FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
よそんちの子が辛い(ーー)
昨日は朝起きてベッド脇の時計を見たら6時半だったんだけど、Iphone見たら7時半ってなっててちょっとビビりました。要は夏時間に突入したんだけどすっかり忘れてたんですよね。カレンダーには大体印刷してあるんだけど、来週末だと勝手に思ってた(ーー;)スマホ時代で本当に助かりました。家中の時計&車の時計いちいち変えるのも面倒だし、この夏時間&冬時間システムって無くなってほしいといつも思ってるんですけどね…(ーー)ただでさえアメリカ国内で時差があるのに更にめんどくさい!

fc2blog_20170312042344ed6.jpgfc2blog_20170312042402dd3.jpgfc2blog_201703120424229b7.jpg初夏のように暖かい日が続いたと思ったらいきなり雪が降りました。幸い積もるほどではなかったので今回は篭城の心配は無し(^。^)雪の中の散歩に出かけると特に好きでもないのにチョコレートケーキが食べたくなります…。チョコレート色の犬の上に雪が降り積もって粉砂糖がかかったチョコレートケーキみたいになるからです(笑)

fc2blog_20170312042247acd.jpg赤さんが裏庭で雪と戯れていると、隣の男の子E君も庭で遊んでて、なんだかんだと我が家にやってきて遊び始めました。もうお昼になろうかという時間なのにまだパジャマ姿のE君にちょっと目が丸くなってしまいましたよ。お母さんはお買い物に出かけていて家にいるのはお父さんだけと聞いて納得(笑)

ワタクシは元々子供が好きでないのだけど、子育てで結構辛い事の一つに「他所の子供と頻繁に交流せねばならない」というのがあって…。勿論気立てが良い子も沢山いるんだろうけど、特に今のところに引っ越して来てから、親はまともなのに子供が結構…というケースが多くて苦痛です(ーー)お隣さんはお父さんが私立のプリスクールで働いていて、お母さんは大学で教えてるんですよね。で、隣は何かと出掛けていることが多くて殆ど交流なかったのですよ。でも去年の夏あたり、隣のお母さんとちょっと立ち話になって、「このあたりの専業主婦のお母さんとはちょっと話が合わなくて大変」みたいな話題で盛り上がって、結構性格も合ったので、良い感じかなと思ったのですがねえ。隣も一人っ子で周囲に頼れる親戚がいなくて核家族、的な所も一緒で。でE君は体は結構大きいけれども赤(仮名)さんより年は下で、幼稚園は一年遅らせることにした(アメリカでは多い)のでまだプリスクールなんですよ。だから見かけの割に中身はまだ赤ちゃん的なのは分かるんだけど…だけど…(ーー)

お隣は結構稼いでいるぽくてオモチャは何でも山のように買い与えていて毎年やれ海外旅行だのディズニークルーズだのに出かけているらしく、その英才教育が浸透しちゃっているというか(ーー)今そのエピソードを一つ一つ書き出していたのですが、なんというか一つ一つは本当に小さな事で実際に文章にして読んでみるとそんなことにいちいちムカついているワタクシが明らかに大人げないのでやめたんですが(ーー;)一人っ子にお金をかけるだけかけて甘やかしているな〜というのが非常に分かるワガママっぷりなんですよね…。大人に対しては非常に礼儀正しくて、躾けられているなという感じはするのですが、同じ年代の子供相手となると、こりゃ〜お友達にはあまり好かれてないだろうな〜と容易に想像がつく…。気に入らない事があるとすぐに怒りだして「お父さんとお母さんに君とはもう遊ばないって言いつけてやるからな!そうなってもいいのか!」「僕は君なんかと違っていくらだって他の子とプレイデート出来るんだからな!」みたいな脅しを赤(仮名)さんにすぐかけてくるんですよ。どこのヤクザだ貴様は(ーー)あ〜いいですよいいですよお前なんかと遊べなくたってこっちゃちぃとも困らねえよバーカバーカ(ハナホジ)…と

ワタクシが宣言してやりたい!
(←大人げない)

何が辛いって、これが自分の子ならば首根っこ引っ掴んでお説教出来ますけど、他所の子には出来ないところがねえ…。勿論あまりにも行き過ぎるようなら「そろそろお家に帰ろうねえ〜(^^)」って菩薩のような笑顔でとっとと追い出す算段なわけですが、気立ての良い赤(仮名)さんが「ごめん!じゃあこれで遊ぶ?アレで遊ぶ?これしない?」って必死で宥めるんですよね…まあそういうのも情操教育の一環なのでこちらは見守るのみですが、おまいホントに大人だねワタクシの子供時代と比べて明らかに精神年齢が10歳いや20歳くらい上(オイ)

でもこういうの(別にE君だけに限った事ではない)を見ると、これって躾の問題というよりはやっぱり持って生まれた資質なのかなあ…と思うことが結構あるんですよね。子供はみんな天真爛漫であどけないとか真っ赤な嘘だから。女の子は女の子で更にややこしく、お向かいの同い年の女の子なんか、初対面からすんごい勢いで赤(仮名)さんを見下して来てマウンティングの連続(これが噂に聞くマウンティングか!と聞いてたこちらが内心驚愕)挨拶してもフンって感じで無視されることが多いし。まだ一年生なのにね(ーー)まあお向かいは親のほうもちょっと…という感じではあるんですけど…。でも誰しも大人になればある程度一通りの社交術というか、それなりに社交辞令を身につけるわけですが、子供の場合はぎゅっと凝縮された持って生まれた生絞りのままの性格です!っていう感じだから、も〜それが苦痛(ーー)まあワタクシも超大人げない大人だもんで子供に向けて無差別に笑顔を向けられるような社交術も持ち合わせておらず、超無愛想なお母さんだと周囲に思われているに違いないのでおあいこですがね。

そんなわけで朝(昼?)は買い物から帰って来たお母さんが帰宅するまでは隣のワガママ坊や、そのすぐ直後に近所の女の子が珍しく遊びに来て一日中子供がバタバタ家の中を走り回ってました(ーー)近所の女の子は二人姉妹なのですが、お母さんが乳癌の治療中で抗がん剤で髪の毛も抜けちゃって、再来月あたりから放射線治療を始めるらしいのです…。両親両方の祖父母が近くに住んでるのでこちらには殆ど連絡が来ないんですけどね。

fc2blog_20170312042308e65.jpgfc2blog_20170312042323b57.jpgfc2blog_201703120959279a3.jpgfc2blog_20170312100022701.jpgそんで家に子供がいると本当になんにもできない(ーー)上に超手持ち無沙汰なので結局キッチンに籠ることになります。ハァ?お絵描き?なにそれ食べるもの(ーー)というわけでアメリカン定番のブラウニー!勿論そのままのレシピでは甘過ぎるので適当にあれこれアレンジしてます。小麦粉の半量はアーモンド粉にして黒すりごまも沢山入れました。アメリカのブラウニーはどっしりリッチなものが多いのですが、これは割に軽くて食べやすいです(^。^)赤(仮名)さんがブラウニーやクッキーにナッツ類が入っているのが好きでない(単体では好き)ので黒ゴマオンリーのエリアも作成。赤(仮名)さんは喜んでぱくぱく食べてたけど、近所の女の子は三つお皿にとって一つ齧って「美味しくない」ですと。甘さが足りなかったかな。でも別にその子のために作った訳じゃないからいいのだ(ーー)この子が来てる時に作るデザートって必ず「甘くない」って残されちゃう…。もう我が家とは甘さを感じる味蕾の数からして全然違う模様です(←でも他所の子のために甘味増量などする気は皆無)

fc2blog_20170314001207eb6.jpgfc2blog_20170314001223cc8.jpg子供が遊びに来ているとキッチンの作業「だけ」が超捗ります。ついでの勢いで赤(仮名)さんの好物だけど普段面倒であまり作らないマカロニグラタンも作りました。余分はアルミホイルをかけて冷蔵庫へ。明日の分の夕飯も出来てありがたいです。こんなときはサクサクと作業が進み、こうしてみると普段の料理したくない病は単純にやる気が出ないってだけの問題なのかな…。全体的にキッチンの色合いが暗くてあまり凝った料理をする気になれないというのもあるのですが。


fc2blog_20170312042556c78.jpgプロメテウスのDVDセットが届いたのでとりあえずカットされたシーンだけを観てみたのですが、カットシーンでも結構色々説明されてた!で、そんなのもこの間のブログに書き足したいところなのですが、とりあえず映画のオーディオコメンタリーがリドリー・スコット監督と脚本家の二種類あったので、それを一通り聞いてから書き足そうかなと思ってます。

もう月曜日とか!そんで来週は赤(仮名)さんの春休み(ーー)死亡確定!



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.