FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
「Magic」ネタを焼き直そうかと
赤(仮名)さんが生まれてまだそんなにしない頃に清水玲子の「Magic」ネタでジョミブル妄想を考えていた時期があったんですよね。まとめるつもりだったんだけどその後怒濤の子育て濁流に飲み込まれてすっかりお蔵入りになってしまったのですが…。そういえばあんなネタもあったな〜と今朝散歩の途中に思い出しまして、アレを練り直せないかなと考えています。というかね前にメモっておいたネタ部分が、昔昔その昔、パソがウイルスにやられましてネタメモが全て飛んじゃった時にMagicネタメモも綺麗さっぱり吹っ飛んだんですよね(ーー)(現在アップル製品に傾倒する理由の一つ)今は日本語の文章にあまり自信がないので、妄想劇場をタイプするのにもプレッシャーが結構酷いんですけど(ーー;)まあとりあえず簡潔にぱかぱか打ってみてアップするのもいいかな〜と…。考えてみたら当初の妄想劇場ってそんなにしっかりした文章でもなくて本当にネタの走り書きって感じだったので、お気楽にタイプしようかなと思ってます。

でもなんか長くなりそうなんだよね(ーー)

あとちょっと漫画で(自分が)見てみたいシーンもあり…。どんなシーンかっていうと、お子様じょみが育て親ブル〜様に「僕を抱いてよ!」って詰め寄って、そんなの出来るわけがないだろうって拒否られて、「ひょっとして…貴方…僕に抱かれたいの…?」って気がついちゃって、あまりの図星に咄嗟のことで反論出来なくて真っ赤になっちゃうブル〜様を見て悟っちゃうじょみっていう流れ(^。^)図星過ぎて結局拒否られるんですけど(笑)

清水玲子の作品って恋愛ものでも大体悲恋に終わるものが多くて、以前はそれに沿ってだらだら考えてたんだけども…いい感じにはぴ〜えんどらしくもっと簡潔にまとめてどうにかすりゃいいんだわねって思ったらなんかイケそうな気もしてきました。




あとね〜あまりにもぼっちで寂しいので自分のやる気を持続させるためになんらかの「社会」に属したいなとも思い始めたんですけど、自分がどこに入り込めばいいのかさっぱりわかんない(ーー;)大体今は皆さんツイッターとピクシブって感じなんだけども…。ツイッターってものすごくアンテナを伸ばして薄く広く拡散させる場所という印象だし、あと自分が発信する側となるとあんな短文で呟きたいことってなんにも無いわけで(爆)結局自分が住んでるところは日本じゃないし、大前提とか何にも説明できないしね…。ワタクシみたいに寂しさに耐え切れず粘着にデロンデロンと自分語りを垂れ流したいっていうタイプに向いているシステムじゃないんですよね。他人様の呟きを見てもやっぱりその内容の大前提が分からなくて内容自体理解出来ない事も多いですし。ピクシブに乗り出すというのもちょっと考えたんですけど、ピクシブって作品をきちんと整理出来ないのが厭(ーー)自分のサイトをメインで持っておいて、余分な発表の場としてピクシブもやるって、意味があるのかどうか…。ピクシブって発信メインという印象もあるし、ピクシブやったらお友達増えましたみたいな感じのところではないような気がするんですよね。そもそも誰と繋がっていいのかわかんない(ーー;;)

まあ海外住まいだからこういう悩みはいつものことなんですけど(ーー;)

海外といえば、Livejournalもね、皆さんかなりいなくなっちゃってて。以前のお友達のアカウントとか結構残ってはいるんだけど、放置でログイン自体何年もなさってない方が大部分。海外の場合はやはりツイッターとあとタンブラーが多いみたいなんだけども…。タンブラーをちょっと覗いてみたんだけど、こちらは画像より動画多し!どこのタンブラーを覗いてみても動画で目がチカチカして、それについてるコメントは一行みたいな。やっぱりこういうのも既に知り合い同士が知ってるジャンルの動画をシェアして楽しむ的な感じなんでしょうかね。色んな人の短い呟きやら動画やら入り交じってどれが誰の意見なのかとっても分かりづらい。でもなんとなく時代そのものがそういう流れなんでしょうかね。スローペースで粘着体質なワタクシにはついていけない時代の変化(ーー;)あと海外はやはりFacebookがまだ結構幅を利かせていて、自分語りだとかはそちらで結構じっくりやってる人が多いのですが、アレは基本的に本名でリアルの知り合い同士で繋がるのが主な目的という感じのツールなので趣味用としては更に無理ゲー。

あ〜LivejournalといえばGWイチニで活動していた頃に悩まされていた刺青厨さん(このブログ内カテゴリの「海外オタク文化」過去ログ参照)は今どうしてるかなと思って探してみたところ、ツイッターとタンブラーを見つけたんですけど。ガリッガリに痩せていたあの人が、今は横幅が倍になっていた(爆)その上背中の例のヒイロデュオの刺青の下に、背中一杯に色々と模様が増えていて、両足のふくらはぎの後ろに一人ずつ今ハマってるらしい執事ドラマのカプのキャラ(要するに実在俳優)の刺青が一人ずつデカデカと入っていて、左肩から肘までガッツリと「ゼルダの伝説」の刺青が…。その上呟きの内容を見るからに、アートクラスの教授がどうだとか課題がどうとか言ってるところを見ると、もしかしてまだ(「また」と言うべきなのか)学校行ってるの…?(ーー;)そろそろあの人も30歳近いと思うんだけど…。地元で行われたと思われるオタクイベントに嬉々としてコスプレしてはしゃいでる写真が沢山載ってました。自分で描いた絵をドラマの関係者(俳優?)に渡そうと準備してたりとか。全くすがすがしい程に変わってないですねえ…。まあ楽しそうにやってるようだからワタクシの事はぜひとも記憶から忘れていてほしいデスね!(笑)え?ワタクシは勿論あの数々の仕打ちは死ぬまで覚えてますけど(笑)粘着体質だから!

そんでツイッターのアカウント(以前消したと思い込んでたけどまだあった)に二人ほどフォローさんを足したらもうそれだけでメインページが情報の波でワケがわからないことになりました(ーー;)何十人、何百人とフォローなさってる方なんか、一体どうやって入ってくる情報を取捨選択しているのでしょうか…。なんというか情報がきちんと整理できないのがたまらなく無理…っ(職業柄ってやつ??)ツイッターなら海外の人のアカウントも等しくフォローできるなと思っていたのですが、全く使いこなせる気がしない(ーー;)漫画家さんのツイッターアカウントとか3つくらいブックマークしてるのがあって、それもフォローに入れようかと思っていたのですがこの分じゃ無理そうです。他人様のツイッターは今まで通り直ブクマで閲覧するのが一番無難そう(ーー;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.