ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
カニに激萌えた
萌えアンテナがどうたらこうたら昨日言ってたんですけど、結構身近なところにパラダイスってあるもんですね。

ツイッターで見かけた、↓こんな写真記事なんですけど。

https://twitter.com/TokyoZooNet_PR/status/738318567666417664

「脚でがっちり囲っている個体がオス。下にいるのがメス。オスは未成熟なメスをこうして確保し、交尾できるまで独り占めします。交尾前ガードという行動ですね。」


どうよこれ…(うっとり…)

萌えたよね。すんごい萌えたよね。当然「未成熟」なのはじょみでね。ブル〜様ががっちりガードしてるんですよ。

なんでガードしてるかっていうと、いつものモブレとか暗い過去とかあれやこれやでトラウマなブル〜様でね。じょみがあんまり可愛いもんで放っておいたら何をされるか分からない、ジョミーが僕の二の舞にならないように守ってあげないと!って自分の身を盾にして守り続ける決心を固めるわけですよ。周囲からのセクハラやらなんやら、全部ブル〜様が受け止めて、時にはじょみを庇って結構酷いこともされちゃって(><)(←ご褒美)だってホラ、じょみを庇うのが先決だから逃げ切れないこともあるんでございますよ。

「ブルー!何が起きてるの?!」
「僕のことは気にするな!いいかい、いい子だから、僕が合図するまでしっかり目を瞑って、耳も塞いでいるんだ、分かったね!」
「へへ、残念だったな、そのお荷物のおかげで逃げられねえんだろ」
「たっぷり可愛がってやるぜ、そのガキに手ぇ出されたくなけりゃしっかり立ってな!」
「…あぁっ…!」
(暗転)

とにかく彼さえ無事ならば…その身にさまざまなえろいこうげきを受けてぼろぼろになりながらもジョミーを守り切るわけです。

しか〜し、真のエネミーはガード内に!ブル〜様に守られている間、じょみは着々とブル〜様を攻めるための一人前の攻めっ子に成長していたのであります先生!何しろブル〜様はじょみを外敵から守ることしか考えていないため、外の敵にしか注意を払っていなかったのですよ。しかしある日いきなりガードの中から攻撃(!)を受けることに!防御は全て外方向に向けているため、中からの攻撃は想定外!

「…え、えっ?!何…え、ジョミー?」
「ブルー、知ってた?僕、もう大人になったんだよ…ほら、見て…」
「え、ちょっ…や、いやだ、ジョミー…」
「嘘ばっかり…僕のこと、好きでしょ…?」
「あ、そんなとこ、駄目…だってば…」

中からの攻撃には弱いブル〜様!ガードの内側からあれやこれやブル〜様の弱点になんでもヤリたい放題攻め放題!ブル〜様、一体ナニが起きているのか状況を全く理解出来ないままに、成長したじょみに内側から美味しく頂かれてしまうのですよ〜♪♪♪そしてブル〜様の長年のガードのおかげで強い個体に成長したじょみは、外敵全てをあっちゅ〜間に退けて、そのままブル〜様の番として生涯守り続けてあげるのです〜♪


…っていう、カニの写真から飛び出た妄想

全くオツムがどうかしてるぜ


だって見てみろヨこの写真…どう考えても中からの攻撃には無防備なんだぜ…?明らかに急所を曝け出してるよね…内側から攻撃されたらイチコロだろ…?なんて迂闊な♂ガニ!こんなえろい写真が今まであっただろうかいやない。

言いようの無い達成感に満ち溢れながら、申し訳程度に仕事してきます〜(オイ)


拍手パチパチありがとうございます♪
Comment
≪この記事へのコメント≫
きみきさま
コメントありがとうございます。
相互リンクご希望ということでサイトを拝見させていただきましたが、内容的に当サイトとの関連性を見出せませんでしたので、非常に残念ですが辞退させていただく思います。これからもサイト運営頑張ってくださいね。
2016/10/15(土) 11:51:43 | URL | ASIA #ikMZU1l.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.