ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
懐かしポップソング
今ウイングページのトップに置いてあるイラストは、DuranDuranの「SaveAPrayer」っていう曲のイメージイラストなんです。
先月DuranDuranの「LiveInLondon」っていうライブコンサートのDVDを特に期待もせず買って見てみたら、かなり良くて(#@@#)皆さん結構お年が行っているというのにホルモン撒き散らす勢いでそれはそれはイケるDVDでございました。それでいきなりそうだDuranDuranの曲でイメージイラストでも描いてみようかなとか思い立って(笑)それでシリーズになっちゃったんですけどね。今五枚目を描いてます。ウイングページのトップは大体一月で交換しているので残り四枚は少しずつアップって形になりますけどね。

それで今描いてる最後の一枚が007のテーマソングだった「A View to A Kill」なんですけれども。確かこの映画の次に出た007の映画のテーマソングはA-haが歌ってたなと思って検索してみたんです。今便利な世の中になったもので、大抵のミュージックビデオはYouTubeで聞けるので便利ですよね。で早速聞いてみたのですが、これは随分と懐かしぃ~(@@)多分この時期の少し後くらいに渡米した…ような気がします。

ウチは上の姉がいわゆる洋楽かぶれで、その影響で日本にいた頃は聞くものは洋楽が多かったような気がします。当時は勿論CDなんてなかった時代ですから、レコードレンタル屋さんに行ってLPレコードをレンタルして、それをテープに録音したりとかそういう時代でございました。当時好きだったのはDuranDuranの他にカジャグーグー、ペットショップボーイズ、マドンナ、ワム、トンプソン・ツインズなどでございました(他にも多少あったような気がしますが…)

しかし渡米して気がついたのですが、日本で大人気!と売れているグループがこちらで必ずしも人気があるわけではないということ。というか、こちらで売れていても評判悪かったりとか…。Wham!が好きだと言ったら「えぇ~ワムが好きなの~あのねジョージマイケルは絶対ゲイだよ」と断言されてショックだったことを思い出します。当時は絶対そんなわけない!と反論したものですが、今になってみれば…ねえ…(^_^;)ペットショップボーイズなんか日本でコンサートにも行ったのですが、それを言ったら皆に笑われました(-_-;)エッこれって笑うところ?住んでいた地域が保守的なところだったせいか、マドンナも評判悪かったです。

そんな苦い経験も今では懐かしい思い出になりましたがね。

ちょっと話は戻るのですが、今回トップの「SaveAPrayer」(ビデオはこちら)のことなんですけどね。ワタクシ日本にいた頃はあまり歌詞の内容にはこだわらず、耳で聞いた感触で勝手に曲のイメージを決め付けていたようなところがございまして。あと今になるとしみじみ分かるのですが、日本で出てる対訳の歌詞って結構誤訳とかも多いんですよ。まあともかく、この「SaveAPrayer」ってメロディもちょっと物哀しげだし、コーラスは綺麗だし、ビデオもそれなりに繊細…な感じですし、神聖とまでは言わないけれども何か祈りを捧げるようなそういうウツクシイテーマの曲だと思い込んでいたんです。

で初めてこちらの街にできたカラオケボックスに行った時、ワタクシ音楽にも疎いからあんまり歌える曲がないんですよ。だから昔良く聞いた音楽とかにどうしてもなっちゃうんですよね、それで、早速この歌を歌ってみたんですよ。これならスピードも遅いからちゃんと歌えるだろうと思ってね。早い曲だとオクチが追いつかないから(^^;)でカラオケだと歌詞がちゃんと画面に出るじゃないですか。それを見ながら…。

(ーOー)………

この歌って…ワンナイト・スタンドの歌でした。_| ̄|○

歌いながらどんどん顔が曇っていくようでございましたよ。 ワンナイト・スタンドっていうのは、例えばクラブとかバーとかで出会った相手をお持ち帰りしてHしちゃうことですけどね。思っていたよりも低俗なテーマにかなりショック~今まで抱いてたイメージと全然違うやんけ!(ーー#)今までの20年を返して…(←大袈裟)

それでも長年抱いてきたイメージっていうのはすぐに変わるものでもないので、第一弾はこの曲にすることにしたんですけどね。状況としては、例えば最後の闘いの前夜とかってことなら一応本来のテーマにも合うしまあいいんじゃないかと…。

ちなみに思ったよりもDuranDuran好きだって人がLJのお友達には多くてこのシリーズはなかなか好評でございます。宿六はDuranDuran嫌いなんですどね(--;)
Comment
≪この記事へのコメント≫
私もちょっぴりショックでした(笑)
昨日仕事しながら、ふと80年代の洋楽が聞きたいな~なんて事を思っていたんですよ。なんで何の脈絡も無く突然そんな事を思ったのか自分でちょっと不思議だったんですが、ASIAさんのこの日記を読んでわかりましたよ。きっとASIAさんの萌えがビビビっと私に伝わって来たんですね。以心伝心。何万マイル離れていても、ASIAさんと私はラブラブなんだわ、と勝手に思ってしまいました(笑)。
ウイングページのトップのイラスト、神秘的な感じが素敵ですね。神秘的な中に描かれている、鍛え抜かれた二人のボディラインが個人的にツボでございました。ASIAさんの描かれるイチニはホントにカッコよくて私は大好きですわ!
それにしても『SaveAPrayer』、私も曲に対してASIAさんと同様な印象を持っていたんですが、まさかそんな内容を歌っていたとは全く知りませんでした。ちょっぴりショックを受けてしまいましたわ(笑)。
『A View to A Kill』は私も好きな曲なので、ASIAさんがどんなイラストを描かれているのか今からとっても楽しみです!!
今後のトップイラストの更新を楽しみにしていますね!!
2007/03/16(金) 21:02:11 | URL | 蓮上 #5uVkgEzg[ 編集]
Re: 私もちょっぴりショックでした(笑)
夕べは色んな80年代の曲をYoutubeで検索していてすっかり夜更かししてしまいました(=_=)蓮上さんにもこの気持ちが伝わっていたとはやっぱり愛ですね!(笑)

ViewToAKillは他の人(ボンド映画関係者?)と共同で作詞されたらしいんですが、歌詞が非常に抽象的で困りました(--;)
2007/03/17(土) 08:12:06 | URL | ASIA #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/17(土) 16:50:36 | | #[ 編集]
Re:私もすっかり
昔のイメージがそのまま焼きついていると、最近活動の様子とか見てショックな場合って結構ありますよね(笑)

ワタシの買ったDuranDuranのDVDはライブですし、そんなに老けてショック~!っていう感じではなかったです。確かにシワはかなり増えてましたが(--;)女性と違ってシワもカッコよく見えるのは男性の特権ですねえ。でもシワシワの顔でも一旦ライブが始まればホルモンムンムンでございました(笑)サイモンはちょっと太ったようですがジョンは一応痩せて見えましたよ。その代わりシワが深かったですけどね(^^;)それなりにカッコよかったです。

それよりもショックだったのはKajagoogooがつい最近(といっても二年前くらい?)新曲を発表したようなのですが、可愛い顔で売っていた(と思われる)ニック・ベッグスがかなり貧相な顔になっていたのはショックでした。それよりショックだったのはキーボードの人が殆ど変わってなかったこと(笑)加齢が出にくい顔の作りってあるんでしょうかねえ。
2007/03/18(日) 13:40:32 | URL | ASIA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.