FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
赤(仮名)さんにかかりっきり(--)
在宅勤務を始めてうっきうき☆のはずがちと浮かない顔の日々です皆様こんにちは(--)

何故…

何故せっかく在宅勤務を始めたのに…

なんで宿六の野郎が毎日べったりと家にいるんだべ(--)

ちきしょうめ!(奥様お口が滑った模様)

なんかね今まで毎日昼間の間に通ってレコーディングだのしてた相手が新しい浮気相手(!)を見つけて宿六は今ほったらかしにされた模様。あ、そのお相手ってのは今出してるシングルの仲間じゃないので特に問題があるわけじゃないのですが、ワタクシ的には大問題(--)宿六は大体二階にこもってて、ワタクシのオフィスとはまさに家の端っこから端っこって感じではあるのですが、せっかくおうちにいられるのに毎日宿六の気配を感じなくてはならないのがいやでいやでたまらんワタクシでございますよ。お昼ご飯だってさ…貴重な冷凍生ラーメンとかさ、普段食べられないものを食べたいわけですよ!だけど宿六がいたら多分「え~自分ばっかり」って料理できない自分を棚上げして色々言ってくるに違いない。そうに違いないヤツはそういう男なのですよ!(断言)だもんでなんとなく前日の夕飯の残り物なんぞを温めてこそこそと食しておるのですよ。今日はついでに宿六の昼飯も用意してやった(超えらそう)んだけど、毎日やったら味をしめられても困るですしねぇ色々考えちゃうね(--)昨日は食った後の食器すら流しに置きっぱなしでしたしね。ワタクシが家でお仕事してるのは宿六のお世話をするためじゃないんだぁぁ~!(絶叫)

まあ赤(仮名)さんのデイケアも近くなったことだし、近々お休みは取りたいところなんですけどね。オフィス用に本棚とか引き出しが欲しいし。少しずつ職場から私物を引き上げようと思っているのですが、しまうところがないので…。まあそんなに数はないですけど資料が少々にパソ関係の小物や文房具もあるし。



悩みのタネのもうひとつは赤(仮名)さんですよ。最初の数日はウキウキと新しいデイケアに通っていたのですが、だんだんと「行きたくない」とか言い出すようになってね(--)その上夜騒いで騒いで寝ない!まあ新しいデイケアはとにかく行き続ければ慣れるとしても、なんかこう全体的に「ちょ、あなたどうしちゃったデスカ?(@@)」って思うくらいに落ち着きがなくなってきちゃいましてね。実は新しいデイケアは前のデイケアに比べると食事の内容があんまり良くないんですよ。思い返せば、初めて昔のデイケアの献立を見せてもらったとき「え…こんなもの食べさせるの…」って思った思い出があるんですが、ほんと前のデイケアに土下座して謝りたいですね。メシの内容を馬鹿にして本当に申し訳ございませんでしたm(__)m アメリカの栄養事情をほんとナメてましたよワタクシは…。前のデイケアは5週間分の献立がネットで全部閲覧できたんですけど(そしてその五週間の献立が延々と繰り返される)今のデイケアは見学に行ったときにぺらっと一週間分の献立をもらったのみ。多分リクエストすれば毎週分もらえるのかもしれないけど、今送り迎えしてるのは宿六ですし、一週間分の献立を見ただけで栄養目にに関してはデイケアには全く期待できないのが良く分かります(--)つか幼児を預かる場所でこんなメニューなんだから、学校に行き始めたらどんな糞マズランチが出てくるのか考えただけでも恐ろしい(--)昼にどんなジャンクを食べても良いように、朝食と夕食はしっかりしたものを食べさせているのが救いです。

今回のデイケアの献立
月曜日:スパゲッティ・ミートソース、ほうれん草のバター炒め、ミックスフルーツ、パン、ミルク
火曜日:鳥ささみのフライ、オーブン焼きポテト、桃、パン、ミルク
水曜日:カウボーイ・シチュー(トマト、たまねぎ、豆、鳥ひき肉)、フルーツカップ、パン、ミルク
木曜日:ターキーのミートローフ、人参、みかん、ミルク
金曜日:モンスタースープ(トマト、人参)、チーズのホットサンド、アップルクリスプ、ミルク

…といった具合。緑の野菜って月曜日しか出てこないやんけ!(--)少なくとも前のデイケアでは毎日一種類は緑の野菜(ブロッコリー、グリーンピース、鞘インゲン、ミックスベジタブルなど)が出てきたし、ミックスフルーツだのフルーツカップだの甘く加工したフルーツはほとんど出てこなかったのですが…。パンは一応全粒粉のパンのようです。

法律で指定されたガイドラインも記述してあって、それによると肉か肉の代用品1.5オンス、果物か野菜かジュース4オンス、パンかパンの代用品1オンス、そしてミルク6オンス、がガイドラインとなっております。

もう一度繰り返します。果物野菜ジュース。なんで野菜と果物とジュースが同一線上に語られておるのか!!ワタクシは目を疑いましたよ。要するにりんごジュースを4オンス出しとけば野菜を出したのと同じことになるわけです。幼児食に国の定めるガイドラインがそんな寝ぼけたこと言っちゃってるくらいだからこの国の未来は真っ暗ですな…。このデイケアの献立ってちゃんとした栄養士さんが考えているのですと見学の日にやたらと大仰に言われたのですが、冗談はよしコさん。栄養士が考えてコレですかっていうね。アメリカの栄養士さんって一体ナニをお勉強してるの??この程度の献立を考えるくらいなら、日本なら資格なんかなくたってどこの主婦でも毎日昼寝しながらでもできますよ??

ちなみに大抵のデイケアは朝6時から夕方6時まで開いているところが多いので、朝早くから来る子供たちのために朝食も出ます。その朝食ってのを一週間分ずらっと書くとチーズトースト、マフィン、イングリッシュマフィン、レーズン・ブランのコーンフレークとバナナ、トースト&ジャム&缶詰の梨。

午後のおやつはクラッカーとチーズ、トレイル・ミックス(飛行機の中で出てくるプレッツェルみたいなスナック)、りんごとクラッカー、バニラ・ウエハースとヨーグルト、アメリカ版おっとっと(今もあるのかしら)+水かジュースといった具合。

家を一歩出ればこんな具合なので、自宅では野菜を沢山食べさせるようにしています。野菜もりもり食べる赤(仮名)さんで本当に助かった…。日本と違って給食の栄養バランスには全く期待できませんからね。毎週金曜日は食育の意味もあって、家でピザを作るんですよ。我が家にはパン焼き機があるので、生地だけパン焼き機で作ってですね。そしたら先週の金曜日は帰ってきた赤(仮名)さんが「今日はデイケアでピザが出た」って言うじゃないですか(--;)かぶった!つかデイケアでピザが出るのか…日本の保育園では出ないですよねピザなんてさ。まあ前のデイケアでもハンバーガーは普通に出てたですけどね。バーガーといっても脂ぎってなくて市販のハンバーガーよりはずいぶん落ち着いた?バージョンでしたが。「ママのピザのほうがおいしいヨ~☆」って言ってもらえたのが唯一の救いというかなんというか(--;)

ちなみに普段の朝御飯は下記のような感じ。
 りんご一個
 具沢山味噌汁(豆腐、わかめ、オクラ、さやえんどう、煮干)
 ふりかけご飯(海苔ふりかけ+黒ゴマ+ちりめんじゃこ)
 卵焼き
 ヨーグルト
 クラッカーかクッキー2、3枚
赤さんはこれらのご飯をもりもり食って「もっと食べる(・。・)」とか抜かす猛者(--)ご飯は茶碗に一杯分くらいなのですが、もう少し増やすかな。

昨日の夕ご飯は
 茹でブロッコリー
 茹で鞘インゲン
 きゅうりのスライス
 煮込みハンバーグ(人参入り)
 ご飯
 みかん

という感じでございました。そんでもって全部食べ終えてから更にふりかけご飯を要求されたというね(--;)夕食は基本的に茹で野菜、炭水化物、たんぱく質少々みたいな感じです。我が家のご飯は白米にレンティルとスプリット・ピーの豆を混ぜた豆ご飯。日本の一般家庭の食卓の基準から言ったら全然届かないですけど、我が家ではこれが精一杯。

最初に書こうと思った内容からすっかり脱線してしまいましたが、とにかく赤(仮名)さんが落ち着きがないのはデイケアで出てくる糖分が多いせいではないかと考え、ジュースの代わりにお水あげてくださいってお願いしたんですね。自宅で飲ませてるのは常に水(たまにお茶)オンリーなので。そんでもって昨日はお水もらったらしいのですが、夜の赤(仮名)さんはかなり落着いた様子で、やっぱりジュースが原因だったのかも…と思ったわけなのですね。

それにしても食事自体の内容もさることながら、アメリカの親の糖分に関する意識の薄さには驚き桃の木山椒の木。先週の土曜日は隣の下のお嬢さんの一歳になったお祝いのバースデーパーティーにお呼ばれしたのですが、冬だからかテーマカラーが白と青…なのはいいのですが、飲み物はなんか甘ったるい上に目が覚めるような真っ青なドリンク(昔懐かしブルーハワイを思い出しましたヨ!)青く着色したマシュマロに白いアイシングのかかったドーナツに…と全てが甘い甘い甘いものばかりが山のように積んでありましてね。ウチの赤(仮名)さんは甘いものよりは塩辛いものが好きなタイプなので、チリスープについてきたクラッカーをひたすらもりもり食べてたのですが、そういうものを幼児と言わず赤ちゃんのときから平気で食べさせてるんだから薄ら寒いというか恐ろしささえ感じてしまいます。そんなに甘いもんばっかり食べさせて子供が糖尿になったらとかみんな本当にキニシナイね!お向かいさんの三兄弟も今一番下が10歳になったけど、いつ見てもコーラの缶が家中に散乱している上、見た目にはっきり分かるほどみんな太ってきましたよ。「コーラ飲まないと目が覚めないよ~」とか言っちゃってるしね。まだ子供なのにね。アメリカの食文化には慣れたつもりでいましたけど、更に子育てに関する食生活となると共感できるような考えを持ったお母さんってのが周囲に全くいないので、とにかく我が道を貫くしかありませんね~。でも周囲の子育てを見ていると、肥満大国アメリカってこうやって作られていくんだ…としみじみ実感してしまいますね。お向かいの子供たちが我が家の赤(仮名)さんと隣の上の息子(同じくらいの年)を見て、大きくなったら幼馴染同士でお付き合いするかもね~なんてことをよく言うのですが、「いやいや、食生活が違いすぎて無理だと思うヨ☆」とか超真顔でバッサリ返してしまう、冗談の通じない大人気ない大人です。でもごめん、聞き捨てならないヨ!(親に似て)将来明らかに超肥満体になるであろうお隣の坊ちゃんとなんてお付き合いは許しません!(爆)ま~ちょっとマジな話、国際結婚しても食生活が違いすぎて食事を常に二種類作らなければならない日本人妻だとか珍しくないらしい話らしいですからね。食生活の相違で離婚に至るってのもよくある話だし、赤(仮名)もそのあたり、将来のお相手は慎重に選ばないと…(超真顔)



拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.