FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ASIAさんの赤(仮名)さんが風邪引いた〜♪
日常話以外に何か書くことないんかい!って感じなんですが、いやマジな話、ほんとナンニモナイんですよ…(ーー)

しょうがないので開き直って赤(仮名)話。も〜せっかくの趣味サイトのブログですら育児話満載って、書いてる本人も嫌なんですけど(萌え話はどこだ)それも書かないとなると本当にブログに書く話がない。そんな(萌え的に)灰色一色の生活を送っているのですよ誰かタスケテ(萌え的に)でもまあ育児話といっても結構文化の違いの要素なんかもあるので読んでて全然つまらなくはない、と願いたいところですけどね。

月曜日と火曜日は我が家の超丈夫な赤(仮名)さんが風邪を引いたのでデイケアを休ませたんですよ。だもんでね、ブログどころじゃなかったです。週末も赤(仮名)さんべったり、月・火も赤(仮名)さんべったり。我が家の赤(仮名)さんが病気するって、ほんっと〜に珍しいことなんですが、新しいデイケアに行き始めて今まで貰ったことのない菌を貰ってきたのかもしれませんね。ありがたや(^^)←(…)いやマジな話、あんまり丈夫すぎて病気一つしないと、大きくなって何か菌にやられたときにものすごくダメージが大きいような気がするので…。今のうちにいろんな菌を貰ってきて鍛えられてほしいです。といっても、もともと丈夫な赤(仮名)さんなので、病気しても1、2日でけろりと治って病院に連れて行く必要もないことが殆どなのでこんなこと言えるんですけどね。お隣さんの坊やはやれ中耳炎だ、やれ一週間吐き続けただので結構頻繁に病院行ってるんで。

つか今回も例に漏れず、咳もゴホゴホ出てて頭ぽ〜っとなってそうで顔も赤くて熱もありそうなのに、なぜか熱があんまりない(ーー;)37℃あるかないかってところです。普段が36℃半ばなので確かに普段よりは熱があるんですけども…ウチの体温計壊れてるんじゃね?って疑問に思って自分の体温計ってみたりしましたよ。たいていのデイケアでは「これくらい熱が出たら連れてこないでください」っていうボーダーラインがあって、それが大体華氏101℃、つまり38℃半ば。だもんで親によっては多少の熱ならそのまま連れてくるし、熱冷ましとか飲ませてそのまんまデイケアに連れてきたりする人もいるらしいですけど…。前にいたデイケアでも、なんか明らかに咳き込んでたりして具合悪い子供が普通に預けられてたりしましたねえ。珍しくない話のようです。まあ幸いワタクシの職務はそれほど激務!ってわけじゃないし、確かに赤(仮名)さんはあんまり熱出てないけど、具合悪そうなんだから勿論家にいたほうがいいに決まってます。てなわけでおうちに置いといたんですけどね。赤(仮名)さんたら咳き込みながら「赤(仮名)さんおねつない」「赤(仮名)さんだいじょぶよ〜」とか言うの。おまい別にそこまで気ぃ使わなくてもいいですから(ーー;)普通に食欲もあったし、今日は随分元気になったのでデイケアに行かせましたけどね。

そしたらさ、デイケア行きたくないって泣くわけですよ。今までのデイケアでは一度もそんなことなかったんですけどね。新しいデイケアだからまだ馴染んでないってこともあるし、家にいて病気だからってチヤホヤされるのに味を占めて…ってのも勿論あるんだろうけど、おともだちが居ないって言うわけです。それで朝のお散歩しながら、どうして新しいデイケア嫌なの〜ってじっくり聞いてみたら、M君っていうイヂワルな男の子がいて、その子にぶたれたり唾を吐きかけられたりしたんだそうで(ーー;)あ〜……。あ〜あ〜(ーー;;)かといって嫌な子がいるからってその度に転校したりするわけにはいかないわけで。「今度そういうことされたら大きな声でやめてちょうだいって言うんだよ〜」「ちゃんとダダ(宿六)が先生にお話しあげるからね、それでいぢわるされないように気をつけてもらおうね」って言い聞かせたら少し安心した模様。このM君ってのは、デイケアの下見に行ったとき「I don't like you」ってしょっぱなから赤(仮名)さんに向かって言い放ったクソガキ男の子だったので、ちょっと心配してたんですが…(ーー;)あ〜でも今は送り迎えはダダ(宿六)の役目!デイケアのゴタゴタも今までとは違って宿六の役目!なわけで丸投げいたしました。でもさ、デイケア側だってM君も等しくお客様には違いないわけで、どうこうするわけにはいかないわけで…。やっぱり赤(仮名)さんに逞しくなってもらうよりしょうがないですよね(ーー;)Kちゃんっていう女の子がいて、その子は優しくて好き、だそうなので、全く新しいお友達が出来てないっていうことではないようです。転入生(?)だからM君に目ぇつけられてるのかしら。もう少し大きくなったら護身プラス自信つけ用に武術でも習わせたいところですよ(笑)ここは田舎だからロクなところがなさそうですが。



そうそう!デイケアといえば、大手小町っていうサイトで保育園に関して恐ろしい大論争を見かけまして、つくづく文化の違いを痛感いたしました(ーー;)いったいどんなトピックで炎上していたかというと、「時短勤務で4時半にはお迎えに行けるのに、家事や買い物を済ませてから6時にお迎えにいく」お母さんへの是否について、でございます。アメリカだとデイケアつまり保育園って完全にビジネスですから、お金さえ払っていれば、たとえ親が保育時間内に買い物行こうが家で寝ていようが遊びに行こうが全く無関心ですが、日本はそうではないんですね…もの凄く勉強になりました。日本だと(まあ場所にもよるようですが)仕事が終わったら寄り道せずにまっすぐ保育園に直行して子供をお迎えに来てください、と保育園から言われるケースが多いようです。というよりもそれが常識の模様。その背景には、日本の保育園経営には国の税金が投入されているからという理由が大きいようです。就労している親による保育が欠如する児童を国がサポートする、それが日本の保育園。そのために就労時間が終わったら一直線に迎えに来い、とまあ日本はこういう感じのようです。多くの保育園では4時以降は「延長保育」とされているそうなんですが、その延長保育っていう概念自体がこちらには無いのでちょっと新鮮でした。

逆にこっちのデイケアは大体朝6、7時から夕方は6時まで開いていることが多く、その間はいつ連れて行ってもいつ迎えに行ってもいいわけです。職場のデイケアは一週間の合計が50時間を超えないようにしてくださいっていう決まりが一応あったみたいですが、あとは大体自由。ただ、殆どのデイケアでは閉店時間(?)を一分でも過ぎると一分1ドル超過料金を支払わなければならないので、皆さんお迎えは必死で頑張って6時前には来るわけです。逆に言うとそうやって厳しく超過料金を課しないとお迎えがきちんと来ないのかも…(ーー;)アメリカのデイケアの料金は親の収入がどうとか全く関係無く完全に一律料金。泣いても笑っても同じデイケアなら誰でも平等に同じ料金。兄弟割引くらいはある場所はあるみたいですが。デイケアの値段は本当に地域の物価によって違うのですが、ワタクシの住んでる周辺だときちんとしたデイケアなら乳児は月10万円近く、3歳児でも大体7万〜9万くらいが普通です。大都会に行くとデイケア代が15万やら20万円やらするところも珍しくないとか。だからデイケア代が払えないので泣く泣く仕事を辞めて専業主婦に…っていう家が結構あります。デイケアは本当にピンからキリまであるので日本と違ってデイケアの空きがないってケースは殆ど聞きません。日本だと保育園の空きがあるので働けます、となるわけですが、アメリカだとデイケア代を払えないので仕事を辞めます、となるわけです。日本とは逆ですね。だからアメリカのデイケアというのは行政の一環ではなく、結局サービス業なのですね。お隣さんも、もともとは共働きで一人目のときは安いデイケアに入れてたのですが、そのうちにもっと良い教育とやらを受けさせたいと、一月12万円もする高い(しかも遠い)デイケアに入れてたんですよ。そのうちに二人目が予想外にもデキちゃって、二人分24万円なんてとても払えないので奥さんが渋々仕事辞めておうちで子育てしてるんですけど…。上の子は男の子なんですが明らかに暇を持て余し、エネルギーが有り余っててちょっと可哀想な(ーー;)反対側のお隣はやはり経済上の理由でご主人が専業主夫・子育てしてます。

その大手小町の炎上トピック、投稿をひとつひとつ全部読んだのですが、投稿してたのは全員女性だったのもなんというか文化を感じました。勿論もともと女性が多いサイトだとは思うのですが、日本だと結局子供のお迎えってほぼ母親の役割なんですよね。父親は大体残業してるんでしょうけど。ワタクシの職場のデイケアは子供の送り迎えは母親と父親が半々だったので。あ、交代でって意味じゃなくて、大きな職場なので夫婦で同じところにお勤めしてる夫婦も勿論多かったのですが、父親だけがその職場で働いてて母親は他所で働いてる場合、お迎えは100%父親でしたからね。父親も普通に産休取るしね。

あとねこちらのデイケアって普通に養子を見かけるんですよね。なんで養子かって分かるかっていうと、子供が乳児や幼児で黒人や中国人なのに、お迎えに来る母親が白人なんですよ。もうね一目で分かるわけです。特にアジア人の養子は珍しくないです。しかもワタクシが見かけたケースは大抵一人っ子の養子じゃなくて複数養子を育ててるんですよね。そんで養子(お互い血が繋がってるかは不明)の兄弟揃って同じデイケアなわけです。お父さんのお迎え以上に日本では見かけない光景かも。大学だから割にオープンな人が多かったのかもしれません。日本だと養子を迎えるには結構規則が厳しくて、専業主婦じゃないといけないとか色々決まりがあるわけですが、こちらは共稼ぎやシングルマザーでも普通に養子を迎えてますよね。ホモカップルやレズカップルが養子を貰ってデイケアに預けるというのも珍しくない話。そういえばワタクシの同僚が以前ロシアから兄弟の男の子を二人養子に貰ったことがありましてね。勿論「産休」取ってましたよ。他所の職場は知りませんが、ワタクシの職場では養子を貰うときは、子供達が受け入れ先の家庭に早く慣れるように手助けという意味で、子供を産んだのと同じように三ヶ月の産休が取れるのです。そんで産休の後は養子を普通にデイケアに預けて働くんですよね。もう随分前の話だから、養子兄弟二人もティーンになってる頃だと思いますが。

そういえば!以前日本に帰省して昔の同級生と遊びに行ったのですが、その方はお子さんがいて働いてる方でしてね。ワタクシが日本にいられるのはせいぜい二週間がいいところなので、友人と会えるのも大体平日になってしまうわけです。その時も例に漏れず遊びに行ったのは平日で、同級生は有給だか半休だかその日はたまたま職場がお休みだったか、とにかくお休みだったんですが、そのときに「今日は子供は保育園で…本当はいけないんだけどね」みたいなことをそういえば彼女は言っていました。その時はその意味が全くさっぱりもって分からなかったワタクシですが、大手小町の炎上っぷりを見て今頃やっと分かったヨ(ーー;)

まあ背景がどうこうはともかく、デイケア・保育園に対するその考え方の違いにカルチャーショックを感じました。どちらが良い悪いではなくて、ただ単純に「へ〜こんなに感覚が違うんだな…」という…。つかねワタクシも赤(仮名)さんがデイケアに行ってる日に有給取ってお買い物行ったり映画見に行ったり、たま〜にするわけです。大体3ヶ月に一回くらいですけれども。毎日規則正しいリズムで生活してるほうがいいから赤(仮名)さんにとってもいいだろうって思ってたし、周囲の親みたいに夜や週末にベビーシッター頼んで子供置いて遊びに行ったり子供置いて夫婦だけで旅行する(実際多い)よりもよっぽど良心的だと思っていたんですよ。ウチは頼れる実家とかないですしね。でも、日本だとかなり批判されても仕方が無い行為ってことのようだし、このブログの以前の記事など読んで不快になった方もいらっしゃったかもしれないですね。だからあんまり色々書かない方がいいかなって気がしてきました。ネットって一体いつどんな意外なところから攻撃受けるか分かりませんからね(ーー;)普段平日デイケアに行ってる分、せめて夜や週末はべったりとお世話!そのためにも、遊びは赤(仮名)さんがデイケアに行ってる平日の昼間に!ワタシってなんて良いお母さん!…って本気で思ってましたからね(ーー;)いや本音を言うと今でも思ってる(笑)けど、それは周囲のアメリカ人の親を見てるからそう思うだけかもしれませんね。いやはや日本とワタクシの周囲の子育てって全然違うしね(ーー;)色々と子育ての感覚が違いすぎてワタクシの周囲の親とは相容れない…(ーー;)

あ〜でも上記の投稿の「二歳児を6時ぎりぎりにお迎え」は遅いんじゃないかとワタクシも思いますけどね。ウチは夜8時前には寝かせるので、そんな時間にお迎えに行ったらご飯作って食べさせて寝かせるのだって間に合わなそうだし、一緒に遊ぶ時間もなさげですよ。ちょっと前までは就寝時間が7時半だったのですが、最近は8時にずれ込むようになってきて焦ってるくらいだし(ーー;)子供の規則正しい生活習慣は大事だと思うし、睡眠時間は何より大切だと思いますからねえ。まあウチはよく寝る赤(仮名)さんだから余計にそう思うのかもしれませんが…。もっと睡眠時間が足りなくても元気なお子さんは、夜もそんなに早く寝なくてもいいのかもしれませんが。でも、日本って仕事の拘束時間がアメリカの比じゃないから働いてるお母さんは本当に大変だと思います。アメリカでもみんな残業してるような職場だって勿論あるだろうけど、ワタクシの職場は前のところも今のところも5時になったら人っ子ひとりいなくなってがらんどうなのが当たり前でしたからねえ。今年の冬は寒くて、ウチは南部なので除雪システムがそれほど発達していないため、雪や霙が降ると休校になるわけですよ。アメリカでは法律で子供が○才(週によって違う)になるまでは日本みたいにお留守番してはいけない決まりになっているので、学校が休みになれば親も当然休んで家にいなくてはならないわけです。そんな時とか子供が病気になったりとか、みんな普通に有給使ってるし、それが当たり前…。でも日本だと結構白い目で見られたりするみたいですね。確かに善し悪しの問題ではないのですが、こと「働くお母さん」にのみ絞って考えてみるとアメリカは働きやすくてありがたいことです。日本で子供抱えて働けって、根性も体力も無いワタクシには無理ぽいよ(ーー;)

在宅勤務初めて三週間目になりますが、往復二時間強の通勤時間がなくなって仕事が本当にはかどるようになりました(ー▽ー)今までのあの無駄な時間は一体なんだったんだ…というくらい。勿論全てが無駄だったわけではないですけどね。車の中で童謡を一緒に歌ったりしてたし。でも子育てしながら通勤するには長過ぎる距離。赤(仮名)さんも同じだけの時間車の中に拘束されてたわけだし、やっぱり親子ともに毎日の通勤は疲れてたと思うんですよ。今日だって仕事しながら洗濯機回したんですのよ奥様?わざわざ弁当仕立てにしなくても、冷蔵庫の中の残り物をささっと食べればいいんざますのよ?ガソリン代も節約出来るし、雨や雪の日も事故や渋滞の心配しなくていいし…。宿六がお迎えに出かけたらささっと夕飯の下ごしらえ、赤(仮名)さんを連れて帰ってきたらお遊びに集中出来るんざますのよ?こんな天国ってあるかしらね奥様。寛大な上司へもう感謝の気持ちで一杯です。せっせとお仕事してお返しせねば。今のこの楽園が続きますように(ー人ー)ホント仕事だっていつナニが起きても不思議じゃないし、在宅だってずっと続けられるのかどうかも分かりませんが…。たとえ今だけのパラダイスだったとしてもありがたく味わいますよ(笑)

次回は赤(仮名)さんの現在の日本語教育についてちょっと書いてみようかと思います。


拍手ぱちぱちありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.