ASIAの独り言

在米ジョミブル者の独り言。全て自己責任でお読み下さい。
お迎え漫画とイラスト
頑張ったよ本当に頑張った、人生でこんなに頑張ったことって今まであっただろうか(いやない)
「線が丁寧」と頂いたコメントに超舞い上がってこれからは描き込みを頑張ることにしたんですよ。せっかくの白黒漫画だし、白黒だからこその良さを追求するのもいいかなって。それにさ、昔の人はトーンもパソのツールも何も無しで全て手書きで凄いもん描いてたわけじゃない?昔の人にできるならワタクシにもできる筈精神で頑張ってみたんだけど、やればやるほど「昔の人は偉かったんだなあ…(ーー;)」としみじみ実感させられますよ(笑)や、1P目はすごい満足だったんだけど、2、3ページ目がねイマイチな出来。これからの課題ですね。

だけど背景にしても何にしても、背景が外だとすごく楽!超楽!室内だとダメですね、パースだのなんだときっちりやらないといけないし定規必須だし(ーー;)ワタクシ定規も苦手なんですよ、すぐ手が滑って線が曲がっちゃうしさ(ーー;;)これから全てのシーンは屋外にしようそうしよう(笑)えち?そんなもん青姦でよかろう!(よくない)

なんというか一期さんにはワタクシが年下攻めに求めるような、つまりじょみ〜のようなパンチがないのでこちらとしても回り道をしながら一期さんの良さを追求せざるを得ないところがございましてね。一期さんもなんだかんだいって何百年も生きてるから、年下攻め特有のエネルギーみたいなものが薄いし、なにより長兄という立場がねワタクシをね躊躇させるのですよね。要は年下としての旨味が今ひとつ足りないんですよ。そんでワタクシ的には執事的なキャラってあんまりそそらないんですけど、穏やかな顔して実はキレ者ってあたりから攻めてみるしかないかなあって。試行錯誤してます。あ、もうね花丸とかの一期さんはもう忘れることにいたしました(ーー;)どうせうちには本丸がないし、それならそれで自分の勝手なイメージで作っていくのもいいかなあって。本丸のない審神者ってのも結構カッコよくないですか?ほら、杖を持たぬ魔法使いみたいなさ!(笑)

そんでいちみかの日に何か描きたいと思ったんだけどなにしろ時間がないからカラーは諦めて超久々に白黒イラストに挑戦してみました。何しろ急いでいたから線が荒くて気に入らない出来なんだけど仕方ないね(ーー;)でもワタクシの普段の下手くそなカラーよりよっぽどマシにできたかも。よくよく考えてみたらさ、二人のイラストってカラーだから大変なのであって(色の塗り分けが)白黒ならそんなに難しくないってことに気づきましてさ。しばらくイラストもカラーより白黒の良さを追求していく方向でいこうかな〜と思っています。

どうでもいいけど毎回毎回一期さんの髪型に四苦八苦してます。全く髪型のイメージが定まらない!要は今風の髪型が描けないってことなんですけど、それを自覚するのが辛すぎる(ーー;;)まあいいか〜〜

要はじょみぶるではあまりやったことのない方向を頑張ってみようかなってことなんですけど。じょみぶるはえろがぽんぽん浮かぶけどいちみかは全く浮かばない(ーー;)ので。それならそれで素材に合った調理法を生かしてみたいなと思っています。


今日も今日とて「仕事の話を是非聞かせて欲しい」という知り合いのお嬢さんとランチに行くご予定がござる…(ーー;)どうせなら仕事サボってお絵描きしたいんだけど(爆)


拍手パチパチありがとうございます♪(^。^)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.