシン様は全く動揺せず「Good to see you too, old friend」だってさ!なんたる余裕…これが大人の男なのですね(^。^)なんかシン様(仮)どこぞの地下深くに閉じ込められてたらしいし!閉じ込められてる攻め!なんたる萌え!どこを切っても(ワタクシ的な)ワクワク要素がギッシリ満載でございますぞ(笑)


昨日は久々に出勤いたしまして、職場の友人に「今度引っ越すことにしたんだ〜子供の学校のこともあるけど、これが直接の原因」と例の隣のキチガイママからの携帯メールを見せたんですよ。そしたら友人、最初の長文メールを全部読み終わらないうちに「引っ越して正解。この人ヤク中だから」とはっきり断言するではありませんか。ええ〜っていう驚きどころか、ああやっぱりそうなんだ…という納得のほうが大きかったんです。つかずっと前からなんかう〜ん…って薄々疑ってたんで、というか疑っちゃうような出来事があって、そもそもこっち側の隣となるべく疎遠にしてたのもそれが原因だったんですけど、第三者からはっきり言われてなんかストンと腑に落ちました。

なんでこの友人がそんなことはっきり断言出来るのかっていうとですね、この友人には娘が二人いて上の娘はもう成人してるのですが、この上の娘がティーンエイジャーだったときになんと!コカインに手を出して完全なヤク中になり、それはもう家族一家で大変な経験を味わったからなのですね。警察にも補導されたり、リハビリ施設に入れたり。アメリカってところは本当に怖いところで、両親揃ってフランスからの移民で博士号持ちのインテリ研究者、当然子供の学校もここらで一番良いとされている私立校、家族旅行なんかも頻繁にしていたし、何の問題もない仲良し家族…だと親は思っていたらしいです。しかしある時から上の娘の成績があれよあれよと落ちていき、言動も荒れだして、気がついたときにはもうどっぷりコカインに手を染めていたという恐ろしい話。んでそんなヤクを一体どこから入手するかっていうとやっぱり学校の友達なんですよねえ…。これがもっと貧しい学校だったなら適当にマリファナ吸って粋がる程度で済んだのかもしれませんが、なまじみんな金を持ってる金持ちの子弟だもんで、手に入るヤクも上質(!)なものが多いわけです。なのでマリファナにコカインを混ぜてあるやつを吸っていたらしくて、もうあっという間に中毒患者にまっしぐら。吸ってた子供達の家庭の対応もそれぞれだったらしく、友人家庭みたいにリハビリ施設に入れたりいろいろした家庭もあり、ただ放置してた家庭もあり…だったそうで。リハビリ施設だって凄く高いらしいですし、それ以前に娘がもうどっぷりヤクに溺れていて止めさせるのにもの凄く苦労したらしいです。それだけじゃなくて、やっぱり成長期のヤクって脳に結構なダメージを起こすらしくて、ヤクはなんとか止めさせられたものの、精神的にずっと不安定なんだとか。まあ簡単に言うと行き過ぎたドラマクイーンてやつで、友達や周囲ともしょっちゅう衝突するし、死ぬ死ぬ騒ぎを何度も起こして親が憔悴し、成人したのもあって、もうお前の尻拭いはしない、自立しなさいと最終的には追い出したんですね。それでもしょっちゅうやれ友達ガ〜とかルームメイトガ〜死んでやる〜などと電話がかかってきて、友人はかかってくる携帯をみるたびに大きなため息…という感じなんです。

下の娘は勿論そんなことなくて非常に真面目でおとなしいらしいんですけどね。

まあともかく、友人は隣のキチガイママの携帯メールを見て、上の娘がヤクでハイになってた時と文体がそっくりだ、と言うわけです。やっぱりなんというか、ヤク中患者の典型的な言動というのがあるらしいのですね。なので早く逃げろって(笑)まあ言われなくとも秋くらいには家探しを始めるつもりではあったのですが、なんだか凄くほっとしました。だって携帯メールの内容ってあまりにも理不尽で、なんでここまで言われなきゃならんのって悶々してたし、あれからというもの外に出るのがほとほと嫌になって外にお隣さんが出てないかカーテンの隙間からそっと覗く毎日を過ごしていましたからね。だけどやっぱりおかしいのはお隣なんだと思うとかなりせいせいいたしましたよ。とにかく新しい家が見つかるまでは、周囲には「忙しい」を通して極力お隣さんとの接触を断ち穏便に過ごしていきたいと考えております。夏場はなんだかんだとパーティー好きなご近所なのでねえ…。そういうところが好きだったんですけど、いやもうホント関わりたくない。どうもウチ以外のお宅は特に問題なく隣とそれなりにお付き合いしているようだし、これ以上余計なことでもめたくないので。勿論引っ越しの理由は子供の学区ですよ!(笑)でもね反対側のお隣さんは地元の高校の先生をやってるので、学区のレベルをあまり強調するとそれはそれで角が立つというかとにかくもうね色々とめんどくさいのであります(ーー;)

それではお隣のそもそものヤク中疑惑の元となった昔の出来事について思い出しながら語りたい…と思ったのですが赤(仮名)さんが起きちゃったので時間切れですじゃ(ーー;)さらば、皆の衆。


拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.