FC2ブログ

ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
書き初め
赤(仮名)さんの通う土曜日学校(仮名)で書き初めを提出するんですよ。勿論出すのはお正月明けなのですが、その土曜日は行けないので早めに書いて早めに出しちゃおうという。ちなみになぜその日におやすみするかというと、ハワイの学会に赤(仮名)を連れて行くことにしたからです。前回ハワイの学会に行った時、同僚がほぼ全員家族を連れてきていたので結構罪悪感を感じましてね(ーー)本音を言うと面倒だから一人で行きたいんですけど…実母が来た時にすごい苦労させてしまったのでまあいいかなという感じ。自分の分は出張費で出るからいいとして、二人分も費用出せないから宿六はお留守番です。奴は音楽のあれやこれやで忙しいらしいし家を空けるのは嫌ですしおすし。しかし赤(仮名)さんに毎年ハワイを期待されても困る(ーー)

まあそんなわけでお習字ですよ。

fc2blog_201712150114367e1.jpgfc2blog_20171215011450ffc.jpg土曜日学校のいるものリストにお習字セットがあったのでわざわざ日本から取り寄せたんですが、よく考えて見たら我が家には祖父母の家にあった硯と墨と筆があったので、あとは下敷きと文鎮くらいでわざわざ習字セットはいらなかったかもしれないです。でもお習字セットがあれば赤(仮名)さんが自分でいつでも使えますしね。あとお習字セットって持ち運びしやすいという利点もあるし。ぶっちゃけ古い硯は結構手頃なサイズで形も趣があり、これお絵描きでも使えないかな〜と思ってます。うーん筆がね…。よほど良い筆でないと使いこなすのは難しそう。アメリカで買えるような水彩用筆は墨だと扱いにくいかも。

fc2blog_201712141035545d5.jpgで、セットにはボトル入り墨汁も入っていたのだけれども、やはりここは墨から擦り始めるべきであろうと、ワタクシも自分の硯と墨で一緒に墨を擦りました。一応赤(仮名)さんのセットはプラスチックの硯じゃなくてちゃんとした石(?)の硯にしたんですけど、やはり墨がちょっとちゃちい感じで、同じように擦っても色は確かに早く黒くなるんですが、筆につけてもなんだかぼったりして書きにくかったです。あとから気づいたんで、墨はワタクシのを擦らせてあげればよかったかなと。次回そうすればいいか〜。本来はお正月らしい言葉を、ということだったのですが、本人がどうしてもねこがいいって聞かないのでしょうがない(ーー;;)他の候補を聞いても「ママ」とか「クリスマス」とかぬかしやがるのでねこが一番マシでした(ーー;;)半紙は5枚しか配られなかったので普通のコピー用紙に何度も練習。

fc2blog_20171214103612152.jpgfc2blog_20171214103626e1a.jpgそんでワタクシはというと墨が余って勿体無かったのでつい!出来心で!こんなもんを書いてました。最近全然お絵描きする時間が取れないしさあ〜〜ストレス溜まってるわけ!!別にいいじゃん誰に見せるわけでもないしさ(ー3ー)でもなんかこうやって書いただけでそれっぽい感じ(何が)になるあたり、和風の名前というのは趣がありますねえ。書道と相性がいいというか、本来日本の文字は全て筆で書かれていたわけなのだから相性が良くて当たり前なのですがね。自分の好きな字(つか名前)書くというだけであんなに大嫌いだった書道がこんなに楽しくなるとは!(^。^)あまりにも楽しかったからついでにもっといろんな刀剣の名前を書いてみるべきだったかな。むしろのびのびと「刀剣乱舞」とか。次回はそうします。字はもともと下手なのですが、学校や習い事でやらされるんじゃなくて自分で好きな字を好きなように書いていいとなるとすごく楽しい!赤(仮名)さんもお習字楽しそうにやってたので一年に一度と言わずたまにはやってみたいもんです。とりあえずもう少しマシな墨を赤(仮名)さんのために買ってあげないと…。

fc2blog_20171214103640dd6.jpgこころの、いや赤裸々な欲望の赴くままにいちみかお習字(爆)をしていてふと気づくと傍で赤(仮名)さんが意味も何もわからんくせに楽しそうに真似っこして書いてて噴いた(;;;゚3゚;;;)・;'.、・;'.、ブッ
なんか…ごめん…こんな母で…(ーー;;;)



そんなこんなで毎晩赤(仮名)さんが寝たあとは疲れ切ってベッドに倒れる日々です。体力もなくなってきたなあ…もうワタクシ死ぬのかしら(ーー;)金曜日は空手のクリスマスパーティー。持ち寄りなんだけど頑張って手作りしたものは大体手をつけてもらえなくて(アメリカ人は食べ物に関して超保守的)無駄になることが多いので、今回はお店でドーナツ一箱買って行くとかそういう感じにしようと思ってます('A`)メンドクセ


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.