FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
けん玉弁当
fc2blog_2019111609275115f.jpgfc2blog_20191116092802b42.jpg来週は赤(仮名)さんの通う土曜日学校(仮名)で学芸会的なナニかが行われるのです。赤(仮名)さんの学年は日本の昔からある遊びを紹介しようというテーマで、赤(仮名)さんはけん玉のグループ。けん玉があんまり「らしく」できなかったのがちょっと残念。海苔でちょいちょい線を入れればもっとそれっぽくなったかも。ちなみにけん玉の玉をつないでいる糸?紐?はとろろ昆布を使ってみたのですが、水分を吸収して背景と同化してしまいそうな気がします…。

fc2blog_20191117004315026.jpgアメリカの食パンは超絶美味しくないので渋々食パンは家で焼いているのですが、昨日焼けたパンを切っていたら指も切っちゃって(ーー;)小さな傷だったけど思ったより出血した上に中指の先端なのであちこちにぶつかって地味に痛い…。このタイピングも非常に不自由しながら打ってます。パンは美味しくできましたけどね!今日は土曜日学校で使用させてもらっている大学がフットボールのホームゲームの日。色々混雑するので日中の建物の出入りは禁止、ということで控え実にこもるための弁当としてサンドイッチを作ってました。というかこのサンドイッチ思ったより大きかったので半分は宿六のために置いて来ましたけどね。冬場は食欲の制御が全く効かなくなるため、せっかく少し減った体重がまたガツンと増えちゃってねえ…かなりやばいですよこれは…。ウォーキングの距離も増やしたんだけど、やっぱり食事制限がグタグタだとどうにもなりませんね(ーー)




例のご主人が浮気しているご近所さんの話をそのあとまた更に聞く機会がありました。なんでかってと、最初に浮気の話を延々された時に奥さんがワイン勧めてきてさ。二人で一本開けちゃったんだけど、なんとなく話を聞くとご主人はすごく稼いでものすごく散財するけど奥さん自身はあまりお金がなさそうだし結構普通の経済感覚の持ち主なわけ。なので開けちゃったワインの分は補充しておかねば、と次に立ち寄る機会があった時にうちにあった頂き物のワインを一本置いてきたんですよ。そしたら「この間持って来たワインを一緒に飲みましょ!」と連絡があって、やはり断れず(ーー;)というか別にそのためにわざわざ出かけた訳ではないんですが、赤(仮名)さんとそこの子供達は仲がいいから遊びに連れて行くついでにワインを、という感じ。ちなみにこちらのお母さんはほぼみんな飲みます。今の所私の知り合ったアメリカ人のお母さんは99%は飲む人でした。これが駐在さんになると95%くらいは飲めませんという感じになるから不思議です。子供がいるから飲まないというだけでなく、一杯で気持ち悪くなるとか寝ちゃうという、体質で飲めませんというママ友がほとんど。ご主人は結構飲むのに不思議なものですね。

でもまあこれも浮世の義理というわけで行って来ましたよ。そんでその後の話を聞くハメに。

とにかく離婚したい奥さんと、闇雲に絶対別れたくないと言い張るご主人とでマリッジカウンセリングに行ってきたらしいです。あれやこれや話をして、カウンセリングから「宿題」が出たらしいのですね。やり直すためにお互いやるべきことリストみたいなものです。奥さんは自分に与えられたリストを全部実行したんだけど、ご主人は一つもやらないんだって。どんな項目があるかというと、例えば携帯の暗証番号を奥さんに教えるだとか、お金の出入りがどうなっているのかはっきりさせるとか、まあそんな感じのこと。つまりは基本ですね。しかしご主人は絶対にやろうとしない。奥さんがそれを話題に出すと機嫌が悪くなって怒鳴り出す。ご主人的にはマリッジカウンセりングに行って「あ〜サッパリした〜じゃあこれから新しいスタートね、これで愚痴はおしまい!」みたいなノーテンキな考えだったらしいのですが、現実として何も変わっていないのでこれじゃあやっぱりやっていけるわけがない、というわけで奥さんの気持ちはもう離婚一筋、らしいのですが。

その割に何も実行する予定がないらしいのが…(ーー;;)例えば子供のために我慢するとか決めたのなら、徹底して我慢するしかないし、離婚したいのなら離婚弁護士に会ってこれからの事を決めていかないといけないのに、結局奥さんは「…だからもうどうしたらいいのかわからないのよ〜」って言ってるだけでした…。まあいいんだけど…(ーー;;)

ただその割に奥さんが言ってることが結構変というか、例えば奥さんはディズニーワールドが好きなんですって。だから一年くらいディズニーワールドの近くに住んで、年間パスを買って、毎週週末に子供達三人とディズニー三昧なんてのも楽しそうなのよね、それくらい楽しんでもバチは当たらないわよねなんて言ってるんです。…そりゃ〜一人暮らしならディズニーでもなんでもどうぞって感じなんですが、そのために学校システムや環境の良くないフロリダに引っ越し、しかも一年後にはまた引っ越し、子供達にとって良い環境とはとても思えないんですが…たとえ週末はディズニー三昧だったとしても…。

それに奥さん、なんだかんだと二言目には自分の未来の恋愛を主張するんですよね。私は仕事に子育てに家事にこれだけ頑張ってる、だからこんな私の隣にはもっとマシな男がいるべき!貴女もそう思うでしょ?みたいなやつですよ。前にも散々書いたけどさあ…。そういうのは子育て終わってからにしたら…???そもそも最初の結婚の子育て真っ最中に変な男と恋に落ちて今の状況になってるわけでしょ…。なんで今一番大事なのが「新しい恋」なのか全く理解不能。どう考えても最重要事項ではないよね???

しかも!今回仰天したのがさ。年子でボンボン子供三人産んだのは旦那が避妊してくれなくて〜〜みたいなこと言ってたけど、なんとなんとなんと!

今の浮気旦那の二人目の子供を妊娠するまで旦那が既婚者だということを知らなかった、っていうんです。


…今なんて?


つまり…。


この奥さん
 ☆自分の娘がまだ小学生の頃にシングルマザーのくせしてバーで飲み歩き
 ☆そこで出会った彼氏とHしてデキちゃって
 ☆まだ小学生の自分の娘と住んでたアパートに彼氏を連れ込んで同棲
 ☆未婚のまま子供を産み(イマドキの自立したカップルを気取ったらしい)
 ☆その翌年にはまたもやデキちゃって
 ☆そこで初めて自分の彼氏が子持ちの既婚者だということを知った



…そんなアホなことってある?!?!


へええそうなの、よくある話…なわけないだろ(ーー#)


ひょっとしたら奥さん、全部承知の上での略奪婚だったんじゃないかな〜という疑惑が私の中でムクムク…。下手するといわゆるW不倫からの略奪婚だったかも…まあ仮にそうだったとしても奥さんは自分では認めないだろうけど…。

とにかく奥さんは今の旦那がどんだけ酷い男かっていうのを毎回毎回力説するんですが、新しい事実が判明するたびにレモンスカッシュのように迸るこの自業自得感たるや。

でもさ、ぶっちゃけ私ご主人に会ったことないんですよね。だからひょっとすると全てが奥さんの壮大なる虚言であるという可能性もいまだワンチャン残されてるわけでさ。仮にそうだったとしてももう驚かないよ…。世の中ホントに色んな人がいるからさ…。奥さん支援学級の先生をしてて、すごくいい先生なんだろうな〜ってのが伝わってくる暖かみのある人なんですけどね…。

でもねそれもね、仮に離婚して女手一つで子供三人育てるとなると、たとえ元旦那から養育費を貰っても生活はかなりキツキツになるわけですよ。先生の給料なんて大したことないからさ。だからもし本気で離婚したいなら転職も視野に入れてはどうかと提案してみたけど、それは速攻で却下されたんですよ。それはなぜかっていうと、休みが少なくなるから。アメリカの先生は日本の先生と違って学校が休みの日は先生も全部お休みなんです。つまり三ヶ月の夏休み、一週間の秋休み、半週の感謝祭休み、二週間の冬休み、一週間の春休み、その他祝日・祭日・土日全部お休みなわけ。だから給料が安いってこともあるんですが。そんで奥さんはそのお休みは絶対に犠牲にしたくないんですとさ。

じゃあ貧乏のままでいろよ

としか思えず。まあ確かにサマーキャンプやアフターケアに子供三人入れるとなるとかなりの金額になるけれども…上の子が中学生になったら(あと二年)子供達だけで留守番しても法的に許されるわけだし…。そもそも何も考えず三人も作ったのが(ry

つまりは奥さんの一番理想のシナリオとしては、連れ子三人(+大学生で家を出た上の娘一人)と共に自分を愛してくれる優しい金持ちの男と結婚すること。

らしい…。


まあね大人ですからね、貼り付けた笑顔でウンウン頷きながらワイン飲んで帰ってきましたよ。頂き物のワインはそこそこ美味しかったです、まる。

まあそのうち他所に(どこか知らんけど)引っ越していく人達だからね…せっかく子供達が仲良しなのがちょっと残念だけど…。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Designed by aykm.