FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
子供の習い事
金曜日は赤(仮名)さんのお風呂準備をしていたらお隣から携帯メールがありましてね。近所のどこぞでご近所HappyHourがあるから来ない?というお話。ちょっと迷ったんですが、子供も一杯来てるわよ〜というのでまあ金曜日だしと思って思い切って行ってきました。はす向かいの二軒お隣くらいのおうちのメールボックスに目印の風船が下がってましてね。そんで裏庭に回ってみたらうじゃうじゃご近所さんがいました(笑)といってもワタクシが実際に知ってるのは二世帯くらい…。特に塀とかフェンスで囲ってない庭で、隣近所三軒くらいの庭を合同で使う感じ、食べ物も飲み物も自分達で持ち寄りで〜という非常にお気楽なパーティーでございました。ちなみにワタクシも宿六も何も食べる予定も飲む予定もなかったのでポテチだけ一袋下げて行きました。ええダイエット中ですもの、すっかり出来上がっていたお隣さんにワイン奨められたけど一口も飲みませんでした空気ヨメなくておおいに結構!ワタクシは頑張った!

赤(仮名)さんは他の子供達と走り回り、ワタクシは適当にそこらの奥さん達と世間話をしていたのですが、真っ先に皆さん鼻息荒く話したがるのが「習い事」の話題(ーー;)聞かれてウチはまだ何も…と答えた時の凍った空気といったらモウ(==;)え、五歳で習い事してないのってそんなにマイノリティ??全く何もしていない我が家は肩身が狭い…。でここらへんの奥様達はどんな習い事を熱心にさせているかというと、女の子の場合はまずダンス。水泳も人気で、それからウチのご近所で人気なのはどうやら「バトン」らしいです。バトン…。ブラスバンドとかでクルクル回したり宙に投げたりするあのバトンですね。まさかバトンっていう独自の習い事があるとは全く知らなかったので新鮮でした。奥様達が口を揃えて言うことには、バレエとかよりもあまり費用がかからず、手先の動きが器用になり体も動かすしバランス感覚がうんたらかんたら。加えてチームワークもうんたらかんたら。驚いたことにその場にいた奥様の多くがバトン経験者!へぇ〜(@@;;)

奥様達がツバ飛ばしながらバトンがどうたらダンスがどうたら、それらの習い事が子供に与える影響の良さ、を語り合ってるところ非常に済まなく思うのですが…。その影響ってどう考えても大人のアナタ達の現在に反映されてないよね?全くね?(ーー;)見回したところ中年のご夫婦皆さんかなりの率で小太りor肥満体だし、Me!Me!Me!のアメリカ人て大部分がいわゆるチームプレイヤーじゃないしさ…。チームプレイヤーとかいいながら、絶対にみんな我が子がチームのリーダーになることを期待してるんじゃないかと思いますね。奥様ご存知?アメリカ人の親が一番喜ぶ褒め言葉は「お子さんにはリーダーシップのスキルがありますね」だそうです。空気読んで陰で皆をサポートする縁の下の力持ちだって大事なスキルだと思うんですけど。こんなことを考えてしまうワタクシってかなり底意地が悪いと自分でも思うのですがねえ…(ーー;)ダンスやサッカーもいいけどさ〜ワタクシはアメリカが最も必要としている習い事って「家庭科」だと思うのですよね。これこそアメリカの教育から欠如している大事なことだと思うのですよ。料理はともかくとして栄養学の基礎知識と出来れば裁縫。ボタン付けくらいはできる程度にさ…。実際人生を通して必要となるのはそういうものだと思うのですがねえ…。子供の時にどんなにカネと時間かけてスポーツやらせたって、ジャンクフード食べてブクブクに育ってそのまま年取って、役に立たないじゃんねってワタクシは思ってしまうのですよ。子供の習い事に夢をかけて目をキラキラさせてる見るからに不健康そうな親世代を見ながらそう思うのですよ。勿論習い事には良い面も沢山ありますけれども、親が期待するほどの効果はないような気がする…とワタクシが自分で思っているだけの話。

その上アメリカの習い事って車社会だから日本みたいに子供が電車に乗って一人で行けるわけがなく(最近は日本でも送り迎えする人が多いみたいですが)習い事をさせるとなると親もその分の時間を拘束されるわけでして…それプラススポーツとなるとやれどこへ遠征だどこで試合だと遠出も多いので、超モノグサな親失格のワタクシとしては別に習い事なんて急がなくてもいいじゃんっていう気持ちはありますね。自分が子供の頃を思い返してみると、色々習い事をさせられましたけど拒否権はなく、どれも全く好きでない習い事でどれもあまり役に立ちませんでした。習字とかスイミング…字は今も昔も超絶へたくそだし、スイミングでは殆ど泳げるようになりませんでした。スイミングでの「泳げる」と実際に役立つ「泳げる」スキルって全然違うんですよね〜実際泳げるようになったのは大人になってから。お決まりピアノもやりましたけどそもそもワタクシはピアノも好きじゃなくてね〜(ーー)しかも受験生になったら辞めると最初から決められていたので子供心にやる意味をあまり見いだせなかったです。逆にワタクシがやりたかったのは柔道などの武道なんですけど、女の子だから駄目という訳の分からん理由で却下。なのでここの他所の親御さんみたいに子供の習い事に全く情熱が湧きませんね〜。そのうち本人がやりたいというものが何かあればサポートしてあげたいな程度の気持ちはありますけど、とりあえず色々やらせてみせて何たらかんたら!という熱の籠ったママ友トークに全くついていけなかった(ーー)ついでに「ウチはピアノを考えているんだけど…」といったら更に置いてけぼりになってしまったというね(笑)マいいですけどね我が家は国際結婚な分別に他所と一緒じゃなくてもいいわけだし。宿六はドラマ〜だし。ちなみに宿六は赤(仮名)さんにドラムを教える気満々(笑)ワタクシはオタクだし。あ、赤(仮名)さんはお絵描きが好きなのでチャンスを見て赤(仮名)さんの知ってるキャラのお絵描きでも目の前でのんびり実践してあげようかなという気持ちはあります。ハーロックとかさ(笑)絵はいいですよお金かからないしどこに行かなくても自己流でどんどん描けば描くほどうまくなるしさ。フィールド走り回れなくなったらサッカーは出来なくなるけど、絵は何歳になっても描き続けられるしね。というズボラ精神のもとそっち方面にさりげなく押しやっていこうという姑息な考えです。まあ大体お分かりと思いますがワタクシはいわゆるチームスポーツは大嫌い(笑)運動は好きですけどねスポーツ全般が嫌いです。運動神経もないし。跳び箱も飛べなかったですし鉄棒の逆上がりも出来ませんでした。スポーツしてたとしても上達したとは思えない…。最近になるまで毎朝赤(仮名)さんを散歩に連れて行ってたのでそれも運動ですよ!今はもうかなり暑いので本人が家を出たがらないんですけどね(ーー;)涼しくなったら夕方の散歩は再開したいところ。

ちなみに我が家は出来ればピアノ、それから出来れば武道を何かやらせたいなと思っています。日本人や中国人だと習い事っていったら(特に女の子)まずピアノ!って感じですけど、ここらへんの典型的なアメリカ人家庭で子供にピアノを習わせているってのはほぼ皆無。アメリカだと習い事っていったらまずスポーツ関係って感じです。文化によるこの価値観の違いってなんでしょうね。武道は本音を言えば合気道とか柔道をやらせたいんですけど、ここらへんにはなさげな感じです。近くにテコンドー教室があって、そこは台湾人のお友達とか仕事の同僚が子供に習わせていてなかなか評判良さそうです。ダウンタウンに剣道クラブがあるらしいのですけど少々遠いのと、良い先生が日本に帰っちゃったらしいという話なので。あとあまり小さいと防具とか何度も買い替えたりしないといけなさそうな。まあ別に将来武道が役に立つとは思わないのだけれども、我が家は一人っ子。例えば将来お友達(?)に押されたり殴られたりしたことが原因で心に傷がついたり引きこもったり、というようなひ弱な子になってほしくないのですよね。ワタクシは双子の姉と育ってきたので取っ組み合いやらなんやら日常茶飯事でございましたので、たとえば宿六にDV的に殴られたとしても(超絶シナリオ)萎縮はしないし、むしろバットかなにかで倍に殴り返す自信はございますね。別にやり返せるようになる必要はないのだけれど、殴られてただ泣いて帰ってくるしかない、というよりは「やめてよ!」とか逞しく言い返せるくらいにはなってくれれば…という気持ちはあります。あと武道だったらただ赤(仮名)さんの習い事が終わるのをただボンヤリ待ってるだけじゃなくて一緒に自分もやりたいと思ってます。自分もやるなら送り迎えする価値は十分にあるし!

それにしてもこういう噛み合ないママ友ライフをあと10年以上続けていかないといかんのかと思うとちょっと鬱になった夕べでございました(ー。ー)ちなみに我が家は秋からキンダーに入るので、そうしたら学校への送迎がスクールバスになるしスケジュールが色々変わるのでそれから考えようと思ってます。ピアノにしてもウチそもそもピアノがないしね〜。昔はピアノを買うなら小さなアップライトでも本物を!と思っていたんですが、最近は電子ピアノをちょっと真剣に考えてます。重くないから床の心配もないし引っ越しや模様替えもそう難しくないし、調律の心配もないし部屋の湿度に気を配る心配もなし。赤(仮名)さんを音楽に進ませる気持ちは露程もないので、それなら電子ピアノでもいいんじゃないかな〜と思うようになりました。ヤマハのAriusとかいうラインがなかなか良いらしいのでそのうち実物を見に行きたいところです。ピアノ買ったら宿六も使うのかしらん…。

そうそう、そのご近所HappyHourでは同じデイケアにお子さんを通わせてるご家庭が幾つかあったのですが、皆さんに「赤(仮名)は他所の親の顔と名前を知り尽くしているんだよ…」としみじみ言われますた…。つかウチは赤(仮名)さんしか子供がいないので、他所の子供もみんなそれくらい、クラスが違っても他所のお迎えの親御さんに挨拶したり声かけたりするもんだと思ってたのですが、どうもそうではないらしい(笑)その社交性、少し分けていただきたい…(ーー;)


拍手ぱちぱちありがとうございます♪
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.