FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ゴリラの射殺事件
奥様この事件ご存知?シンシナティ動物園のゴリラ舎の中に4歳児(今は3歳児に訂正されてますが)の男の子が飛び込んで、結局絶滅危惧種のゴリラが射殺される羽目になった事件。

http://www.bbc.com/japanese/36411264

実はここ、ワタクシと赤(仮名)さんが姉のご近所の家族に便乗して行く羽目になった動物園なのでございますよ。ワタクシ達が出かけたのは金曜日、この事件のまさに前日!ハランビさんご生存最後の日をこの目に焼き付けることが出来たわけで…と涙に咽びたいところですが、実際のところは走り回る赤(仮名)さんとお友達の後を付いて回るのに必死であんまり記憶にない(爆)ワタクシの記憶では確かゴリラ舎には子供がいて、母親から離れようとする子供の足を掴んで引きずっては背中に乗せていた微笑ましい風景を見たような気がするのですが、とりあえずワタクシが読んだ報道では雌二匹と今回射殺された雄に関して書かれてなかったので、アレはゴリラじゃなくて別の類人猿だったのかしら(ーー;)まあ当面のところゴリラ舎はしばらく閲覧禁止になるようなので、見られてラッキー…だったのかもしれませんが…。

こういう事件って凄く身につまされる〜(ーー;;;)

最初はさ、「なんで子供しっかり見てないんだろ、このガキが馬鹿やったせいで何も悪いことしてないゴリラが撃ち殺されるなんてありえない」と当然思っていたわけなのですが、これってホント誰でもありえる事故だと思うんですよね。アメリカのサイトのある記事では、この直前に「ママ、僕ゴリラと遊んでくるね!」と言い残して走り去った、という証言があるのですが、我が家の赤(仮名)さんは勿論普段そんなことするタイプじゃないんだけど、その思考だけ考えたらいかにもダンスィ思考というか、男の子なら誰でも言いそう(女の子でも)な感じではありますよね。そもそもこれって転落事故じゃなくて子供が自分から堀の水の中に飛び込んだわけだし。

かといって動物園側が不手際だったかというと…シンシナティ動物園って、ウチの地元の動物園に比べると格段というか月とスッポンというか天地の差くらいに素晴らしい動物園なんですよ。動物の数も多いし園全体が良く考えてしっかり作られている。ワタクシが一番感心したのは昆虫館なんですけどもね。で、絶滅に瀕している動物を繁殖させたりするシステムが整っていて、それに加えて子供達が動物を良く見られる、触れ合えるような構造をきちんと考えているんです。ワタクシもね、確かゴリラだったかとにかく似たような類人猿のフェンスを見て、これってちょっと危なくね?誰でも乗り越えられちゃうんじゃ?って思ったんですけど、そうやって子供達から動物が良く見えるようにきちんと考えてある作りなんだな〜ってある意味感心してたんですよね。

でもこういう事故が起きちゃう。3〜4歳児、ADHDとかあったのかは知りませんが、凄く元気でやんちゃな子供って、大人がビックリするくらい身のこなしも軽くてどこでもよじ上ったり…出来ちゃうんですよね…。夫側の一番下の甥っ子が、小さな頃まさに元気でやんちゃで周囲がハラハラするようなアクロバットばかりやらかしていて義姉さんの頭痛のタネだったんですけど(ーー;)あの子が小さい頃、これくらいのことはやりそうだよな〜と思いました。

勿論親がしっかり見てろよ、って思うわけですが、夏休み中の動物園なんて芋を洗うような大混雑なわけでございますよ。ワタクシ達が出かけた時は平日だったからそれでも多少はマシだったのかもしれませんが、かなりの人出だし、普段行かないよう非日常的な場所だから子供達もはしゃいじゃって走り回るし、手を繋いで歩き回りましょうなんて無理なんですよね。そもそも暑いから手を繋いでると更に暑くて嫌がるし。今回は一緒に行った子供達が9歳と12歳だったからそれでもなんとかなりましたけど、むしろ9歳の子のほうが「アレ?あの子はどこに?(ーー;)(;ーー)」ってしょっちゅう消えちゃってましたしね…。だからワタクシは写真などは一枚も撮らずにひたすら赤(仮名)さんの後ろ姿ばかり目で追っていたような感じだったのですが、まあ動物園なんて行ったら大人だって動物見ちゃうよね。母親の証言によると母親が写真を撮ってた隙にいなくなっちゃったと記述されている記事も。

だけれどもやんちゃな子供に限らず、肉食獣以外の外の舎って、実際本気で入ろうと思えばどこも入り込めるんですよね。高いところから飛び降りて足を折ったりはするかもしれんけど、そういうのを気にしなければ本当にぱっとね。鉄条網とか電気ショックのフェンスでも3メートルくらいの高さで張り巡らさないと無理じゃん?この動物園で、お金を払ってキリンにエサをやれるっていうコーナーがあったんですけど、やぐらのように高いところにしつらえてあるんですが、キリンの頭が入れるってことは身のこなしの早い子供がそこからぱっとキリン舎に飛び降りる(そして大怪我)可能性もあるし、ゾウ舎も室外と室内のところがあって、暑かったのでゾウは室内にいたんですけど、そこも見る側は高めのバルコニーみたいなところから見るわけですが、あそこだってぱっと乗り越えて簡単に飛び降りられるんですよね(そして大怪我)

檻の中だって、サンディエゴの動物園でも、20代の男性が自殺を図って全裸でライオンの檻に侵入し(真っ昼間、大勢の客が見てる前で!)結局ライオンが撃ち殺された事件があったらしいですけど。

動物園って一体何のためにあるんだろうと思わずにはいられない…。

子供の教育にとって、同じ地球には人間だけじゃなくてこんなに違う生き物が生きているんだよ、と見せること自体は情操教育に素晴らしい事…なんですよねきっと。子供から大人まで誰でも行けて、世界中飛び回らなくても一カ所の場所に行けばいい。そういう生き物が世界に生きていることを知り、絶滅危惧種について学び、例えばエコを心がけましょうとか色々考える機会も出来る。そのために特に背の低い子供達でも見やすいような作りになっている。しかし危険性(人間と動物双方にとって)を考えたら全部完璧室内にして床から天井までも頑丈なガラス越しに見るのが一番いい。だってジュラシックパークだってあんなことになったじゃん!(…)


それにしても哀れなのはこの母子ですよね(ーー;)親の監督不行き届きについて非難囂々でネットでは凄い勢いで炎上しておる模様。父親はいるのか知らないけど、母親の本名も公開されちゃったし。それにただのゴリラじゃなくて絶滅危惧種のゴリラでございますよ。動物愛護団体の皆様が大層お怒りだそうで、こりゃもう一生逃げられないですよね(ーー;)人を殺したとかいうのとは全く訳が違うレベルで一族郎党が組織(…)から一生追われ続けることになるのではないかと思うともう他人事ながらなんともいえない気分です。もう改名して海外にでも逃げるしかくらいないのではないでしょうか…。この事件が起きる前日には明日は動物園!楽しみ!(^。^)って家族で楽しく語り合っていたに違いないのが、この日によって家族の人生が一気に暗転、世間から逃げ回らなくてはならない身分になってしまったわけで…。このお母さん、動物園なんか行かなきゃ良かったってもう100万回くらい考えてるよねきっと。自分がしでかしたことでもないのに、子供が何かするとやっぱり親はどうしても責任被らないといけないしね。考えただけで耐えられない!ワタクシだったらこんな子産むんじゃなかった!もう無理心中を図るしかない!って覚悟を決めちゃうレベルですよ。

しかしこれ、まだ実の親が一緒だったからアレだけど、例えば幼稚園の遠足だったらどうだったでしょうかね。実際駐車場にスクールバスが沢山停まってたんですよね。まあこれくらいの年代だとまだデイケアでも遠足みたいなものには出かけないですけど、これが3、4、歳児じゃなくて小学生の遠足で起きた出来事だったとしたら…。そう考えると幼児関係の仕事なんて絶対ヤラねって思うよね。ひっかぶらなきゃいけない責任を考えただけで恐ろしいですよ。日本とアメリカの子供って基本的に生命力というか爆発するエネルギーが違うような気がする…。日本は子供の頃から電車移動を普通にするし、車道の隣の歩道を歩く文化だからいきなり走っちゃいけないとか日常的に基本中の基本として躾けられていて大人しいけれど、アメリカって移動は車だし、危険な場所を移動するという事に慣れてないから、車降りて目的地に着いたらキャ〜っと走り出すようなイメージです。

ワタクシもね、まあ赤(仮名)さんは普段はこういうことするタイプじゃないし、ここまで極端な可能性は考えた事はないですけど、やっぱりこういうことがが怖くて人混みにはあんまり行きたくないんですよね。子供をまだディズニーに連れてった事がないって言ったら同僚にまるで虐待親みたいに言われたことがあるんですけど(ーー;)リスクを考えたらそういうのは大きくなるまで待ちたいって考えるのは、まあ世界中の親がそう考えるわけじゃないのは分かるけど、ワタクシのようにそう考えるチキンな親がいたっておかしくないじゃん?(ーー;)日本にも連れてったことがないし…だって電車の乗り降りも東京の道路事情も理解していない我が家の赤(仮名)さんが線路に落ちたり車に跳ねられたり、絶対ありえるもん!小さな頃からしょっちゅう日本に子供を連れてってるお母さん達は本当に肝が座ってますよね…ワタクシは事故の可能性を考えるだけでストレスなのでとても無理(ーー;)繰り返すけど我が家の赤(仮名)さんは普段は無茶をするようなタイプでは決してないのですが「ウチの子はそういうことしませんので〜」とか「親がちゃんと見てさえいれば大丈夫〜」なんてワタクシは全く信じておりませんので。自分に対しても子供に対してもそういう意味では信用全くのゼロですね。だって子供ってさ、そういう生き物じゃん…絶対無いとは言い切れないですよ。今回だって姉の近所の子と赤(仮名)さんが無茶苦茶意気投合してた上に向こうの親御さんからも申し出があったからプレッシャーに負けて動物園なんぞに行く羽目になってしまいましたけど、宿六のいないとき、あんな人の大勢来るところにワタクシだけで赤(仮名)さん連れてなんて絶対に行かないもん!ワタクシにとっては大人二人で子供一人を見て丁度いいという感じ。兄弟とかいたらどうなるか分からん(ーー;)

まあ幸い我が家の赤(仮名)さんはまだあんまりこういう特別な場所には興味ないんで助かるんですけどね(^^;)前回水族館に行った時も魚にはあまり興味を示さず水族館内の遊び場が一番嬉しかったみたいだし、今回も「動物園好きじゃない(’。’)」とか平気な顔で抜かしておったし(ーー;)特別なところにお出かけするよりは近所の公園や自宅でお友達と遊ぶほうが嬉しいタイプなのでこれからもその路線で行きます〜。引きこもり親で結構!


来週から新しい職場で、日曜日から出張なんですけど、ボスの新しい秘書の人がすんごい仕事が遅い!何度も何度も訳の分からんやり取りを繰り返してやっとフライトが取れたかと思ったらまだホテルが取れてないとかちょっと信じがたい(ーー;)これからボスに相談するとか言ってたけど何考えてるんだ〜!!!こんな調子だとこの先が心配です。前の秘書の人が恋しい…(;_;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.