FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
土曜日学校(仮名)です
久々にワタクシの弁当グッズが火を噴きましたぞ皆の衆!土曜日学校はお弁当必須。当然ながら日本風のきちんとしたお弁当が推奨されていて、まあキャラ弁作れみたいなことは言われていませんが、お弁当は大事です!美味しいお弁当を作ってください!という調子で保護者向け説明会ではかなり強調されていたので、それならせっかくだからキャラ弁にしましょうかねと。ついでに自分用の弁当も作りました。今までV大学で働いてた時は毎日弁当持って行ってたのですが、こんなにまともな見かけの弁当を自分用に作ったのは初めて(ーー;)当時はタッパーに残り物ぎゅうぎゅう詰めてガツガツ食べてたので。

それにしても「二人分の弁当を作る」ということ自体初めてやったような気がします。学生の頃にもやったかな?でもそんな大昔の頃のことは記憶に無い(ーー;)二人分の弁当を作るという行為にものすごく夢があるような気がします(笑)よくネットや小説などで「お弁当作ってきたから」とか「お弁当作りすぎちゃって、食べてくれない?」みたいなアレですよアレ!(笑)今までああいうの読んでてなんでそんなめんどくさいことができるんだこいつらは(ーー)と実は結構微妙な気分になっていたものですが、実際に作ってみると確かに一人分も二人分も労力的には変わらない感じ。残り物が出にくいという点では二人分作るほうがある意味楽かもしれないです。でもな〜これがワタクシが自分で食べたい弁当かというとちょっと微妙…。こういう楽に済ませる系統のおかずなら、やはりウインナーは必須ですよね!せめてアレがないと弁当のご飯を食べた気がしない(笑)まあ今回はご飯じゃなくておむすび山でおにぎり作ったのでウインナー無くても大丈夫かしらん。

出張帰りでへろへろしながらご飯炊いて弁当作ったのですが、昨夜は酷い大嵐で、夜中の3時くらいに轟く雷鳴の怒号で目が覚めました(ーー)そのあと雷がうるさくてなかなか寝付けなくてですねえ…。明日は赤(仮名)さんのバースデーパーティーでしてねえ…。月曜日お休みしようかな…自分が死んでる図しか思い浮かばない(ーー)


fc2blog_2017042300281216c.jpg自宅から土曜日学校(仮名)まで40分くらいかかり、学校自体は朝の8時半から3時まで。わざわざ帰宅してまた迎えに来るほうがめんどくさい(ーー)割と意外なことにそう思っている親御さんのほうが少数派みたいで(というよりほとんど皆無)大部分の親御さんはお子さんを送ってくるとささ〜っと潮が引くようにいなくなってしまいます。帰宅するのかもしれないし、そこらで買い物でもして時間を潰すのかもしれません。しかしワタクシは筋金入りのモノグサ&インドア派(ーー)このように教室の一室が保護者用控え室となっているので、今日はノートパソにIpadに当然携帯も持参して、お迎えの時間までがっつり陣取るつもりでおります。この控え室には他に父親さんが二人だけいらっしゃる模様。でもついさっき一人がどっかにいなくなってしまったので一人しかいない!この方もワタクシみたいなモノグサさんなのかと思うと胸熱ですね!(超失礼)←と思っていたらこのブログを書き終わる前に最後の一人がいなくなってしまい申した(ーー;)ワタクシみたいに弁当持参してまで同じ部屋に1日中喜んで座ってるような引きこもり父兄は皆無の模様(ーー;;;)皆さんリア充なのかしら…(そういう問題か)

見ての通り机と椅子しかない教室ですが、なにしろ大学だからWifiもタダだし、トイレも教室のすぐ隣なので好都合!そして一番素晴らしいのはこの教室から動かずしてポケストップにアクセス出来ること(笑)その上室内だから日焼けの心配もないし、公園やプールサイドで丸一日過ごすことに比べたらまるでパラダイス!梃子でも動かん(笑)タンブラーにお茶とあと炭酸水のボトルを一本持ってきたのですが、割とお茶がすぐなくなってしまったので次回は大きなサイズのポットでお茶を持ってこようと思います(ーー)一人で嬉々として控え室に巣を作ろうとしているオタクが今ここに(笑)


アリゾナの続きを打てないかしらと思ってノートパソを持ってきたのは良いのですが、なにしろ疲労が溜まっているのでまともに頭が動くかどうかは疑問…(ーー;)お弁当食べたら少しは気分がマシになるでしょうか。でも今日は帰宅したら明日のバースデーパーティーケーキ用のスポンジを焼かねばならないし色々とピンチです(ーー)なんかもうここに寝袋でも持ってきて昼寝するのが一番有意義な時間の使い方なのではないかとすら思えてきました(笑)先生!こんなところにオタクが巣を!(爆)

スケジュールを見たら来週は半ドンらしいのでお弁当はいらない模様…。



拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.