FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ついに映画「アサシンクリード」の予告が解禁に(@@)
ビデオゲームである「アサシンクリード」の実写映画の予告がついに出ました!ゲームの実写化ってポシャることも多いし、本当に出るのかドキドキしながら待ち続けたんですけど、公式予告が出たくらいなら本当にリリースされるみたいなので一安心!

なんでたかがゲームの実写化がそんなに嬉しいかっていうとマグニートの中の人が主演をやっているから(^。^)というかゲーム自体は宿六が以前結構やり込んでたんですよね。ゲームプレイ自体はなんつ〜か同じ事の繰り返しで、ワタクシは基本的にモンスターや幽霊が出て来ないアクションゲームは見てるだけで飽きちゃうという悪い癖があり…(^^;)だけど雰囲気やらコスチュームやらカッコいいし、なんといっても基本設定をシンブルで適当にニヤニヤ妄想出来るほどには良いネタなんですよ。ちなみに過去ブログで妄想してたのはこんな感じ。なのでマグニートの中の人がアサシンのコスプレしてるだけでも嬉しいんですよ(笑)まあヒゲはいらんけどね…。

しかしゲームの実写化って実際イタイのも多いし失敗するほうが多いじゃないですか(ーー;)この間のエージェント47のやつも(ゲームのファンでもないですけど)映画は恐ろしく微妙だったし…。そんでアサシンクリードの予告見てもね、まあゲームプレイを彷彿とさせるシーン(特に塔の天辺から飛び降りるやつとか)が沢山あるのは嬉しいんですけど、それ以外のドラマ的な部分ってどうなるのかなって心配(ーー;)嫌な予感しかしない…。まあ正直映画自体のクオリティにはあんまり期待してないんで(爆)心情的にはマグニートの中の人のアサシンコスプレさえ見られりゃいいやって感じです。

でも本音を言うとね…あの予告の中で主人公の中の人が上半身ハダカで訓練(ゲームのチュートリアルみたいなアレですかね??)するシーンのあのカラダの生っ白さがなんとも言えず目に眩しすぎてどうにかしてほしいです(ーー;)昔他のアクション映画のちょい役の時に割にいい体してたように思うし、鍛えてないことはないと思うんだけど…あの予告の半裸はなんかモヤシっ子ぽくて痛々しい(ーー;;;;)日焼けしてないからでしょうか(爆)本編だともう少しマシになってるかな〜。それとも記憶が注入されるとカラダも先祖帰りしてそれっぽくなるのかしら。それならそれで美味しいですけど(笑)

まあ映画の公開は12月らしいのでまだまだ先ですが、封切りされたら当然観に行きます。そんで主人公が敵対するであろう(まあ味方組織でもいいけど)一番強大な敵つうか位の高いヤツを鵜の目鷹の目で探します。いい感じのヤツがいたらそれがブル〜様に決定だ(笑)そしてネタをお持ち帰りしてしばらくの間は楽しくニヤニヤ妄想を楽しめるってやつですよ(^3^)今はなにしろX−MENが近々公開されますので、X−MENネタでニヤニヤしてますけど(笑)先日アップしたシンブル妄想も結局何度も後から書き直したのでアップした時とはちょっぴり印象が変わっていると思われます(^。^;)結局ね〜どんなに途中経過でブル〜様が泣いても、最終的には泣くのはシン様だと思うんですよね…。それが未亡人クオリティでしょ?(笑)じょみだったら若さと可愛さのままブル〜様を翻弄しても良いと思うんだけど、シン様にはブル〜様は絶対に一方的には振り回されないんです。最終的にはシン様はブル〜様には決して敵わないのであります…。ブル〜様に全てを捧げ過ぎてなんか頭がおかしくなってる的な(爆)ワタクシはそんなシン様の不安定さが好きなんであって。原作のソルジャー・シンはさすが、ブル〜様を取り込んだだけあって凄い安定してますけどね(^^)


今日は赤(仮名)さんのキンダーの…なんだろう、学芸会的な何か…(ーー;)に行ってきました。日本みたいな出し物的な何かは特にないんですけど、全員で振り付けつきの歌を延々歌ってました。学校は水曜日で終わるので、もう授業らしい授業はないみたいです。朝の十時からだったんだけど、皆さん普通に仕事休んで来てましたよ。終わったら職場に戻る人もいましたけど…。午後は子供は学校に残して普段通りスクールバスで帰ってきてもいいんだけど、子供をそのまま連れて帰るのを先生にやたらと推奨された(ーー;)ので連れて帰ってきました。ワタクシは午後は普通に仕事してたので宿六が赤(仮名)さん連れて公園に行きました。サマーキャンプが始まるのが5月の終わりからで来週はお休み取ったけど、木曜日と金曜日はもう学校ないし、どうなるんだろう〜(ーー;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.