FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
なんでないの
ワタクシは今憤怒に燃えております。

ここを見てらっしゃる方の中には、ご自分もサイト持ちという方が多いかと思われますが、WEB拍手を使ってらっしゃる方も多いと思うのです。WEB拍手って色んな広告が貼り付けてありますよねえ。オタの萌えゴコロをくすぐるようなグッズや書籍やCDなんかも多くて、流行を感知するのに(?)なかなか良い情報源ではあるのですが、最近よく見かける広告の中である書籍がヒジョ~にワタクシの癇に触るのです。

その本は何かというと、ズバリタイトルは「ちつ☆トレ」
内容紹介は↓以下の通り

「感じやすくなった!」「初めて中イキできた!」「彼が3回連続でイった!」「セックスレス解消!」そして……まさかのプロポーズも! 始めた人からハッ ピー報告続出! 女子力アップの最強エクササイズ『ちつ☆トレ』とは、3週間で"感じるカラダ"になるトレーニングです。基本のエクササイズから、オーガ ズムを得るための特別レッスン、極上の体位"ヌレポジ"まで完全ガイド。 セックスで感じない、痛い、ぬれにくい、などの自分自身についての悩み、そして、パートナーが求めてこない、彼とのセックスが苦手など相手との関係の悩み……自分が変われば、解決できるんです。 この一冊であなたのメイクラブが劇的に変わります! 今すぐはじめなきゃ!

これ、WEB拍手で広告するような本なわけ?そんでもって一体誰に向けて宣伝しとるのかね?色々厳しく突っ込みたいところですが、ワタクシが怒っているのはそこじゃない。

こんな本があるのなら、なんで「ちん☆トレ」がないのか!出せ!
(そこか!)

なんで女役(役?)ばっかり努力しなきゃいかんのか、男だってもっと努力すべきではないのか!ワタクシはそう思うわけであります!そんな本があったなら、たとえ若くて未熟なじょみだとしても↓以下のようなハッピー報告続出なわけですよ。

「ブルーが感じやすくなった!」「初めてブルーが後ろでイった!」「ブルーが三回連続でイった!」そして…「まさかのブルーからのプロポーズ!」ブルーが自分から求めてこない、えっちが苦手なブルーとの関係が悩みでしたが、僕が変わったことで解決できたんです。この一冊で僕とブルーのメイクラブが劇的に変わりました!全部「ちん☆トレ」のおかげです、「ちん☆トレ」ありがとう! ― ご愛用者じょみさん(14歳、仮名)の喜びの声

最初は経験値ゼロのじょみさんでも、この本を熟読しトレーニングを積んだおかげでやがてシン様に昇格し、ブル~様もうメロメロ!もうシン様のち○から離れられない!そんなテクニシャンシン様に生まれ変わるわけですよ。ブル~様を昇天させるために地道な努力を怠らない!そりが良い男の秘訣ですよ。「ブルー、今夜は寝かさないよ」的なシン様ですよ。そしてそんなこと言われて頬染めてついつい楽しみにしちゃうブル~様なわけですよ。シン様って(というか大抵の攻めキャラ)は大体テクニシャンと相場が決まっておりますが、もしちん☆トレみたいな本があったとしたらもっとこう具体的にシン様のどこらへんがどうテクニシャンなのか詳しい事情が掴めてよろしいと思うんですけど。つか本当にあったらワタクシも買うよ!(笑)というお話をチャットでしたら「是非ASIAさんが書いてください」ですって。一体皆さんワタクシを何者だと思ってらっしゃるのかしらねぷんぷん(ばかものです)

しかしアレですよ、「トレーニング」的な内容紹介を見ると、こんな感じの本(○つじゃなくて○んの方)いかにもキースが持ってそうな気がするんですよね。普通に健康法として…。むしろキースが「お前もこれを熟読してトレーニングを積んだらどうだ」とかいってナチュラルに恥ずかしげもなくシン様にプレゼントしそうです。そんな本渡されたシン様の痛々しげな視線に全く気づかないキースですよ。自分の体の筋肉ひとすじたりとも自分の意思で動かせないのが許せないキース、この本を読んで毎日真面目にトレーニングしてそうです。そんなキースは日課として自由自在に自分の○んでミニダンベル上げ下げしてそうです。つかメンバーズエリートの訓練メニューに取り入れてそうです。メンバーズがずらっと並ばされて、キースの前で○んの体操させられるんです。○んの動きが鈍いとその場でち○立て伏せ(!)五十回!とかね。一回やるたびに「サー、イエス・サー!」って言わされるんですよまさに阿鼻叫喚!そんな血の滲むような特訓を積んだ彼等メンバーズエリートがミュウの幻視に惑わされないのは当然の結果とも言えましょう。メンバーズは辛いね(ノ_;)キースって鬼ですね!(鬼はお前だ)

今日もミーティングの行き帰りは暑くて暑くて脳みそが茹りました(いつもです)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^。^)
7月14日シン様大好きさま
フランスの育児事情、大変興味深く読ませていただきました~。アメリカも赤ちゃんの部屋は大抵両親の部屋とは別室です。ウチはラッキーなことに夜泣きが殆どなかったので悩む必要もありませんでした(^。^;)海賊シン様は今回は出会い編なのでえちはありませんです。メリハリは大事ですよ(笑)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.