FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
世の中には…
世の中にはナチュラルに頭のよい人が沢山いるものだとつくづく思うことがございます。

毎朝出勤前に犬と赤さんと散歩するんですけどね。珍しく宿六が朝起きて一緒についてきたですよ。それで散歩中は普段の首輪の他に、チェーンタイプの首輪をつけてそこに引き綱つけて散歩に行くわけなんですけどね。
←こういうやつ。そんで出がけにお隣のアホ犬…じゃなかったゴールデンレトリバーのハックルベリー坊やがハッフハッフとすごい勢いで駆け寄ってきたんですが、そのせいで宿六がうまくチェーンの首輪をつけられなくて、なんだか変な結び目ができちゃったんですよ。それで散歩から帰ってきてその結び目を解こうと頑張ったんだけどどうしてもできなくて、なんだか知恵の輪みたいにゴッチャゴチャになってしまったので、仕方なくチェーンの部分だけ外して職場まで持ってきたです。同僚沢山いるんだから、誰か一人くらい解ける人がいるだろうと思ってですね。

で、ミーティングに出かける前に同僚に「これ、解けるかどうかやってみてくれない~?」って渡してきたんですけど、帰ってきたら綺麗にほどけてて「10秒でできたよ」って言うんですのよ奥様!!!なんてこったい!「エ!ちょ、ちょっと、待って、え、えぇ~っホントにできたの、マジで?!(@。@;)」などと一瞬パニクりました(笑)あれだけ頑張っても解けなかったのに…っ。そんなに簡単にできたんなら目の前でやってもらえばよかった!

それはいいんだけど、なんだか心配そうな顔つきで「ところでそれってなんだい?」とか聞かれちゃってさ。え、なにって犬の首輪だけどって答えたらなんとなくほっとしたような顔をされました。なんじゃその反応は。一体なんだと思われたんだろうそっちのほうが心配です(--;;)言っとくけどSMが好きなのは二次元の中の話だけですから!(そんなこと誰も聞いてないヨ!)


ところで我が家の犬なんですけど、ビクビク小心者の犬なので、電気フェンスの概念をすぐ覚えて家の周辺からは出ない犬だったんですよね。だから頃合を見て電気フェンスはやめたんですけど、隣のアホ犬が平気で近所をうろつくもんで、つられてウチの犬もフラフラ2,3軒先の庭まで行くようになっちゃったんですよ。先週ウチの犬と隣のアホ犬が向かいの庭をうろついているのを見て、これは電気フェンスまた入れたほうがいいだろう…と思ってただいま実施中。そもそもね、ウチは電気フェンスあるけど両隣はなくってさ、しかも両隣犬二匹ずつ飼ってて、そいつらがウチの庭に来てウンコするんですよ。なのであほらしくなってきて電気フェンスやめたんだけど、どっちみち一匹対四匹じゃあウンコの量ではとても勝ち目がないから意味ないしね…。以前はウチの庭でウンコするのはウチの犬だけだったからマジメにウンコ拾ったりしてたんだけど、両隣で丁度同じような時期に同じようなサイズの大きな犬を飼い始めてから庭によそんちの犬のウンコが増えて(--)もう面倒で拾ってません。なので両隣の庭でウチの犬がウンコするのは大歓迎なんだけど、何の罪もない向かいの家まで遠征しちゃったら近所迷惑ですからねえ。

それなのにお隣の奥さんったら、平気な顔して向かいの糞さんの陰口たたくんですよ。いわく、向かいの糞さんはいつも犬を散歩させるときにわざわざウチやお隣の庭でトイレさせたりしてるわよいやぁねえ、恥ずかしくないのかしら、だそうです。でもさ、糞さんはそれでもいつもウンチバッグを下げててウンチしたらちゃんと拾ってるのにね。それにさぁ~隣のアホ犬はそれこそ向かいの糞さんところやウチやウチの向かいやらで平気で走り回ってしたい放題だよ?ウンコだってやりたい放題してるよ?あらやだ奥様お宅のお坊ちゃんの非行ぶりご存じない?ご近所では有名なのよぉ~…と喉元まで出掛かりましたがなんとか飲み込みました…知らぬが仏。そうやって立ち話してたその目の前で、隣のアホ犬はデカイウンコを我が家の庭でひり出していたわけですがね。隣の奥さんったら「ハックルベリー、だめでしょ!」って言うだけ。そんなに気にするなら拾えば?つかウチの庭とお隣さんの庭の間ってアナタんちのアホ犬のせいでウンコの地雷地帯が広がってて危くて横切れないわけですが。でも口先ばっかでお隣さん何にもしないのよね。家の掃除にお掃除メイドは雇うくせに電気フェンスにかけるお金はないんですものね。あらやだちょっと本音が出ちゃったわウフフ忘れてくださらないン☆当たらず触らずがスム~ズなご近所付き合いのコツだと思う今日この頃。


拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.