FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
疼いた話
別にえっちぃ話じゃないんですけど!(笑)なんかねも〜ホントに赤(仮名)さんも五歳になったことだし、幼稚園にも行き始めるお年だし、そろそろオタクライフをどうにかしたい、どうにか出来る筈なのでは…と思っているのです(ーー;;;)幼稚園に行き始めたってワタクシは日中お仕事があるから何が変わるって訳でもないんですが、このまま赤(仮名)さんの要求に振り回されてばかりで奴隷みたいな人生続けてられないヨ〜〜!!(><)正直言ってワタクシは子育てが辛い!超辛い!!だけどなんというか、子育て自体は別に辛くないんですよ。ただ子育てのおかげで趣味に全く手を付けられないことが超辛い!時間自体は作ろうと思えば作れないことはないのですが、時間があっても思考が子育てに全て奪われてしまうのが大問題。ちょっとでも暇があれば萌えエンジンをフル回転させ、小さなカットでもいいから絵を描き…そういうのが出来ないわけですね。でもワタクシ趣味が出来なかったらとても不幸せなんですよ。どんだけ健康で子供がすくすく育っていても、鬱で鬱で人生に意味が見いだせない…そんなおかしな塩梅になるわけです。そんでもって何の罪もない子供の顔を見ながら「こいつさえいなければ」とまで思ってしまうこの鬼母!

なので!どうにかして少しずつでもいいから趣味再開に向けて頑張りたいと思うのです!(><)

でもさ問題はどうやって趣味再開できるのかってことですよ。一番効くのは「他人の存在」ですけど正直日本のお友達はきっとどこかへ行ってしまった…というかワタクシ自身他所様のサイトを見て回ったり全然してなかったし、多分皆さん全く活動していないワタクシの存在自体忘れてしまわれておるであろう(ーー;)唯一ジャンルを越えてお友達だったH上さんも二年ほど前から完全に音信不通になってしまいましたし(メール出しても返事が来ない)何か新しいジャンルに飛び込んで一からお友達を作る、といってもねえ〜(ーー;)つ〜か今ここの日記を読んでらっさる方は何故ここにいらしてるの?(超失礼)いや純粋に疑問で、GWが好きですとかテラが好きですというのは勿論分かるのだけど、このサイトもう何年も死にサイトだしさ…見るとこないよ…(ーー;;)

とりあえずメルフォくらいは設置しようかなと思います。気軽に連絡出来る窓口があるのとないのとでは天地の差ですからねえ。そもそもこのサイトで設置していたメルフォが何故か機能しなくなってたのは非常に痛いですね。わざわざメルアドにメールするのって凄い勇気いりますけど、メルフォなら気軽に書き込めますもんね。というのは自分自身の経験から言ってもそうなんですけど。あのメルフォが機能してなかったのに全然気づかなかったのはワタクシ的には痛い!超痛い!きっとメルフォでメッセージを送ってくださった方もいらっしゃったに違いない…(ーー;)以前は契約してるヤフーのサーバが提供しているメルフォだったんですけど今回改めて設置方法を見直してみたところ、サーバ側に載ってるメルフォの設置のコードをそのままペーストしても指定メルアドにやっぱりメールが届かないんですよ。だから多分サーバ側の問題だと思うんだけど…。自分で作って設置したほうがいいんですかねえ。メルフォのコードを自分で打つってやったことないんですけど、きっと検索すればメルフォのコードくらいどっかで見つかる筈(ーー;)だけど検索でトップに出てきたのが、メルフォはメルフォなんだけど送信をクリックすると送り手のメールプログラムが立ち上がってメールを送るというやり方で…。でもメルフォってそういうステップを抜きにして送信出来るのが魅力なわけでさ。なのでメールプログラムを立ち上げないコードを探したんですけど、メールを送信するプログラム自体が他所のサーバに置いてあるという方式だったり、そういうやり方だとその他所のサーバに何か起きたときにまた使えなくなっちゃうだろうし…。かといって自分のサーバにプログラムを設置するなんてやったことないし出来るのかどうか(ーー;)

…と色々試行錯誤しようとしていたのですが、たったメルフォ一つのトラブルをどうにかしようという作業の間に赤(仮名)さんの邪魔が20回くらい入るわけで、もうホントやってられねえ〜!!使用前(!)はこういう作業を一日かけてでもじっくり出来たっつ〜のに使用後(!!)の今は全然無理!てなわけで今日はイライラが頂点に達しメルフォは諦めました。確か前回も似たような流れで面倒になって諦めざるを得なかったような…。それもさほんっっっっとにくだらないことで邪魔してくるわけですよ。まま〜!まま〜!まま〜!ってわざわざやってきてテレビの前に連れてかれて「赤(仮名)さんこのテレビ好き」とかさ(ーー)エピソード一つ(12分)見終わって「これまた見る〜!」ってリピさせられたりとかさ。そもそもエピソードが終わってないのに「これまた見る」って予告何度もされたりさ。ご飯なんかとっくに食い終わってるのに「まだ何か食べる」とオヤツを要求(これがエンドレス)とかさ。お前さえいなければ…っていう台詞が脳内に湧いては消えましたねマジで。同じ部屋にいるとテレビがガンガンかかってる音がうるさいし同じ部屋にいても別の部屋にいても数分おきくらいに邪魔が入って集中できないのは一緒(ーー)

というわけでまず手を付けようと思ったメルフォ作業があっさり挫折したので代わりに久々に自分のサイトを見てみたのですがなんか泣けました…。というかさあ!(大声)テラのほうは漫画がメインなわけですけど、漫画って本当に見返せなくなるもんですよね(ーー;)漫画って台詞とかストーリーとかがその当時の自分の内面を結構生々しく表したりして、昔の日記みたいなもんですよ。も〜超気恥ずかしくて見られませんヨ!!GWのほうはイラストがメインなので割と冷静に見返せるんですけど…。

なので冷静に見返せるGWページを結構じっくり見直したんですよ。GWのページって海外GW小説からイメージを貰ったものも沢山あるので、リンクを貼ってあるGW小説なんか読んでみたりしてね。で思ったんですけど、ワタクシがここまでGWにハマったのはやっぱり海外二次創作小説の存在が大きかったなと。だって今読んでも凄いカッコいい小説ばかりだもん!なんというか英語の言語としてのリズムとかテンポみたいなものがGWの世界観にピッタリマッチするんですよね。ドライでハードボイルド的な…。正直言って今はキャラとしてのヒイロとデュオには殆ど萌えないんですけど、リンク貼ってある小説類は今読んでも萌える!さすがです。

そんでワタクシの昔の海外版ブログであったLiveJournal(今はサイトからはリンク貼ってません)にまさに四年ぶりくらいにログインしてみたら結構スパムコメントがついていたのでお掃除しました。そしてLiveJournalのお友達ページに言ってみたら…相変わらずの地獄絵図(ーー;;)まず…お絵描きの皆様の絵が全く上達してなくて以前と全然変わらないクオリティだったのがね…。勿論他人様の絵のクオリティがどうとかケチつけるような立場ではないことは重々承知してますが、ワタクシがここで言うのはなんつ〜かそのつまり日本の方からはとても想像がつかないようなレベルのクオリティ(爆)の皆様のお話でして。好きで描いてるだけならそりゃ〜別にどうってこたあないんですが、それで相変わらずカネを稼ごうっていうんだからホントにね海外の絵描きはね…。迷ったけどもうねあまりにも久々の海外GWイラストクオリティに目がチカチカしたもんで、開き直ってリンク貼るよ!つ〜か見てくださいよこの絵(←アカウント削除されたみたいなのでリンク外しました)でポストカード一枚4ドル20セント。アクリルプリントに至っては50ドル!!! それとかこの方とか。ちなみにこの方もファンアートの注文受けて絵を売ってます。それから忘れちゃいけない刺青厨さんの絵!普通のアートとしては素晴らしいかもしれないけど、これってアニメキャラよ?これがGWのガンダムパイロットであるデュオ・マックスウェルさんなのですから…どう見ても若作りした痛々しいジイさんにしか見えねえんだけどヨ。というかここに挙げた人達は一応これでも海外GWファンダムでは一応名のある絵描きさんで、皆さんこのレベルでファンアートの注文受けてお金貰ったりしてるわけで。ぶっちゃけ日本だったらお金出す人いないよね。まあ絵描き的には別にGWジャンルが特殊ってわけじゃなくてどの海外絵描きも似たり寄ったり。結局アジア人はなんつ〜か遺伝子レベルで手先が器用なんでしょうね。

なんでここまで言いたい放題かって、このブログの初心者の皆様におかれましては当ブログのカテゴリ「海外オタク文化」をクリックして過去ログを全部読んでみるといいと思うよ!何故ワタクシがここまでヒネ曲がってしまったのか、その裏話をとくと味わうが良い!(ーー;)今になって思う、一体全体ワタクシはなんであんな長いこと自らに我慢を強いていたのか(ーー;)

それで更に地獄絵図だなと思ったのが、ワタクシ基本的にLiveJournalのお友達ページにはそんなに人数いないんですよ。全部で17人くらいなんですけど、その中の2割くらいが寄付・募金を募っていたこと。それもなんというか本当に単純に貧乏でお金がないから寄付を募っているという状態なんですよね。医療費とか息子の大学の費用とか生活費が足りないのでとかそういう理由で、SNSのお友達ページのお友達にお金下さいってお願いしてるんです。ああ…そうだよこれが海外クオリティ。大昔にブログでも海外ファンダムと日本ファンダムの文化の違いについて語ったときに触れたような気もするんですけど、海外オタクってホントに貧乏なんですよね。10ドルの同人誌一冊でもお金なくて買えないから来月まで支払い待ってくれませんか?みたいなやり取りが日常茶飯事。だからイラストやグッズの売買も含め、お金関係でのやりとり、それも「お金がないからグッズを売ります」「今お金がなくてグッズ買えないので少し待ってください」的な。でもさ普通にワタクシのリアル身の回りの日常的なアメリカ人を見てもみんな普通に働いてるわけだし、そういう生活の困り方をしてる人っていないわけですよ。なのにファンダム世界をちょいと覗いただけで本当に皆さんお金がないお金がないお金下さいってやってる状態なわけで。

でね今までは単純に日本人がそれだけお金持ちだからかな?みたいに考えていたのですが、この今も昔も変わらず生活苦に喘ぐ阿鼻叫喚なフレンドページを見てちょっと考えが変わりましたよ。つまり…この人達はただ貧乏なわけじゃなくて、オタク(もしくはオタク気質)だから貧乏なのでは?という仮説です。日本って普通の人がオタク、という言い方は変ですけど、大部分の人がオタクでも周囲から気づかれない程度に普通に社会人としての生活を営んでいるし、普通のサラリーマンが少年ジャンプ読んでてもなんともおかしくない図ですけど、アメリカ人のオタクって本当に見かけも性格も特殊な人が多くてワタクシ的にとても馴染めないんですよね(ーー;)そんでもってそういう特殊な気質の人達、つまり現実逃避に恐ろしくのめりこみタイプの人達が若い頃から、もしくは大人になってから、勉強に費やすべきな時間や大事なことに使うべきのお金をオタク関係につぎ込み、結果としてリアルな生活では落ちこぼれて貧乏になっていくパターンなのではないかと…考えてしまいました。そうでもないと説明つかないよこの海外オタクの生活苦(ーー)だってさ明らかに優先順位がヘンなんだよね。上のポストカード売ってる絵描きさん、本人もなんか肝臓の病気持ちでご主人が糖尿と心臓に問題があって、その上娘は何かの発達障害で障害年金を貰っているんですね。本人もご主人もレジ打ち程度の仕事しかしていないので、察するにその障害年金に家族がぶら下がっているという印象なんだけど…。その上に息子の大学費用が200万円。おそらくなんらかの奨学金などを貰っている模様で、自腹を切らなくちゃいけないのが80万円なんだけどそれが払えない。なので自分のイラストと本を売って息子の大学費用に充てるっていうんだけどさ。でもねこの人毎年ファンダムの友達+誰でも希望する人にクリスマスカードを送っているんですよ。印刷費用、封筒と切手代+手作りお菓子(多分)で五万円くらいかけてるんですよ。毎年。クリスマスカードを出すために一年かけて貯金してるんだって。絵描きさん一家を(経済的に)サポートしてくれるお友達の皆様のために感謝の気持ちを表すための出費なのでそれは構わないんだって。だけど日常の投稿では本当に毎回のように病気の問題や医療費&生活費の問題を常に書いてて、常に寄付のお願い&イラストやグッズ買って下さい的な誘い受けの罠を張りまくってるわけなんですよ。あとなんか多分Photoshop系のソフトを最近入手したので練習したいみたいなこと書いてるけど多分それも誰かが善意で寄付してくれたブツなんだよねきっと。ちなみに本人が使用しているノートパソも確かGW関係のお友達がくれた(というか寄付)中古だった筈。

ほんと、優先順位おかしいよね?ヘンだよね??(ーー)ワタクシもGWファンダムで活動してたときにこの人からクリスマスカードを是非送りたいから住所教えろって言われたんだけど、ホントごめんこの方の小説はまあまあだったから特に悪い印象はなかったのですが、この人のイラストつきカードなんか貰っても全然嬉しくないし貰ったとしても多分ゴミ箱に直行コース、イラストを貰ったことで御涙頂戴の誘い受けで寄付する羽目になるのもホント勘弁だと思って断ったんですよ。このクリスマスカードを皆さんに送るのにこんなに苦労してこんなにお金をかけました〜でもでも食事を抜いて節約し徹夜を重ねて頑張りました☆なんてプレッシャーいらねえでしょ。でもこの人しつこくてねえ…。いつもアナタのイラストにとても癒されてるからそのお礼として受け取ってほしい!みたいにゴリ押ししてきやがって。いらね〜もんはいらね〜んだよ!(ーー#)でもそんなことはっきり言えないから結局じゃあイラストをネットにアップしてもらってそのリンクだけ送ってもらうことにしたんだけど、見たら見たで「ステキですね〜」とか思ってもいない感想書かないといけないしさ。そのときもなんだかね〜ってモヤモヤしたわけなんですけど。

日本だとそこでニートになって親に養われてそこそこの生活レベルを維持出来るのかもしれないですけど、普通に親元から独立して仕事してる筈の結婚してる筈の海外オタがこうもそろって友達にお金下さいって募金募ってるのは本当に解せない…。また普通に仕事持ってて普通の生活水準の人達がそういう人達を助けようと寄付したりするわけなんだよね。恐ろしく不健康なネット友人関係と言わざるを得ません。まあね考えてみればアメリカって寄付&募金文化なんですけどね。以前の職場でも何かっちゅ〜と寄付お願いします〜なんてのが来てたし、年に一度はランダムにオフィスの誰かに白羽の矢が立って寄付を集める側に強制参加させられてましたしね。学校なんかでもしょっちゅう親からの寄付を募ってるし。でもさ友達から自分の生活費の寄付を募るってやっぱりなんというか一線をかなり越えてると思うんですよね。上のリンク貼った二人目の絵描きさんもLiveJournal覗いてみたらやっぱり医療費、というか何かの検査費用の寄付を募ってて…。

日本だとさ、絵がうまい人が星の数ほどいるわけで、「食っていけないから漫画家は諦める」みたいなのがてんこ盛りいるわけじゃないですか。でもこっちだと逆なんですよね。そのアニメや作品のファンなのは確かなんだろうけど、結局「絵を描けばお金を貰えるから描く」みたい事情の人が沢山いて。それで本当に上手けりゃどうぞお好きにって感じなんだけど明らかにそうじゃない人が大部分でね。サポートする方もする方なんだけど…。その絵描きさんの大ファン!というのなら勿論パトロン的関係もありだと思うけど、上の例に挙げた二人はそうじゃない。先に生活苦(ーー;)があって、お金が欲しいけどただお金下さいっていうわけにもいかないから(そういう人達も沢山いるけど)じゃあせめてイラストを描いてそれを売るという形に…という感じというか…リアルで低収入だから好きなファンダム関係のことをやってお金を稼げないかなという短絡思考というか、上手く言えないけど…絵描きだけじゃなくて字書きでもね、ファンダム用に描いた二次創作の小説を名前だけ変えてオリジナル小説として売るなんて人が珍しくないわけです。そんでもってそれを至極当然としてサポートする側にもモヤモヤしてしまうわけなのです。そんなに暮らしがドン底なら趣味にお金も時間も費やしてるヒマなんかあるほうがおかしいし、ファンダムみたいな不確かな世界でお金を稼ごうという方がおかしいでしょ?だって本当に才能があったら二次創作なんかやらなくたってこの絵描きの貴重な海外、幾らでも絵で稼げるわけですよ。だけどこいった人達は結局そこまでの力量がないから友人達の善意に完全に頼ってるわけでさ。そう!そこなんだよね、結局プロとしてはやっていけないのに、沢山のお友達の善意にぶら下がってお金を貰おうというその心持ちがモヤモヤするわけです。お友達の数は多ければ多いほど一人当たりの分担も減りますしね。大体そんな不確実な収入を得るために時間を費やしてるヒマがあったらまともな仕事掛け持ちでもなんでもしてもっと働くべきなんじゃ…と思ってしまう…。絵を描くのが好きだから絵を描いてお金を貰いたい…なんていうのは実際プロレベルでもなんでもないのだから言い訳にしか見えないですよ。

好きなものだからお金を貰わなくても描く、好きじゃないものはお金を貰えても描かない。こんなに単純な考え方が海外ファンダムで本当に全然理解してもらえなくて非常に苦しい思いをしたもんですが、それはやっぱりそうじゃない人が大部分だからなんですよね。

だからやっぱり海外でオタクやってる人達ってのは要注意だなって認識を新たにいたしましたね(ーー)以前はファンダムにどっぷり浸かってる当事者だったからよく分からなかったけど、こうして全く第三者の目で見てみるとやっぱりなんかヘンだよおかしいよ(ーー;)勿論きちんとした人も沢山いるんですけど、上記のような思考を許容している、(特に)絵描きのそういう考え方が許されている土壌というのがね。

あ〜そういえばワタクシをキチガイじみた勢いで叩きまくっていた刺青厨(過去の海外オタク文化日記参照)、Facebookとかにでも移行したのか最近は全然LiveJournalやってないみたいなんですが、一応覗いてみたら二年ほど前のエントリで精神病院に二週間入院してたって書いてあった(ーー;)パニック障害の発作を起こして救急病院に運ばれたらしいんだけど、ERでの二日間の観察入院の後精神科への移動を勧められたんだって。アメリカで二週間も入院なんていったら何百万、下手すると何千万の請求がくるんですよ!まともな保険に入ってるとは思えないし、。おそらくそういうのは親がカバーするんだろうけど(親はそこそこカネがあるらしい)なんかその前に自殺も図ったみたいだしホントにね。あ〜こんなヤツが重鎮絵描きとして祭り上げられてたような世界なわけだからね…。海外GWファンダムきっぱり切り捨ててホントに良かったよ(ーー) というかこの人はアーティスト志望?だから本名のサイトもあるんだけど、Facebookのアカウントってまだ持ってるのかなと思って検索してみたら本人ぽいアカウントを見つけた(以前働いてた店と卒業校名が一致しているので多分本人)んですけども…検索で出てきたプロフィールに既婚って書いてあって…その相手の名前が女性の名前だったんですけれども…(ーー;;;;)ヒイロヒイロってあんだけ大騒ぎしてたあの刺青厨が本当にレズ婚したんだったらそれはそれでなんちゅ〜か…。

……。

まっワタクシには関係ないし!全くの!無関係な赤の他人だし!(晴れ晴れ〜)(^0^)ノ☆まあね刺青厨さんのおかげで引っ越し前のリアルキチガイにも冷静に対処出来たし、今から考えてみたら刺青厨さんとのゴタゴタなんて肥やしですよ肥やし(^。^)

というわけで久々に海外GWファンダムを覗いてみたらえらい毒気に当てられちゃいましたよっていうお話でした。ここまで書くのに50回くらい中断されて二日かかったんですけど、もうもう海外ファンダムを覗いてみて物申したいことが山のように出てきたので怒濤の勢いで書き終えた!メルフォは…仕事サボりながらぼちぼち調べてみます(ーー;;)あ〜疼いた話って、絵を描きたくてウズウズしてきたってだけじゃなくて、昔の古傷が疼いた話ってことで上手く繋がりましたね(笑)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.