FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
いつもの一丁上がり(ーー;)
誰も喜ばないバッチィ手塗り絵が出来ました全くもっていつものクオリティ(ーー;;;;)ワタクシが客だったらアナログイラストなんてど〜でもいいから漫画描けよ!って思いますけど、この日々生活に追われる人生でそうポンポン漫画のネタが出るもんかい(ーー)と常に脳内で言い争っておる訳です…。

←こうやって縮小されてると綺麗に見えるし、実物は手描きというだけで迫力が2割増しという感じで割と悪くない(…)んですが、写メ撮ってファイル送付したりサイズ変更したりの段階でどうしてもなんか画質が落ちるみたいで、画像をアップするたびにボケボケになっててほぞを噛むワタクシでございます。そんなにこだわるならスキャナくらい買えば、もっと高品質のソフトでも使えば、って話なんですけどまあそこまではしたくない(ーー)(要はめんどくさい)

カラーって塗れば塗るほど良くなるわけじゃないんですよね…。大体いつもどこまで塗るかって紙が教えてくれるというか、「もうこれ以上物理的に塗り様がない」的なところでいつもやっと止まるんですけど、も〜ちょっとこう、その前に止まれないのかっていうか、もっとマシな色塗りのやり方があると思うんだけどもいつも行き当たりバッタリに描いて塗ってるもんでクドクド〜な感じです。言い訳までくどい!(笑)

その上今回は明らかにデザインミス…。森のイラストにすることは決めたんだけれども、二人が揃って立ち並んでいる図がどうしても浮かばなかったのですよね。多分ワタクシの脳内の二人の関係が対等じゃないからってこともあるんですが、じょみは生命、ブル〜様は過去の人もしくは亡霊的なイメージがどうしてもあるので、みずみずしい森林の中に立っているブル〜様がいまひとつ想像しづらいのです。でもじょみ一人だけじゃ〜寂しいのでちょっとクラシックだけどムリヤリ画面にブル〜様をねじこんだらこうなったのですが、はっきり言って森の左半分が切れちゃって非常にバランスが悪くなりました(ーー)こういうときに画面を継ぎ足せないアナログは超不便です(当たり前だ)

あとね〜最近はポーズつけるときに、「竹宮風」を意識して奇っ怪…いやそのつまりなんというか雰囲気のある感じにアレンジするよう心がけているのですが、ホント難しいですよね(ーー;;)竹宮漫画の登場人物って絶対揃いも揃って日本舞踊にバレエに演劇の経験があるに違いないですヨ(笑)皆さん一般人なら絶対にしないような感情表現を指先に至るまで全身で表している…っ(血涙)そういう芸術的素養の持ち合わせが一切無いワタクシが真似しようとすると訳のわかんないちょっと人体の限界を無視した格好になってしまいます(ーー;;;;)腰のあたりなんかなんどもなんども直したんだけど結局どこがどうなってるのか全然わからないまま誤魔化したというね(ーー;;;;)ネットでいろんなヌード写真の見本見てもなんか男の腰まわりの骨格と筋肉がどうなってるのかイマイチよくわかんないんですよね…ワタクシの立体認識能力が明らかに足りないんだと思うんですけど。かといって宿六に「ちょっとアンタパンツ脱いでそこらでゆっくり左右に腰振ってみてよ」などと言おうものなら明らかに夫婦の危機(爆)よく大学とかの美術の授業で人体スケッチの時間があるらしいですけど、ちょっとああいうのホントに受けてみたいです。若い男性限定で。東洋人で細マッチョだとなおよし(笑)特に臍から腿にかけてのラインが毎回毎回謎なので(ーー;;;)人種とか人によって筋肉の流れが全然違うので混乱するんですよね…。まあそこまでこだわるような大作を描いているわけでは決して無いわけですが(^^:)

なんかこのイラスト描き上がってから改めて見てみるとじょみが妖精さんぽいですねえ…。本編と逆バージョンでじょみを脳内に取り込んだブル〜様がじょみに会いに久々に自分の脳内に潜り込んでみたら以前は寒々しい砂漠だったのがじょみが来たおかげで勝手に瑞々しい森林が育っちゃってアラ大変!みたいなしょ〜もないイメージが出てきました(笑)それよりもフツ〜にパラレルで、じょみが森の精みたいな何かで強大な魔力でもって迷い込んできた旅人を惑わせては色々やるんですよ。じょみはそもそもはちっぽけな妖精さんの一人に過ぎなかったのだけど、ブル〜様に恋焦がれるあまりに強大な魔力を身につけるようになってうんぬんかんぬん。でももともとの森のつくりびと(今勝手に考えた言葉)であるブル〜様には絶対逆らえない、みたいな何か。ブル〜様は普段は深い眠りについていることで森を維持しているのだけど、じょみの悪戯があまりに過ぎたおかげで森の均衡が崩れ、目を覚まし初めてじょみに出会う的な運命の出会いとかなんとか。強大な魔力であっという間に全てを元に戻し、また眠りについちゃったブル〜様にじょみは強烈に恋をして、魔力を磨いてすんごい実力者になるんですね〜。自分が森の支配という重責を担えるようになればブル〜様の負担が減って起きていてくれるんじゃないかっていう考えです。あ〜健気でいいですねえ…たとえ腰つきが多少おかしかったとしても(爆)あ〜これがまだチャットやってた時期だったら皆さんの合いの手に乗せられてツルツルとお話が即興で出てきそうなのに残念!一人で座ってるだけじゃ〜サッパリエンジンかからねえ(ーー)前に書いてたあおむし妄想を昨日読み返してみたんですが、なんか文章がキモくてあちこち直さないととてもアップできそうにありません(ーー;;;)基本的に日本語もかなりヤバイですよワタクシ(ーー;;;)




今このブログを書くBGMにデュランデュランのライブビデオを流そうとYoutubeつけたら映画「Alien-Covenant」の広告が流れましてね。「Prometheus」つまりエイリアンの前日譚の映画の続編(ややこしい)が今年の春に公開されるらしいのですが、その広告に目が釘付けになりましたよね。マグニートの中の人がデイビット役で復活してましたからね!(鼻息)そんでまた今回の役も腹に一物ありそうな感じでそれがすごく良かったんですよ〜♪♪♪(#^^#)よく考えてみたらね、せっかくマグニートの中の人が主役だったのにAssasin's Creedの映画がいまひとつだったのは、役柄的に彼が完全に被害者役だったからんじゃないかな〜という考えに至りました。X-MENファーストクラスのときはマグニートが色々と腹黒かったじゃないですか。そんでチャールズと出会ってその仮面がちょっと剥がれて彼の優しが引きずり出されたような、そのアンバランスなところが良かったんだけど、善人(?)役を演じるとそんな彼の良さが半減してしまうんですよね〜〜。個人的にマグニートの中の人が一番かっこよかったな〜と思った映画は、「Haywire」っていう女性が主人公のアクション映画。当然ワタクシの好みの映画ではないわけですが(笑)浮世の義理でね(ーー;)レンタルで観たんですけど、チョイ役で出てたんですよ。女主人公はなんらかのエージェント(超うろ覚え)なんですけど、他のエージェントと恋人役を装ったコンビを組んでの任務で、任務途中にホテルに泊まるんだけどそこでその相棒がいきなり裏切って主人公を殺そうと襲いかかってくるんです。それを主人公はそれを返り討ちにするんだけど、その裏切ったエージェント役。イケメンですんごい紳士で完璧に主人公をエスコートして部屋に入った途端にそんなそぶりを全く見せずに一気に殺しにかかってくる、その裏表にシビれたんですよねキャー素敵(>3<)そういえば「Inglorious Bastards」にもチョイ役で出てましたよね。スパイだったんだけど結構すぐ殺されちゃって。あれも割とかっこ良かった。X-MENファーストクラスのときも登場時点の一癖も二癖もありそうなところが良かったんで、X-MENアポカリプスの腰抜けの彼には本当にがっかりですたよね。本当に。心底がっかりでした←大事なことなので以下略 だからマグニートの中の人が出てればどんな映画でもいいってわけじゃないんですよね…。そういえば彼が主人公でえっち中毒という設定を見るからに恐ろしくエグそうな映画もありましたよね(ーー;;)あの映画が公開されて彼のナニがデカイという話題でインタビューやらなんやらが持ちきりになったんですけど、その映画観たらマグニートの中の人のナニが見られるっつ〜ことなのかしら…(ーー;;;;)そんなにすごいんならちょっと見てみたい気もする(笑)でもあらすじ的にワタクシの好みの映画ではなさそうなのでお金を払ってまで観る気がしない…。

つまり何が言いたいかっていうと今年の春に公開される「Alien-Covenant」には結構期待できそうな気がするのです。ハァ?エイリアン?そんなもんどうでもよろしいせくすぃな彼が見られるならば!(ーー)(オイ)「Prometheus」は大したバカ映画だったような(酷い)記憶しかないのですが、なんかあの映画の無性にデイビッドが見たくなったんでこっそりItune Storeで買っちゃおうかな〜と思っています。そんじゃこれアップし終わったらItune Storeに走るんで皆様ごきげんよう!(ーー)ノ” 萌え探求のためなら手間は惜しまん!ちょっと元気出ました(笑)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.