FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
刷り込み的なアレ
生まれたばかりのヒヨコが最初に見たものを親と認識するなんちゃらですね〜。きっとブル〜様はもうじょみの前に46匹もエージェントを作ってきて、番号で呼ぶのにそろそろ飽きていたに違いありませんね。その上にもってきて他のエージェントとは明らかに毛色の違うのが生まれてきたからなんか嬉しくなって初めて名前なんかつけちゃったら懐かれた!というやつですね。なんかもうじょみさんはブル〜様にベタベタしてますが、機会があればブル〜様のどっかに触れてないと気が済まないストーカーっぷりでございます。








ところで話は変わるんですけどもさ〜(ー3ー)←唐突に愚痴モ〜ド

あ、ちょっと生々しい話なのでなんでも来い!という人だけ読むといいでがすよ。

ここんとこ一週間くらいずっとお腹が痛かったんですよ。そりゃ〜もう「ギリギリ」って音がするくらい!普段は生理痛とかないんだけど、なんか今回は生理前指先まで痺れる感じにぐったりと倦怠感というかだる〜い感じがしてベッドに倒れ込んだまま2時間くらい起きられなかったりとかさ、とにかくPMSってやつが酷く重かったんですよ。だから生理痛もまあこんなときもあるかもね、って思ってたんですけど、生理が終わってもお腹がギリギリ痛いのが治らないわけ!そりゃもうどんだけイタいかっていうとなんか下手に体をねじるとイテテテって感じで、横になればなんか背中のほうがギリギリと痛くなり、その上下腹が腫れてるような感じがして、トイレでお尻を拭くにも普段よりも手を伸ばさないと届かないって感じでさ。そのトイレのくだりなんですけど、この感じどっかで覚えがあるような…と思ったら妊娠してた時の話でさ。お腹の中で何かが膨れてる感じがするわけ。それを一週間くらい耐えてたんだけど、やっぱりこれはおかしい!もし右側だったら絶対盲腸を疑うような感じの痛みで、これは早いとこ医者に行かねば!と一週間目にしてやっと覚悟を決めたわけですよ。

しかし医者に行くといってもアメリカで医者に行くのはとても面倒なのです(ーー;)まず予約無しで行ける医者ってのはいないわけ。そんで予約を入れたところで医者に行けるのは1週間後とか2週間後とか、時には一ヶ月後とか当たり前なわけです。予約無しで看てもらおうと思ったらERしか方法がないわけです。ERと似たようなUrgentCareクリニックとやらもあるらしいのですがイマイチ違いが分からない…規模の差かな?そして一応当日に行けるウォークインクリニックなんかもあるようなのですが、そういうところはあまり設備自体も整ってなかったりするのですよね。今までV大学で勤めていた時は職場のメディカルセンターに行けば良かったのでそういう意味では気楽に予約が取れたのですが、今言ってみれば野放し状態のワタクシ、どこに行けばいいかも分からない(ーー;)というかどこの医者に行けるかというのはひとえに自分の保険のネットワークに加入しているところはどこか、というその条件だけで決まると言ってもいい感じです。医療費の高いアメリカ、保険が利かなかったら10万、100万、下手したら千万単位で請求書が届きますからねえ…。以前のV大学のクリニックも今の保険は使えるようなのですが、そちらに通勤していない今ちと遠いので地元で探すことにしまして。

ただ幸いワタクシが今勤めているのもメディカルセンターなのですよ。なのでもし本来の勤務地の近くに住んでいたら勤務地周辺の保険ネットワークを使えて医療費が信じられないくらい安くなる…んですけど、残念ながらワタクシは他所の州に住んでいるので勤務地のお膝元のネットワークは使えないのですよね。それでも割に良いカバー率ではあるのですが、自分の保険でERもカバーされることは確認済み。しかしERで治療を受けるというだけで一律$100は必ず支払わなければならず、他にどのような請求書がやってくるのかは今のところ謎(ーー;)保険概要を確認してみたところ、$100以外は100%カバーされるって書いてあったけどホントかな(ーー;)

宿六が運転していこうかって言うんですけど、赤(仮名)さんが学校から帰ってくるときに家に誰かいないと困る訳だし、自分で運転していくことにしました。帰り帰って来れないようだったらUberを呼べばいいし。

それで保険の利いて地元に近いクリニックに行ったのですが、どうもそこは施設が別の土地に数カ所あるらしくて、ウォークインクリニックがあると思ったらそこにはなくて。ウォークインクリニックはここにはないんですか?と聞いてみたら、「ここは病院です」って言われたんだけど、クリニックだって病院じゃねえの??言ってる意味が全然分からねぇ!!(ーー;;)そこの病院にはERがあるので予約のナイ人はそちらへ、と言われてフラフラと行ってみたところ、ERなのに待合室に誰もいない…(@@;;)ERってのは大体緊急患者で押し合いへし合いしているものなのではないのか(@@;)普段ERというのは本当に生きるか死ぬかの人達が行くところだと思っているので、他に患者がいたらやめておこうと思ったのですが、だ〜れも待ってないのでこの際とりあえずERに行くことにしました。ぶっちゃけ患者側の視点からいうと、シンプルにER=お高い、なのでありますが…。

患者が誰もいないから、すぐに診察室に通されたのはいいんですけれども…。ワタクシ前の晩に寝る前に初めて痛み止めを飲んでいたのですよね。なんか痛くて眠れなかったから。そしたらその痛み止めがまだ効いてて、あまり痛くなかったんですよ。だからなんというか…ワタクシ緊急事態でもないのにERなんかにいてもいいのかしら的な…(ーー;)いや、でもそれまではずっと痛かったんだし!と思って勇気を奮い立たせましてね。だってあまりの痛さにこれは病院に行ったらきっとすぐに手術ってことになるだろう、とまで思い詰めて着替えや歯ブラシセット、ラップトップ、ラップトップと携帯と外付けバッテリーの充電器までまとめて荷物持ってきてたんですよね(ーー;)もう入院準備万端!みたいなさ…。もし癌だったらどうしよう、と生命保険いくらかけてたっけと色々考えてまでいたくらいなんですよ(ーー;)しかし痛み止めが効いていてあまり痛くない、悲壮感ゼロの患者である自分がERにいるというこの場違いな…。他に患者がいなくて本当に助かりましたけど(ーー;)看護婦さんに、あの、自分は今のところそれほど緊急でもないし、今からでもウォークインクリニックに変えた方がいいでしょうかと聞いてみたら、腹痛ということで緊急事態だったらウォークインクリニックに行ったとしてもどっちみちERに回されるし、そうなるとウォークインクリニックとERと両方から請求書が届くことになるからこのままここにいたほうがいいと思うわよ、と言われましてね。なんかもう自分も不安だらけだしとりあえず言われるままに寝転がりましてね。

まあとにかくお腹といってもどの臓器が悪くなってるのか分からないから、全部一度にチェックするためにCTスキャンをやりましょう、と言われました。一も二もなく承諾。CTスキャンって基本的には立体レントゲンってことなんですけど、三次元の臓器のコントラストをしっかりつけるために点滴でなんらかの液(忘れた)を入れるんですよ。

それでまずは点滴の管を入れましょうってことになったのですが、そのついでに血液検査もするために採血もしたんですけれども。採血されてる間、片手で宿六から届いた携帯テキストを読んでたんですけど、気がつくと看護婦さんがティッシュを手にして一生懸命ベッドのフレームを拭いてるんですよ。それから床を。この状況で零れて拭かないとならない液体ってただ一つしかないと思うんですけど(ーー)

まさか…(ーー;)と思って看護婦さんがいなくなってからベッドを見ると、シーツに血のシミが!ということはさっき看護婦さんが必死になって拭いていたのもワタクシの血液…(ーー;)ただでさえ貴重な鉄分なのにナニしてくれてるんじゃゴラァ(ーー#)というこのやるせない気持ち(?)


しかしながら点滴入れてもらったおかげであまり貧血〜という感じにはならずに済み、そんで別の看護婦さんがガラガラとCTスキャンの部屋に連れてってくれましてね。運ばれたベッドと実際にスキャンするベッドとは別々なので、携帯持参でも何も言われませんでした。MRIだと30分くらいじっとしてないといけないんだけど、CTスキャンは5分くらいで終わるから〜と言われ。そして画像にコントラストをつけるためのなんらかの溶液を点滴に入れる副作用で体がぽかぽか熱くなるけど心配しなくても大丈夫〜と言われ。指示された通り、バンザイの格好でベッドが前後にゆっくり動き5−10分でスキャン終わり。本当に途中で胴体だけがカ〜っと熱くなった時があったのですが、なにしろ病院は寒かったので…丁度良い具合にぽかぽかしてあったかくて気持ちよかったですよ(^。^;)

そんでスキャンが終わって30分くらいで結果が出ますので〜ということに。その間についでに尿検査もしますので、ということでオシッコも。丁度トイレに行きたいな〜と思い始めていたので良いタイミングでした(^。^;)

そして待つ事一時間近く。医者がやってきて、言うことににゃ…。

CTスキャンも血液検査も尿検査も全て異常無し。



んなわけあるか (゚Д゚#)ゴルァ!!


と思わず叫びたくなるのを噛み殺し(ーー;)レポートも頂いてきたのですが、一番心配していた卵巣膿腫も、胆石も、尿管結石も、筋腫も、とにかく何にも無し。全て正常。尿検査も血液検査も全ての数値が正常範囲内。感染症の疑いもゼロ。

ポカーン( ゜Д゜)

口から魂が抜けて行きそうなワタクシの様子を見て医者が苦笑い…(ーー;)なんじゃこの絵図、まるでワタクシがメンヘラみたいな…(爆)まあ勿論CTスキャンも万能ではなくて、例えば腸の粘膜が炎症を起こしてますとかそういうのまでは分からないらしいのですね。でもワタクシの心配していたような、命に支障のあるような、ガンやら腫瘍やらは全く何も見つからなかったのであります…。例えば寄生虫や胃腸炎の可能性はどうですかねと聞いてみたら、嘔吐や下痢、はたまた便秘などの症状が全く無いのでそれもあまり考えられないだろうとのこと。

喜ぶべきことなんですけど…(ーー;)そうなってくると急にER代金が惜しくなる現金なワタクシ(爆)えっとER自体の施設料金の他にCTスキャンに点滴に血液検査に尿検査…のお代がやってくるわけで(ーー;)ああそれプラス医者代だ。職場の保険がどれだけカバーしてくれるのか乞うご期待!(爆)アメリカの保険システムって本当にややこしいので何がどうカバーされて最終的なコストが幾らくらいになるのかさっぱり分からんのですよ。本当に$100だけで済めばいいんですけど。

まあとにかく治すところもなんにもないので、とりあえずERは終了。入院の準備がパンパンに詰まったリュックを引っさげて帰宅することに(ーー;)婦人科の検査はしばらく受けてないのでどのみちまずは婦人科の予約を取り、そこでも何も無かったら消化器系に行くか…と方針が決まったのは良いのですが…。あ〜そういえば医師は若くてどちらかというとイケメンだったのですが非常に残念ながらワタクシの好みでは全っ然なかったことを明記しておきます。初代スタートレックのカーク船長に似てました。ま〜ERにいるっていう異常な状況だけで医者の顔なんかこの際お面でもなんでもいいヨって気分だったんですけどね…。というかあんなに若くてERが勤まるのかのう…逆に言うと若くて体力がないと勤まらないのかもしれないけれども…。単に童顔で若く見えただけかもしれないですけども。

ついでにお腹も痛くなくなった(爆)というかまだなんとなくなにかありそうというか、常にガスが溜まってるような不快感はあるのですが、とりあえず痛みはなくなりました。なんだろう新しいアレルギーでも勃発したとかそういうのかしら。それと本当に痛み止め一度飲んだだけでどうにかなっちゃったってこと???とりあえず今日明日どうこうということはなさげです。

それで結局朝の11時過ぎにはERを出ることになったので、普段ランチをするフランス人のお友達に連絡を入れてとりあえずいつも通りランチ。入院する気満々(自分で決めるわけじゃないのに)だったおかげで口紅もつけてない指輪も嵌めてない、服装もパジャマに毛が生えたような無印良品のコットンワンピにレギンズに上履きみたいなゴム靴(ーー;)そんでもって宿六が今日は赤(仮名)さんのことは心配せずに遊んできたら〜というのでお言葉に甘えることにしたんだけれども…。お友達は仕事だし(ワタクシは有給)行きたいところもやりたいこともないんですよね(ーー;)仕方ないので近くのモールに足を運んでブラブラしてたんだけれども…。見たいお店もないので、モール内のポケストップ前に陣取って、ネットサーフしながらクルクル輪っかを回してボールを補充してました(爆)

そんでねこのモールって通路にも出店みたいなのが沢山あって、大体スキンケア関係が多いんですけど…。出店の客引きが結構しつこいんですよね。平日だもんで客が少なかったせいか、はたまたER事件で心が弱っていたせいか(爆)あっという間にしつこい客引きに捕まっちゃって、ハンドクリームを買う羽目になってしまいました。死海の塩がど〜たらこ〜たらどうでもいいこと言ってたな(←セールストークを真面目に聞いてすらいない)というか売り子さんがイスラエル人だったんですけど、アメリカに来てまだ一年もたってない、英語もすご〜くヘタクソでさ…。それでも頑張って売り子してるな〜と思ったら、まあ$10くらいならいいか、とフラフラと買ってしまったのですよね。その代わり買ったからにはこちらの話も聞いてもらおうじゃないの!と思ってERの愚痴話もしっかり聞いてもらったのでチャラにする(笑)顔のスキンケアも勧められたんですけど、なにしろワタクシはニベアを顔に塗ってるような女でございますから(笑)そちらを撃退するのは至極簡単でございました。


それにしても〜何か健康を害している原因があるのならどうにかしたいのですが〜もうこれ以上生活様式改善するのって無理ですよ(爆)食事だって炭水化物を取りすぎないよう適量に、野菜もなるべく食べてるし、普段取れないタイプの野菜はスムージーにして摂取、まあ勿論食事の内容は十分改善の余地ではありますが…。夜だって11時前には就寝してるし、毎朝30〜50分のウォーキングは欠かさず続け、通勤もないし仕事に関してはストレスも殆どないし、たまの出張は全身全霊で満喫してるし(笑)田舎で空気の良いところに住んでるし、この上どこをどう改善すりゃいいのじゃ!ストレス…唯一のストレスは子育てなんだけど、まさか子供は放り出すわけにはいかないですしね(ーー;)だけど子育てがストレスで健康を害する親なんて、考えただけで色々とアレですけどね(ーー;)ちょびちょびでも絵も描いてるし…まあもっと描きたいんだけど…子供がいなけりゃもっと描けるけど…嗚呼そういえば今週末は土日両方宿六がいないって言ってたなつまりワタクシが週末ずっと赤(仮名)さんのお世話を(ーー;;)(←健康を害するストレス)

まあとにかく年齢も年齢だから、一番怪しいのはホルモンバランスかな〜ということでとりあえずは婦人科です。緊急じゃないのでいつもの予約で大丈夫そう。


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.