FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
くじけねえ〜(ーー;)
瀕死で過ごしたステキな週末☆宿六は一日不在だしワタクシは夕べ夜中の二時まで起きてて今日は半死人だったのですがそれでも当然赤(仮名)さんがのんびり朝寝など許して下さるわけがなく…(ーー;)当然一日どこに行く気力も体力もなく…。普段赤(仮名)さんに合わせて規則正しすぎる生活をしているもんで、夜更かしするとえらく老体に響きます(ーー;)よくBL的に「今夜は寝かせないよ」なんて台詞がありますけど、今のワタクシ的にはそんなこと言うヤツは問答無用で死刑(ーー)夜更かしはいかん!体にイクない!長々えち〜したい攻めは早々と夕方から始めるべし!そう夕食後すぐにでも!(ー皿ー)ムキー☆

んなこた〜どうでもいいんですが寝不足なのに寝かせても頂けずかといってやりたいことは何も出来ず…というわけで仕方が無いので赤(仮名)さんの隣でコマ割りしてました。何のコマ割りってそりゃ〜触手シン様漫画の(笑)途中の妄想劇場とかありますけど、今自分が一番見たいブツに取りかからなければエンジンがかからないと思うので脇目もふらずまっしぐらに触手シン様漫画に向かう心づもりでございます。といっても3Pくらいかな〜前置きとかど〜でもいいから自分の見たいとこだけ描くつもり(^。^)しかも鉛筆じゃなくてインク描きのつもりで漫画用原稿用紙にコマを割ってます!(笑)お前ホントどんだけ触手シン様見たいんだって感じ。勿論他に見たいのはわるいやつらxシン様のえちぃ漫画。でもそれは今でなくてもいいです…いつかは見たいけど!といってもわるいやつらシン様で見たいポーズはもう決まってるんで落書きで十分なんだけど。触手シン様もじっくりねっとりやろ〜っと。でも赤(仮名)さんも宿六もいない時間って超限られているのでいつ出来るやら〜。

勿論シン様イジメばっかじゃなくてレオセブン的なジョミブルも見たい…。孤独な辺境の惑星でたった二人きりで地球を守って戦うミュウですからね考えただけでお熱い二人(^3^)なんだかんだと熱血的で泥臭い設定のほうが妄想が萌え上がる模様。

最近赤(仮名)さんの目を盗んでテラ同人誌読んでたんですけれども、初期のワタクシの明らかに何かを見失ってたというか迷走しまくってたジョミブル妄想(特にブル〜様)の謎が解けました…。ワタクシがアニテラの存在を知ったのはそもそも同人誌からで、その後日本から注文したアニテラDVDが届くのに結構時間がかかったりして、しばらくの間は同人誌のみでワタクシの脳内のアニテラ世界が構築されていた時期があったんですねえ…。そんで同人誌を集め始めた頃はまだ結構いわゆる「大手サークルさん」的なサークルさんが結構いて。大手サークルさんてさすが大手になるだけあるというか、それぞれの世界観に異様な説得力があるところが多いんですよね。で、当時の流行(?)的なものとして、ブル〜様の傾向が二種類あって、一つは勿論キスもしたことのないような清廉潔白なブル〜様、そんでもう一つはアルタミラで色々されて超淫乱な体にされてしまったという設定のブル〜様。ワタクシの当初のブル〜様は明らかに設定その二にかなり影響されてました…なんかもう一目瞭然に。淫乱にされた体を使ってじょみをたらし込む的な流れに。だけれども多分その大手さま達の設定と本来の自分の好みとは上手く混ざり合わなくてああいうヘンテコな…というか整合性の欠片も無いブル〜様になってしなったんじゃないかなと思います。つ〜か年下攻めに初めて目覚めたもんでそれ以外の自分の好みをイマイチ自覚してなかったんですよね。年下攻めに覚醒した今ではそりゃ〜自分の好みははっきりと熟知しておりますのでそういう迷いはないんですが、当時はGW1x2の対等な二人的なカプから移動してきたばかりだったのであっちフラフラこっちフラフラしてました。淫乱な過去自体はオッケェ!なんですけど(つ〜かそればっかり)百戦錬磨でじょみをたらし込むようなブル〜様はどちらかというと好みじゃないかな…なんだかんだ言って恋しちゃうブル〜様が好みなので、むしろなんかそういう自分にすらまっすぐにアプローチしてくる純粋なじょみにグラっといっちゃうのが好きです。アニテラのじょみはへたれだからな〜。

拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)以下はレスです♪
9月28日かたつむりさま
新作イラストといってもなんか全然駄目駄目です〜(ーー;)頑張ってリハビリしたいのですが常に邪魔が入るので亀の歩み(一発変換で亀野亜由美と出ました!)になりそうです。あ〜人目を気にせずにガンガンお絵描きしたいのですがそうもいかず〜(ーー;)あたらかいお言葉ありがとうございました!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.