FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
また雪が降りました(ー△ー;)
水曜日の夜から木曜の朝にかけてまたもや雪が降りまして、またもや学校やデイケアが二日間お休みになりました。デイケアは義務教育じゃないからいいとして、学校は大変ですねぇ…。日本と違ってほぼスクールバス&車通学のアメリカでは道路が凍結などするとすぐに学校がお休みになるので一応一年間にSnowDayというのが10日ほど設けられているらしいのですが、今年はもう全部使い果たしちゃったんじゃないかしら。日本は大体徒歩&電車通学だから結構なんとかなるんですよね。そんで子供の学校がお休みだと親も仕事休んで家にいないといけないから結構面倒なものです。まあワタクシは今は在宅勤務だからいいんだけど、普通に通勤している人だと親のほうもかなり有給使わなくちゃいけないから可哀想…。

先週日本食品店でたまたま出会った日本人奥様に、昨日図書館で日本人妻が集まる集いみたいなのがあるんですよって誘われたんで赤(仮名)さん連れてドキドキしながら行ってみたんですけど誰もいなかったっていうね(ーー)多分あの人が日程を間違えたか、はたまたキャンセルになったのか…。その図書館は初めて行ったところなので無駄足にはなりませんでしたが、せっかく気を入れてオシャレして行ったのは明らかに無駄でした(笑)まあそんな日もあるさ(ーー)まあ高級住宅地にあるオシャレな図書館だったので別段浮いたりはしませんでしたが。自己紹介のときに呼び名をどうしようとか悩んだのは更に無駄でした(笑)

お隣さんが以前の雪で滑って転んで足首にヒビが入っちゃってですね。お隣さんはバーニーズ・マウンテンドッグという大きな犬を飼ってるんですよ。セント・バーナード犬をイメージしていただければと…。それでお散歩させられないからワタクシが時々散歩させてたんですよ。少々性格に難あり(ーー;)なので最初は慣らしで我が家の犬は置いて一対一でね。そんで随分慣れてきたので、昨日は初めて我が家の犬と一緒に散歩させたんです。しかし我が家の小猿(…)を連れて行ったのが大間違いでございまして(ーー)ウチのご近所にはドッグパークがありまして、そこに連れて行ってゲートを閉めれば自由に走り回れるんですけれども、二匹の犬を連れて、我が家の犬がウンチしたのでバッグを持って早速拾いに行っている間にその事件は起きた!(ーー)我が家のバカ小猿が勝手にゲートを開けて外に出てったんですよ。車が通る場所じゃないからそれだけならなんてことはないんですけど、ゲートを開けっ放しにしてっちゃって、しかもお隣の犬は性格に(ry)しかもワタクシちょうど犬のウンチを拾おうと、ゲートから一番遠い場所にいたもんで、あ〜!って気づいたときにはもう遅く、お隣の犬がダッシュでドッグパークから脱走しやがった!(ーー;;;;;)我が家の犬は呼べば止まるんだけど、隣の犬は性格(ry)だもんで止めるのも聞かずに一目散にどっかにダッシュで逃げて行ってしまいました…ワタクシボーゼン…。慌ててお隣さんに電話して走り回って探したんですけど、あたりには見つからず。もう駄目だ…お隣の犬逃がしちゃった…こうなったら腹でも切ってお詫びするしか…(←心情的に)てな感じで絶望にくれていたらお隣さんから電話があり、なんとお隣さんの家の玄関の前で待っていたとのこと。ヨカッタ〜!!!(T△T) もう安堵で腰が抜けるかと思いましたよ。勿論我が家の猿はガッツリ叱りましたが、どこまで分かってるやら(ーー)我が家の犬が物わかりがいいもんで、世の中の犬はみんな人の言うことを聞くもんだと思っているようです…。今度お隣の犬を散歩させるときは我が家の小猿はお隣さんとこに置いていくことにしますよ。つかそれまでは置いて行ってたんだけど、お隣の犬も慣れてきたし危険はないだろうと思ったんですよね。ええ、犬は問題なかったですよ犬はね…問題は猿だった(ーー)危険といっても別に隣の犬が凶暴とか言う訳では勿論ないのですが、我が家の犬に輪をかけてビクビクおどおどしてる犬なので色々と面倒なのです。まあビクビク犬なら我が家の犬で対処に慣れてますけどね。ただ体が大きい犬なので、チワワを扱うのとはワケが違うので。ただこの犬はちゃんと犬の訓練学校にも通ったことがあるし、こちらがビシっとしていれば散歩のときもおとなしいんですけどね…。ゲートが開いてるのを見て多分パニクったのでございましょう(ーー;)

そんなこんなでガックリなこと続きなんですが何かいいことあるといいな〜(ーー)ありそうな気がしないけど…。あ、明日は別冊マガジンの発売日でしたね!…でもマガジンには進撃の巨人以外に特に気に入った漫画もないし「いいこと」にはほど遠いかな〜(ーー)

赤(仮名)さんもとい猿が起きてきたので脱出!(((((ー_ー)ノ
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.