FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
ユーリオンアイス観ました
Crunchyrollに入っていたので1〜4話を一気に観ました。正直言って全く興味のあるジャンルではないのですが、結構騒がれてるみたいなので旬のうちに観ておかなくちゃという気になりまして(笑)

うーん…。

元々スポーツは好きでなくてねえ…(いきなり自分語り)「スポーツ」という名称が載ってるだけで回れ右したくなるタイプです。黙々とひたすら泳ぐとか、延々と歩くとか、体を動かすこと自体は好きなんですけど、そこに勝ち負けが絡んでくるだけで考えるのも厭になる人間でして(ーー;)特にフィギュアスケートって一応芸術的な感じでありながら点数を競うという部分が好きになれなくてさ。エキシビジョンだけやる競技ならもっとこちらものびのび見られるってもんなんですけど。あと選手が転んでいるのを見るのが辛いので、むしろエキシビジョンを何度もやって一番完璧なものだけを集めたVTRだけを流してほしいとすら思うタイプ(ーー;)

そんなわけでスケートのシーンで「トリプルルッツ!」とか解説の人が喋ってるシーンとかなんかプレッシャー感じて辛くてさ(ーー;;)

考えてみたらFree!なんかもはるまこがちょっと好きで少し同人誌も買ったりしたんだけど、元ネタがスポーツだと思うと肝心のアニメを観る気が起きなくてまだ観ていないのでした(笑)負けたり勝ったり挫折したりするんだと思うと観る前から既に萎えてる根性のない人間です。いつか…そのうち…気が向いたらね…。

まあそれはいいんだけど。かなり突き抜けたアニメですよねこれ…やっとカツ丼の意味が分かりました(笑)それにしてもカツ丼を表現する筈が何故か途中で「女性側の視点で」とかなってたり、ちょっと中途半端かなあ…という感じがします。カツ丼でいくことに決めたなら最後までカツ丼で突き抜けてほしかったですよ(笑)だって普通に考えたらあの流れだとあのシーンは「カツ丼を食する女性のエクスタシー」を表現しているということになってしまうのでは?(ーー;;;)出発点と着地点が明らかに違ってて混乱しました(ーー;)カツ丼は一体どこいった。

そんでもってユリオが15歳でゆーりが23歳…なんだろうまともに張り合うのすら見てて辛い(ーー;)そもそも今期が最後のチャンスとか言ってるようなギリギリの年齢の選手のコーチになるって何事なのですか。ロシアってもっと自国の選手に厳しい規制をかけてるのではないのかあんなにポンポン大事な選手が簡単に国を出る事を政府が許してくれるのかそれともそれはワタクシの曲がったイメージなのですか。あと明らかにゆーりが先に引退するわけだから、ユリオもちょっと待ってやればいいんじゃんとしか思えなかったり。

そんで一番飲み込めなかったのはヴィクトールの性的嗜好(オイ)かな。一体全体あいつはオンナが好きなのかオトコが好きなのか。大体ああいうナルシストのタイプってのはものすごい女たらしかゲイかどっちかだと思うんだけど、実際のところビクトールってどちらでもないんですよね。どっちにも興味なさそう。なんかベタベタはしてくるけれども、別にゆーりを狙ってる感じではないし、子供っぽく見えるだけでギラギラしていない。のがなんとなく不自然に感じる…。もしゲイだったとしてもなんか雰囲気的に受けですよね彼は(^^;)それならまだ納得がいく…。雰囲気的にガラスの仮面(ユリオとゆーり)だったりエヴァだったり(ゆーりとヴィクトール)な二人だったりしたんだけども、ガラスの仮面だったらマヤは総攻めだし、エヴァだったら絶対誰にも賛同されそうにないシンカオなワタクシですからお察しですよ(笑)

いやそもそも健康男子である15歳、23歳、27歳の誰にもステディな彼氏やら彼女やらいないってのは何事なのですか…(ーー;)まあ15歳ならいなくてもおかしくはないけど、ロシア人の上にあのユリオならいてももっとおかしくないし、日本にいたのならいざ知らず、ゆーりなんかデトロイトに5年だか6年だかいたのでないのですか。禅寺に籠って修行してるわけじゃないんだし…。それともスケート界って本当にそんなに枯れてるのかしらん皆さん右手がお友達とか…。申し訳ございませんもっと爛れた世界なんだと勝手に思い込んでおりました!(笑)

というわけなので、時代の波に乗るために最後まで視聴はします。ハイ。スポーツネタはやっぱり辛いけどね!(笑)超能力使ったり化け物と戦ったりしてるような厨二病バリバリなもんばっかり喜んで観てるもんだからこういう普通の題材は食い足りない(笑)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.