FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
BBQリブパ~ティ~
そんなこんなで土曜日はBBQリブコンテスト兼パ~ティ~でございましたよ~。

BBQ1.jpgこれがお昼くらいの風景。既に皆さん早々とテントとグリルの準備を済ませ、更に既にビールなんか飲み始めちゃってます。ここからだと小さくてよく見えませんが、既にテントの下では四基(基?)のグリルが機動中。それでは皆さんのグリルのお手元をそれぞれクローズアップしてまいりましょう。


BBQ2.jpgBBQ3.jpg←今回の優勝候補と囁かれているRさんの作業風景。Rさん、なんと朝の九時から準備始めてお肉を焼き始めていましたよ…。スモーカ~つきピッカピカの最新型グリルといい、長年のグリルの経験といい、手元にも迷いがございません。時々アルミホイルを開けては水とシロップのようなものをスプレーしてました。ちなみに左の写真の女性は奥さんです。

BBQ4.jpgBBQ5.jpgBBQ6.jpgこちらがいつもの顔ぶれ。去年はこの三人だけで競ってました。赤いシャツを着たお隣さんが去年の優勝者。皆さんスモークチップなど色々こだわっておられる模様。優勝候補のRさんはシラフだったようですが、こちらの三人は既にビール片手にほろ酔いな感じ。ちなみにワタクシはアウトドアでせっせと作業中の皆様を横目に、いつも通り赤(仮名)さんと犬、ついでにお向かいさんの下の子二人を連れて近所の自然公園へ。帰ってきてお昼ご飯を食べてから調理を始めました。他所のご主人と違って、リブ焼きだけにかかりきりになってるわけにはいきませんからねえ。

というわけで結局コンテストにはワタクシ含め全部で五人の挑戦者が揃ったわけでございますが、ワタクシは唯一インドアでオーブン焼き。
BBQ7.jpg←こちらが準備したマリネ液に前の晩から漬け込んだ様子でございます。ネットで調べたレシピにいつものごとく自己流で色々放り込んでしまったので量などは正確に思い出せないのですが、ケチャップ、赤ワイン、蜂蜜、摩り下ろしたまねぎ、摩り下ろしにんにく&しょうが、摩り下ろしりんご、そして粒マスタード。りんごやたまねぎは肉を柔らかくすると聞きましたので…。生のたまねぎが入っているのでマリネ液は味見するとピリリと辛かったです。でも調理すればマイルドになるだろうと適当に。漬け込むジップロックバッグがあまり大きくなかったので、リブは2ラック買ったのですが半分にそれぞれ切り分けました。

午後はサイドディッシュも作ったりとにかくバタバタしてたのですが、上のマリネしたリブをマリネ液ごとにんにくとローズマリーを入れてアルミホイルできっちりと包み、華氏300度に熱したオーブンで焼くこと二時間半。焼きあがったらアルミホイルを外して、Broil機能で表面だけ更に10分ほど焼き付けました。

ついでに3時過ぎくらいに急に空が暗くなって雷がゴロゴロいいだして、スコールのように大嵐に!グリルには蓋がついてるし一応テントの下だったから問題なさそうだったけど、横殴りの雨でテントの下でも濡れちゃいました(--;)しょうがないので目の前の我が家へ赤(仮名)さん抱っこして走って帰ったんだけど、もう全身ビショビショになりましたよ(--;)というわけで開催が危ぶまれたパ~ティ~でございましたが、一時間ほど降り続けたのちに雨はほぼ止み、なんとか外でパ~ティ~を始めることが出来ました。

BBQ8.jpg←見よ!これがワタクシの出品分。審判が五人いるんで骨五本分です。くじびきで番号だけもらって、審判は誰が誰のリブか分からない状態で審判だけ集まってRさんのキッチンで試食。なにやら見てくれも採点に入るってんで、ご近所の畑から摘んできたばかりのケールを下に敷き、ホクホク焼けたにんにく、そしてフレッシュなローズマリ~を添えました(^。^)自分で言うのもなんだけど、ジュ~シ~でお肉も非常に柔らかくて美味しかったです(^。^)美味しかったからまたそのうちに作ろうかな~と思って宿六に聞いてみると「僕はあんまりリブは好きじゃないから別にいいよ~」だってさ(-△-)ガツガツ食ってたくせによォ…。ワタクシの人生で最初で最後の幻のリブってことになりそうです。

…んでコンテストの結果なんですがワタクシは五人中四位…。まあしょうがないんですけどね、だってなんかワタクシのリブだけ凄く「コレジャナイ」感が漂ってましたからね(--;)つか美味しいことは美味しいんだけど、普通アメリカ人がBBQリブっていう単語から予想するようなリブからはかけ離れていたんですよね…。他の挑戦者のリブも食べ比べてみたけど、う~ん確かにスモークは効いてるけど、どれもこれもお肉としてはぱさぱさでした。でもきっとみんなそういうのが好きなんだね。審判の一人があとで「あなたのリブはビールには合わないけどワインには合いそうね」と言ってたので結局そういうことなのでございましょう。でも自分的には美味しく出来たので非常に満足。

BBQ9.jpgそんでもってみんなの予想通り優勝候補のRさんがやっぱり勝ちました(笑)去年の優勝者から光栄のグリルミトンを受け取るRさん。もう既に皆さんかなり酔っ払ってる模様。ちなみにとても余裕がなくてパ~ティ~の様子は撮れませんでしたが、結構人は集まりました。


そんでねまた来年もやろう!とか皆で盛り上がってたけど…もう来年はいいや~(--;)だって来年は「豚のテンダーロインと丸鶏にしよう!」とかいうんだよ。どっちか一つならいいけど、なんで二種類もやるんだよ!一個のほうが集中できていいじゃないかな~と控え目に反論してみたら「本物のグリルコンテストでは二種類の肉で勝負するのが普通」なんだってさ。エ~あんたら一体何を目指してんの…(-△-)野外のグリルならともかく、キッチンのオーブンでデカイテンダーロインとデカイ丸鶏を調理するのは非常に難しいので既にワタクシ気分的にはギブアップ。今回もどう考えてもワタクシの参加は場違いでございました。グリルって結局男の野外の料理なんですよね。頑張ってもお仲間に入れない…(--;)

そんでもってパ~ティ~中に今度は女衆が盛り上がってましてね。何で盛り上がってたかっていうと、「この近所でブッククラブを始めよう!」だってさ。ブッククラブ…日本ではあまり馴染みがないかもしれないけど、アメリカでブッククラブっていったらどういうことをするかっていうと、皆で読む本を決めて、定期的な集まりでその感想を言い合ったりする、まあホームパ~ティ~みたいなもんですよ。そんでね完全男性禁制なんだって!なんかそういう宣言するあたりでもうどんな集まりになるか想像つきそうってもんですよ。ホラ~小説とかならいいけど、ここらの奥さんが好んで選びそうな本はとてもワタクシには無理だな…それにワタクシ英語の本自体読むのが凄い遅いしね…。男は野外でグリル、女はブッククラブ…。どっちにも入れない(--;)どこまでいってもはみ出しモノのワタクシでございます。宿六も当然はみ出し者なんだけど、やつには色んな音楽仲間がいるから他の付き合いは必要ないんだよね羨ましいのう~。ワタクシもいつかもうちょっと生活を立て直して、もうちょっと自分の時間を取れるようになって、お絵描きとか出来るようになったらお友達また出来るかな…。あ、ワタクシは別にリアルでお友達を必要としてないんで目の前のモニタの中のお友達で十分なんですけどね(笑)まあでも働きながら子育て中の人なんてきっとみんなそんなもんだよね…。反動で老後はイタいオタばあさんになってそうな気がします(笑)

拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^。^)
6月2日シン様大好きさま
ワタクシは調理自体はエアコンの効いた室内でございました♪進撃はまだ6話までしか観てないのですが、ネットだとリヴァイとハンジの声がイメージが違うと非難ごうごうみたいなのでちょっと観るのが怖い感じです…。リヴァイにはそこまで思い入れないんですけど、ハンジは好きなので。今までのキャラは特に声に不満はないんですけどね。ワタクシは背が低い攻めもOKなので(年下攻めになってから好みが変わりました☆)攻めの背が低いこと自体は全然無問題なんですけど、リヴァイには萌えません…。むしろエレン攻めのほうがしっくりきますねなんたって年下攻めなので(^。^)でも受けポジション的に萌えるキャラがいません(きっぱり)むしろワタクシの路線でいくとリヴァイ受けってことになるんでしょうけど、やはり攻めと受けと両方に萌えないとカプは無理ですね~。男体化ミカサ…ミカサには女でいてほしいです(笑)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.