FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
描けたんだけども
もはやこいつらは誰なのかレベルのヘンテコ和風イラストが描けたんだけども…。実は結構決定的なミスを犯して直したんですよ(ーー)どこが決定的かっていうと、描き上がってアレ?なんか不自然じゃね?ってよくよく見たらさ、ブル〜様の前髪がお面のヒモの上にかかってて、なんか騙し絵みたいになってたの(爆)全然気づかなくてねえ…(ーー;)

でこういうアナログの絵ってのは直す過程がまた一苦労でねえ…。

アクリル絵の具の白を前髪がかぶさってた組紐の上に塗ったんだけども、下の色に負けちゃうし、その上からまた赤を塗ったんだけども、色合いが死ぬほど不自然でさ(ーー)もともとワタクシの絵ってバッチイんだけど、今回はもっとバッチくなって閉口(ーー)しばらく格闘していつものごとく諦めたのです(爆)せっかく描いたからというケチ根性でトップにも置いたけど、そのうちまた前の緑のイラストに戻そうかなと思ってます。つか早く戻したい(爆)その前に新しいイラストが描けたらそちらに替えるほうが先かな。でも今週末は秋休みだし赤(仮名)が邪魔(=_=)やっぱり慣れないブツには手を出すもんじゃありませんねえ…。今回は気楽な思いつきだしネタものだから、と思っていつものスケブじゃなくて一回り小さいスケブに描いたんだけど、これは大きいスケブにのびのび描いたほうがヨカッタような気がします(笑)背景にも慣れない桜の花とか散らしてみたけども、本当は枝からちゃんと描きたかったんですけどスペース的に厳しくてですね。こんな小さなスペースにあんまり描き込みすぎるとくどいかな?って思ってやめたんですけど、次回桜を描く時があったら枝からちゃんと…描きたいけど描けるのかなそんなの。

今回の背景はこの間諦めた(爆)パステルを使いました。ぼんやり加減が丁度良いのだけど、パステルって黒が一番無くなりやすいんですよね。色鉛筆だと黒を買い足すのは簡単なのですが、ワタクシの地元の店ではパステルのバラ売りってしてないんですよ。お絵描き用木炭てのは売ってるんだけど、アレでも同じように使えるのかな。あとどこぞのツイッターで細くて白いミリペンが出てたんだけど、当然ながら地元の店には置いてない。確かに今なんでもネットで買える時代ではあるんですけど…。地元の店に置いてないとどんな画材がこの世に存在してるのか分かりゃしねえ(ーー)というか今アマゾンで検索してみたんだけど、ピグマとコピックから出てるミリペンで探したけれども白はなかった(ーー)(ーー)(ーー)サクラはどうかと探してみたらあったにはあったのだけど、一番細いやつで0.7ミリ…太すぎる(ーー;)いくらなんでも0.7で「極細」とかねえだろ〜。画材専門店のサイトでも覗いてみるかなあ〜。

それにしても桜…また季節外れなネタですね今気づいた(爆)今の季節なら紅葉かあ…でもあんまりジョミブルに似合う気がしない…。じょみは「生きてる」イメージだからどんな自然物でも似合うというか結構アイデア湧いてくるんですけど、ブル〜様は基本的に「過去の人」「亡霊」的なイメージ(酷すぎる)なのであんまり自然物と組み合わせたイメージ湧かないんですよね。まあそもそも二人ともSFモノのキャラだし原作は宇宙と宇宙船くらいでしか動かないし、乏しいワタクシの想像力ではなかなかアイデアが広がってくれないのであります。

ちなみにワタクシは自然物のお絵描きが好きなんですけど、要するに直線のない背景が好きなんですよ(笑)自然物だと結構フィーリング(略)に頼って適当に描いてもどうにかなるんですけど、人口のものはねえ…パース取ったり定規使ったりしないといけないし面倒つか超苦手(=_=)


昨日の夕方も赤(仮名)さんにせがまれて散歩に行ったら海苔(仮名)君がいて。赤さんはどうも海苔君が目当てだった模様。そしたら今週の金曜日プレイデートしませんか〜って誘われて、あっさり金曜日の予定が決まりました。ワタクシの聞いた事ないトランポリン&アクロバットの施設があるんだそうで。普段なら超嫌々なんですけど、海苔(仮名)君のお母さんなら日本語でおしゃべり出来るしまあいいかなって感じ。ただ海苔君の正体(爆)を確かめてみようと思って、赤(仮名)さんと同じように日本語で話しかけてはみたのだけど、やっぱりなんつ〜か全然分かってないみたいでした残念…。まワタクシは気にしないで赤(仮名)さんにも海苔君にも日本語で通そうっと(ーー)大人に英語で話しかけるのは全く問題ないんだけど、もともと子供好きでないワタクシは子供向けの言葉を英語で喋るというのが結構苦痛…日本語でならまあいいかなという感じ。相手のお母さんも傍についてるし、まあ大丈夫でしょう。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.