FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
本日はかなり辛い控え室(ーー)
オバケ大好き赤(仮名)さんのためにオバケぽい弁当にしてみました。金曜日の午後になるとあ〜弁当作らなきゃって憂鬱になります…(ーー;)いつも金曜日の午後になってから今回はどんなデコにしようかって考え始めるのでいつもやっつけ仕事。

今日はお当番も何もないのですが朝は知り合いのママ友の宿題お当番をちょっとお手伝い、そして建物の周辺のポケジムをウロウロしてジムを破って歩いていたのですが、向かいから歩いてきた50代くらいのインド人のオッさんに「ASIAって君かい?」って聞かれました(ーー;)オイなぜ分かる。と思いきやその人もポケモンやってて、ワタクシのようにジムを破って歩いていて、その上幸いなことにワタクシと同じ赤チーム。青とか黄色だったらその場でトレーナー同士の場外乱闘になってたかも(笑)直前に破ったジムに置いてきたポケモンのユーザーネームを見てもしや、と思ったそう。そのオッさんすでにレベル40だそうで…さすがインド人、何事も極めてます(ーー)というかいつも大学のキャンパスをウロウロしているならポケストップもジムもアクセスし放題だしグングンレベルも上がりそうですねちょっぴり羨ましい。でもそのオッさんが言うには、すでに極めすぎててこの先どう楽しめばいいのか分からない、だから結局ジムでコイン集めくらいしかやることがない、そうで。初期のポケモンすらコンプリートしていないワタクシには想像もつかないお話でございますが、そんな話を聞くとむしろワタクシのようにまったりペースでプレイしている方がいつまでも先が見えなくて良いかもしれませんね。ここで教えてるの?それとも生徒かい?って聞かれたんですけど、ひょっとしたらあのインド人は大学教授かもしれませんね。


そんでひとしきり周囲のジムを破った後、今日も今日とて父兄の控え室にノートパソと共に引っ込んでいるのですが、控え室で地元のインターナショナルフェスティバルのミーテイングがおっぱじまり(二時間の予定らしい)、やたらと騒がしく落ち着きません(ーー)今日は運が良ければ漫画のコマ割りくらいはできるかなと思って紙とか定規とか持ってきたんですが、とてもそんな状況ではございませぬ。その上パワーポイントまで使い始めて部屋の明かりを落とされたもんで、他人から見づらいようにパソのモニタの明暗度をわざわざ一番暗いセッティングに変えたにもかかわらず暗い部屋で煌々と光るモニタが目立つ目立つ(ーー)ツイッターすら見るのも憚られるレベル…。どうもこの地元のインターナショナルフェスティバルとやら、去年初めて開催されて大好評で終わったらしいのですが、全く日本人の参加がないのでそれを促進しよう!という試みのミーティングらしいのです。補習校の皆様にも是非参加していただきたい、というような話のようなのですが(いやでも耳に入ってくる)なにしろフェステイバルが開催されるのは土曜日らしいのです。そりゃ〜地元民に参加しろってのは無理があるんじゃ…。生徒にしろ先生にしろ、補習校に関わりのあるような家庭は誰も参加できないじゃん。いやでも耳に入ってくる日程をぱっと土曜日学校のカレンダーで確認したところ、その開催日とやらは別に半ドンでもない通常授業の日。しかも学習発表会の前の週。そんな日にブース出せってそりゃ無理ってもんだろ(ーー)せめて日曜日にすれば参加者も増えるかもしれんけど。

ノーパソを充電できるように壁側のコンセントがあるデスクを陣取っているのですが、そちら側にあるマルチメディア系機器を使い始めたので、今まさに目の前で発表者が色々語ってて非常に…落ち着きません…。移動しようにももともと大きくもない教室にどんどん外部の人が入ってきたので移れる席がありませぬ(ーー)この部屋以外にも多目的室というのがある筈なのですが、そこは校長先生がミーティングに使ったりするようなのでそういうときは外に追い出されるらしく。いくところがない(ーー)こんなことになるとわかっていたらこんな大荷物じゃなくてもっと移動しやすいよう身軽な準備で来たというのに…。すぐ後ろの席にも日本人が座ってるし、こうやってタイプしてるのも見られててもおかしくない距離でございますよ(ーー)辛い、辛すぎる(ーー)今リーダーらしきおっさんがワタクシのすぐ後ろでなんか語ってます。辛い(ーー)

ポケモン見たら一番近いジムに置いてきたポケモンがそろそろやられそうなので、ジムが破られたらちょうど良いので破り返しにいってこようかと思います。頭上から声が降って来るこの状況に耐えられん(ーー)今なんかサインナップの紙とかチラシとか押し付けられそうになりました。アンタらアタシャどう見ても補習校の父兄だろうがよ、土曜日なんかムリに決まってるだろほっとけ〜(キレ気味)


拍手パチパチありがとうございます♪(^^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.