FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
分けてみた
いちみかが好きといっても、描こうと思うと恐ろしい違和感を振り切れないんですよね。だって服装からして同じ世界、を通り越して同じ作品に住んでいるとは思えない二人(ーー;)同じ画面に押し込めようとするから違和感あるのかなあ…と思って画面を割ってみました(全く何の意味もない)今回は水彩じゃない普通の色鉛筆とパステル少々。

花でも描けばちょっとうまい感じに違和感を誤摩化せるのでは?と思って早速描いてみたという。秘め事的な花言葉の花を描こうかと思ってちょっと調べてみたんですけど洋風の花ばかりでどれも今ひとつ。木に咲く花のほうがふさわしいような気がするんですよね。なのでハナミズキにしました。花言葉は一応「永続性」「返礼」「私の想いを受けてください」などがあるらしいのですが、ハナミズキってそもそもアメリカの木なんですよね。日本がアメリカに桜をあげたから代わりにハナミズキをくれたっていう、「返礼」とかはそのあたりから来てると思うんですが。そうだよねハナミズキってアメリカではDogwoodといってワタクシの住んでいる州の州花でもあり、春になれば厭でもそこらじゅうで咲いてます(ーー;;)その上ここらに生えてるやつは大体真っ白なので特に綺麗な花とも言えず、ぶっちゃけ好きじゃない花(ーー;;)でもググってみたら綺麗なうす桃色の品種もあって、そういうのがもっとあれば好きになれるのになあ…と思いながらヘタクソな絵で描いてみました。ちなみにハナミズキの英語の花言葉(?)もググってみたのですが、優しさ、覚悟、安定感という感じみたいです。どれもこれも合ってるといっちゃ〜合ってるという感じではありますが…まあ所詮花言葉ですしね(…)

花は描くなら木に咲く花が好きなんですが、ジョミブルはなにしろ元ネタがSFだからあんまり花が似合わない(ーー;)のでこれからは木や花のモチーフも積極的に使っていきたいな〜と思っています。和風の背景とかね、やったことのないもんにチャレンジするのも悪くないしね…。大昔お友達の銀魂パロ本に一度だけ表紙を描いた事があって、その時も畳に障子の背景だったんですがあれはなかなか楽しかった!

もともとワタクシの使ってる水彩色鉛筆とか普通の色鉛筆は自然物を描くのに向いていると思うので、そちらからコツコツと攻めていけたらなあと思っています。毎回毎回「こんな色塗りがしたいわけじゃないのに!こんなの違う!」とか苦しみながら描くのをやめたい(ーー;)GWやってたころはあんまりそういうの気にしないでガンガン色んな絵を描いていた様な気がするのですが、なんでしょう理想が高くなりつつあるのかなあ(ーー;)それと昔に比べてデジタルがものすごく進化したから「アナログでないと出せない味」みたいなのを気にしすぎな気がします。要は画材に向いている題材を選べば良いのですよねきっと。そんでもっと気楽に描きたい…(ーー;)水彩色鉛筆じゃなくて普通の色鉛筆を最近使ってるのは気楽に描きたいという気持ちの現れなのですが〜〜〜。

今回の絵はパステルも使ってます。せっかく持ってるもんは使わなくちゃですね。パステルブラシは均等に広げるには使いづらいので脱脂綿を使ってます。小さな場所は綿棒。結局最終的に落ちつくところはそんなもんかもしれませんね(ーー;)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.