FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
五右衛門
五右衛門といえばワタクシの頭の中に真っ先に浮かんでくるのは某スパゲティチェーンレストランでございますがね。日本のファミレスとかダ~イスキ☆なワタクシ(^。^)まあそれは関係ないんだけど、さっきふと気がつくと宿六がアップルTVで「GOEMON」をつけてました。アップルTVの弱点は全部吹き替え版なこと(-3-)それはともかく、石川さんちの五っちゃん(誰だ)たらいつからこんなにスタイリッシュになっちまったのかね??つかこの舞台は一体全体どこの国?(--;)てな感じでチラ観してるだけですごくかゆ~くなってきました…。この色使いとか色のコントラスト無茶に上げましたっていう明暗、どっかで見た覚えが…と思ったら、実写版キャシャ~ンを撮った監督さんだったのですね。あ~キャシャ~ンもアレはかゆかったね、かゆかった…(-3-)でもこの色彩感覚といい美術といい、日本で作った映画ですって言われてもなかなか信じがたいものがありますよね。ハリウッド映画ですって言われたほうがすんなり来る感じ。だからどうだってことじゃないですけど(--;)今顔を上げて画面を見たら、お姫様みたいな人がどう見てもドレスに見えるお召し物を召してらっさいました。どこの星の日本のお話でしょうねこれは。宿六みたいにアホなアメリカ人が観たら「OH!これがジャパンのサムライか~!」って信じてしまいそうな気がします。というか既に今の段階で宿六はGOEMONってすごいNINJAだね~とかいってるよ…。でも確か史実の五右衛門って最期は釜茹でにされたんじゃなかったっけか。この映画でも最期は茹でられちゃうのかしらん(あまり興味なし)

そういえば堕天使のじょみ版のメモが書き掛けで残ってました。さわりはこんな感じなんですけど、つまんないかなぁ~。

天界では何もかもあらゆるものがとにかく白い世界です。磨き上げられた床、染みひとつない壁、家具にシーツに、天使達の着ている服ですら何もかもが白く、しかし誰も疑問など持つ者はおりませんでした。天使達の日々の暮らしはその心身の全てを天界の支配者グランド・マザーに掌握されており、彼らは押しなべて従順で疑問を持つということをしません。

天界に住む者たちは天使と呼ばれておりますが、実際には羽根を持つのは子供達のみでした。14歳になると『目覚めの日』と呼ばれる日を迎えるのです。目覚めの日に天界の子供達はグランドマザーに一対一のお目通りが叶い、そうして儀式を終えて大人になった天使達は羽根を失うのです。極まれに羽根を失わない天使もおりました。現在天界で確認されているそのような者達はただ二人のみ。天界の天使達を管理するマザー・イライザと、その申し子としてマザー・イライザの補佐を勤めるキース。それ以外の天使達は大人になると羽根を持たぬ成人として、まるで子羊のように大人しく管理された日々を過ごしているのです。

ジョミーはあと少しで目覚めの日を迎えようとしている、まだ子供の天使でした。子供ですので、その背中にはまだ神々しく輝く白い翼が生えております。目覚めの日を迎えるまでの天使の子供達はまだどちらかというとあどけなく、大人に比べると多少の好奇心を持ち合わせているものですが、ジョミーはその中でもひときわ好奇心の強い子供の天使でした。天使の子供達は、なかなか室外に出されることがなく育てられるのですが、ジョミーはいつも室内で遊ばされるばかりなのを嫌い、子供達ばかりが集められている建物から抜け出しては外で息抜きをするのが好きでした。



可愛いじょみを誘惑するブル~様にしようか、安易だけどじょみをシン様化させちゃおうか、ちょっぴり悩んでます。どっちに転んでもえち的にはやりづらい組み合わせになりそうだ(--;)


今TV画面を観たら主役級らしき人が上半身裸で天井からまっさかさまに吊り下げられて殴られたり拷問されたりしてました。ああ…これがワタクシの求めるシン様ですよ…(^3^)(大違)シン様もさ、こんな風にブル~様庇って捕まってうんとえっちなこととかわるいひとたちにされちゃえばいいのにねぇ…しみじみ。

拍手ぱちぱちありがとうございます♪
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.