ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
同僚の離婚話(ーー)
相変わらず毎日毎日ポケモンやりながら犬の散歩してたわけなのですが、今朝はどうしてもログイン出来なくてですね。正確に言うとログインしようとすると最新Verにアップデートしろって表示が出て、アプリストアに行くんですけれども別に最新Verがストアに出てなくて手詰まりというね。

だけどよくよく詳細を見てみると、その最新バージョンとやらはどうもiOS8のサポートはもうやめちゃった、らしいのです!!!つまり…ポケモンをアップデートするには〜iOSをアップデートしないといけなくて〜。今使ってるのはIphone6なのですが、iOSをアップデートすると色々と不具合が出るという話…。ということは新しい電話に買い替えるまではポケモン出来ないってことじゃあなくて奥様?(ーー;)電話の残り容量が4.5GB、iOS11は既に勝手にダウンロードされてて1.7GB…不可能ではないけれども…(ーー)ちょっと考えてます…。今までは携帯は大体二年おきくらいに買い替えていて、それを考えると丁度買い替えの時期ではあるんですけども…。以前は携帯会社が二年の契約をすると新しい機種をディスカウントの値段で購入出来たのですが、今どこの携帯会社もそういうサービスを一切止めてしまったのですよ。つまり正規のお値段で買うしかない。だけどIphoneって7ですら$600はするし、8やらXやらだと$1000近くはする!二人分の買い替えをするには痛過ぎるお値段(ーー)

というわけで色々と方向を決めるまでポケモンはお休みになりそうです(ーー)チキショ〜Iphone6なんてそんなに古くないじゃねえかよぉ…(ノ_;)





そういえば今週聞いたちょっと個人的にショッキングだった話の話をしよう(←尋常でない日本語スキル)

月曜日はV大学でミーティングがあったので行って来たんですよね。で、以前の職場の同僚がまだ少しあちこちに散らばっているのでそういう人達に挨拶しに顔を出したりすることもあるんです。今週会ったのはそんな元同僚の一人であるCさん(♂)最近お仕事関係ででちょっとお手伝いしてあげたこともあって、今度コーヒーでも奢るよ!って話になってまして。キャンパスの中にあるスタバ系のカフェ&ファーストフードのお店に出向きました。ワタクシはコーヒー飲まないので紅茶を奢ってもらったんですけど。それでしばらくは仕事関係の話や子供の習い事の話なんかをしてました。

Cさんには子供が三人いてアメリカですから例のごとく共働き、上の子が我が家の赤(仮名)さんと同い年の7歳、そしてしばらくは一人っ子だったのですが二人目を作ろうって時なんと双子が生まれて結局7歳の女の子と3歳の男女の双子のお子さんがいるのですね。さすがに育てるのは大変だから、フロリダに住んでいた奥さんのお母さん(Cさんの義母ですね)が近所に引っ越して来て子育ての手伝いをしてくれているのだそうです。家の庭にもプールを作ったらしいし、車も結構良いのに乗っててまさに順風満帆、上手くいってるなあ〜なんて思って羨ましげに傍観してたんですよね。

ところがそのCさんが「ところで新しいゴシップ聞きたいかい?」などと聞いてくるので、ゴシップ大好きなワタクシはウンウンなあに、聞かせて聞かせて是非是非!と乗り出したところ。

「実は離婚することになったんだ」



んっがっぐっぐ


唐突に落とされた核爆弾に脳内でサザエさん化してしまったわたくし(@。@;;)飲んでた紅茶が気管に入るところでしたよヤバかった(ーー;)こんな深刻な話題のときに鼻から紅茶を噴き出そうもんなら一生の恥!

しかしワタクシはここでひとつ皆さんにお伺いしたい。こんな時に聞き手は一体どのような顔をしてどのような反応を示すべきなのか、いつもワタクシは疑問に思うのです。今度誰かに聞いとかなきゃ!と思いつつ、大体そんなの聞く事自体忘れちゃって何の準備も出来ていない頃にこのような爆弾が(涙)頭の中で取るべき反応を色々と考えつつ結局何も実行に移せないままアホ面を晒していただけでしたよ。というか下手に表情作れねえ!とか思いながら鉄面皮になってしまったというかなんというか…。それは御愁傷様です、的な一言くらいは言うべきだったような気はするのですが、まあ仕方ない(ーー;;)

とにかく一番気になるのは、子供達の事ですよ。なんたって三人!奥さんに取られちゃうのかな?と聞いてみたところ、それが一番の問題なのだとか。別に親権で争っているわけではないらしいのです。今現在は親権は50%・50%。日本とは違って、ドラッグや暴力などの余程の問題が無い場合、親権半々というのが割と離婚家庭のスタンダード。C夫妻(元夫妻というべきか)の場合は一週間ずつ交替制で、今週はCさんの家で子供達が暮らし、来週は奥さんの家で暮らす、という塩梅だそう。奥さんは最初は母親のアパートでしばらく過ごしていたそうなのですが、今は自分のアパートを借りて住んでいるとか。今のところ子供達は離婚についてあまり理解している様子はなく、新しいお母さんの家でお泊まり!みたいな感覚だそうです。ちなみに離婚については書類は既に提出してあり正式に成立するのは今週だとか。

しかし、どうも最近になって奥さんが親権いらないようなことを匂わせてきたようなのです…。可愛い盛りの子供三人の親権を100%Cさんに渡したいというようなことを言って来たのだとか。ちょっと信じられない…(ーー;;;)でもそもそもそれが離婚の一番大きな原因だったようなのですね。別に喧嘩が多かったわけでもない、経済的にも問題はなく、ドラッグや酒や借金もなく、今のところは男の影もなさげ。ただ奥さんは自由に生きたいらしいのです。自由にって…(ーー;;;)子供三匹もこさえて言う事か?!?!って思うのですが、どうも上の娘がやっぱり3歳あたり、丁度オムツがとれて可愛い盛りの頃にも同じことを言い出していたようなのですね。そのときは何度も何度も話し合ってやり直そう、ってことになって二人目の子供を作った訳です。二人目の筈が双子になっちゃったわけですが。で、その下の双子がやっぱり3歳になってオムツがとれ、可愛い盛りになって来た頃に「これは私の求めていた人生と違う」と言い出して、今度は本当に実行に移してしまったのだとか。要は子育てが耐えられないということなんでしょうけど。

もともと奥さんは結婚願望もなかったみたいで自分が無理に結婚したから…みたいなことCさんが言ってましたけど、まあ奥さんだって大人ですから別に強制されたわけではないでしょうよ。しかも子供を2、3人も作るに至っては、おまい今頃になってそれはないだろうって感じですよ。そういうのは子供を作る前にしていただきたい(ーー;;)しかもわざわざ自分の母親を呼び寄せて子育て手伝ってもらってるわけだし。しかも奥さんも働いているわけですけど、元から家計もきっぱり別家計だったのだそうです。つまり、奥さんは自分の学生ローンや自分の車のローンは払っていたけれども、家のローンやら食費やら諸々全てはCさんが出していて奥さんは一銭も出そうとしなかったんだとか。え(ーー;)それって最初から危険信号だったのでは??(汗)むしろ今現在奥さんはCさんに養育費を払っているので、今のほうが奥さんからお金が入ってきている状態、なのだそうです。

ほえええ〜(絶句)

そして奥さんはFacebookやってるらしいんですけど、早速(?)旅行三昧だったり女友達と飲みに出歩いたり、子供がいる母親とは思えない勢いで遊び回り人生を謳歌している状態だそうで…。

なんつうか…。

一人で暮らしたい!っていう気持ちは勿論ワタクシも厭ってほど分かるのですが、それを実行に移した上に一人暮らしが楽し過ぎて子供いらんから親権全部譲るわ〜ってなんかちょっと共感しにくいというか異星人みたいです…。百歩譲ってこれが父親ならまだ分からんこともないのですが、実際にお腹を痛めて子供を産んだ母親が…。子供に無関心…。いや、一緒にいるときは普通に可愛がっているようには見えたらしいのですが…。100%親権を譲り渡すってことは例えばCさんが遠くに引っ越して子供達に全く会えなくなっても全く問題無し!って宣言してるのと一緒ですよ。実際Cさんはペンシルバニア出身で両親も兄弟も皆そこに住んでいるらしく、親権100%貰えればそこに引っ越すことも勿論可能なわけで。勿論虐待とかもしていない、一見良識的な普通のお母さんですよ?それが別に子供に会えなくても困らないし〜ってちょっと…生き物として凄く異質な人な気がする…。奥さんは39歳で、若くて遊び足りないなどという年齢では勿論ありません。ミッドライフクライシスってやつですかねえ…。女性には珍しいけど…。

まあ勿論子持ちが離婚なんてどこにでも転がってる話で珍しくもなんともないわけですが、実際に身近な知り合いにそういうことが起きるとお、おう、ってなりますよ。奥さんには二回しか会った事ないのですが、普通の人に見えましたしね。ぶっちゃけ非の打ち所なんざ無い、絵に描いたように幸せそうな家族に見えた(ーー;;;)ちなみにCさんは一言で表現するなら「穏やかな人」です。つ〜かその日だってそれまでずっといつものようににこにこしてて、そりゃアレ?ちょっと痩せたかな?とは思ったのですが、正直そんな重たい話を持ち出されるとは露程も思っていませんでしたよ!


まあ実際問題として本当に子供達三人の親権を貰ったとして、シングルファーザーが一人で小さい子供を三人育て上げられるかといったら、まあ不可能じゃないだろうけど大変すぎる(ーー;;;;)アメリカだから残業みたいな概念は殆どなく、夕方の5時半くらいには帰宅出来るそうなのですが、その後ご飯作って子供三人の面倒みて翌日の準備もしてやって、って一人で毎日やらないといけないなんて(ーー;)その上子供の習い事もありますしね。今は上の子しか習い事してないけど、、下の双子が習い事、それも別々の習い事なんか始めたとしたらとてもCさん一人で送り迎えは無理。しかもCさんが病気にでもなったら子供と幼児三人どうにもならない…。ウチも近くに親戚やらなんやらいないので人ごとじゃなく、我が家がもっと近かったらいくらでもお助けしたいところなのですが、残念ながら家の距離がね…Cさんは我が家から車で50分くらいはかかる距離に住んでるので現実的じゃないし…。元義母さんが上の子(私立)のお迎えをしてくれてCさんが義母のアパートに迎えに行くくらいの手伝いはまだしてくれているらしいのですが、元義母さんは自分の娘の決断(!)に協力的だったこともあってCさん的には信用しきれない敵。そこがさすがアメリカ人と言おうか、孫のために考え直して…などと諭すどころか、「貴女の人生なんだから貴女の思う通りの道を行き、生きたいように生きなさい」的な内容の義母から奥さん宛の手紙を自宅で見つけたんだとか(ーー)いくら自分の娘が可愛いからってさあ…孫に会えなくなるかもしれないとか気にならないのかなあ…それにしてもCさん四面楚歌(ーー;;;)

恐らく一番いいのは地元に戻ってCさんの家族・親戚の近くで子供を育てることなんでしょうけどね…。100%親権を貰えれば勿論それは可能。せめて在宅で仕事が出来れば少しはラクになるかも、とワタクシのボスにCさんを雇う可能性について打診してみたのですが、ボス的には今の時点で在宅スタッフをむやみに増やす気はなく、Cさんが引っ越してくる気があれば、という話でした。でも同じペンシルバニア州でもワタクシの職場とCさんの地元は車で5時間の距離。それも現実的じゃないのでそちらは残念ながら無理そうです。せっかくCさんワタクシと似たような職種の仕事をしているから良いアイデアだと思ったんですけどねしょうがないね。もうこれ以上ワタクシに手伝えることはない。もっと近くに引っ越してくるなら出来るけど(ウチのあたりは学区が良いので私立に行かせる必要も無くなる)同じ引っ越すなら地元に引っ越したほうがよかろうとワタクシは思うし…。



いや〜それにしてもワタクシは自分が結構母親失格だなと思う事が多いのですが、世の中下には下がいるというか、自分も別にそう捨てたもんじゃないような錯覚を感じます(ーー;)世の中にウジャウジャ溢れてる完璧に見えるお母さん達も実はそうでもないのかもしれないな〜(ーー;;)



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.