FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
一つトシを食いました(ーー)
ちぃとも嬉しくありませんが、ひとつ年を取りました(ーー)在宅勤務な上にリアルで友達がほとんどおらず、ネットの活動も事実上何年も停滞しているこのワタクシ、誕生日だってことすっかり忘れてたんですよね(^。^;)んで前日くらいにはっと気がついたっていうね。お誕生日お祝いのメッセージをくださった方、本当にありがとうございました!(^。^)

本人も忘れがちの誕生日、赤(仮名)さんに今日はおか〜さんの誕生日なんだよ〜とものの試しに言ってみたら、「ままのお誕生日パーティーに行ってもいい?」ですと。たんじょうびぱーてーね…ぱーてー…(ーー;)パーティーはやらないんだよ〜といったらどうも自分だけ招待されていないと思い込んだらしくて泣き出したので(ーー;)急遽夜は外食と相成りました。平日だもんでケーキを焼いてる暇なんぞ勿論なく、お店でチーズケーキを買ってきてろうそく乗せましたよ。ワタクシは一体全体何故に自分の誕生日にここまで自分の子供に媚びておるのか(ーー;)という気がしないでもないでしたが、まあ日中は普通に仕事もしてたし普通の日でした。

でも家に買い手がつきましてよ奥様!売りに出して10日も経過してなかったからかなり早い方だと思います。でもまだこれから買い手側の家の査定のプロが入ったり色々あるのでどうなるかは分かりませんが…。もし何事もなくて買い手が色々とゴネなければ今月末には正式に売れる予定です。何事もありませんように(ー人ー)ナムナム

鬼灯の冷徹のアニメは結局赤(仮名)さんには見せないことにいたしましたが、色々検討した末にCrunchyrollというアニメ視聴のサイト(?)の会員になることにしました。合法ですよ!(笑)アニメだけなら月々$7、ドラマも見るなら$11。しかしドラマには興味がないのでアニメオンリーの会員です。このサイトのいいところは、全部吹き替えじゃなくて英語字幕なのでちゃんと日本語で視聴できるところ。英語に吹き替えられたアニメになど何の価値もないのだよ…っ(ーー)映画はほとんどないですが、新しめのテレビシリーズは結構揃っているし、最近アップルTVにもチャンネルが入ったので、普通に簡単にテレビで視聴出来るのがありがたいところ。まあテレビアニメが比較的充実しているとしてもそれほど観たいものがあるというわけではないのですが、何故今回会員になる決心をしたかというと「日本昔話」でございます。あ、昔のやつじゃなくて新シリーズですけどね。で、それが150話くらい全部入っているので、赤(仮名)さんにに観せるのにいいかなと思って会員になりました。最近昔話の本が好きになったようで、読んでくれってせがむんですよね。だからタイミングとしてはちょうど良かったです。平日はアンパンマンのDVDか子供番組のDVD何枚かのみ、ジブリや他のアニメは週末、と決めているのですが、ものの試しに先週末日本昔話をかけてみたらほぼ一日中観てました(ーー;)まずかったかなあ…。でも一日中雨で朝の散歩以外どうせどこにも外遊びに行けなかったから仕方ない…とは思うんだけど(ーー;)でもiPadじゃなくて普通にテレビで観られるようになったことで、自分的にも世界が少し広がったかなと思います(超大袈裟)そういえばこのサイト、初代シリーズの宇宙海賊キャプテンハーロックが全話入ってるんですよね。自分が一番最初に観たときは多分幼稚園か小学生くらいだったと思うんだけど、あと1、2年したら赤(仮名)さんにも見せてみようかなあと思います。まあ絵が古いから気に入らないかもしれないけど。小さい頃はなるべく単純明快なお話のほうがいいですしね。

日本昔話といえば、ワタクシが観ていた当時は「坊や〜良い子だねんねしな〜」と赤いちゃんちゃんこを着たお子様(?)が電電太鼓を手に龍にまたがって空を飛んでたのですが、あの物悲しさが結構厳しい内容の昔話にマッチしてたと思うのですよね。でも新しいシリーズはオープニングの歌が非常になんというか、うーむ…一言で言うと明るい(笑)あと内容も残酷描写などは割と避けているというか、表現が奇麗なのですね。花咲かじいさんの白い犬、元のお話だと意地悪じいさんに殺されて地面に埋められちゃうわけなんですけど、このアニメだとそういう描写は一切出てこず、意地悪じいさんの「地面に埋めてきた」の一言だけ。それじゃあ赤(仮名)さんくらいの年齢だと犬がどうなったのか結局分からないと思うし、どうせ昔話を見せるのならそのまんまのほうがいいと思うのでちょっと不満。でもこれが現代の風潮というやつなのでございましょう。多分旧シリーズもDVDとかで揃えるのは可能だと思うのですが、きっと凄い高くつきそうですしね(ーー;)

そんで自分のほうはというととりあえず鬼灯の冷徹と寄生獣とテラフォーマーズのアニメを観てみました。テラフォーマーズは全然駄目だね…(ーー;;)なんと原作よりも更に話が分かりづらくなっているという不思議な編集のおかげで非常に観辛かったです。漫画は題材が面白いなと思ったんですけど、読んでいるうちにジャンプさながらのバトル漫画に突入してしまったので読むの止めたんですよ。最初のホラーっぽい雰囲気が好きだったんだけど…。アニメ版はもう少し工夫してあるかなと思ったんですがね全然そうでもなかったよ。一応最初の二話観たんだけどもう観ないな(ーー;)

寄生獣のほうは、原作はせっかくあの古めかしい絵柄がいい味出してたのに、現代ぽいキャラデザインでちょっとがっかりしました。奇麗になりすぎるというか、せっかくのおどろおどろさがなくなっちゃってインパクトが薄れたという感じ。そう!全体に味が薄くなったような印象を受けたんですよ。もったいないな〜せっかくの素材なのに…。でもまあそれほど悪くはなかったので視聴続行予定です。

鬼灯の冷徹は意外にも宿六が気に入ったみたいなので少しずつ観続けます。でもやっぱりアニメだと表現しにくい場面が多くて、アニメはまあまあかなという感じでした。あと英語字幕の翻訳が結構酷いもんで、多分宿六とワタクシとでは全く違う内容で理解していそうな予感(ーー;)そういえば日本昔話の猿地蔵っていうお話で、お地蔵様のことを英語字幕だと「ブッダ」と訳しているおかげで、観ていた宿六が「これは仏教のお話なのか」とか言うんでね…。でも多分ブッダしかシランような普通のアメリカ人が分かるように訳せないんでしょうね。日本の地獄のシステムって更に複雑だから、多分訳しようがないのでありましょう。それプラスアニメでもかなりの情報を詰め込んでいるので、多分字幕のスピードに宿六の目が追いついていないと思われます(笑)日本昔話の基礎知識がないと何がなんだか分からない内輪ネタも多いですしね。桃太郎なんて宿六知らねえし。まあせっかく日本昔話も視聴できるようになったことだし、これから日本昔話でも赤(仮名)さんと一緒に観てもらって知識をつければ…いいんですけどね…そこまで興味があるかどうか…。

実は「うたのプリンス様」にちょっと興味あるんですよ。なんか凄い人気あるそうだし…。でも少し調べてみたら絵柄的にこの人が受けだといい感じって思ってる青い髪の人が敬語を使うらしいんですね。受けが敬語かあ…それは萎える…(ーー)(←しょうもない理由)なのでうんと暇があるときにでも観てみようかなと思います。ちなみに攻めは赤い髪の毛の人だといいなあって思ってます。キャラデザインはいいのに飛びついてない理由は名前にもありますですね。攻めの人と受けの人と両方○○ヤって名前なんですよ。オトヤとトキヤだったかなんだか。ただでさえ○○ヤって言いづらいのに、受けと攻めとで名前が似過ぎ!(更にしょうもない理由)というわけでまあ暇が出来たときにでも観てみます。

今週の土曜日から来週の水曜日まで、超久々、実に7年ぶりくらいの学会に行くんですよ。以前は毎年行ってたんですけど…。そんで今年はサンディエゴなんですけど、なんと飛行機がテキサス州のダラス経由。正直言ってエボラ騒ぎが非常に心配でございます(ーー;;;)この学会のある時期や場所ってなぜかその年の騒ぎと重なることが多いんですよね。山火事だったり射撃騒ぎだったり…でも今まではあんまり気にしたことなかったんですよ。しかし今回はウイルス相手だから勝手が違います。用心すればどうにかなるって話じゃないから心配ですよ。何事もなければいいんですがねえ…(ーー;;;;)


拍手ぱちぱちありがとうございます♪以下はレスです(^。^)
10月11日habutyaさま
お久しぶりでございます〜お元気でいらっしゃいましたか(^。^)ノ☆原作の味のある絵、ワタクシも大好きです♪最近のキラキラした絵じゃなくて泥臭〜い手描きなところがまた素晴らしい!(^。^)赤(仮名)さんには多分まだ内容が全然ついていけないと思うので見せるのは今回は止めましたです。アニメも思ったよりテンポが早いし、飲み込めないと思うんですよね。とりあえず日本昔話にしました(笑)

10月14日おたおめです〜さん
素敵なメッセージありがとうございました!この年になるとそろそろ自分の年すら忘れるありさま…お年寄りでお醜くよぼよぼしてまいりましたが(笑)日々精進いたします〜。(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.