FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
日本の文房具が届きました!(^・^)
といっても勿論ワタクシのではございませぬ(笑)

赤(仮名)さんが来たる4月から毎週土曜日はこちらでの日0語補0校に通うことになりましたので、せっかくだからみんなに溶け込みやすいよう日本の文房具を揃えてあげようと思い、アマゾンジャパン&転送サービスを駆使して買い集めました。それにアメリカのクソみたいな(あらやだごめんあそばせ)文房具よりもやっぱり日本の質の良い文房具を使わせてあげたいという親心。アメリカでは学校で指定された一年分の文房具を全て学校に納め、必要に応じて先生から生徒に配るというやり方なので(低学年だけかも)可愛い文房具なんか買っても自分の子供は使わせてもらえないという超イヤなシステムなんですよね(ーー)みんな平等で喧嘩したり盗まれたりなんていう事件を防ぐには良いことですけれども。

そんなわけでかきかた鉛筆に鉛筆キャップ。こちらには鉛筆キャップなどというシロモノは見た事もないし誰も使わない、鉛筆むき出しだったら鞄が汚れるじゃん?っていう考え自体も無いらしく、むき出しの鉛筆をそのまま鞄に突っ込んだり全く平気です。汚れるだろ!(ーー)鉛筆はもっと可愛いキャラものも沢山あったのですが、一応「かきかたえんぴつ」という書きやすさを優先しました。

憧れの二面筆箱(むしろワタクシが一つ欲しい)ケース入りハサミ、良質消しゴム、折りたたみ定規(これは便利そう!)二面筆箱ってコンセプトからして日本の日本らしさがぎゅっと凝縮されているような気がしますよ…。あとアメリカの消しゴムって「これは冗談ですか?」っていうくらい酷いので、自分のお絵描き用でも消しゴムは必ず日本のを使います。鉛筆はまだ我慢できないこともないけど消しゴムは無理(ーー)キティちゃんと迷ったんですが、キティちゃんはアメリカで良く見かけるキャラなので(こういう可愛いのはないけど)どうせなら日本にしかいないマイメロディをメインにしました。水色や薄い紫のグッズも混ぜたくてキキララも探したのですが、キティちゃんやマイメロディに比べるとあまりなかったです残念!定規はリラックマ。ワタクシは割とリラックマ好きなんですけど、リラックマって口があるのに基本的に笑顔じゃないんですよね。赤(仮名)さんは笑顔のキャラが好きなのでリラックマはメインに買わないことにしました。

fc2blog_20170216001356803.jpg下敷きと小物入れ的な何か(まだ何かに使うかは分かりませんが役に立つ筈)リュックも普段の学校用とは別にしたかったので新しく注文しましたが、リュックは日本よりもこちらのほうがぱっと見良さそうなものが多かったのでこれはアメリカのアマゾンで買いました。

それプラスリコーダーと書道セット。リコーダーはワタクシが小学生の頃に使っていたものがあるのですが、赤(仮名)さんが乱暴に遊んだせいで吹き口が割れちゃってね(ーー)書道セットはアメリカのアマゾンで日本メーカーのが出ていたのでそれにしたのですが、届くまで一ヶ月くらいかかるようです。でもまあ今すぐには使わないらしいので。最近の書道セットってプラスチックやセラミックの硯があるんですね〜驚きました。赤(仮名)さんにはどうせ買うならと本石の硯にしました。こういうの選びながら、うわ〜まさに日本の学校だなあ…としみじみと感慨にふけりましたね。アメリカの学校ではあり得ない様々なラインナップ。色鉛筆とおはじきはこちらで。あとさんすうブロックというのが必要なんだけど、日本のアマゾンで探しても見つからなくてですね。恐らく日本の学校で貰う教材のセットの中に含まれているもので、単体では売っていないのではないかと思われます。仕方ないのでこれだけはアメリカで代用出来そうな算数キューブを購入しました。

それにしても日本の文房具って本当に可愛いものが多くて、選んでて楽しかったです(^^)もし何かの事情で結局行かなくなったら自分で使えばいいしとか思って(笑)勿論赤(仮名)さんの好みそうな色柄のものを選びましたが。こっちのものって本当にこういう淡い色使いが全くないので、今のうちにこういうデザインのものに触れさせておきたいです。学校が始まるのが丁度赤(仮名)さんの誕生日の一週間前くらいなので、ちょっと早めのバースデープレゼント〜!!ってことで渡そうと思っています。というのは毎年クリスマスやら誕生日に宿六が血眼になって必死でプレゼント買うんですけど、結局どれもあまり赤(仮名)さんは使わないんですよね…。ぬいぐるみなんて別に遊ばないし、小さいものは割と悪びれずにスクールバスの中や学校の友達と取り替えっことかしてきちゃう。服とか靴とか、あとこれからはボードゲームとか、そういうものなら喜ぶんですけどね。要は実用品の方が喜ぶタイプかもしれません。この可愛い文房具の数々はきっと喜んでくれそう(^^)

ついでに自分用にもぐでたまの下敷きを一枚購入。下敷きなら嵩張らないし断捨離とも矛盾してないヨ!(笑)コレ買ったらアマゾンがアップを始めた模様で、ぐでたまの食玩の広告メールが来たんですけどどれも可愛くていつか買ってしまうかも(笑)ちまちま集めなくても済むように最初っから全部揃ったコンプセットというのがまたその心遣いが憎い…(^^)


先週の土曜日は土曜日学校(仮名)の説明会に行って来たんですけど、見事にアメリカ人は宿六しかいなくって宿六完璧にアウェイでございました(^^;)部屋にぎっしり日本人が詰まってるのを見て、「この街でいまだかつてこんなに大勢の日本人を見た事があっただろうか、いやない」などと哲学的(どこが)なことを考えておったですよね。いや、正確にいうともう一人だけアメリカ人の男性がいて、「ア!見てごらん、あの人もアメリカ人だよ!話しかけてみたら!」なんてコソコソ言ってたのですが、そのご主人が奥様と話しているのをダンボの耳で聞いてみたところ「○○だよね〜」「そうそう」なんてナチュラルに日本語で会話してた(爆)のでナンパ計画は挫折。宿六ますますピンチ!(^^;)…とはいえ宿六は別に誰が何語で何を喋ってても全く気にしないので、一言も理解出来ない言語で進む説明会にぼ〜っと座ってても別に何とも思わなかったみたいです。さすがにスマホは弄れなかったので退屈だったのは確かみたいなんですけれども。

こういう話をすると「じゃあ宿六頑張って日本語勉強しなきゃ!」みたいなことを周囲のアメリカ人から言われるんですが、本人にもとから興味も才能も無いものを無理矢理やらせるだけ時間の無駄。ヨシ!じゃあいっちょ日本語覚えるか!なんてことは全く思っていない模様。それにむしろ逆にこの宿六の「誰の話もまともに聞いてないから周囲が何語で話してても気にならない」ところが結構ワタクシはありがたかったりするのです(笑)やっぱりワタクシ自身が結局好き勝手やりたいタイプなんでしょうね〜。それにしても自分が全く理解出来ない言語の学校に子供をやるというのに、現地校と変わらぬこの宿六の協力的な姿勢、やはり色々と全く気にしない宇宙人なんですな宿六は(ーー;)「だって赤(仮名)が行きたがってるんでしょ?ならいいじゃん(・_・)」的な。ありがたいけど!(笑)ワタクシが出張の時なんかは当然宿六が連れて行かないといけないし、片道40分ほどだから帰宅するにも中途半端、土曜日は一日土曜日学校で待機ってことになりそうだけど、そもそも場所自体は大学のキャンパスを間借りしていてブラブラ時間を潰す場所は沢山あるので問題はなさそうです。とにかく屋内なわけで、公園6時間とかプール8時間よりよっぽど楽チンには違いない(ーー)

肝心の赤(仮名)さん本人はというとワタクシがちょっとビビるくらいの張り切りよう(ーー;;)説明会の日は子供は子供達だけで集められてクラス見学をしたりお歌を歌ったりしたらしいのですが、1時間ちょいして戻って来たら今まで聞いた事もないような文章の日本語を喋ってビックリしました(@@)やっぱり子供は他の子供から吸収するのが一番早いんですよね〜。相変わらず家では9割強英語で喋ってるんですが、これから頑張って日本語喋るようになるのかしらん。現地の小学校では既に去年から一年生なので、算数に関しては全く問題ないとは思うのですが問題は国語。一年生の一年間で80文字の漢字をやるらしいのですが…ホントについていけるのかな〜(ーー;;;)ま〜なるようにしかならん…。「あか(仮名)さんこれからがんばってにほんごべんきょうするからね!(^^)」なんてことをたどたどしい日本語で言う赤(仮名)さん…。それはいいんだけど「ままよろこんでる?(^^)」って何度も聞かれて、アレっこれってまさかワタクシを喜ばせるために行きたいだけで本人は本当は無理してるんじゃ…(ーー;;)と疑心暗鬼にもかられましたが、泣いて行きたがるくらいだからまあまさか無理してるってことはなかろう(ーー;)そしてワタクシはいちいち大袈裟によろこんであげれば赤(仮名)さんもハッピ〜☆な筈。多分。(ーー;;)





カサブタで全身ボロボロのパリパリだった猫その2さんですが、すっかり良くなってふわふわ猫さんになりました(^^)まだところどころハゲてるんですが…。この写真だけ見ると二人とも仲良し猫さんに見えるのですが、実際にはこの後大体黒いほうが相手の毛繕いを始めてあげて一分後にはがぶりがぶりと噛み付いてその2さんがやめてよ〜!って揉み合いが始まって引き剝がすことに(ーー)

そしてこの黒猫さんですが、何故かウールのものに執着があるらしく、ワタクシのオフィスに置いてある膝かけ用毛布を勝手に持って行っちゃう!(ーー)それもなんか忍び足でやってきてはがっと毛布を奪い取り、家中引きずりながらバタバタと逃げて行く(ーー)何度叱ってもやらかすので困ったもんです。代わりに着なくなって処分しようと思っていたウールのセーターを畳んでおいておいたら喜んでそれをかっぱらって家中ご機嫌で走り回ってました。猫用オモチャも色々あるのに、へんなやつ(ーー)やはり本物のウールと重みが良いのかしらん。

おまけに黒猫さんはこんな派手な悪戯もやらかしやがります(ーー)前にいた猫達はあんまり棚の上とか飛び乗ったりしないタイプ(子猫だった頃の記憶を忘れ果てているだけかもしれませんが…)だったので、黒い猫さんが家中の棚を探検しやがるたびにアッ!またこんなとこまで!(ーー)ってなります。これね〜この中にしまってあるのは安物ばっかりなのでいいのですが、ネックレスが5本くらい絡まってほどくのが大変でした(ーー;)丁度良い機会だからガラクタはちょっと処分しましたけどね。将来赤(仮名)さんがオモチャとして使うかもしれない…と思って取ってあったものもあったんだけど、どうやら赤(仮名)さんはそういうタイプではないらしい。シルバーの安い指輪なんかはティーンになったら使うかも。

黒い猫さんが好き放題やらかして派手に遊びまくる(ーー)のに比べ、もうお一方はこの通りいつも「そっ」って音がするくらい控えめに暮らしております。思ったんだけどさ、ノミアレルギー…。赤ちゃんを産んだばかりの母猫とか生まれてすぐの子猫って、結構すぐにノミがついてますよね。この子、小さい時からきっとものすごく苦労してきたんじゃないかなあ…。アレルギーってある程度の月齢になるまで出て来ないのかもしれないけど、子猫の頃から体中いつも痒くてカサブタだらけでって考えただけで悲惨な生い立ちですよね…。カサブタで触られたくないから背中撫でられるの嫌なのかなって思ったんですが、治った今もするりするりとかわされます(^^;)その動きのプロっぷりを見ると(ーー;)生まれてからずっと傷とカサブタだらけだったのかもしれないです…。お腹は全く嫌がらないので。


今高橋由佳利の「トルコで私も考えた」のエッセイ漫画のシリーズを読み返しています。こっちはトルコ料理(というか地中海料理というくくり)レストランは珍しくないので結構ワタクシも食べた事のある料理が出て来たりもするのですが、最近めっきり行ってないので久々に地中海料理が食べたくなってきました…(ーー)ワタクシは結構ラム肉が好き…。

先週は結局二時間かけてイラストの背景の森に更に色を足しただけという結果でございました。森はまだまだ終わりそうにありません。あ〜ワタクシの人生…(溜息)今週末は何も予定がないので宿六の頑張り次第ですけどね〜(ーー)



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.