FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
無能な伝書鳩
日本でやっとX-MENアポカリプスが公開されたらしく、ピクシブでエリチャ小説がぼちぼち出てきて嬉しいところです(^。^)蜘蛛の巣のように網を張って待ち構えて出てきた小説を捕まえて読むだけで良い!なんというパラダイス(^。^)けれども小説内にハゲの描写が出てくるとさすがに萎えますね(ーー;)せめて髪の描写がなければなんとか読めるんですけれども…抜け落ちた事実は認めたくない…(爆)ワタクシは別にハゲフェチではないので絡みシーンで受けがハゲとかちょっと想像したくないのですよね(ーー;;;;)皆さん逞しいな〜。




ところで以前のブログで新しく引っ越してきたお隣さんが結構ややこしい事情持ちぽい…という逸話を書いたのですが。

学校が始まりましたので、スクールバスのバス停(我が家の隣の隣)に付き添いで行くんですよ。まあ夏の間に建った新しい家にも新しい住人が引っ越してきたのも手伝って、バス停の子供達の数が去年から更に膨れ上がって(ーー;)子供も付き添いの親も結構な数に…今度子供の数を数え直してみよう(ーー;)去年は13人くらいだったと思うんだけど、なんか今年は倍くらいになってるような気がする。

そんな訳でお隣さんのご主人(というかまだ彼氏だった)ともほぼ毎朝顔を会わせるんですよね。

そんである日バスが出発してから世間話になったんですけど…陽気でお喋りなご主人で…お喋りなご主人で…(大事な事なので二度以下略)色々と新事実が発覚いたしました。ついでに宿六の無能っぷりも(爆)

まずご主人なんですけど…。バツイチには違いなくて、最初の結婚はまだ20歳そこそこの時で、子供が二人いて、子供達がまだ4歳と6歳の時に離婚(子供達にはかなりキツそうな話だ…)親権は父親側で、シングルパパとして働きながら必死で子供達を育てたそうな。そして月日が経ちその子供達も今は既に30代。つまりご主人は今50代半ば。

そして今いる子供達なんですけど…ご主人の子供達じゃなくて奥さん(というかまだ彼女)側の連れ子でした(爆)子供達と血がつながってるのは奥さんのほうで、つまりご主人はステップダディ、継父でござったよ。

宿六め〜全然逆じゃん!一体全体何を聞いておったのじゃ(ーー)伝書鳩としてもポンコツですよヤツは!

そしてその奥さんなのだけど…今は50歳ということで子供達はそれぞれ奥さんが40歳と44歳くらいで産んだ子供らしいのだけど…奥さんはバツイチでなく未婚なのだそうです。つ〜かただ単に結婚しなかったってことじゃなくて、結婚相手がいなくて、でも子供は欲しくて、結局精子バンクを使ってシングルで産んだらしいのですね(@@;)要するに子供達に元々父親はいないわけです。それにしても高齢出産なのに二人も良く産んだな〜しかもシングルで…逞しい人なんだ(@@;)そんなに体力あるようには見えないんだけど(爆)

…それにしてもそんなプライベートな話、たかだか隣人ごときにぺらぺら喋ってしまって良いものなのか…つ〜か子供達は知っとるのかその事実…。そんな大声でお気軽に喋ってたら秘密にしてたとしてももうとっくの昔にバレてそうだけれども…(ーー;)ワタクシもいきなりそんな赤裸々な秘話を聞かされて内心「エッ…(ーー;)」と困惑したのだけど、顔には動揺を出さずにふんふんと頷いてみせましたよ全くASIAさんの面の皮は厚くなる一方でございます。そういえば昔の同僚に、お母さんは元々メキシコ系なんだけれども、40歳になってもまだ結婚しなくて、だけれども子供だけは欲しくって、行きずりの男と寝て子供だけ授かった、という経緯で生まれた人がいましたねえ…(本人は割にあっけらかんと話していた)その人は一人っ子なんだけれども、まあ生まれ育った地域は親戚が山ほどいたのでお父さんがいなくて寂しいと思った事はなかったらしいですが。昔は人工授精とか精子バンクみたいなものがなかったからそのお母さんもわざわざそういう方法を取ったんだと思いますけど、今ならきっと迷い無く精子バンクコースだったかもしれませんね。

お隣のご主人と奥さん(まだ彼氏彼女だけど)は付き合い自体は長くて、もう知り合ってから20年以上になるんだとか。なるほど安定の夫婦感も納得というものです。これから結婚するくらいだから、勿論友人でいた期間のほうが長いんだと思いますけども。フ〜ン…人生色々でございますな…(ーー;)

直接使えるネタ・使えないネタに関わらず、こうして妄想の引き出しだけは順調に増えていく日々でございます(爆)実話の重みは違うよね(ーー;)



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.