FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
やじきた
赤(仮名)さんのために古典(?)といわれる漫画は電子書籍でなく紙媒体で所持しておこうと、今回はやじきた学園道中記を文庫で購入しました。全18巻。送料が超痛かったです(ノ_;)新シリーズも出ているらしいけれど、とりあえず昔人気があった無印のほうで。

やじきたってワタクシの世代では知らない人はいないと思うのだけど、ワタクシの学生時代結構人気があった漫画なんですよね。確か中学校の先生でやじきたのファンの先生がいましてね。同級生の一人に見た目がちょっとキタさんぽい人がいたんですよ。少し背が高くてほっそりしてて銀縁の眼鏡をかけてて。その人は優しい感じの人だったのでイメージ的には全然キタさんには似てないんですけど、その先生(♀)はその同級生のことを「あの人ちょっとキタさんに似てていいな〜って思うのよね〜(#^^#)」などと恥じらいながらクラスの前で告白してましたっけ…(^。^;)まあそれだけ人気漫画だったっていうエピソードなんですけどね。だけどそのあたりの時代ってワタクシは聖闘士星矢とか既にそっち系だったのでやじきたにはあまり興味がなくてさ。

それで今回ほぼ初めてきちんと読んでみたというわけです。あれだけ人気があったんだから面白い漫画に違いないってたかをくくってました(?)そんで届いてから二日間くらいで一気に読んだんですけど、うーむ…(ーー;;;)思ったより作品全体に溢れかえる濃厚なBL色に辟易したってのが本音です(爆)やじさんとキタさんというカッコいい女の子が暴れ回るっていうお話で男子はそれを脇からサポートする…感じなのはいいんですけど、どう考えても普通の漫画でヒロイン的な役割を男子が担ってて。しかもそいつらどいつもこいつもいわゆる絵に描いたような「苦悩する美少年」タイプ。そんな美少年達が敵に取っ捕まって縛り上げられた上で殴る蹴るの拷問を受けたりするわけなんですけど、そこまでやるならいっそヤっちまったほうが潔いんでない?と思うほどの総受けぶり(ーー;)うん…こういうのが好きな人はいいかもしれないけど、ワタクシはこういうなんというか受けがリボンかけられてお皿に綺麗に乗せられた状態でハイどうぞ!みたいなのが嫌いなんですよね(ーー;)なので読んでて辛かったです。ナヨナヨ男子が邪魔でさ(爆)据え膳はつまらん!あ〜でもひょっとして当時のやじきた人気ってやっぱりこういう要素が受けたんですかね??(ーー;)とにかく男子キャラに誰一人魅力を感じられなかったので辛かったです。この漫画のターゲット層に明らかにワタクシは含まれていない(笑)一番気になったのは道場破りの大門って男なんですけど、何故かこいつは風来坊のように通りがかっては「なに、あいつが?」とか驚くだけ驚いてまたどっか行っちゃうだけのキャラなんですよね…勿体つけて二つ名持ってる設定のくせに全然活躍しない。道場破りっていうからにはそういう場面が出てくるかと思いきやワクワクして最後まで読んだところそれっぽいシーンはゼロ(ーー;)なんだろこの人他にこの人が主人公の漫画でもあってやじきたは単なるスピンオフ?とか疑ってしまいます。だけどそんな漫画ないんでしょ?そうなんでしょ?(よく知らないけど)

そんでもってワタクシってば小学生の時代で愛読書のひとつが「スケバン刑事」だったような女ですからね。やじきたで起きる事件がどれもこれもスケールが小さくてチャンチャラ笑えるよって思ってしまうんですよね。つ〜かやじきたで一番何にビックリしたかって、誰も死なないこと!(爆)スケバン刑事も日本全国あちこちの学校に主人公が転校しては事件を解決(?)という流れなんですけど、同じ少女漫画でもあっちは著者が男性なせいか、人が死んだり犬に食われたり火に焼かれたり日常茶飯事でしたからね!なのでやじきたで番長連合がどうこうとか粋がってても、どっか子供のお遊びっていうか…ねえ…(ーー;)「自決しろ」とかいうから腹でもかっ捌くのかと思いきや単に他所の学校に転校していっただけとかさ。あのエピソードにはひっくり返りましたよ。おまいナメとんのか(ーー;)とてつもなく恐ろしい男…みたいな存在が登場しても、やらかした一番悪いことって他の男を叩きのめして病院送りにした程度だしさ。え、そこらへんはちょちょいと一人や二人、いや十人くらい殺ってこそ一人前の悪役なんでないの?(爆)せめて目を潰されたとか足折られて一生車椅子にされましたとか、はたまた可愛い妹がヤラれましたとか、そういうんなら復讐心メラメラ燃やして付け狙う設定も納得出来るんですけど…。そういうところがね…ああ〜少女漫画なんだなあ…としみじみと思ってしまうのですよね…。まあね少女漫画でもホラーとか色々ありますけど、当時一般受けするためにはこういう設定でないといかんかったんですかね。誰もヤラれず(爆)誰も死なず。

ま〜あと学生なのにどいつもこいつも言葉が古めかしいのがちょっとね…「そもじ」とか言う学生っているのかね(ーー;)そこまでやるなら普通に(?)時代劇にすればよかったんじゃないかと…それなら普通に人切りも出来ますしね(?)まあ時代劇にすると商業雑誌的にあまり良くなかったのかもしれませんが。でも設定的に色々無理矢理というか、悪役とか下っ端だって、結局みんな学生ってことはまあお家に帰ってお母ちゃんの作ったご飯食ってたりするのかと思うと興醒めですよね。みんな寮住まいっていう設定なのかもしれませんが。そんでみんな授業とかそっちのけなのね。金持ち設定のキャラはいいけど、そうでない人達は一体全体将来の展望についてどうお考えでいらっしゃるのかと小一時間。

あと喧嘩や殴り合いのシーンは山ほどあるんですけど、結局のところ喧嘩のメインは雑魚相手なんですよね。んでこれって別に成長物語じゃないから、どこぞで指導を受けて腕を上げてどんどん強くなる…という漫画ではないわけです。雑魚の集団と喧嘩して、毎回当たり前のように勝つ。なんとなくそれに飽きちゃうというかね。まあやじさんが最後のほうでちょっと新しい型(?)に触れてみたいな感じの場面はありましたけど、もう少しそういう成長要素があると良かったかな〜って思いました。つかワタクシやじきた読んでちょっと設定的に似てるな〜と思った漫画がスケバン刑事の他にもう一つあって。「カルラ舞う!」ていうシリーズなんですけど、これもコミックス最初の方は持ってるんですけどそれがどんな漫画かっていうとぶっちゃけやじきたのオカルト版なんですよね。主人公が双子で代々幽霊退治(?)を引き受ける家系に一人分の力を二分して生まれてきたっていう設定なんですけど、やじきたみたいに双方強いってわけじゃなくて一人は頭脳派もう一人は体力派みたいにきっちり役割分担してるんですね。で、その漫画は当然人がガンガン死にますし(笑)力を二分してるから一人一人だと半人前なのが、それじゃいけないってんで主人公二人もそれぞれ訓練して成長していく…という流れでして。絵や構成は勿論やじきたのほうが秀悦なのですが、漫画としてどちらのほうが面白いかと言われたらカルラかな…と言わざるを得ない。なんていうんでしょうかね、やじきたは結局誰も死んでないしそれほど困ってないっていう感じがしてしまうんですよね。学生時代をなんとか我慢して就職でもしたらみんな学生時代の良い思い出でしたって流せちゃう程度のトラブルなんじゃないのって。

というわけで面白くないわけではなかったのですがかなり好みから外れていましたという結果に終わりました(ーー;)次にまとめ買いしようと思ってるのは有閑倶楽部なのですが、うーん面白くなかったらどうしよう(ーー;;)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.