FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
家族サービスの日々(〜_〜)
赤(仮名)さんの楽しい冬休み!わ〜ぱふぱふどんどん〜☆そしてワタクシは家族サービスという名の奉仕をさせられる毎日でございます…。今日は仕事だから真面目に仕事してるんですが、赤(仮名)さんが昨日から珍しくちょっと風邪気味なので宿六とまとめて家から追い出す予定がそうもかなわず…(ーー)いつもの一日テレビ漬けの中仕事しております。宿六はいつも通り一人だけぬくぬくと二階に逃亡。なんたる世の中の不条理!

fc2blog_201612280513590da.jpgfc2blog_2016122805141305a.jpgサンクスギビングの時にローストチキンを作ったのですが、我が家は宿六も赤(仮名)さんもこだわりゼロなので簡単にモモ焼きにしました。といっても骨付き肉を上手く食べられない(特に宿六)なので切り分けてやらないとならず、特別感ゼロ。ケーキも一応焼きましたが毎回食えりゃいいだろ的ないい加減な精神でちっとも綺麗なケーキではございませぬ…。つかクリスマスの夜にカップラーメン出したとしても宿六も赤(仮名)さんも何も文句言いそうにない感じ…。赤(仮名)さんがもう少し大きくなれば張り合いが出るのかな〜。宿六は食べるものに本当に興味がないんですよね〜。

その上知り合いが今可愛いサビ猫の子猫の里親をしていて、写真を見せてもらったらそりゃ〜もうワタクシの超タイプな猫さんで、二匹目を思い切ってお迎えしてしまおうかとまで思い悩んでいます…(ーー;)前にも犬一匹+猫二匹がいた事があったんですが、赤(仮名)さんがまだ一歳半くらいの時に猫その一が死んじゃったんですよね。赤(仮名)さんにかける手間暇を考えるとここにもう一匹猫を迎えるとワタクシのキャパオーバーで死亡フラグと思いつつ、一匹も二匹も大して変わんね〜んじゃねえのという投げやりな気持ちも(ーー;)黒い猫さんは赤(仮名)さんのためにお迎えしたわけで、自分用にも猫が欲しい…夢のサビ猫…とほわわ〜と夢だけは広がりつつあります…。

でもまた猫さんお迎えすると犬が可哀想という気もしなくもない(ーー;)

今のところ犬は別に吠えたり猫を追いかけたりってことは全くないのですが、新入りにビクビクして何かモノ言いたげな目で見つめて来たりするので哀れといえば哀れかも(ーー;)でもさ、犬と猫って根本的に人との関わり方が違うから、犬は猫の代わりにならないし猫は犬の代わりにはならないんですよね。犬はあくまで主人の犬であり、猫とは根本的に違う存在なわけで…とそのつぶらな瞳を見つめてこんこんと言い聞かせてあげた(笑)のですが何しろワタクシは犬語が喋れないので分かっていただけたのかどうか。

あ〜とっとと赤(仮名)さんよくならね〜かな〜明日こそ宿六とまとめてどっかに出かけてほしい…(ーー)

猫さんといえば。猫さんが毎晩赤(仮名)さんと一緒に寝てくれるのは大変嬉しいのですが、それでも何故かワタクシは結局寝かしつけを続行させられております(ーー)その上どうやら猫さんが夜中に遊びたがって赤(仮名)さんを起こしたりするらしく、そうすると赤(仮名)さんがワタクシを起こしにくるという悪循環(ーー)猫さんと寝ると赤(仮名)さんの喉がイガイガしていたので、とりあえず猫さんを風呂に入れたのですが、そりゃ〜もう暴れまくってワタクシがあちこち引っ掻かれて名誉の負傷(ーー)幸い顔は無事でした!眼鏡かけてたんだけど、次回はゴーグルでもかけるかな。いやむしろワタクシに必要なのはジョジョの石仮面(ーー)

fc2blog_20161228064157b1d.jpgfc2blog_20161228064223372.jpgあ〜そういえばこの猫さん、シェルターで貰った資料によるとシェルターで6ヶ月くらい暮らしていたらしいのです(@@;;;)一番可愛い時期を逃した(笑)だけどこんなに性格がイイのになんで6ヶ月も誰にも貰われずに売れ残っていたノデスカ???ってものすごく疑問だったのですが、その理由というのがまさかの…

「黒いから」

(@。@)え〜マジ???そりゃ〜黒猫が前を通ると不吉だとか昔は言われていたらしいけど、今時この現代社会で黒猫が不吉だから引き取りたくない、なんて本気で思っている人がいるわけなのですか??そんなまさかばかばかし〜って話半分に聞いてたんですが、同僚(♂)に猫の写真を送ったら「黒猫なんて縁起悪くない?」って言われた(@@;;;)マジですか…そっかアメリカでは黒猫って差別(?)されてるんだ可哀想に…サビ猫が汚いとかいう理由よりもっと理不尽に思える(ーー;)貰って良かった!そんで初めてアマゾンで猫のキャリーケースを購入しましたよ。以前飼ってた猫二匹はケースに入れた事が一度もなかったんですよね。獣医さんに連れて行くときも引っ越しのときもただ車の中に入れて、獣医さんでは抱っこして、ってやってたんで(ーー;)でももぎさんが死ぬ前に何度か獣医さんに連れてく時、さすがにそれじゃ苦しそうだったので大きめのボストンバッグに入れて連れてったんだけど、さすがにキャリー買ったほうがいいかもね〜(ーー;)って言ってる間に死んじゃったんで…。猫その1は心臓発作みたいにぽっくり死んでしまったので獣医さんに連れて行く暇もなかったのでありました。このキャリーケース、結構良さそうなのにセールでたったの$23!お買い得(^。^)固いケースは嵩張るからね〜(ーー;)

そんなわけで疲れてます…(ーー)



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.