FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
お葬式行ってきます
週末のことを色々書こうと思っていたのですが、癌で闘病中だった義兄が帰宅直後に亡くなったとの知らせを聞いてちょっとそれどころじゃなくなり大わらわ。義姉や甥っ子達とあれこれ打ち合わせて葬式に出向くことに。宿六は赤(仮名)さんの春休みに赤(仮名)さんを連れて訪問することが決まり、私一人で葬式に行くことになりました。結局10ヶ月程度の闘病期間でした。クリスマスに会いに行った時にすでにこれは長くないなと思っていたのですが、春くらいまで保つような話だったのでまあ思ったより早かった、と言えるのかも。

つか宿六に何かあったら葬式出すの私だしさ…年齢的にも順当に行けば宿六が先に死ぬんだろうし。私が先に死んだ場合はもう私はそこにいないんだから宿六がどんだけ恥をかこうが知ったこっちゃない(笑)アメリカの葬式は義両親のしか行ったことがないので経験値は積んでおきたいものです。日本と全然違うしね。

アメリカは一般的に土葬なのですが、義両親も火葬を希望し義兄ももう火葬は済ませたとのこと。ちなみに火葬は日本みたいにお葬式の一貫でやるわけではなく、遺体を葬儀屋が回収にやってきて後日遺灰をお返ししますというやり方です。日本ほど葬儀に費用はかからないし日本のようにお香典はなし。お花やカードなどが一般的だけど、そのお金を代わりにどこぞに寄付して下さいというのも最近多く、義兄の場合も寄付先が記名されてました。行くだけで結構なコストがかかるので私は手ぶらです。

義両親の時は教会でお葬式があったんだけど、今回は葬儀屋さんでのお葬式とのこと。これもまた初めて。服装も日本みたいに皆真っ黒ではなく、まあ正直なんでもあり。色はできれば暗めが推奨だけど、義父が亡くなった時は「暗い色の服はやめてほしい」と義父自身の希望があったため(ーー;)下は黒でも上のブラウスなどはピンクとか赤とか明るい色にしましょう、と義家族からのお達しがあったのを覚えています。同僚も葬式の定番服はグレーだと言うし、まああとは何しろ寒い地域なので気温とも相談して…(ーー;)義姉によるとカジュアルでも何でもあり、らしいので黒のセーターとかでもよさげ。

fc2blog_201902221109043c0.jpgfc2blog_201902221109402a1.jpg弁当は流石に前々日の作り置きは無理なのでサンドイッチにしてサンドイッチバッグに絵を描いてあげました。中に赤(仮名)さん入れた二次創作(笑)です。なかなか喜んでもらえました(^^)こちらのサンドイッチ用(ランチ用)バッグというのは使い捨てが基本なのでわら半紙みたいにペラペラです。


一泊でサッと行ってパッと帰ってくるのでチェックインしないで済むように荷物も簡略化…。


拍手パチパチありがとうございます(^^)
Designed by aykm.