FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
運動会も無事終わり
昨日家の網戸にナナフシがくっついていて、秋の訪れを感じました。というか今年は全体的に冷夏で不気味なくらいなんですが、正直これくらいがありがたい…。でも冬も厳しくなったら困るなあ〜(ーー;)寒いのは困らないんですが、雪が降ると家の前の坂道が凍結して家から出られなくなるのが非常に困るのであります(ーー)

そしてなんとか生き延びました、運動会。
おにぎり大好きな赤(仮名)さんのためにおにぎり沢山作って、残りの中身はもう超簡素に致しました。んが、三人しかいないし宿六は食が細いのでハッキリ言ってこの半分でちょうど良い感じでした。宿六の小食野郎がおにぎり一個しか食べなかったですしね(ーー)卵焼きの中にはほうれん草とチーズを入れたんですが、なんとなく中身が邪魔だったので来年は何も入ってないシンプルな卵焼きにします。枝豆も二人ともあんまり食べなかったし、来年もあるなら更にシンプルな弁当になりそうです。というかもうおにぎりだけでも良かったんじゃないかという感じ。ちなみにおにぎりは半分はツナマヨ、残り半分は青菜や梅青菜などの混ぜご飯にしました。ツナマヨは塩気が弱かったのでこれから作る時は塩気を強めにします。というか外で食べるお弁当全般に言えることなんですけど、冷えたものはどうしても味がボケるので塩気は強めにした方が良いみたいです。

会場は地元の小学校のグランドをお借りしての開催。地元の小学校の校長先生も招待されてまして、開会式の折にはお言葉を頂いてました。校長先生って結構こういった細かな仕事が多いんでしょうね〜。言葉も全然分からない運動会見て面白いのかな〜でも小学校の先生なんかしてるくらいだから、どこの国であっても他所の学校の様子に興味があるのかも。ワタクシは全然無いですけど(誰も聞いてない)競技の全てがぶっつけ本番だった事を考えると凄く頑張ったんじゃないかと思います。というか多分頑張ったのは教員の皆様とか運営委員の父兄なんでしょうね…。子供用のテントとかグランドに線引きとか準備と片付けがもの凄く大変そう。ウチら普通の父兄は行って帰ってくりゃいいだけですけどね。でも今年はとても涼しくて助かりました!ほぼ全ての父兄がテント持参で来ていましたが、我々モノグサ夫婦はグラウンドの外側に生えてる木の下に陣取って遠くの日陰から応援。思ったより早く終わって三時半には帰って来れましたが、体力の無いワタクシはとりあえずお風呂に入ってその後30分くらいベッドから起き上がれなかったというね。この体力の無さ、ワタクシ近々死んでしまうのではないかという考えが時々頭をよぎるお年頃(ーー)まあ他に用事でもあればチャキチャキ出来るとは思いますが。



ちょっと横になって体力が少し戻ったのでついでにラクガキもしました。
せっかく鉛筆描きだからパステルを生かしてみようと思って描いたやつ。今回もただの色鉛筆とパステルです。今の鉛筆用スケブがまだ半分くらい残っているので、それが全部終わるまではNON水彩で色々模索予定。自分的には今のところ一番いちみかしてる絵だと思うのですが恐ろしく反応がなかったです。今まで描いたいちみかスケッチの中でおそらく一番反応がなかったかも(苦笑)他人様の反応は当然気になりますよね。いちみかクラスタさんの求めているいちみか像ってどういうものなんだろう的な意味で…。やっぱり皆さん戦装束の二人が好きなのかな。

何しろ情報が足りな過ぎるところにせっせと捏造して描いているわけだから。そもそもワタクシの中でのいちみかのイメージというのが、昼間は誰にも悟られないくらい秘め事って感じなので更にやりづらく(ーー;)何しろ平安と鎌倉の刀だから現代みたいにおおっぴらにせず当たり前のように通い婚だしみたいなのもあるし、(自分的に)デキてるのが自然な二人なんだけどなんつかデキてて当然だから他人の前でおおっぴらにしないのがまたステキ☆というのもあるし。その点ジョミブルとはだいぶ違いますよね…。というかそもそもジョミブルはキャラ設定的に接点あって当たり前だから好きなようにシチュエーションを用意出来ますが、いちみかはそうじゃないから想像力のエンジンもかかりづらいです。

こういう、情報が少なくて補完を通り越して全て妄想ででっちあげないといけない、となるとワタクシのような者にはちとキツい(ーー;)せめて一期が活撃とか花丸で少しでも三日月様と関わって下されば…と思うのですがあまり期待出来なさそうです。となるとますますなんで自分はいちみかが好きなんだろうみたいに我に返っちゃいそうなのでぎゅっと目をつぶる(ーー)姉から「一期のどこがいいの」と聞かれたので条件反射で「可能性」と答えたのですが、描き手・書き手さんには分かっていただけるのではないでしょうかこの気持ち(ーー)僅かな可能性でもよい、とにかく積極的に飛びついていかないとどんどん何も描けなくなっていってしまいますからねえ…。勿論自分的には永遠のカプはジョミブルで、ジョミブルならどんなシチュエーションでも割と簡単にぽっとアイデアが浮かぶんですが、新しいものもやっていかないとさすがに頭の中が錆び付いちゃうヨ(ーー)特に海外住まいで実際にイベント等の空気に触れることが出来ないのでなおさらです。このデジタルの時代に一人時代から取り残されて毎回ギャアギャア大騒ぎしながらいまだにアナログで描いてるのが良い証拠(ーー;;;)サナダテもアン兵もせっかく好きになったカプなら少しでも自分でも描いてみるということをするべきだったのに全くして来なかったわけなので、今回こそは怠けずに少しは努力します。まあアン兵もサナダテもどちらのカプも攻めは好きだったけど受けがうーんイマイチという理由はあったのですがね。せめて攻めキャラくらいは萌えてる間にラクガキしておくべきであった。


拍手パチパチありがとうございます♪最近映画感想のエントリーに拍手頂けることが多いです。きっとオタ関係の内容には全く興味のないお客様だと思うのですが(^^;)少しでもお役に立てるのであれば幸い(^^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.