FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
付属品に泣く
下書きの時はそんなにバランスおかしくなかったのに、ペン入れしたら一気にバランスが崩れて直せる気が全くしないでゴンス(ーー)結構こういうことは多いんですよね〜そうなると色塗りで修正ってことになるんだけどなにしろ付属品が邪魔で具体的にどこがどう変なのか分かりづらかったり(ーー;)

fc2blog_20170816125130e9a.jpgfc2blog_20170816125154e50.jpgだけど地味にコツコツ塗ってたらどこが変なのかちょっと分かったので出来る範囲で微調整。それよりもなによりもいち兄の付属品には本当に泣かされます(ノ_;)半分マジでべそかきそうになりましたから!特にボタンが…それをよけながら服を塗らなきゃいけないってのも非常にやりにくく、とにかく色さえ広げておけばあとは力技でなんとか!という思いを抱えながらぺたぺたぺたぺたぺた…もう二度と描きたくないいち兄の戦装束…(ーー;;)憧れの墨絵風塗り方は結局いまだに全く習得出来ておらず今回はもう付属品の多さに疲れ果て、いつものダサい塗り方でひたすらぺたぺた塗るだけという進歩の無さ。一体全体このデジタルの時代にワタクシは何をやっておるのかという疑問すら生まれる始末(ーー;)まあそれは毎度の事なんですけどね〜。色塗りの参考になるものを探していても、今時アナログで描いてる人なんて見つける方が大変で。

そういえば以前アニメやゲームのキャラデザをやってる人(名前忘れた)が質問やトークに答えながらライブでアナログお絵描き&色塗りをやっている動画をYoutubeで見かけたことがあるんだけど、ああいうのをもっと探してみるべきですかね〜。あれ一本観ただけでも結構参考になったんですよ。一番参考になったのは、イラストの仕上げにセピアで主線をところどころ強調するんですけど、全部引くんじゃなくて要所要所に色を加えてたんですよね。へ〜って感心したんですけど、その要所要所が具体的にどこなのかよくわからないので(ーー;)無い感性を振り絞り見よう見真似で似たようなことしてるんですけど確かに大昔に比べると少し見やすくなったような気はします。

ワタクシは基本的にセンスが無いので地味な努力でカバーするよりないんですけど、生来の怠け癖が祟って全く上達いたしません。それ以前に赤(仮名)さんが邪魔である(ーー)

でも基本的に真面目にアナログイラストを描いてる人は大体カラーインクかコピック使ってて、どっちみちワタクシみたいに水彩色鉛筆なんて超マイナーな画材を使ってるような阿呆はいないんですよね(ーー;)減りにくくて安上がり(重要)な上にお手軽さが重宝するんですけど、水彩色鉛筆って毎回色をつけるたびにまず筆で色をちょちょいと溶かすところから始まっているので実際に筆を紙に下ろしてみないとどんだけ筆に色素が溶けててどんだけの濃さになるのか分からないという、一筆一筆が冒険の繰り返しなのです!(阿呆)コピックは今でこそアメリカでも気軽に買えるようになったけど、昔はなかなか手に入らなかった上にすぐインクが切れるという欠点が(^^;)カラーインクは…アメリカでも買えるのかな?テラのカラーイラストは、当初は全部カラーインクを使っていたんですよね〜今見ると古いスキャナーでスキャンしたのにどれも発色が鮮やかで色合いがキラキラ!だけどお友達が昔使ってたカラーインクを譲ってくれたのを使っていたので使える色が限られていたんですよね(^^;)出産後のカラーは全て水彩色鉛筆なのですが、慣れてる画材のせいか水彩色鉛筆のほうが真面目に塗ってるな〜という感じ。カラーインクだと発色が綺麗なので、ただ色を背景に伸ばしただけでも割と格好がついちゃうためにそれに全て頼っていたような気がします。カラーインクのイラスト見ると全て背景が「色を伸ばしただけ」というのがまたあからさま過ぎてなんとも(ーー;)イチニイラストはどれ見ても結構背景も頑張っているというのに(苦笑)でもテラはしばらくカラーイラストを描いた後は萌えは全て漫画でガンガン発散するようになったので、どっちみち当時のカラーは全てお試しという感じだったのかな〜。

でも以前ブログでも書いた、憧れの墨絵風絵描きさんはカラーインクをお使いだったようなので、そのうち機会を見てカラーインクにも再度挑戦してみたいところです。せっかくとうらぶは和風なので墨絵調に是非チャレンジしたいところ。色を1、2色に絞ってお試しするのもいいかもしれない…。ああでもいち兄の正装は困る(ーー;)鶴丸さんなら少ない色数でも気軽にチャレンジ出来そうです。三日月様も意外に色数が少ないので可能かもしれない。いち兄…どうだろう…(ーー;;;)

まだまだ言い足りないことがあるのですが今日は電話会議が二つもあるので続きはまた次回。



拍手パチパチありがとうございます♪(^^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.