FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
新緑を目指しました
ウォーキングデッドで、内蔵をモリモリと(…)引きずり出されて死亡した筈の、宿六のランキング第三位(笑)の某キャラがなんと死んでなかったことが判明!あの引きずり出されてた内蔵は実はキャラさんの上に倒れ込んだ別の人のものでした〜ってそんなのアリか!!(><)反則過ぎてなんかもうスタッフを信用出来ないレベル…(ーー;;;;;)宿六的には第三位の人が生きていてくれてニコニコ大喜びな宿六の隣でギリギリ脚本に不信感を抱きまくるワタクシ。

fc2blog_20160927045621789.jpgあ〜そういえばハン・ソロの絵に合わせてカットしてもらったマッティングがやっと出来たので取りに行ったんですよ。ついでに額縁が半額セールやってたので買ってきました。←お客様の喜びの声がこちらになります(笑)こうやってみると結構悪くないじゃ〜んと自画自賛…。実際アメリカンなお絵描きは誰に見られても全くなんとも思わない、むしろ見せびらかしたいところなのですが、普段の萌え絵は悶えます…。や、R2D2を描いてあげたお友達は週1ペースでランチしてるんですけど、「今週末は何か絵を描いたの?」とか言って期待に満ちた目で見つめてくるのでついつい携帯で見せてあげたりする羽目になるのですが…。「フランスでは今日本の漫画が凄い人気なのよ!(だから見せて)」って言われるんだけどさ…身の置き所がない…。いつ「この人達って何か特定のキャラなの?」って聞かれる日が来るかと思うと戦々恐々でございますよ(ーー;)そしてその日が来たらワタクシ一体なんて答えりゃいいのじゃ!(爆爆爆)




若さのパワーに満ち溢れた赤(仮名)さんがここんとこずっと「朝は一緒にお散歩行くから起こしてね!」と言うもんで本当に起こしてやったら本当についてきやがるんですよ…。朝の5時半から6時半まで、距離にして大体3キロくらい。何故マイルでなくキロかっていうとポケモンGOで距離を見てるからなんですけど(笑)ピカピカ明かりがつく、ウォーキング&ジョギング専用(恐らく)のブレスレットてのがあるのでそれを装着し、履いて歩くとピカピカ明かりがつくタイプの靴(日本にもあるのかな?)を履かせて真っ暗な中を二人で手を繋いでお月様を見ながら犬とトコトコトコトコ…。しかも今朝はその半分くらいの距離をタッタカタッタカと一人でジョギングしておった!6歳児の体って…いいわねえ…(多大に誤解を招く表現)だけど自分が6歳の頃って絶対こんなに体力無かった。絶対(><)歩くのはいいけど走るのは結構膝にダメージがくるので苦手なんですよね〜右足の方が短いので着地の衝撃が均等じゃないんですよ。

その上…。カフェテリアのスクールランチじゃなくてお弁当作って欲しいって言われた!走る戦慄、泳ぐ視線(爆)返事は勿論「いやです」(オイ)

「どうして〜おねが〜いおねが〜いおねが〜い(>△<)」
「だって赤(仮名)さんお弁当よりスクールランチがいいって言ったじゃん!お弁当はとっても作るのが面倒だからイヤですよ」
「スクールランチはジャンクだからやなの〜おねがいおねがいおねが〜い(>△<)」
「ジャンクフード、いいじゃん!美味しいじゃん!やっぱりランチはあったかいのがいいよね〜」(目を背ける)

サマーキャンプで調子に乗ってキャラ弁なんか作ってたしっぺ返しが今頃になって…(涙)でもさ〜普段の学校のときはスクールバスの見送りとお迎えが8時ー4時なわけ。サマーキャンプはもっと拘束時間が長くて(もっと短くてもいいんだけど)でも大体7時半ー5時くらいだったわけですよ。で、大抵その4時ー5時の間に翌日のお弁当を作ってた訳です。通常営業のときはその余分な時間がないんだから作れるわけがねえ!というか勿論ワタクシは自宅にいるわけだけど、赤(仮名)さんが帰ってくるギリギリまで仕事してるわけだし、一旦帰ってきたらもうひっきりなしにやれお腹すいただのやれ学校で描いた絵を見てくれだのやれ宿題してる隣に座れだのやれテレビを隣に座って一緒に観てくれだの、エンドレスで要求されるわけです。手抜きの晩飯作るのがやっとって感じ。そんなのかいくぐって弁当なんぞ作ってられるか!ってのと、キャラ弁作ってた時は本当に毎日毎日毎日毎日頭の中が「今日はどんな弁当にしようか」で一杯で他のこと何にも考えられなくてさ…そもそも我が家ってそんな毎日豊かな弁当(笑)を作れるような食事メニューじゃないんですよね。それと弁当用の食材ってのがさあ…。例えばソーセージの飾り切り一つにしても、アメリカで売ってるミニサイズウインナーだと質が悪くて綺麗に出来ないわけ。だから日本食品店で買ったウインナーで作ったりしてたんだけど、今までのお店は閉まっちゃったしさ。 日本の冷凍食品とかそこらに売ってるわけじゃないし。あらゆる意味で面倒なのです。いやホント弁当に振り回された夏でしたよ。

そんな拷問みたいな日々を送るなんて…いやです!(きっぱり)

キャラ弁でない普通の弁当なら、まあ毎日でなくていいんなら出来ない事ないけど、絶対コイツは「可愛いお弁当にしてちょうだい」で学校で見せびらかしたいに決まっとる(ーー)それとアメリカの学校のランチタイムって日本の学校の給食時間とは全く別物で、ゆっくり食べる時間自体があまりないんですよね。だから一生懸命作っても絶対残してくると思うの…半分くらいしか食べなかったりとかさ…そんなもんに時間も労力も費やしたくないざます…。アメリカの学校ってさ〜日本みたいに食育なんて概念はゼロだから、全然食べられなくても時間が来たら「ハイ処分して〜」という感じなんですよね。あ〜ちなみにアメリカのランチタイムって食べる前に手を洗ったりするような時間もないんだよ。だから結構みんな携帯用の抗菌ジェルみたいなのを持っていってるらしいです。ああカフェテリアにも抗菌ジェルって置いてあるのかもしれないですね…ワタクシはアレが本当に好きじゃないんだけど。アメリカの学校っていうのは本当に「勉強をするところ」で他の事は二の次三の次、担任の先生だって勉強を教える以外のことは全くしないんです。ランチタイムすら先生は子供達とは別の部屋で食べて、子供達はカフェテリアでランチルームスタッフ+ボランティアの親の監視下で食べるらしいです。あと日本と全然違うのは、ランチタイムに親が来て自分の子供と一緒にランチを食べるのがウェルカム、なところ。いつ行ってもいいし、専業主婦のクラスマムなんかはほぼ毎日子供とランチを食べてたりするらしい…。たまには行ってあげたほうがいいのかしらね〜アメリカの学校ってなんかあらゆることが違い過ぎて足を踏み入れるのも怖いんだけど(ーー)



そんでこちらが今回のラクガキ。今度こそブル〜様を入れよう!と思ったにも関わらずこの影の薄さ…(ーー)幽霊って言われても全く違和感ないですよね(ーー;)そんでね今回のテーマは「新緑」だったので、可愛らしくパステルで塗っていこう!と思ったにも関わらず、全く上手くいかなくて結局水彩色鉛筆にお出ましになって頂くことになりまして(ーー)パステルって広範囲に塗り広げるのに向いてるけれども〜細かいディテールを塗るのには全く向いてない…そんでもって自分どうして可愛らしくパステルで出来ると思ったのか小一時間問いつめたい…。

しかし諦め悪く、仕切り直してパステルでファンタジックな雰囲気に!って頑張ってみたんですけど、まあそんな雰囲気にはまっっっっったくならなかったことを今のウチに明記しておきます(ーー)

←新緑といえば、雰囲気的に目指したのはコレなんですけどね。海外GW界でお友達だったKiyasamaという方のオリジナル小説に描いた表紙。実際中身はGW3x4の焼き直しだったらしいのですがね。3x4には全く興味がないので全部読む気になれず、なんかこうビジュアル的にイメージ湧きやすそうなシーンだけ抜粋して送ってくれない?ってお願いして送ってもらったのが、初夏の洞窟の中で初めてイタすお二人のシーンで。おお〜これは絵になる!と思ってこういう表紙になりました。コレは結構自分でも気に入ってます。


…ここまで書いて何故今のこの季節になって新緑…と冷静になったりして…(・_・)そろそろ紅葉の季節ですね皆さん…(トオイメ)や、秋の新緑だってオツなもんですよ!そもそも色鉛筆の中で緑系統の減りが遅いもんでたまには緑使わなきゃなってのがメインだったような気も(爆)


この方の前回のオリジナル小説はGWイチニの焼き直しだったんですが、これはこれでプールサイドのシーンがあったので結構強烈にイメージ湧きましてね。←あとエレベーターのシーンも捨てがたかったので両方入れたらこうなった。あ、どちらも当サイトの「Other」のページに置いてあります。どちらも描いてて凄く楽しかった〜(^^)顔が見えないところがまた好みです。どんな好みのルックスでも思いのままよ!(笑)そういえばこのエレベーターの部分が真ん中で分断されてるのが変だ!とイチャモンつけてきたキチガイがいたことすら今となってはよい思い出(笑)そんなに文句があるなら貴様が描いてみろよって話ですよ。勿論無料でな!


そんでアメリカンてさ、絵を描いてると知るとどうして家の中に飾らないの?みたいなこと聞いてくるんだけど…日本の絵描きさんて自宅に自分の描いた萌え絵って飾るもんなの?少なくともワタクシは想像できない…でもアメリカンならきっとやるのであろう、家中に飾りまくるかも…。だけれども、もしどれか絵を飾れと言われたらワタクシ的にはセレクションのトップは上の新緑&洞窟イラストなんですけど…こんなん家の中に飾れるかっての(爆)


拍手パチパチありがとうございます♪
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.