ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
色実験
GWイチニやってたときは結構頻繁にやってた色の実験、行き詰まったいちみかでもやってみました。


うーん…。

正直なところ詰んだ感アリ(ーー;)色塗りを重視するあまり顔も変(ーー;;;)あとやっぱり水彩色鉛筆で水彩絵の具やカラーインクと同じように描こうと思うのは無理があるんだなということは実感できました。

水彩色鉛筆の弱点って大きく三つあると思うんだけど(多すぎる)

(1)発色が悪い
(2)滲み、ぼかしがうまくできない
(3)色を綺麗に混ぜられない

こんだけ弱点だらけだったら使ってる意味あるのかって(ーー;)水彩色鉛筆の取り柄っていったら安価で長持ち(減りにくいから)するのと持ち運びに楽ってことくらいですかね。今回の絵は割と普通の水彩に近づけられた方だと思うのですが、なにしろ発色の悪さはどうにもならないです。結局画像を取り入れてコントラストを強調するなど何かしらの効果は必須。まあなんだかんだ言って絵自体はアナログでも発表媒体はデジタルなんだし、色調調節したり結局デジタル作業は必要なんですけどね。こだわりすぎかなあ(ーー;)

でもなんか…見捨てられないんですぜ!水彩色鉛筆をさあ!!!(絶叫)
今更めんどくさいってのもあるし色々買って使いこなせなかったら無駄になるってのもあるし。お店で普通に売ってりゃハードル低いかつ実物見ればワクワクすると思うんですけど、買うとしたらアマゾンさんからだから今ひとつ心に準備をさせられない。今まで買った水彩色鉛筆のセットも勿体無い…まあ別に両方使ったっていいんですけども…。

あ〜だけどホワイト入れるのと入れないのとでは月とスッポンくらいの差が出るのは身に沁みて理解いたしました!ワタクシは一体今まで何十年もナニやってきたんだか(ーー)あのイラストもこのイラストも、ホワイト入れたらもっと素敵になったかもしれんのに…。ほんとなんつうか隔離された世界で一人で描いてるからよその人が一体何やってるのか全然わかんない(ーー;)最近はみんなデジタルだから更にわからない…。ごくたま〜に見かけるアナログ絵を見てアッ!!これって良い考えでは?!と気づくことが多いです。GW時代にでももっとよその絵描きさんの絵に注意を払ってればよかったのですが、当時は何しろ海外ファンダムが全てでしたので…。いろんな海外の小説に触れることが出来てやたらと想像力は広がりましたが、絵のテク的には全く伸びずじまいでございました。


たった今義姉からテキストが来て、義姉夫に癌の診断が下りたのこと。しかもステージ4で既にあちこちに転移している模様…。手術もできないからそのまま抗癌剤一択なんだろうけど、かなりまずい状態らしいです。夏あたり赤(仮名)さん連れて一度遊びに行こうかと思っていたのですが、明らかにそれどころじゃない状況…。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.